FC2ブログ

中天狗772M初登頂2月1日(土)登り 作業道・降り 尾根コース所要4時間

さてと2月になりました☆彡少しづつ日の出の時間が早くなり、日没の時間が遅くなって来ます、歩くのが遅い僕にとっては、日の出、日没の時間は、非常に重要なポイントになりますので昼間の時間が長くなる事は大歓迎なので有ります(*^^)v 冬は、熊、蜂、蛇、ダニ等も居ませんし、汗だくにならないし、雪山は綺麗だし、転んでも痛くないし、良い事だらけで大好きなんだけど、昼間の時間が短い事、雪が降って天気が悪い日が多いのが問題だった○| ̄|_ しかし今年は、異常な暖冬で晴れの日が多く、1月は、好天に恵まれて10回も行けました、2月もガンガン行きたいです(^_-)-☆ IMG_4843.jpg と云う訳で、本日のお山『中天狗』う~ん、殆ど聞いた事の無い山ですよね、地図で場所を確認するとですね、道道95号の豊羽鉱山の水処理施設の近くに登山口が有ります。左端に親分の定天様、右端に子分の小天狗岳が有ります。『中天狗』は、二つの山の丁度、中間付近に有ります☆彡 だから中天狗って言うのかなぁ? 天狗山シリーズもコレクションしていますので、定天、小天狗岳、銭天、朝里天狗岳、小樽天狗山、栗山天狗山と登頂していますのでココも外せません☆彡 IMG_4710.jpg 道道95号沿いにある豊羽鉱山の水処理施設です、大きな建物なんで直ぐに分かると思います。 IMG_4712.jpg 豊羽鉱山のおしどり水処理場です。 IMG_4714.jpg 水処理場を通過して、すぐ右に入る小道があり、奥に林道ゲートが有ります、この林道を道なりに進むと定天様の登山口にも行けます。ゲートの手前に広いスペースが有り、駐車できます。但し、スコップは必須です。 IMG_4715.jpg 登山口(作業道)の入り口です、右手に水処理施設、正面奥が札幌方面です。 IMG_4840.jpg 入り口に95 9km の標識が建っています。 IMG_4716.jpg 入り口の様子です、左右に鉄の杭みたいのが有り、なんとなくゲートみたいになっています、新雪が少し積もっていましたが、幸運にも先人のトレースが薄っすらと残っていました☆彡 いつもの様に、ピンクテープ取り付けて迷子にならないように登りました☆彡 IMG_4717.jpg 緩やかな上りからスタートです、いきなり急登は疲れるから最初は、楽ちんスタートが良いよね☆彡 IMG_4718.jpg 第一鉄塔に至ります、鉄塔から左に曲がって斜面へ取り付き、本格的な上り坂になります~第5鉄塔まで登ります、距離は短いけど、なかなかの急登ですΣ(゚д゚|||) IMG_4837.jpg 斜面を少し進むと、明瞭な分岐が有りました☆彡 右は、作業道、左は、尾根道に通じています。 IMG_4838.jpg 分岐にピンテをダブルで取りつけたので分かると思います☆彡 楽したいので右折して、作業道を進み、帰路は一気に尾根を下ろうと考えました、しかし、結果的には、選択ミスで、作業道は、邪魔な木や枝が多く、ギコギコ切ったりするのに時間がかかってしまいましたので、尾根道を進んだ方が良いです☆彡 IMG_4725.jpg 作業道は、森の中を歩くので、眺めが良くなかった○| ̄|_ IMG_4727.jpg 第三鉄塔の見晴らしの利く尾根に出て、尾根道コースと合流する~今日は、お昼頃に晴れるみたいなので10時頃に登山口を出発、予定通りに少しづつ晴れてきた☆彡 IMG_4735.jpg 鉄塔の付近は、展望が良いです☆彡 右の白い大きな斜面は、豊羽鉱山の堆積場、その上に小柳峰、更に右奥に無意根山、送電線が通過する2本の白い帯の一番奥に小川峰(未踏) IMG_4728.jpg 左に小柳峰、左奥に無意根山、右に長尾山 IMG_4729.jpg 純白の無意根山 冬は、登ったことが無いから行ってみたいです☆彡 IMG_4730.jpg 長尾山 IMG_4734.jpg 札幌岳方面は、雲に覆われていました。 