FC2ブログ

学田山(宮丘公園)89M 11月10日(日)公園遊歩道コース 所要30分

ついに札幌でも初雪が観測された~標高の低い山にも雪が降った☆彡僕は、これを待っていたのだった☆彡登山道の無い藪山に登る好機到来なのである。笹薮に雪が降ると雪の重みで笹が倒れて、歩き易くなるんです。普段は、道も無く猛烈な笹薮に覆われている様な藪山に挑戦する千載一遇のチャンスなんです(*^^)v IMG_2116.jpg 西区の宮丘公園です~その名の通り小高い丘になっていて昔は、学田山と呼ばれていたそうです~今日は、宮ノ沢山、手稲峰に登る前に公園のビーューポイントから宮ノ沢山、手稲峰が良く見えるので写真に収めようと立ち寄りました☆彡 IMG_2117.jpg 公園は、北一条宮の沢通を挟んで左右に分かれています、芝生がとっても綺麗で整備が行き届いています。西野市民の森の出入り口も有るのでロングハイクも可能でする展望も良く、レアものの水準点等も有ります☆彡 IMG_2118.jpg 広い駐車場の横の階段を100段位あがると山頂です。 IMG_2119.jpg 階段を上がった所に有ります~前に来たときは、足元だったので気が付きませんでした。 IMG_2133.jpg 山頂は、綺麗な芝生の広い広場になっています。 IMG_2121.jpg 左端がネオパラ山 お隣が手稲峰 右の鉄塔が有る山が宮ノ沢山です。手稲山の主峰は、ここからですとネオパラ山の後方なんで山頂部のアンテナ群の頭しか見えません。本日は、深川方面が曇りなので諦めて、お天気が良い手稲山の周りの未踏の藪山を雪を利用して踏破しょうと思います~宮ノ沢山、手稲峰と進み、時間が有ればネオパラ山まで縦走しょうかと考えました☆彡 見た目そんなに距離が無さそうで容易に行けそうな感じなんですが実際は○| ̄|_(泣) IMG_2154.jpg ネオパラ山 手稲峰 左の端の方に手稲山の主峰のアンテナ群のアンテナの頭の部分だけが少しだけ見える IMG_2127.jpg 北一条宮の沢通りの連絡通路から正面に454峰 右に宮の沢山、右斜面の鉄塔の下を登ります。 IMG_2153.jpg ブルースカイは、良いですなぁ(*^^)v IMG_2139.jpg 市街地の眺め~高速道路、左端の奥に石狩新港、北側の空は、雲が厚かった。 IMG_2136.jpg レアものの基準水準点~札幌市内に2箇所しか有りません☆彡ただの水準点では無く『基準水準点』なんです IMG_2149.jpg のん気にお散歩して時間が無くなると困るので、早々に宮ノ沢山の登山口へ移動します~駐車場は広いです。
スポンサーサイト



蓬莱山 980M 11月3日(日)アンテナ作業道コース 所要2時間

時間が余ったので、珍しく、お代わり登山なんかしてみました☆彡 IMG_2077.jpg 林道ゲートから10分もかからないで移動できます。中山峠の道の駅の建物の脇に山へ上って行く小道を車で上がって行くと駐車場みたいな広いスペースとゲートが有ります、この道は、山頂付近にあるアンテナ群の保守作業用の作業道と思われます。ゲートは、かなり傾いて損傷していますが、鎖と南京錠で施錠されていて、ココから先は、車では行けません。 IMG_2078.jpg 緩い上り坂を道なりに進みます。 IMG_2079.jpg 最初のアンテナ(北海道電力 中山無線中継所)を通過 IMG_2081.jpg 2番目のアンテナ(ソフトバンク?)を通過します。 IMG_2083.jpg 少し進むと視界が開けて、中山峠スキー場のリフト駅に至ります~蓬莱山は、中山峠スキー場のある山なんです☆彡スキー場から登る事もできますが、作業道を使った方が斜面が緩やかで短時間で登れます、急登は全くない作業道ですから、おやじの鈍足でも30分程度で登れます。 IMG_2085.jpg 木が無いのでリフト駅周辺からの眺めは良いです。 IMG_2084.jpg 小喜茂別岳 喜茂別岳 並河岳 中岳 無意根山~国道230号 中山大橋 IMG_2087.jpg 無意根山 IMG_2088.jpg 並河岳 中岳 IMG_2091.jpg 山頂駅の近くに建っている休憩小屋~その名も『見晴らし小屋一休』です、屋根あるし、壁も有るから風や雨もしのげるから休憩には最適です、ガラスが一部破損していますが使えます、中は、ロフトになっています。 IMG_2089.jpg リフト駅から、見晴らし小屋一休と右奥に見えるアンテナの所が山頂になります。 IMG_2093.jpg 道なりに坂道を進むと3番目のアンテナ、アンテナの後ろに蓬莱岩です。岩の近くに行ってみたいのだが笹薮が強烈で近寄れません○| ̄|_ IMG_2095.jpg 更に上り詰めて、NHKの中継所の向かいの藪に三角点と山頂標識が有ります。 IMG_2096.jpg 藪に囲まれた三角点とシラカバの木の上の方に山頂標識 IMG_2102.jpg 立派な山頂標識 IMG_2104.jpg 笹刈りして整備しました。 IMG_2108.jpg 三角点 IMG_2109.jpg 山頂の近くのリフト駅は使われていない。札幌方面の眺めが良いです☆彡 IMG_2112.jpg 烏帽子岳 百松沢山 神威岳  IMG_2110.jpg 並河岳 中岳 無意根山 余市岳 朝里岳 白井岳 定山渓天狗岳 IMG_2113_201911042111586f1.jpg 定山渓天狗岳~札幌岳 IMG_2115.jpg 車に戻りました☆彡

