FC2ブログ

紋別岳 865M 9月24日(火)NTT作業道&藪漕ぎコース 所要4時間

まだ暗いうちに目が覚めたので外を確認すると小雨が降っていたので、またダメかと諦めて寝た~かなり寝てしまい気が付くと雨は止んで青空が広がっていた(°_°) これはイカンと急いで支度をしたが10時になってしまっていた○| ̄|_ 日没の時間がどんどん早くなって来ているので当然、遠くの山へは行けないので1時間位で移動できる山から、支笏湖ブルーを眺めるべく車を走らせた☆彡 IMG_0720.jpg いつものビューポイントから恵庭岳~久しぶりに綺麗な主峰の姿を拝めた☆彡 IMG_0721.jpg 奥漁川橋~漁岳 IMG_0725.jpg ポロピナイまで移動して思案する~快晴で、どこでも登れそうだ☆彡 IMG_0729.jpg 白老3山、徳峻別、ホロホロも見える。 IMG_0728.jpg 恵庭岳も1年以上もご無沙汰しているので捨てがたいが流石に僕のスピードでは日没に間に合わないかも知れないので今日は、パス☆彡 IMG_0726.jpg 思案の結果、2年以上もご無沙汰していた紋別岳にしてみました☆彡 IMG_0735.jpg ついつい何時ものビーュポイントに立ち寄ってしまう。 IMG_0739.jpg 久しぶりに雲の無い樽前山が観れました☆彡 IMG_0740.jpg 綺麗な風不死岳 IMG_0736.jpg 支笏湖を囲む見事なカルデラ☆彡 IMG_0742.jpg 久しぶりの支笏湖&ブルースカイなんでこのまま景色眺めて、アイス喰って終わりでも良いんだけど、それでは山歩きにならんので、紋別岳へと云う事で~木が茂ってしまいほぼ見えないレアな標識(°_°) IMG_0744 (1) 景色ばっかり眺めていたので、11時過ぎに、ゲート手前の空きスペースに駐車してスタートとなってしまったwwwww いつもの変わらぬユルユル山歩き☆彡 IMG_0749 (1) 中間付近までは、足元が良くないので、おとなしくNTT保守作業道を上って行く。 IMG_0752 (1) 概ね、中間付近まで登ると山頂が見えて来ます、左のコブのハゲになった笹原を登るのがお奨めルートです。 IMG_0826.jpg アンテナ設備に送電する為の電柱が斜面に建っていて、送電線が通っています。電柱に沿ってぼんやりと、踏み跡みたいのが付いているので、踏み跡みたいのを辿ると山頂まで行けます☆彡 舗装された道は、山歩きぽく無いので個人的には、あんまり好きでは無いですしアスファルトは足が疲れる気がしますので、僕は、藪道を歩きます☆彡 ここの笹は、細くて短いので歩き易いので苦になりませんし、舗装道路をショートカット出来ますし、眺めが良い場所が多々有るので気に入っています☆彡 IMG_0779.jpg 急登箇所も少し有ります☆彡 IMG_0823.jpg 中間部から上は、倒木も無いので足場は、おおむね良好です☆彡 まぁコレは僕の個人的な趣味みたいなものなんで、舗装された作業道を進んで山頂へ行くのも全然OKなんですよ(*^^)v IMG_0777.jpg 美しい?笹薮と支笏湖、樽前、風不死岳等のコラボ~笹がキラキラと輝いて、とっても綺麗なんだよ☆彡 IMG_0782.jpg 背よりも高くて、ぶっ太い笹薮だと泣けて来るけどね(T_T) ここの笹ロードは、良いよ☆彡 IMG_0772.jpg 丹鳴岳、フレ岳、恵庭岳、小漁山、漁岳~藪とのコラボが素敵☆彡 僕って変かなぁ? IMG_0773.jpg 小漁山、漁岳、丹鳴山は、未踏なんで、なんとかしたいですね☆彡 IMG_0769.jpg 恵庭岳~やっぱカッコ良いです☆彡 IMG_0785.jpg 山頂の手前の斜面から~正面に電柱の頭が見えます。 IMG_0783 (1) 間もなく山頂です。 IMG_0787.jpg でかいアンテナの傍らに山頂標識 IMG_0796.jpg 山頂標識、三角点、千歳の市街地 IMG_0797.jpg 二等三角点「紋別岳」865.63M IMG_0798.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ IMG_0821.jpg 素晴らしい眺め IMG_0803.jpg 前に登った時は、薄曇りでしたので、ブルースカイは初めてなんです☆彡 IMG_0811.jpg /^o^\フッジサーン IMG_0833 (1) 丸山遠見、苫小牧市街地、紅白の煙突は王子製紙&海 IMG_0814.jpg 千歳市街地、奥に霞んで、芦別岳、夕張岳 IMG_0809.jpg 札幌方面の展望~野牛山、藻岩山、市街地、奥に石狩新港 IMG_0808.jpg 札幌方面の山並み~烏帽子岳、百松沢山、手稲山、豊平山、藤野富士等 IMG_0825.jpg 帰路も中間付近まで笹道を下る☆彡 IMG_0832.jpg 本線に合流。 IMG_0842 (1) ブルースカイ&支笏湖&山~堪能して戻りました☆彡