IMG_4737.jpg 第四鉄塔は、崖になっているので通れませんので、第三鉄塔から第五鉄塔までは、左に見える尾根筋を進みます。 IMG_4754.jpg アップダウン、急登が有ります(息切れがWWWWW) IMG_4765.jpg 雪庇の細尾根も、右は、崖になってます(°_°) IMG_4785.jpg 尾根からの展望 余市岳 IMG_4757.jpg 定山渓小天狗岳 IMG_4761.jpg 尾根からは、小天狗岳の山頂部だけが見えます。 IMG_4762.jpg 正面奥に盤の沢山 IMG_4763.jpg 手前に四ツ峰山、左奥、烏帽子岳、右に神威岳 IMG_4770.jpg 親分の定天様も近くに見えるんだが、木が邪魔で~チェーンソーで切り倒したくなりますよね☆彡 IMG_4816.jpg 第五鉄塔と、鉄塔の右に山頂が見えて来ます(^_-)-☆ IMG_4774.jpg 第五鉄塔に到達、鉄塔の後方が山頂になります。 IMG_4777.jpg 第五鉄塔からの眺め☆彡 IMG_4775.jpg 豊平山、小天狗岳、盤の沢山 IMG_4780.jpg 定天様 IMG_4783.jpg 雪が積もると綺麗です~痺れる岩峰です☆彡 IMG_4790.jpg 山頂への登り~邪魔な木等が多くギコギコ切るのに時間を要した。 IMG_4791.jpg 平たい山頂 IMG_4793.jpg 尾根の一番奥の行き止まりみたいな所が山頂でした。 IMG_4794.jpg 白樺の木に山頂標識が有りました。 IMG_4796.jpg 『中天狗』初登頂\(^o^)/ IMG_4798.jpg 山頂からの展望~左下の白い所は、結氷した札幌湖です、右手前が小天狗岳です。左奥に市街地、八剣山、豊栄山、豊平山、右奥に盤の沢山 IMG_4799.jpg 結氷した札幌湖 札幌湖第一展望台~木挽大橋~時雨トンネル IMG_4803.jpg 綺麗な小天狗岳山頂部 IMG_4805.jpg 帰路~絶景の親分 IMG_4808.jpg 帰路~札幌岳、少し雲が晴れて僅かに山頂が☆彡 IMG_4813.jpg 帰路~尾根の登り返しがWWWWW IMG_4817.jpg 帰路~第三鉄塔から先は、作業道は使わずに、快適な尾根下り☆彡 尾根からの眺めが良いです。 IMG_4834.jpg 木等が無く歩き易い尾根道、作業道なんか行かないで、最初からココを歩けば良かったです、大失敗でしたね、まぁでも急登は有りますので┐(´-`)┌ 見えているのは、第三鉄塔です。 IMG_4833.jpg 親分を眺めながら快適な尾根歩き(^^♪ IMG_4835.jpg 第一鉄塔の手前で作業道に合流、分岐の所に出ます。 IMG_4839.jpg 作業道ゲートに戻りました、前の道は、道道95号です。 IMG_4841.jpg 駐車位置に戻り、終了です、今日も綺麗な親分を眺める事ができました(*^^)v
スポンサーサイト



胡桃沢 751M 初登頂 1月28日(火)北尾根コース 所要3時間30分

昨日は、雪が降ったので里山エリアに行ったが、雪が殆ど無くて、想定外の藪漕ぎに遭ったので今日は、新雪を求めて、また、道道95号豊羽鉱山エリアに行きました☆彡 IMG_4597.jpg 道道1号の分岐の手前~余市岳 IMG_4610.jpg いつものビューポイントから、雪を纏った綺麗な 定天Ⅰ峰 IMG_4614.jpg Ⅲ Ⅱ Ⅰ峰 IMG_4617.jpg Ⅲ峰 IMG_4615.jpg Ⅱ峰 Ⅰ峰 IMG_4623.jpg 移動して別な場所からⅢ峰 頂上は、なだらかに見えるけど、問題は、あそこに登るまでのコース取りですよね!! IMG_4625.jpg 天狗橋、山鳥橋を通過、それぞれ橋の前のスペースに駐車車両が1台づつ有った、先日登った小柳峰の駐車帯にも2台の車、平日なのに来ている人は、いるようだ☆彡 ちなみにこの橋は、山鳥峰、南岳の登山口になっている山鳥橋です。 