八剣山 498M 10月31日(木)南口コース 所要2時間30分

早朝より目が覚めるが曇り空で雨も少し降っていたので、お布団の中に戻った~10時頃になり少し陽が射したりしていたので、怪しい空模様ではあるが出かけてみた。 IMG_1932.jpg いつもの石山橋~藤野富士 豊見山 豊平山 盤の沢山 豊栄山 今にも降って来そうな怪しい天気 IMG_2000.jpg 本日、登る山~八剣山(八剣山果樹園から) IMG_1997.jpg 暫くぶりの八剣山になります。 IMG_1999.jpg 盤の沢山 IMG_1998.jpg 豊栄山 豊平山 IMG_1934.jpg 八剣山小屋 IMG_1935.jpg 安全祈願 IMG_1936.jpg 南口~山頂~外山をピストンのつもりでしたが、スタートした途端に降雨に○| ̄|_ IMG_1937.jpg トンネルの上にあがるまで急登が有ります。 IMG_1938.jpg 落葉で足元が見えず、おまけに雨で、岩や木の根が滑りヨロシクない状態に┐(´-`)┌ IMG_1939.jpg トンネルの上に出ると緩い上り坂になります。 IMG_1940.jpg 中央口との分岐に到着 IMG_1941.jpg 上り坂を進むと岩峰が見えて来ます。 IMG_1943.jpg 長い距離では無いですが、歩きにくいガレ場を上って行きます、雨の日の岩場は注意が必要です、まぁ当たり前ですよね 当然、天気が良くないので誰もいません☆彡 IMG_1946.jpg 岩峰の下を斜めに登りつつ進んで行きます、落石にも注意が必要です、谷側は、傾斜が急で、落石を回避する逃げ場が前後にしか無いです。道は、狭いです。 IMG_1947.jpg 補助ロープが点在しています。 IMG_1949.jpg 登り詰めると IMG_1948.jpg 岩峰のある主稜線の端に出ます~ここからアップダウンしつつ、岩尾根を進み山頂を目指します~道は狭く、難所も有るので侮れないです毎年のように滑落事故が発生して亡くなる方も出ています、ガイドブックでは初心者コースとして容易に登れる山として紹介されていますが油断できない山ですので始めは、慣れた人に同行して貰って登るのが無難です、低山ですからハイキング気分でサンダルやスニーカーで歩いている人や小さな子供連れの方を見かけますが危険なんで止めた方が良いです、基本は、自己責任ですが、敢えて危ない山に行かなくても楽しめる山は、沢山ありますから☆彡 IMG_1952.jpg 通常コースから外れると危険度が増しますので、案内板やトラロープが張ってありますので指示に従って進んで下さい~木や凹凸の岩や補助ロープ等を利用して、足元、頭上に注意しながら進みます。 IMG_1961.jpg 岩尾根に上がると展望が開けて来ます☆彡~雨が止んで、雲が無くなって来ました 藤野の市街地、国道230号 藤野3山 兜岩等 IMG_1954.jpg 岩峰の裏側を進みます~道が狭く難所になっています、谷側は崖状になっています。 IMG_1955.jpg 譲り合いゾーンです、道幅が無いので渋滞することも有ります。山側の岩場が谷側にせり出している所が有ったり、足元が崩れかけている所も有りますので、おデブちんのトトロおじさんにとっては難儀致します。 IMG_1956.jpg 急登の難所~右に滑るとヤバイので慎重に☆彡 IMG_1965.jpg 恐竜の背中みたいな尾根の上に出ます。 IMG_1967.jpg 少し平らな尾根を進むと最後の岩コブ~ここを乗り越えると山頂です。 IMG_1978.jpg 山頂です、正面右に外山 IMG_1969.jpg 手前左に黄金山 奥に定山渓小天狗岳の頭が見えます 右に親分の定山渓天狗岳なんだけど雲で見えません、神威岳、烏帽子岳も雲の中でした。 IMG_1970.jpg 山頂から更に先に続く岩峰 黄金山 定山渓方面の眺め IMG_1975.jpg 国道230号 豊平川 八剣山果樹園 IMG_1957.jpg 手前に豊滝除雪センター 国道230号 豊滝市街地 盤の沢山 空沼岳や札幌岳、パゴダの塔、山田峰等は雲の中でした。 IMG_1991.jpg 札幌の市街地方面は、結構晴れているんですけどね 硬石山 駒岡清掃工場 西岡の焼山 IMG_1992.jpg 豊栄山 豊見山 豊平山 IMG_1987.jpg 暫く待ったけど雲は晴れず、また降りそうでしたので、外山は諦めて降りました。 IMG_1986.jpg 下山時に気が付いた!! 西口コースの案内板の下に『外山』への標識が付いているのを発見、前は、無かった外山のちいさな標識(°_°) これはビックリですね 外山なんか知ってる人がいるんですね 登山道の無い藪山なのにさぁ トトロおじさんは、マニアックですから三等三角点も有るし、札幌100峰に含まれている山なので夏も冬も登りましたけどね☆彡西口コースで尾根のコルまで下って、更に尾根伝いに登り返してアップダウンの尾根道を1キロ弱で外山です、笹は、薄いので夏でも登れます、ピンクテープ取り付け、邪魔な木は出来る限り処理したので行き易くはなっていると思います。展望のないただの藪山ですが八剣山だけでは物足りない人は行ってみて下さい☆彡 IMG_1995.jpg 誰も居ない駐車場に戻りました☆彡

