FC2ブログ

秋田澤 468M 初登頂4月13日(土)北尾根コース 所要1時間30分

勤務明けで少々眠いが朝から絶好のブルースカイ\(^o^)/このまま帰って寝るだけでは、とっても勿体無いので出かけてみた☆.。.:*・気温もグングン上昇して雪もだいぶ解けただろうなぁっと判断して今年初の三角点探しに出かけてみました☆彡 CIMG9540_20190415100720287.jpg 道道1号の分岐から今日は、綺麗に余市岳が見えました☆.。.:*・ CIMG9549.jpg 分岐から道道95号に入り、2キロ位で到着します。 CIMG9544.jpg 豊羽鉱山の関連施設みたいです。 CIMG9546.jpg 施設の裏山みたいな感じです、白いところは、たい石場で右の森のテッペンが三角点のピークになります。 CIMG9548_201904132311451df.jpg 定山渓天狗岳 CIMG9556.jpg 小さな沢にも雪解け水が流れ始めていました。 CIMG9554.jpg 春の息吹☆.。.:*・ CIMG9558.jpg 正面の奥が山頂です。 CIMG9568_20190415101107859.jpg 建物から100M位道なりに進むと左側に作業道のゲートが有ります。 CIMG9569_2019041510110869e.jpg 立ち入り禁止、許可が必要~豊羽鉱山と書かれています。 CIMG9570_20190415101110fc0.jpg まぁそんなに急登もなさそうだし無理して作業道に入らなくても登れそうなんでゲートの右の斜面から取り付きました☆彡 CIMG9566_20190415101111241.jpg ゲートの前からも見える定山渓天狗岳~奥からⅢ峰、Ⅱ峰、Ⅰ峰(主峰)ちなみに三角点は、Ⅰ峰に有ります CIMG9572.jpg 沢状の所を登って行く。 CIMG9573_201904151022280a0.jpg シカさん☆彡 CIMG9577_20190415102230427.jpg クマさん(°_°) CIMG9582_201904151022317cd.jpg トトロおじさん(。-_-。)雪が少ないからツボ足で登ったら、それなりにズボズボと埋まる。 CIMG9620_20190415103102e47.jpg 谷間に沿って登る CIMG9621_201904151031034f4.jpg 山頂の手前は、少し急登が有りました。 CIMG9581_20190415103325a46.jpg 山頂みたいな所に着いたのだがよく解らないので見晴らしのよい所に移動する。 CIMG9616_2019041510370218a.jpg 山頂の少し上は、広い堆積場になっている、そちらの作業道に移動して地図を確認した~広い池?みたいな感じです、木が無いからここからの眺めは良かったです☆彡 CIMG9607.jpg 堆積場からさっき登ってきた山頂みたいなコブ、確認したらやはり三角点の有るピークみたいだった。 CIMG9611.jpg 山頂のコブの後ろに定山渓天狗岳、中天狗 CIMG9610.jpg 下に緑の屋根の水処理場が見えます、右に定山渓小天狗岳 CIMG9592_20190415104707b0e.jpg 真ん中が、定山渓小天狗岳の頭の部分だけですが☆彡 CIMG9615.jpg 定山渓方面の山並み CIMG9612.jpg 堆積場から後ろの眺め、左奥に小川峰 CIMG9587_20190415104705d21.jpg 定天は綺麗ですね☆.。.:*・ CIMG9594.jpg さっきのコブに戻り三角点探ししました。大きな松の木の影で暗くて良く判らなかったですが CIMG9595.jpg 雪が解けて石が少し見えていました~幸運でした(*^^)v CIMG9604.jpg 掘り出しました☆彡 CIMG9596_20190415110211fe8.jpg ちと文字の所が欠けてますが三等三角点「秋田澤」468.8M CIMG9599.jpg 現物確認出来ました\(^o^)/ 今年初の三角点探し1号となりました、雪が少なくて幸運でした☆彡 CIMG9625.jpg 戻りました~ゲート、道道95号、僕の車(道を挟んでゲートの向かい側に1台分のスペースが有りました)これで、札幌150峰も91峰に(*^^)vあと9で100峰です~150完登は厳しいと思いますが1つ1つ減らして行きます☆彡