IMG_4626.jpg 山鳥橋から更に500M位進むと道路の左側に「鉱石の沢林道」のゲートが有る、雪が少なければ、スコップで除雪して駐車して、この林道を使って登ろうかと思っていたが、深い雪に閉ざされていたのでここから登るのを断念した。路上駐車は、道は、カーブが多く見通しが悪い所が多く、凍結状態になっている事が多いので止めるべきだと僕は思っている、万一、事故にでもなったら大変なので安全第一に心がけたい☆彡 IMG_4627.jpg 林道ゲートから、更に400M位進むと、道の両側に広い駐車帯が有ります☆彡 綺麗に除雪もされていて楽々と安全に駐車できました(*^^)v ここにも先客さんが2台いました。 IMG_4628.jpg 今日は、この駐車帯から目の前の斜面に取り付いて、札幌150峰の胡桃沢を目指しました~林道ゲートまで、歩いて戻るのは面倒ですし、尾根に上がってしまえば、あとは尾根筋を進むだけなんでココから出発しました、いつもの様に迷子にならないようにピンクテープ取り付けて進みました☆彡 IMG_4631.jpg マイナーな山ですから、当然フワフワの新雪は、僕が独り占めです☆彡 先ずは、尾根に上がる事です。 IMG_4632.jpg 少し、上がった所から駐車帯です 左右の駐車帯で小さな車なら10台位置けるかも☆彡 IMG_4635.jpg 雪で初めは、分からなかったんですが、どうやら作業道みたいな道が付いているようです。 IMG_4634.jpg 定天様のⅠ峰~尾根に上がるまでは、展望は、良くないです、木の間からチラチラ見える程度です。 IMG_4638.jpg 白井川を挟んで、向かい側に山鳥峰、更に奥に南岳です。 IMG_4636.jpg 平坦な所に出ると道は、無くなりました~左の尾根を目指します。 IMG_4642.jpg 尾根の下まで上がる、上を見ると、あらまぁ崖になってる(°_°) ここからは無理 IMG_4643.jpg 斜面に沿って左に巻く~崖は無いけど急だなぁ、トトロおじさんには荷が重い┐(´-`)┌ IMG_4644_20200128192630949.jpg 更に左に巻くと、良さげな斜面が(^^♪ ここなら斜めに上がれば行けそう☆彡 IMG_4652.jpg それでも中々の急登~それに新雪の場合は、雪崩の心配も有るので注意が必要☆彡 IMG_4656.jpg なんとか尾根に到達☆彡 ここまで来たら後は、尾根に沿って進めば山頂なんで、楽チンです。 IMG_4660.jpg 快適な尾根歩きです(^_-)-☆ IMG_4702.jpg 尾根からの展望~白井岳 IMG_4671.jpg 余市岳 IMG_4687.jpg 朝里岳 IMG_4685.jpg ヒクタ峰 IMG_4658.jpg 先日登った小柳峰 IMG_4659.jpg 小柳峰の山頂部 IMG_4670.jpg 平たい広い尾根に出る IMG_4694.jpg 後ろを振り向くと、綺麗な定天様 IMG_4699.jpg 荒々しいけど綺麗な岩峰ですよね☆彡 IMG_4679.jpg 木の間から、豊羽鉱山元山事務所が見えました。 IMG_4686.jpg 奥に進む~右奥が山頂です。 IMG_4688.jpg 平たい山頂に到着 IMG_4689.jpg 山頂標識は無く、木の上の方に古びた赤い布が巻かれていました。 IMG_4690.jpg あまりにも寂しい山頂なんで、ピンテをダブルで取り付けました\(^o^)/ 胡桃沢751初登頂です。三等三角点「胡桃沢」751.09Mは雪の下です○| ̄|_ IMG_4705.jpg 帰りは、雪が多いので転がって大丈夫そうなんで一気にWWWWW IMG_4706.jpg 無事に戻れました。今月は、暖冬のおかげで荒れた日が少なくて、10回も山に行けました(*^^)v