スポンサーサイト



多峰古峰山 661M 初登頂3月27日(水) 南支笏3号線コース 所要3時間30分

今日のお山は、前々から登ろうと思っていたが悪天候で延び延びになっていた┐(´-`)┌今年は雪解けが早そうなので4月まで先延ばしすると、雪が解けて笹薮が出現して登れなくなる恐れが有るので、夜勤明けではあるが気合で登ってみた☆.。.:*・ CIMG8913.jpg 国道453号~風不死岳の横を通過、苔の洞門の入り口から約1キロ弱走行すると支寒内橋の手前に登山口となる林道ゲートが有りますがあんまり目立たないです。国道は、林道ゲート付近から右にカーブして支寒内橋、橋を通過すると支笏トンネルに至ります~お天気は、朝方は吹雪模様でしたが午後から回復みたいなので天気予報を信じてお昼頃にスタートしました☆彡 CIMG8910_20190327185900575.jpg 林道ゲート前です、車は、ゲート前に2台分のスペースしか無いです、付近に駐車スペースは無いですので多人数の場合は難しいですね、苔の洞門の所に駐車するしか無いかもです|ω・`) CIMG8908.jpg 林道のボロボロの看板 CIMG8911.jpg 整備隊の有志で取り付けた看板も有ります☆彡 CIMG8914.jpg 降雪の後でしたのでスノーシューで林道を進みました。 CIMG8915_20190327194724396.jpg 分岐が有ります。 CIMG8917_20190327194726756.jpg 整備隊で取り付けた案内板に沿って右に進んで下さい。 CIMG8919.jpg 道は、緩やかに登って行きます。 CIMG8924.jpg やがて正面に山頂が見えて来ます。 CIMG8926.jpg また分岐が有ります、ここにも整備隊の標識が有りますよ☆彡ここからは、笹薮退治しつつ、ピンクテープ増量して進みました。 CIMG8933_201903271956487c5.jpg 斜面へ取り付きます~この辺りから笹薮君達の攻勢が(T_T) CIMG8931.jpg 上を見上げると笹薮だらけΣ(゚д゚|||) CIMG8934_20190327195649ad6.jpg 斜面から笹が被って着ますので退治しつつ進みました☆彡 CIMG8936_2019032720012273c.jpg 尾根に出るまでは登り坂です。 CIMG8937_201903272001238da.jpg 尾根に出ると木の合間から樽前山の溶岩ドーム等がチラチラと見えます。 CIMG8939_20190327200125a86.jpg 尾根歩き、左奥に山頂です。 CIMG8944_20190327200641234.jpg やや登りが急な尾根を進む。 CIMG8945.jpg 山頂が近くに見えてきます。 CIMG8946_20190327200643a64.jpg 天気は、晴れたり、曇ったり、雪が降ったりと変化が激しいです~支笏湖、紋別岳が霞んで|ω・`) CIMG8947_20190327200644418.jpg 樽前山~木が邪魔ですね☆ミ CIMG8950_20190327201156928.jpg 緩斜面を通過します。 CIMG8952_20190327201158eb6.jpg 山頂直下の急登です。 CIMG8955_201903272011597ec.jpg 雪庇に注意しながら進みます~急登は、短い距離なんで苦になりません。 CIMG8954_20190327201518a45.jpg やっと晴れ間から溶岩ドーム CIMG8956_20190327201519dab.jpg 紋別岳、支笏湖も見え始めました☆.。.:*・ CIMG8957.jpg 登り詰めると山頂です\(^o^)/悪天候で延び延びになっていたけど遂に登りました☆.。.:*・ CIMG8958_20190327201756490.jpg 山頂標識 CIMG8961.jpg もう一つ付いていました。 