スポンサーサイト

滑澤山 872M 初登頂4月8日(月)滑沢1号林道~東尾根コース 所要4時間

早朝に目が覚めたが雪が降っていたので、8時頃にのんびりと出発、日没の時間が18時頃まで延びてきたので天気が良くなければ、少し出発時間を遅らせる事が出来るようになって来たので、絶景ハンターの僕にとっては好都合であるのだ(*^_^*) 今日は、未踏の滑澤山に登り、天気が良ければ、ヒクタ峰、更に定山渓天狗岳Ⅲ峰も行ってしまおうかと思っていた☆彡 CIMG9380.jpg いつもの道道1号、四ツ峰トンネルを通過したビューポイントから定山渓天狗岳~狙い通りに青空が見え始めてこれで今日は、貰ったなっと確信する(*^^)v CIMG9382.jpg 登山口の所です、道道1号、四ツ峰トンネルを通過して更に直進、小樽内川に架かる小さな「つつじ橋」を渡って直ぐの所です、NTTドコモのアンテナやサイロみたいな雨量水量観測所が目印になります。トンネルから1.7キロ位ですかね。アンテナの横に林道ゲートが有り、ゲート前のスペースが駐車場です5、6台は置けますし満車の場合は、付近に幾つか有る林道ゲート前に駐車可能です。 CIMG9384.jpg 見た目、サイロですよね~小樽内川雨量水量観測所なんですよ。 CIMG9383.jpg ゲート前の駐車スペースです結構な広さが有ります、雪がだいぶ解けていました。 CIMG9386_20190408193519bf5.jpg ゲートが2つ有りますので注意して下さい1つ目は、小樽内川林道 CIMG9387_201904081935201d0.jpg もう1つは、滑沢1号林道 CIMG9388_20190408193522e4f.jpg 滑澤山、ヒクタ峰は、滑沢1号を使います☆彡 CIMG9389.jpg 雪も降ったし、雪庇尾根歩きも有るので安全第一でスノーシューを装着してスタートしました。 CIMG9390.jpg 道なりに進み、小さな橋を渡ります。 CIMG9391.jpg 橋を渡ったら正面に見える斜面に取り付いて登攀開始です~いつもの様にピンクテープ取り付けましたので後を辿ると山頂まで行けます☆.。.:*・ CIMG9392_201904081955161bd.jpg 序盤から急登になりますΣ(゚д゚|||) CIMG9393.jpg 尾根伝いにガンガン登って行きますよ(汗)ポカポカ陽気なんで速攻で汗だくに(°_°) CIMG9395.jpg 暫くすると緩い登りに☆.。.:*・ CIMG9397.jpg 木が多いからイマイチですね~樿山 CIMG9394_20190408200050661.jpg 殆ど見えませんね迷沢山 CIMG9404.jpg 緩やかな登りが終わると、それなりの登り坂が続く CIMG9401_201904082007129cb.jpg 高度が上がってくると、左に定山渓天狗岳が見えてきます☆彡 CIMG9405_20190408200713fbd.jpg 山頂もチラリと見えたりします。 CIMG9416_20190408201116f40.jpg 登り詰めると平坦な尾根に出ます~この辺りから景色が良くなります☆.。.:*・ CIMG9415_2019040820145310a.jpg 木が少ないので一気に視界が開けます~絶景です\(^o^)/ 市街地方面、藤野、豊滝の山々 CIMG9421.jpg 素晴らしい眺めです☆.。.:*・ CIMG9438_201904082014590f5.jpg 定山渓天狗岳 CIMG9432.jpg 定山渓天狗岳Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ峰~無意根山 CIMG9429_20190408201500613.jpg 無意根山 CIMG9418.jpg 凄いです☆彡 迷沢山、百松沢山、烏帽子岳~見とれてしまい暫く停滞しました、まぁ日没までに戻れば良いので急ぐ必要は無いので絶景を堪能しました☆彡 CIMG9427_201904082048570e2.jpg 山頂への登り~少し急かも☆彡 CIMG9425_20190408204858f89.jpg 尾根からの素晴らしい眺め☆彡 CIMG9446_20190408204859c1e.jpg 春香山、和宇尻山 CIMG9450.jpg お饅頭みたいな山頂に到着です(*^^)v CIMG9451.jpg 山頂標識が有りました☆彡 CIMG9469.jpg 銭函南岳、日本海、暑寒別の山並み CIMG9443.jpg 札幌岳、狭薄山、空沼岳、定山渓天狗岳☆彡絶好の天気なんで更に先に進む事にしました。