青山 530M 10月13日(日)白川市民の森 散策路 所要2時間30分

僕の休みに、また台風が~この時期だから仕方がないのだが、やはり恨めしい限りである。朝から暗くどんより曇っていたので陽が射してから出かけた、風も強いので無理のない近場の里山にしました☆彡 IMG_1314.jpg 石山橋の里山ビューポイントから 藤野富士 空沼岳 豊見山 野の沢山 豊平山 札幌岳 豊栄山 山田峰 IMG_1319.jpg 豊見山 野の沢山 豊平山 札幌岳 豊栄山 山田峰 山之神 IMG_1316.jpg 藤野富士 空沼岳 豊見山 IMG_1323.jpg 正面奥に八剣山 IMG_1320.jpg 硬石山 豊平川下流方向 IMG_1325.jpg 石山橋を渡り、道なりに直進すると右手に札幌市北方自然教育園が有ります。 IMG_1324.jpg 園の交差点を右折して山の方へ細い道を道なりに進みます、白川市民の森の標識が建っています。 IMG_1326.jpg 自然教育園に設置されている電子基準点の横を通過します。 IMG_1328.jpg 道なりに進むと山頂が見えて来ます~正面、左の木が少しハゲて無くなっている所が山頂です。 IMG_1332.jpg 標識から道なりに数件の家の脇を通過して1キロ位進むと登山口に到着します、結構広い駐車場と簡易トイレ、案内板等が有ります。 IMG_1333_20191013192423c00.jpg 色あせていますが案内図~19番の青山の山頂を目指します。 IMG_1331.jpg なかなか、いい感じに里山も紅葉していました☆彡 IMG_1338.jpg 駐車場から藤野富士 豊見山が見えます。 IMG_1337.jpg スタート~トイレの前を緩やかに上って行きます。 IMG_1392.jpg 分岐には、案内板が建ってるので迷う事は無いです☆彡スタートから、まず26番に進みます。ここから6番に向かいますが、ここは、少し上り坂が急で木の階段が200段位有ります、階段を過ぎると緩やかな坂が尾根の手前まで続きます7番~8番~21番までは、緩やかです。 IMG_1346.jpg コースは、整備されていて、倒木、藪、泥濘は無く歩き易いです☆彡 IMG_1345.jpg 紅葉を観ながら IMG_1342.jpg 森林浴 IMG_1351.jpg 20番から19番の山頂までは、また階段登りが有り、尾根に上がるとアップダウンが有り、ニセ山頂みたいのも有ります。 IMG_1352.jpg 20番の標識の前の斜面から取り付きます~一部階段が欠損しています、ピンクテープが付いています。 IMG_1354.jpg 階段を登りきると IMG_1350.jpg 尾根歩きですがアップダウンがあり、ニセ山頂を越えて IMG_1356.jpg 本物の山頂が見えて来ます、山頂は目前です。 IMG_1357.jpg 小山みたいなコブを上がると山頂に到着です☆彡綺麗に笹刈りされていて、ベンチ、三角点、山頂標識が有ります。 