CIMG8959.jpg 山頂の尾根の奥に樽前山~尾根を更に先に進みます。 CIMG8969.jpg 肝心な時に雲が出てしまい絶景が台無しに○| ̄|_ CIMG8963_20190327202832a4a.jpg がっかりです(T_T) CIMG8962.jpg 晴れていたら綺麗だと思います┐(´-`)┌ CIMG8971_2019032720335460d.jpg なんとか粘ってみましたが~風不死岳、932峰 CIMG8967.jpg 風不死岳 CIMG8973.jpg 溶岩ドーム、西山 CIMG8985.jpg 恵庭岳にも雲が○| ̄|_ CIMG8989.jpg 諦めて下山すると、天候回復Σ(゚д゚|||) CIMG8995.jpg 恵庭岳 CIMG8990.jpg 降り積もった雪が綺麗でよね☆.。.:*・ CIMG8991_201903272038567d8.jpg 西峰、中峰、主峰のギザギザが綺麗です.゚+.(・∀・)゚+. CIMG8996.jpg ゲートまで戻り終了です☆彡お天気が今一でしたが登れて良かったです☆彡 CIMG8997.jpg 札幌への帰路~天候回復☆彡樽前山、風不死岳、多峰古峰山 CIMG8998.jpg 風不死岳 CIMG8999.jpg 樽前山 CIMG9000_20190327204626089.jpg 丹鳴岳、恵庭岳 CIMG9006_20190327204627685.jpg 最後に1枚☆.。.:*・

様茶平山 999M 初登頂 3月4日(月)本流林道コース 所要5時間

待ちに待った3月になりました、ここからが春山シーズンって感じでしょうか今年は、例年よりも雪解けが早そうな感じですね、雪が残る綺麗な山を春の息吹を感じながら登れるので大好きな時期です、そしてまた、雪が解けると三角点探しに邁進です☆.。.:*・ CIMG8198_201903051103401e5.jpg 今日のお山は、様茶平(さまちゃんぺ)山です、国道453号を支笏湖方面へ走行、漁川に架かる橋の袂に登山口となる林道が有ります。 CIMG8199.jpg 橋の上から漁川です。川を挟んで、右側(札幌側)に本流林道、左側に漁岳林道となります。朝からどんより曇っていて恵庭岳も漁岳もイチャンコッペ山等も全く見えないガッカリなお天気でした○| ̄|_ CIMG9852_2019030511202227f.jpg 晴れた日には、こんな感じで雪化粧の漁岳が見えるんです☆.。.:*・ CIMG9853_20190305112024840.jpg 僕は、お天気が良い日には、必ずここを通る時は、橋の上から漁岳を眺めます☆彡 CIMG8203_20190305110343286.jpg 林道の入り口に駐車スペースが有ります。 CIMG8205.jpg 入山箱も設置されています~ここから暫くは、林道歩きになります。 CIMG8208.jpg 最初の分岐、左に行くと河原に降りる道になりますので、右の本線を進みます。 CIMG8209_20190305110347d3b.jpg 本流林道の標識が設置されています。 CIMG8211.jpg 左に漁川を見ながら緩やかに登って行きます。 CIMG8215.jpg 鉛色の空(T_T)~たいていは、一人歩きなんで天気が良くない日は、チェ!!とかクソ!!とかボヤキながら歩いている事が多いトトロおじさんです┐(´-`)┌ CIMG8313_20190305113509c14.jpg S字カーブを登るとまた分岐があります、作業道のようです無視してあくまで本線を直進します。 CIMG8212_20190305113512829.jpg 作業道の分岐から少し進むと、本流林道のゲートが有ります。 CIMG8218.jpg ゲートから先は、暫くは平坦な道です、道の無左手に黄色い標識があります、ここにも分岐が有ります。 CIMG8219.jpg 標識が設置されています。 CIMG8220_201903051148325ef.jpg ラルマナイ林道~こちらから山頂へも登れますが急登ですので僕は回避します(*^^)v少し遠回りになるけど楽ちんに越したことは無いので☆彡 CIMG8311_20190305114833aec.jpg 健脚鉄人型の人は、ここから尾根を直登して山頂へ最短コースの登るのも有りだと思います(°_°) CIMG8223.jpg トトロおじさんは、無理をせず本線を更に直進し、斜面の緩やかな裏側に回り込んで山頂を目指します。 