山鳥峰 879M 初登頂 3月28日(木)山鳥林道コース 所要4時間

朝起きたら、雪が降っていたので2度寝しましたΣ(゚д゚|||)8時、雪が止んだようなので支度をして、渋滞の時間帯を避けて9時過ぎにのんびりと出発~お天気がイマイチなんで南岳の下見に山鳥峰へ向かいました。 CIMG9010_20190328182012de5.jpg 道道95号~いつものビューポイントから定山渓天狗岳のⅠ峰 今にも雪が降ってきそうな怪しい空模様(°_°) CIMG9013.jpg 定山渓天狗岳~Ⅲ、Ⅱ、Ⅰ峰と勢揃い☆.。.:*・白黒の写真みたいだよね。 CIMG9014_20190328182014af7.jpg 定山渓天狗岳、毒矢峰、余市岳等の登山口が有る天狗小屋、右股橋も雪の中、まだけっこう残っていますよね。 CIMG9015_20190328183356d5e.jpg 登山口の山鳥橋は、右股橋から更に1.5キロ位、白井川に沿って道なりに進むと有りますが小さな橋なので見落としてしまう可能性が有りますので注意して下さい。 CIMG9016_20190328183357e40.jpg 橋にはまだ雪がたっぷり有りました~橋の前に数台は駐車可能ですがスコップが必要な場合も有るので忘れずに持って行きましょう☆彡 CIMG9017_20190328183358057.jpg 橋の上から白井川の流れ、まだ雪解け水は、出ていない様でした水量は少な目でした。 CIMG9018_201903281834006d0.jpg 橋を渡って道なりに右に進むと山鳥林道のゲートが有ります~今日は、林道を終点まで登り切って尾根筋の斜面に取り付いて尾根沿いに高度を稼いで山頂を目指します、初めての山なんで偵察も兼ねていますので林道のショートカット等はせず、安全にかつ一番緩そうなルートでの登頂となりますので健脚自慢の方には物足りないルートになっています☆彡 CIMG9019_20190328185423bc5.jpg 山鳥林道の看板 CIMG9021_20190328185424c64.jpg 林道は序盤は緩やかです。 CIMG9022_20190328185426f4d.jpg スタート直後から、けっこうな雪に見舞われる○| ̄|_ 薄暗い、風が弱いのが救いかな、まぁ上に上がってみないと風も解りませんからね、展望は雪で何も見えません。 CIMG9023_20190328190002654.jpg 雪は、降ったり止んだりで、たまに青空も~まぁ上空は、雪雲が。゚(゚´Д`゚)゚。もうすぐ4月なのにね。 CIMG9024_201903281900033a0.jpg 唯一の林道の分岐です、健脚の方は、ここから取り付いて直登して下さい、僕は、分岐を右に進んで急斜面をやり過ごして回り込みつつ少しずつ高度を稼いで林道を進みました、分岐を過ぎると上り坂になります、ここから山頂まで、例によってピンクテープを付けつつ進みましたので、ピンクテープを辿れば山頂に到着出来るようにしました☆.。.:*・ CIMG9025_20190328190005849.jpg 分岐を右入って進みました。 CIMG9026_20190328191226bdb.jpg 林道を登り詰めると、正面に斜面が現れて、この斜面の手前で林道の終点になります。 CIMG9027.jpg この斜面が今日のコースの一番の急登でした(汗)まぁ距離的には、それ程でも無いので大した事は無いです余裕で歩けます☆彡尾根に出ると急登は無く、小さなアップダウンで山頂に至ります。 CIMG9034_20190328192112567.jpg 天候が回復すると、後方にヒクタ峰、定山渓天狗岳☆.。.:*・ CIMG9031_20190328192314b09.jpg 定山渓天狗岳 CIMG9033_201903281923152fb.jpg ヒクタ峰 CIMG9042_2019032819251903f.jpg 尾根のコブに上がると真後ろに定山渓天狗岳~このコブ、定山渓天狗岳のビューポイントです☆.。.:*・ 四ツ峰トンネルのビューポイントは、下から定山渓天狗岳を見上げる感じですがココは、真横に見える感じです。 