小柳峰892M初登頂1月23日(木)湯の沢林道コース所要5時間

漁岳に登った翌日から大雪に見舞われ札幌も今期初の除雪車が出動する事となった、市内でも30センチ位は積もったようだ。大雪の間は、運よく仕事で休みも無駄にならず良い感じ☆彡そして、今日は、朝から青空が広がる絶好のチャンスで丁度、休日とか~漁岳、そして今日と珍しく幸運が続いてしまいました(*^^)v 1月にこんな、ブルースカイの日があるとはビックリです(°_°) これも異常気象の影響と思われます、どうやら偏西風のコースが変わってしまっている事が原因らしいです、例年、石狩湾に停滞して大雪を降らせる低気圧が来ないもんな。 IMG_4374.jpg 国道230号、新盤の沢橋から八剣山~寄り道しつつ、写真撮りまくり☆彡 IMG_4375.jpg 少しは、雪が積もって見栄えが良くなったかと思い寄ってみたが、なんとまぁ雪は、殆ど積もっていないようだ(゚д゚) IMG_4377.jpg こちらは、旧道の盤の沢橋、旧道からの眺めが良いんです☆彡 IMG_4379.jpg 旧盤の沢橋からの眺めです~盤の沢山、パゴダの塔、札幌岳、山田峰 IMG_4380.jpg パゴダの塔、正面奥に札幌岳の山頂、右端に、牛の背中みたいに平坦な山田峰(山頂は、平坦だけど途中の急登がなかなか容易ではない山、侮れませんぞ!!) IMG_4382.jpg 左に少し見えているのは、定山渓天狗岳かなぁ? 白いのは、定山渓小天狗岳の頭かな? 百松沢山の南峰かな? IMG_4385.jpg 黄金湯付近から、烏帽子岳、神威岳~長い林道や急登があり、山奥の山で夏でも時間がかかります。冬に行く人とかいるのかなぁ?登れたら、絶景間違い無しと思いますが、う~ん冬は、僕的には無理かもWWWWW IMG_4387.jpg さて今日、僕は、どこに行くつもりなのかな? IMG_4389.jpg この標識の付近から、純白の余市岳、綺麗ですね、1488M 札幌市の最高峰です☆彡 僕は、ココの分岐を右折して道道95号を豊羽鉱山方面へと車を走らせます。 IMG_4390.jpg 95号を走行していると、チラチラと見えます、ビューポイントがいくつか有るんです☆彡 IMG_4391.jpg ど~んと来ました☆彡定山渓天狗岳~本日の目的その1定山渓天狗岳の雄姿を観に行こう!!(登らないと云うか冬は、危なすぎて初心者の僕では手が出せませんね┐(´-`)┌ だから観るだけで十分なんですね☆彡) IMG_4396.jpg 定山渓天狗岳Ⅰ峰(主峰)の雄姿です、素敵です、ヤバすぎる綺麗さ、1年振りに拝ませて貰いました、マジに美しいです、あああもう今日は、これで十分かって気分にさせてくれます。 IMG_4397.jpg 道道95号、道は、豊羽鉱山で行き止まりになっています、札幌市ですが非常に山奥で、秘境感がある地区です、雪も深く、気温も低いです。ここは、別世界みたいな感じがします、雪解けも非常に遅いです。道は、昼間でも凍結している事が多いので慎重な運転が求められます~美比内山、大沼山、千尺高地、長尾山、無意根山、南岳、山鳥峰等、冬の絶景が拝める山々が揃っています☆彡 IMG_4400.jpg 更に奥に進んだ所のビューポイントから定天様の勢揃い☆彡 左からⅢ峰 Ⅱ峰 Ⅰ峰 IMG_4401.jpg Ⅲ峰 ここは山頂標識も有るようだし、冬でも登っている人がいるようだが、さてさて僕に登れるかは疑問が残りますね、独りでは行き難いですね、万が一の時は、独りだとアウツですからね、安全第一だよね☆彡 IMG_4402.jpg Ⅱ峰 Ⅰ峰 ここは、無理ですね!! Ⅰ峰には、夏道が有りますけど、夏でも転落死亡事故が発生していますので、高所恐怖症の人は、止めた方が無難なルンゼの岩壁登りの難所が待ち構えています(;´д`)<萎ェェェ↓ IMG_4404.jpg 道なりに、更に奥に移動して~定天様とブルースカイを堪能できました\(^o^)/ IMG_4405.jpg 道道95号は、白井川に沿って道が続いています~白井川に架かる天狗橋を渡ると定天等の登山口になっている天狗小屋が有ります。