CIMG8226_20190305115844198.jpg しばらく進むと、右の斜面に取り付くように作業道が有りますので、いよいよ本線から別れて右折してこの作業道を登りつめます、分岐点にピンクテープ取り付けました☆彡ここからは、しばらくは登り坂が続きます。 CIMG8233_20190305120819340.jpg 高度が上がってくると木の合間から漁岳等が見えてきます。 CIMG8238_20190305120824816.jpg 天候も回復しつつあり歩きも元気に☆彡 CIMG8241.jpg トレースが有り、有り難く尾行させて頂きました☆彡 斜面をトラバース気味に緩やかに登って行きます、ピンクテープ取り付けました。 CIMG8239.jpg 雲が邪魔ですが尾根の近くから漁岳 CIMG8244.jpg 広い尾根に至りました☆彡 CIMG8255_2019030512171415e.jpg 後は、尾根を歩いて山頂部の端っこの三角点が有る所まで歩くだけです、地図では、平坦な山頂にしか見えませんが小さなコブが4つ程有り起伏が有ります、尾根や小さなコブからの展望が中々良いです☆.。.:*・ CIMG8287.jpg 青空も見えるんだけど、霞んだみたいになっていますPM2.5のせいなのかなぁ|ω・`)恵庭岳、オコタンペ山 CIMG8306_201903051229040ec.jpg 漁岳 CIMG8279_201903051229016d9.jpg 空沼岳 CIMG8288.jpg 恵庭岳 CIMG8293_20190305122906bf2.jpg オコタンペ山 CIMG8270_20190305122859ffc.jpg 札幌方面の展望~条件が良ければ、芦別岳、夕張岳、大雪、日高方面の山も拝めるみたいです~残念┐(´-`)┌ CIMG8284_20190305122854bef.jpg イチャンコッペ山、紋別岳、幌平山 CIMG8300.jpg 紋別岳 CIMG8257_201903051239483a3.jpg 雪庇に注意しつつ尾根道を進み展望を楽しめます☆.。.:*・ CIMG8255_201903051243395e4.jpg どこが最高点なのかよく解らないのでコブを順番に上り下りして進みました。 CIMG8254_20190305124341288.jpg 4つ位有ったのかなぁ。 CIMG8292_201903051248108f4.jpg 1ゴブ登るとまた奥にコブって感じ(゚д゚) CIMG8269_201903051248043aa.jpg ここかなぁ?アレレまだ奥にもコブが(°_°) CIMG8276_20190305124806d8a.jpg ここが一番奥の三角点の有る所のコブ、ここから先は、下り坂になっていた。 CIMG8277_2019030512480837c.jpg 文字が消えてほぼ見えない標識 CIMG8303_20190305125444f31.jpg イチャンコッペ山、紋別岳、幌平山、モラップ山、支笏湖~もう少し晴れないかなぁと暫く待機したが霞は晴れないから下山しました、記念すべき初登頂なのに残念○| ̄|_ CIMG8326.jpg テコテコと歩いて戻りました☆彡 CIMG8330.jpg 駐車場です、右手の道が国道453号 CIMG8319_201903051301021d1.jpg 下山すると綺麗な恵庭岳が~もうちょっと待機していたら見れたかも|ω・`)まぁ仕方ないですね。 様茶平山 今日は、いつも拝見しているサトマサ氏のコ-スを参考に登らせて頂きましたm(_ _)m

オコタンペ山 968M 初登頂 2月26日(火)道道78号線コース 所要4時間