IMG_1358.jpg 山頂標識 IMG_1359.jpg 三角点 IMG_1361.jpg 山頂付近の木が伐採されて、素晴らしい展望の山になりました(*^^)v IMG_1363.jpg 紋別岳 穴沢山 イチャンコッペ山 小滝沢山 藤野富士 豊見山 恵庭岳 IMG_1377.jpg 恵庭岳 IMG_1365.jpg イチャンコッペ山 樽前山 藤野富士 豊見山 恵庭岳 豊栄山 豊平山 空沼岳 IMG_1366.jpg 盤の沢山 札幌岳 山田峰 山之神 IMG_1369.jpg 砥石山 IMG_1382.jpg 藻岩山、正面奥に阿蘇岩山 神居尻山 ピンネシリ 隈根尻山 IMG_1386.jpg 石狩新港 石狩湾 IMG_1381.jpg 少し雲が多いけど、素晴らしい眺め☆彡 山まで、びっしりと住宅が建っています~これなら熊も出ますよね。 IMG_1396.jpg 駐車場へ戻り、終了☆彡

金古沢山 316M 9月30日(月) 作業道コース 所要3時間

前日の疲れも有り午前中は、ゴロゴロしていてたのだが折角の休みだし、午後から、のんびりハイキングに出掛けた、一応は三角点も有るんだが山と云うよりも丘歩きみたいな感じの所です☆彡 IMG_0934.jpg 道道341号、滝野すずらん丘陵公園の入り口の交差点を過ぎて、次の分岐を滝のカントリークラブの方へ左折します、あとは、道なりに約1.9キロ進むと、道路が右にカーブする所に登山口のゲートが有ります。 IMG_0935.jpg 途中、空沼岳が見えるビューポイントが有ります☆彡 IMG_0938.jpg 駐車位置ですが雪捨て場みたいになっていている所に駐車しました、車の左側は、厚別川が流れています、山側に登山口になるゲートが有ります、車は入れません。 IMG_0939.jpg 最初だけ、少し上り坂が有りますが、後は、多少の起伏は有りますがほぼ、平坦です。 IMG_0943.jpg 森の中を歩きます、今までに2回位、来ていますが人に会ったことが無い超マイナーな所です☆彡 IMG_0942.jpg 廃バスを通過します、分岐も有りますがピンクテープ取り付けました。 IMG_0944.jpg 道なりに進んで、行き止まりになっている所が山頂への斜面の取り付き口になっています、1年以上来ていなかったのでかなり、藪化していたので入り口、三角点、山頂付近と笹刈り整備しました☆彡 IMG_0945.jpg 入り口 IMG_0946.jpg 通路 IMG_0947.jpg 三角点~けっこう時間をかけて刈りましたので今しばらくは、藪漕ぎなしで行けます☆彡 IMG_0961.jpg 冬は、藪が雪に覆われるので中々の展望ですが夏場は、あんまり良くないです~藤野富士、穴沢山 IMG_0950.jpg 山田峰、真簾山 IMG_0959.jpg 藤野富士 IMG_0960.jpg 穴沢山 IMG_0963.jpg なんだか笹刈り整備に来たみたいになりました、ゲートまで戻り終了です(*^^)v
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-