小屋の屋根には大量の雪、かまくらみたいになっていました☆彡 IMG_4406.jpg 天狗橋からさらに1キロ位進むと今日の目的地に到着です~道の左に大きな駐車帯が有ります、幸運にも綺麗に除雪されていましたので、余裕で駐車できました、普段だと、豊羽地区は、スコップ持参が基本です。今日は、ここに駐車して直近の林道から札幌150峰の小柳峰を目指します☆彡 IMG_4408.jpg 駐車帯から豊羽鉱山の方へ、ほんの少し歩くと、左に林道の入り口が有ります、奥にゲートも見えますから迷わないと思います。 IMG_4409.jpg 林道ゲートです。 IMG_4410.jpg 「湯の沢林道」2.2キロ~まずは、林道歩きです☆彡 IMG_4414.jpg 本日の目的その2 新雪をラッセルして未踏の山を目指そう☆彡 と云う訳なんで、定天様を拝めて、殆ど人が来なさそうな、山奥の小柳峰を選びました(*^^)v 薄っすらとスノーモービルの跡が有りましたが、当然、まだ誰も歩いていない綺麗な新雪さんが有りました☆彡 IMG_4420.jpg 沢に沿って林道が伸びています。 IMG_4430.jpg 自分の踏み跡しか付いていないのは気分が良いですね☆彡 IMG_4426.jpg 沢に架かる橋を渡ります、道は、緩やかな上り坂 IMG_4424.jpg まだまだ、余裕があります(*^_^*) IMG_4425.jpg 山頂かな?まだまだ、遠そうです┐(´-`)┌ IMG_4432.jpg 少し進むと、分岐があります、左に進みます、ピンクテープ取り付けました☆彡 IMG_4434.jpg 左の斜面に取り付きました、ここから本格的な上りになりますピンクテープ取り付けました。 IMG_4470.jpg 序盤から、なかなかの急登です(°_°)~中間付近も急登、ニセ山頂ありましたが長くなるので省略します☆彡 IMG_4453.jpg 侮れない角度WWWWW IMG_4473.jpg 山頂の手前のニセ山頂を乗り越えて(汗) IMG_4503.jpg ニセ山頂を乗り越えると平らな尾根道~この尾根からの眺めが良かったです(*^^)v IMG_4474.jpg 定天様がここからも見えました☆彡 IMG_4476.jpg Ⅲ Ⅱ Ⅰと角度が変わると、いろんな感じに見えるので良いですよね(^^) IMG_4477.jpg ヒクタ峰 IMG_4478.jpg 白井岳 IMG_4480.jpg 余市岳 IMG_4479.jpg 平たい朝里岳 IMG_4482.jpg 平たい尾根を進むと前方にラスボスの山頂が待ち受けていたΣ(゚д゚|||) IMG_4481.jpg ここも急登でした(;_;) 新雪に足を取られて難儀しました。 IMG_4484.jpg ピンテと黄色い標識が見えてきました☆彡 IMG_4485.jpg 到着しました(*^_^*) IMG_4486.jpg 小柳峰 892M 初登頂\(^o^)/ IMG_4487.jpg 割れていたけど、標識も有りました。 IMG_4501.jpg 三等三角点「小柳」892.86M~雪を掘ってみましたが、雪が深くて断念しました○| ̄|_ IMG_4490.jpg どうせ藪山だからと期待していなかったんだけど、意外な展望にびっくり!! (*^^)v IMG_4488.jpg 烏帽子岳、神威岳 IMG_4497.jpg 定天様 IMG_4494.jpg 無意根山 IMG_4496.jpg 無意根山、長尾山 IMG_4500.jpg 白く見えるのが豊羽鉱山の堆積場、下には、水処理施設もあります、正面奥に砥石山 IMG_4514.jpg 下りは、転がるように、あっという間に駐車場まで戻れました☆彡 IMG_4517.jpg 帰路も定天様 IMG_4518.jpg 〆は、定天様Ⅰ峰(主峰)~いろいろな角度から観れて大満足☆彡