CIMG9047.jpg 尾根に上がると、後は、緩やかなアップダウン☆彡 CIMG9050.jpg 大きな小山が見えてきたら、山頂への最後の登り坂になります~木がないから晴れていたら絶景ですね☆彡 CIMG9052_20190328193601d32.jpg 長尾山、千尺高地、無意根山 CIMG9054_2019032819360253a.jpg 定山渓天狗岳、百松沢山、烏帽子岳、神威岳~お天気が残念ですね○| ̄|_札幌岳とかも見えていたんだけどね。 CIMG9056_20190328193603274.jpg 白井岳 CIMG9038.jpg ヒクタ峰 CIMG9066_20190328193606beb.jpg 百松沢山、烏帽子岳、神威岳 CIMG9057.jpg 朝里岳、白井岳 CIMG9059.jpg お饅頭の様な小山を登りきると平坦な山頂に到着です。 CIMG9062_201903281945280d9.jpg 白樺の木に山頂標識が有りました。 CIMG9064.jpg 山頂標識\(^o^)/ 目立つようにピンクテープ巻きました。~展望も天気がイマイチで期待薄なんで南岳はまた天気の良い日にと云う事で下山しました。 CIMG9069_20190328195038a62.jpg 無事に車まで戻りました~ルートの確認も出来たし、以外に展望の良い山である事が解っただけでも十分な収穫だった、次回は、好天の日に登って南岳まで足を伸ばして絶景を拝みたいですね☆彡僕の山歩きのスタイルは、素晴らしい眺めを堪能する事&三角点探しなのでお天気が悪い時は、無理はしないです。

オコタンペ湖~振丁山~フレ岳北峰~フレ岳~丹鳴岳(初登頂)3月7日(木)オコタンペ湖横断コース  所要9時間

ついに今年初の快晴の日をゲットしました(*^^)v~待ちに待ったと言うか僕の運の悪さを嘆きボヤく日々が1月から続いて来ましたが満願成就と言った感じ~前日から快晴の予報でしたので行きたい所は山ほど溜まっている中で慎重に吟味して、湖を渡ってみたかったのでこのコースにしてみました、僕は結構、凝り性なんで1つのエリアを通いつめて登れそうな山は、手当たり次第に登るみたいな事をよくやっています☆彡無論、三角点の有る山は見逃さない~これが僕のスタイルですね!!2月から支笏湖周辺の山へ通っていたのでその流れでも有ったのかも知れません☆彡 CIMG8342.jpg 国道453号~いつものビューポイントから恵庭岳~今日は、100点満点です(*^_^*) CIMG8348.jpg 漁岳もバッチリでした~これで今日は、もらったなっと確信しました\(^o^)/ CIMG8352.jpg 道道78号の分岐の手前に駐車場 CIMG8350.jpg こんなに天気が良いのに誰も居ない(°_°)~絶景は、僕が独り占めします~単独山歩きがメインの僕にとっては誰もいない山で独り絶景を堪能し至福の時を過ごすのが最高の楽しみです☆.。.:*・ CIMG8354_20190308093235ca2.jpg 国道から入ると直ぐに、道道78号のゲートが有ります、まずは、ここからオコタンペ湖まで2.5キロテクテク歩きます、スノーシューを持参して、軽アイゼン装備でスタートしました。 CIMG8356_20190308093237f33.jpg オコタンペ山の登山口を通過~ここから先は、未踏のエリア、青空の下ルンルン気分で進みます☆≡。゚. CIMG8359_20190308093238a10.jpg 恵庭市の境界を越える、正面にイチャンコッペ山 CIMG8360_20190308093239c6e.jpg 千歳市に入ります~ここから道は、オコタンペ湖に向かって緩い下りになります~トトロおじさんの身体は斜面に対して非常に敏感です、僅かな登り坂でも身体は正直に反応しますΣ(゚Θ゚)~ゲートから恵庭市の看板の所までは緩い登り坂になっています、ダラダラと以外と疲れる~まぁ普通の人だと殆ど気にもならない登り坂なんですけどね。 CIMG8362_20190308093241aab.jpg 緩やかに下っていくと湖の入口に案内板が有ります。 CIMG8364_201903080932421d3.jpg 支笏湖周辺地図~この看板の付近から湖に降りるトレースが付いていたので利用させて貰い降りました。帰り道に判明したのですがこの看板の手前に駐車場が有り、そこから踏み固められた明瞭なトレースが有り、道も比較的に登り降りし易いので安全です、ピンクテープ付けました。 CIMG8366.jpg 超緊張の第一歩((((;゚Д゚)))))))氷が割れないかとビビリまくり!!~いつ頃まで渡れるのかなぁ?今年は、雪解けが早いし3月末まで渡れるのか甚だ疑問ですね~慣れた人と渡るのが最善ですよね、素人では判りませんからね!!ここもカルデラの一部みたいなものだからかなりの深さが有りますよねきっと(°_°) CIMG8367_20190308101217923.jpg ドロップ地点、下から撮りました、かなりの急坂でした。案内板の手前の駐車場の所からの登り降りをお勧めします。 CIMG8368_201903081012186c5.jpg ちょっと進めば、まさに絶景が広がっていました、四方を山が囲んでいる感じ、素晴らしい眺めです\(^o^)/山登りに興味はない人でも湖に立つだけでも味わえるこの爽快感を是非、体感して欲しいですね☆彡 正面が小漁山で左の端の方に見えるのが振丁山です。 CIMG8369_20190308101220aab.jpg 小漁山 CIMG8373.jpg 漁岳 CIMG8376_20190308101224dc0.jpg オコタンペ山 CIMG8370_20190308101223a7e.jpg 振丁山1015M三等三角点の有る山、まず初めに右端に見えるの尾根筋を登り詰めて、三角点の有るピークを目指します、マイナーお山ですが展望が良い山との情報がありましたので逃しません!!ちなみに人があんまり立ち寄らないマイナーなお山が大好きなトトロおじさんです☆.。.:*・ CIMG8372.jpg 湖面には、明瞭なトレースが付いていました、小漁山へ向かって真っ直ぐに進む感じです約800M位オコタンペ湖の上を歩きます。 CIMG8378_20190308104902e9e.jpg 対岸の上陸地点です、解けていて怪しい所も散見されましたがまだ大丈夫そうです☆彡 CIMG8381.jpg 怪しい所を迂回して固い所から上陸できました☆彡 CIMG8382_201903081049077a3.jpg 恵庭岳も素晴らしいんだけど逆光で┐(´-`)┌ CIMG8386.jpg 見る角度が変わると姿も違いますよね、こちら側は初めてなんで新鮮でした~北峰、主峰、ジャンダルム、中峰、西峰~山頂部なんですが雪は無さそうに見えました、補助ロープが露出していれば登れますよね☆彡 CIMG8389_20190308104908bfe.jpg 上陸後は、小漁山の方へ木立の中を直進します、ピンクテープ付けつつ迷子にならないように注意しながら進みました。 CIMG8395_2019030811094643b.jpg 山が徐々に自分の目の前に近づいて来ます☆彡実に綺麗ですね、痺れます。 CIMG8398_20190308110947c09.jpg 尾根の取り付き地点です、有難いことにトレース付いていました~さぁ此処からピークまで間断のない急登になっていました○| ̄|_当然ですがけっこう時間がかかりました|ω・`) CIMG8405.jpg 恵庭岳を左手に見つつヒタスラ登る~正直、あんまり写真を撮るゆとり無し(´д⊂)しかしとっても綺麗です恵庭岳☆彡 CIMG8443_20190308113243451.jpg オコタンペ山 CIMG8411.jpg 上の白い所がオコタンペ湖、正面奥の谷間みたいに見えるところがドロップ地点です。後ろの漁岳の眺めも気になるんだけど余裕が無くてねピッケル持って来れば良かったかもと後悔する~雪山歩きは、アイゼン、ピッケルは携帯したほうが無難ですねまだ序盤なのにもう息が上がりまくりでヒーヒーハーハーに~情けないですね(〃▽〃) CIMG8426.jpg ガツガツ登っているつもりなんだけど、実は、あんまり進んでいない┐(´-`)┌ CIMG8423_20190308113247877.jpg 青空に向かって元気よくみたいな感じ CIMG8437.jpg 雪庇をかわしつつ CIMG8414_201903081132357fc.jpg やっとこ尾根の頭に到達(;´д`)<萎ェェェ↓~左の奥に三角点の有るピークが有ります。 