宮の沢山 310M 初登頂 11月10日(日)送電線コース 所要2時間

宮丘公園から北一条宮の沢通を西宮の沢へ向かう、高速道路の手前のカーブ付近の交差点を山側に左折して住宅地を通り道なりに進みます。 IMG_2159.jpg 道は、住宅地を通過、高速道路に沿って真っすぐに進むと、前方に紅白の送電線の鉄塔が見えて来る~山頂へは、鉄塔下の保守用の作業道を登り詰める。 IMG_2160.jpg HOTEL ARDENの前を通過すると紅白の車止めが有り、車止めの前に駐車した、左に紅白の鉄塔が見える。ここからは、歩きです。 IMG_2163.jpg 150M位進むと手稲2キロの標識が有り、そこに鉄塔の保守作業道の入り口が有るので左折して山側へと進みます。 IMG_2164.jpg 入り口は、笹刈りされているので直ぐに分かると思います一応ピンクテープ取り付けました☆彡 IMG_2168.jpg 最初の紅白の鉄塔までは、普通の緩やかな道でした☆彡 IMG_2167.jpg 2番目の鉄塔が見え始めると IMG_2169.jpg 道の傾斜が少しづつ~かつ、石ころゴロゴロの悪路に(;´д`)<萎ェェェ↓ IMG_2198.jpg 3番目の鉄塔は尾根に有るんですが、その尾根に登る道が容易では無かったですΣ(゚д゚|||)コケ&雪のツルツルの石ころだらけの超急登でした(泣)2番目~3番鉄塔までは、やばいです☆彡 IMG_2176.jpg 急登なんで途中からでも眺めは良かったです~国道沿いのニトリが見えますね。 IMG_2180.jpg 右奥に北海道医療大学 阿蘇岩山 後方に樺戸の山並み IMG_2213.jpg 尾根の直下は、凄い斜度でした○| ̄|_ IMG_2218.jpg 1キロ程度の道なのに、かなりヘロヘロになり3番目の鉄塔のある尾根に到着しました。 IMG_2212.jpg 登って直ぐに脳裏に浮かんだ事!!帰りは、どうなの???? すぐに下を覗き込んだ~がび~ん(T_T)これはヤバイなっと、急斜面の場合は、登りより下りの方が足に負担が係るので難しいですからね、どう見ても転んだらコロコロ転がりそう(泣)しかし降りないと帰れない!! IMG_2201.jpg くよくよしていても始まらないので帰りのことは、その時でと云う事で絶景を堪能します。 IMG_2214.jpg 藪山だと思っていたら尾根からは、良い眺め☆彡 IMG_2199.jpg 石狩湾まで見渡せます。 IMG_2220.jpg 鉄塔から左の尾根に進み、最高点~三角点を目指します 最初、少しだけ藪でした。 IMG_2221.jpg 尾根道は、藪は無し。 IMG_2223.jpg あっさり山頂 IMG_2224.jpg 山頂標識は無かったのでピンクテープ取り付けました。 IMG_2225.jpg 三角点は、最高点から少し離れていました~少し下ります。 IMG_2226.jpg 少し下った平らな所に有りました鉄塔から150M位離れています。 IMG_2234.jpg 笹刈り整備しました☆彡 IMG_2229.jpg 四等三角点「宮ノ澤」310.69M IMG_2231.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ IMG_2235.jpg 三角点から更に50M位、尾根を進むと岩場の小さなコブがありました、テーブルみたいな平たい岩もありここからの眺めも良かったです☆彡 ご飯食べて、ゆっくり休めました。 IMG_2236.jpg 市街地、宮丘公園、円山、三角山、藻岩山 IMG_2239.jpg 円山、三角山、藻岩山、大倉山 IMG_2241.jpg 藻岩山、三菱山、盤渓山、五天山