CIMG8429_201903081132443e8.jpg 素晴らしい眺めです☆.。.:*・オコタンペ山、イチャンコッペ山、恵庭岳 CIMG8422_20190308113238150.jpg 輝きが綺麗でした☆.。.:*・ CIMG8438_201903081149590be.jpg 恵庭岳 CIMG8418_20190308113236868.jpg ヤバイですね☆彡 CIMG8430_20190308114958cb6.jpg イチャンコッペ山 CIMG8450_20190308115838e9b.jpg 休憩、景色眺め、写真でえらい時間を費やしたwwwまぁこれが一人気ままな自由な山歩きの魅力なんですけどね☆.。.:*・さぁ、最後の尾根歩き、左手の小山が三角点のピークです。 CIMG8449_201903081158399e2.jpg なだらかな山頂に到達(*^_^*)右が小漁山、フレ岳、左が振丁山の三角点ピークです~三角点まで200Mなんで立ち寄ります。 CIMG8456_201903081207503a3.jpg 尾根に出ると大絶景が広がります☆.。.:*・ CIMG8462_20190308121220444.jpg 丹鳴岳、フレ岳 CIMG8457_20190308121225315.jpg 左がフレ岳本峰、右がフレ岳北峰 CIMG8460_201903081212274bc.jpg 風不死岳、樽前山、支笏湖、多峰古峰山 CIMG8454.jpg 小漁山 CIMG8452_2019030812122245a.jpg 雪庇が凄いですね、稜線を歩いてみたいですよね☆.。.:*・キリがないから先に進みます。 CIMG8461_20190308121228687.jpg ちいさなコブを越えて CIMG8463_20190308121230020.jpg もう一つのコブの上がピークです。 CIMG8468_20190308121231266.jpg 標識は無かったのでピンクテープ付けました。 CIMG8494.jpg 素晴らしい眺めが広がっていました☆.。.:*・恵庭岳、モラップ山、風不死岳、樽前山、多峰古峰山~完璧ですね\(^o^)/マイナーな山ですが超お勧めのお山です。 CIMG8469_20190308123223d51.jpg オコタンペ山、イチャンコッペ山、恵庭岳、オコタンペ湖 CIMG8476_20190308123219e1d.jpg 恵庭岳、モラップ山、支笏湖 CIMG8471_20190308123222256.jpg 風不死岳、樽前山、多峰古峰山、支笏湖 CIMG8472_201903081232200c7.jpg 風不死岳、樽前山 CIMG8485.jpg 溶岩ドーム CIMG8482_2019030812322627e.jpg 未踏の多峰古峰山 CIMG8514_20190308124131a20.jpg こっち側も見事な眺め~またまたキリがないからフレ岳へ向かいます。 CIMG8480_201903081247188cb.jpg 尾根を進んで左に見えるフレ岳を目指します~少しアップダウンが有ります。 CIMG8491.jpg 尾根歩きの途中から見た恵庭岳 CIMG8497.jpg 尾根上の小さなピークに立ちます、ここが分岐になっていて、左に進むとフレ岳、右にすすむと小漁山になります。ここから先は、スノーシューに履き替えて進みました。 CIMG8515_201903081342351c4.jpg 恵庭岳、恵庭岳の手前に振丁山 CIMG8509.jpg 下りつつ左に見える稜線を進みます。 CIMG8512_2019030813052579b.jpg 登り返し。 CIMG8520_20190308125720ba3.jpg 雪庇尾根を進みフレ岳に至ります~崖状の尾根の下の白いハゲた所が結氷したフレ沼です。 CIMG8455_2019030812590322a.jpg 小漁山への稜線 CIMG8517_20190308130052196.jpg 心地よい稜線歩き☆.。.:*・稜線の展望も完璧です(*^^)v CIMG8503_201903081308457c1.jpg 尻別岳、羊蹄山 CIMG8505.jpg 尻別岳 CIMG8508_20190308130848211.jpg 羊蹄山 CIMG8507.jpg 今季初の羊蹄山でした綺麗でした☆.。.:*・ CIMG8530_20190308131206ec2.jpg 喜茂別岳、並河岳、中岳、無意根山~憧れの縦走路ですね☆彡まぁ無理ですけどね!!中岳は未踏なんで登りたいですね。 CIMG8524_20190308131553a69.jpg 当然ですが雪庇を避けて慎重に進んでいたんですがΣ(゚Θ゚) CIMG8522.jpg 雪庇と笹薮の間にできた空洞を踏み抜いたらしく落下しハマリ込む(;´д`)<萎ェェェ↓ 奥がかなりの空洞になっていて脱出にかなりの時間を要した、まぁ独りなんで慎重に歩いているんですが危機一髪でしたね、壁の上に手が届かなかったらアウツでした。 CIMG8523_20190308132918b6a.jpg 少し小高くなっているフレ岳北峰に到達(*^^)v 標識は無かったです、ピンクテープ付けました。ちなみにフレ岳北峰1044Mは、札幌150峰のお山なんです、フレ岳本峰は、千歳市なんで150峰には含まれていません、札幌150峰これでまた一つ達成しました、まだまだ先は長いけどね☆彡 CIMG8524_201903081332288a0.jpg 尾根の奥のこんもりした所が本峰の山頂です。左に丹鳴岳 CIMG8526_201903081335353be.jpg 平坦で解りにくい山頂です。 CIMG8527_201903081335378b1.jpg やっと見つけた山頂標識 CIMG8531_20190308133804992.jpg 貫気別山、橇負山、尻別岳、羊蹄山、ニセコアンヌプリ CIMG8528.jpg 支笏湖、風不死岳、樽前山、多峰古峰山、丹鳴岳~時間も押してしまっているので丹鳴岳に向かう。 CIMG8519.jpg 山頂より一気に下る、928峰の付近でカメラの電池が切れて万事休す、写真が撮れなくては行っても仕方が無いから登頂は断念して引き返す、帰路~登り返しが辛かった○| ̄|_ CIMG8533_20190308135548cd0.jpg 帰路のオコタンペ湖から夕日に照らされる恵庭岳~電池を手で温めてなんとか1枚だけ撮れました(*^^)v日没になんとかギリギリセーフで戻れました、たぶん丹鳴岳に登っていたら間違いなく日没を過ぎていましたねカメラの電池切れに助けられましたね、まぁ色々有りますね┐(´-`)┌丹鳴岳は次回のお楽しみですね☆.。.:*・ オコタンペ湖 今回のコースは、僕が愛読している北のかもしかさんのブログのコース図を参考にさせて頂きました。

黄金山(札幌市) 471M 初登頂 2月12日(火)北尾根コース 所要3時間

黄金山と言えば、石狩市浜益区にある、あのトンガリの黄金山を最初に思い浮かべる人が大半だと思うが僕が行くのは、南区の八剣山パークゴルフ場の裏山みたいな超マイナーな山なんですよ☆.。.:*・たぶん札幌150峰に入っていなかったら三角点も無い山なんで生涯登る事の無い山になっていたかも知れない山です┐(´-`)┌ このお山、昔は、定山渓鉄道の有った時代は、スキー場が有って、それなりに賑わっていたらしい、今では、往事の面影は無くただの藪山となっており、当然の事ですが登山道も無いので余程の物好きな人でもない限り訪れる人は居ない激レアな山です(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG7515_20190212163442593.jpg 久しぶりに青空が拝めましたので、石山橋に立ち寄りました~お天気の良い日にここから里山達を眺めるのが好きなんです☆.。.:*・藤野富士、空沼岳、豊見山、豊栄山、札幌岳、豊平山、盤の沢山 CIMG7519.jpg 橋の横には、硬石山 CIMG7523.jpg 八剣山トンネルを通過して、この案内板に従って右手の小道に入ります~駐車場の有る八剣山果樹園が有ります~ここの駐車場は、かなり広いですし、冬も除雪されている事が多いので便利です。