西野上 495M初登頂 9月12日(木) 西野市民の森 コース所要3時間30分

早朝からの雨で、やる気が一気に削がれた○| ̄|_ 一応、雨は止んだがまた降りそうなんで直ぐに出かける気にはなれず昼になってしまった。思案の結果、近くて行った事が無い西野市民の森に行ってみた。西野西公園、西野浄水場、宮丘公園の3箇所の出入り口が有るが、西野浄水場~西野上~ネオパラ山にしてみた☆彡 IMG_0620.jpg 西野浄水場の前の一本道を真っすぐに道なりに山の方へ進むと西野市民の森への出入り口が有ります。車は、これ以上は入れないので、ここに駐車して、あとはテコテコ歩きます。 IMG_0621.jpg 案内板 IMG_0622.jpg 道なりに森の中を進みます。 IMG_0623.jpg 分岐が有ります、青い簡易トイレが設置されていました。 IMG_0624.jpg 右に進むと251峰を経由して宮丘公園に行けます。 IMG_0625.jpg 右に進んでも行けるみたいですが遠回りになるので、赤い矢印の案内板の横に林道ゲートの様な支柱が有り、道が付いているので、こちらの道へ進みます。 IMG_0626.jpg 送電線の下を鉄塔に沿うって上がって行きます。迷いそうなところにはピンクテープ付けました。 IMG_0628.jpg 登り詰めると IMG_0629.jpg 林道みたいな道に合流します、後は、この林道みたいな道をひたすら、道なりに緩やかに上がって行くだけです。 IMG_0630.jpg 暫くは、森林コースなので展望は期待できないないです、木の隙間から、たまにチラチラと無見える程度ですので退屈します。 IMG_0632.jpg 右の山は、盤渓スキー場、三菱山ですかね。 IMG_0634.jpg ひたすら進む、やはり途中で雨が降ったり止んだりのお天気に┐(´-`)┌まぁ森の木々が傘の役目をしてくれますから殆ど濡れませんけどね☆彡 IMG_0640.jpg 最初のピーク西野上が見えて来る、まずは、あそこの尾根まで上る。 IMG_0642.jpg 木々の間から市街地が見える IMG_0650.jpg 退屈なんで、木の薄い所をギコギコ伐採してみました~左に新道が見えますよね IMG_0661.jpg 左も伐採して IMG_0645.jpg なんとか、阿蘇岩山、神威尻山、ピンネシリ、隈根尻山 IMG_0652.jpg 登り詰めて、平べったい尾根みたいなピークに到達☆彡 IMG_0653.jpg 道は、手稲山トレラン大会で藪刈りされて整備されたので、ネオパラ山さらに手稲山へと続いている~先に進むか思案するが三角点ハンターなんで、三等三角点「西野上」を探しに行く、平たくてどこがピークなのか分かりにくく、凄い倒木と濃い藪でヤバそうだが札幌150峰にも入っているので気合で行ってみる☆彡 IMG_0652.jpg 道が大きく右にカーブしている所から藪に突入した、ピンクテープを取り付けつつ、笹薮、ツル状の雑草、倒木に難儀しつつ、100M位先に有るだろう三角点を目指しました(;´д`)<萎ェェェ↓ IMG_0655.jpg 山頂標識 発見!! IMG_0657.jpg 木の上の方に付いていました、たぶん積雪期に取り付けられたものだと思います~ですよね、こんな猛烈な藪漕ぎして三角点探しに来る物好きは居ないですよねΣ(゚д゚|||) IMG_0658.jpg これで可能性が高まったので周囲を検索したけど肝心な石が見つからない○| ̄|_ 結構、標識を中心に休憩しつつ、気づけば2時間近くも雨も降ったり止んだりの中~なんとなく薄暗く感じるので諦めて帰りました。まぁ山頂標識が幸運にも見つかったので一応、登頂と云う事で┐(´-`)┌ IMG_0664.jpg トボトボと車まで戻り終了です☆彡
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-