登山口となる八剣山パークゴルフ場の周辺は、道が狭いので駐車スペースは無いので八剣山果樹園の駐車場から徒歩での移動になります程よい準備運動ですので歩きましょう☆.。.:*・山歩きなんですから当然歩きますね!!15分位かなぁ~無理に駐車して近隣の方々の迷惑になる事は厳禁です。 CIMG7525.jpg 八剣山 CIMG7527_201902121742007de.jpg 案内板から黄金山~見かけ容易に登れそうに見えますが(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG7531_201902121742029c1.jpg 外山、八剣山 CIMG7535_201902121742033e3.jpg 山頂よりも、駐車場からの眺めの方が遥かに良いです○| ̄|_ 豊栄山、豊平山 CIMG7522.jpg 豊平山、札幌岳、豊栄山 CIMG7538.jpg 駐車場から道に出て、右手に進みます。八剣山ワイナリーを通過します。 CIMG7529_2019021218062820b.jpg 道なりに真っ直ぐに進むと道路の左に案内板が有りますので、矢印の方向へ右折します正面に黄金山 CIMG7530_201902121806266d6.jpg けっこう大きいので見落とす事は無いと思います。 CIMG7540.jpg 看板の有る付近からの眺めも中々良いです☆彡 CIMG7544.jpg 西側から見る八剣山 CIMG7546_201902121806323b3.jpg 右折後は、行き止まりになるまで真っ直ぐに進みます~かき氷屋さんを通過します。 CIMG7612_2019021218194347f.jpg かき氷屋さん CIMG7547_20190212180633e4f.jpg 行き止まり地点です~赤い小さな橋を渡って斜面を登っていくと八剣山の西登山口が有ります踏み跡が付いていました。 CIMG7553.jpg 行き止まりの左に有る民家の横の小道を上がっていくとパークゴルフ場に至ります~ゴルフ場の裏山って感じですよね、右に見える尾根伝いに登って山頂を目指します、山頂はガケみたいになっているので直登は厳しいので尾根筋の方が楽です。 CIMG7555.jpg 小高い所にあるので展望は、山頂より格段に良いです☆.。.:*・なんとなく雲行きが怪しくなって来ました。 CIMG7606_20190212183408b8d.jpg クラブハウスの裏側の物置の横を通って取り付きました~初めは、緩やかな斜面を右方向へ斜めに登りつつ尾根の端っこを目指しました。 CIMG7556_20190212184023534.jpg 少し遠回りですが森の中を右に回り込んで進みます。 CIMG7557.jpg 緩い登り坂☆.。.:*・ CIMG7561.jpg 青空が見えて心地よい登り坂☆彡 CIMG7563.jpg やがて急登にΣ(゚д゚|||)リフターを使うが容易には行かない(汗) CIMG7568.jpg 難所~この岩場を回り込んで上がると尾根に出る CIMG7574_2019021218515490c.jpg 倒木、雪庇で歩きにくい尾根道 CIMG7580_20190212185156335.jpg 盤の沢山みたいな細く歩きにくい尾根を進みます。 CIMG7586.jpg 山頂が見えてきました。 CIMG7591.jpg 木にピンテだけの山頂です~文字が書き込んで有りました。 CIMG7593.jpg どれどれ~ようこそ黄金山へ~来る人いるんですねビックリですね(°_°) CIMG7602_2019021218583662e.jpg 展望は、木が邪魔で良くないです。 CIMG7577.jpg 神威岳 CIMG7603.jpg 早々に下山~下山は、急斜面の一気滑りで((((;゚Д゚)))))))木が邪魔で怖いけどビュ~ンだね!! CIMG7605.jpg ゴルフ場が見えました。 CIMG7607_2019021219012579a.jpg スノーシューを脱いで、斜面を下るとかき氷屋さんの所に出る CIMG7614_20190212190126b48.jpg 駐車場の有る八剣山果樹園までテクテク歩いて終了です☆彡
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-