早起きしたら雪が降っていたので待機する、9時頃に晴れ間が見えてきたので出かけてみる翌日の予報は晴れ予報なんだが仕事なので~まぁこんな感じで、どうも僕の休日と晴れの日が噛み合わない日々がこのところ続いてしまっていて冬山の綺麗な景色を拝めていない○| ̄|_ 今日も微妙な感じ┐(´-`)┌ CIMG8028.jpg 今日も、なんとなくどんより曇って機嫌が良くなさそうな恵庭岳|ω・`)~イチャンコッペ山、紋別岳には雲がかかっていたので回避しました。 CIMG8031.jpg どうせだめなら未踏の山と云う事でオコタンペ山にしてみました、国道453号、この標識の横に広い駐車スペースが有ります、綺麗に除雪されていました、また、漁岳の登山口の有る漁岳林道のゲート前も除雪が入っていました。 CIMG8033.jpg 先客2台、ここは広いので除雪が入っていれば余裕で10台以上は停められます☆彡 CIMG8034.jpg 駐車場から国道に出て、オコタンペ湖に向かう道道78号線の交差点まで少し歩きます~右手に見える茶色の国立公園の看板が有る所が交差点です、歩道も除雪されていました。 CIMG8035_201902262005168b5.jpg 交差点を曲がるとゲートが有ります、冬は、車両通行止めですので、ここから先は、歩きです~オコタンペ山は、ここからも行けますが、少し札幌よりの漁岳林道からも登っている人がいるようです。 CIMG8036_201902261948217f0.jpg 夏場は、オコタンペのキャンプ場までは、行けるみたいですね、オコタンペ~美笛までは、落石の危険が有る為、通年通行止めみたいですね。 CIMG8038_20190226200519833.jpg オコタンペ湖展望台なんか有るんですね、キャンプ場も展望台も行ったことが無いから今度、行ってみようかなぁ☆彡 CIMG8043.jpg 道は、先人様に踏み固められていており、ツボ足で歩けました☆彡 山は、右側に有りますので、取り付けそうな斜面に至るまで、緩やかな上り坂を進みます、しばらくは、道路の右側は、ガケみたいになっています。 CIMG8046.jpg 右手に未踏の様茶平山の山頂部が見えました~尾根歩きが楽しそうな山なので3月にでも行ってみようかと思っています。 CIMG8048_20190226201506a16.jpg 天気は、晴れたり、曇ったり、雪が降ったり、目まぐるしく変わります、まぁ後は、天運を信じて進むだけです、しばらく歩くと正面の右手に取り付けそうな斜面が見えてきます。 CIMG8049_201902262029494d2.jpg 最初に出会う右の斜面の所が登山口になっています。 CIMG8052_2019022620295085b.jpg ピンクテープが付いています CIMG8053_201902262029522a5.jpg 立派な標識も取り付けられていました☆.。.:*・ CIMG8051.jpg アナログ仕様の僕ですから、ここから先は、ピンクテープ増量して山頂まで進みました☆彡 CIMG8055.jpg いきなり、急登の壁がお出迎えしてくれますΣ(゚д゚|||)たぶん、新雪のラッセルなら僕は登れませんね┐(´-`)┌ 固さがあり爪が刺さるので登れました☆彡 帰路の一気滑りがワクワクしますね(*^^)v CIMG8057.jpg 尾根まで、ヒタスラ登る、たぶんトトロおじさんが転倒したらコロコロおむすびみたいに転げ落ちる(。-_-。) CIMG8065_2019022620443207a.jpg 途中から下を見てみた~かなりヤバイ角度!!~間違いなく、おむすびころりんになる(°_°)でもなんか登っていて楽しい斜面です、急登もロングコースも苦手だけど、ここは面白いです☆彡 CIMG8058_20190226204428c7f.jpg 高度が上がって来て後ろを見たら~あらまぁ、後ろは、恵庭岳だったんですね!! CIMG8061_20190226204431982.jpg 奥潭側から恵庭岳を見るのは、初なんで新鮮な感じ、途中何度も足を止めて見とれる~まぁただの休憩かも~左から北峰、主峰、ジャンダルム、中峰、西峰~綺麗に見えました☆.。.:*・冬、登ってみたいですね☆彡 CIMG8081_201902262101091a0.jpg 尾根道は、緩やかなアップダウンが有ります。 CIMG8082_20190226210111ef7.jpg イチャンコッペ山、幌平山 CIMG8080_20190226210113acc.jpg 紋別岳 CIMG8090_20190226210115a8b.jpg トンガリが見事な恵庭岳☆.。.:*・ CIMG8094.jpg 北峰 CIMG8099_201902262105273a9.jpg 主峰 CIMG8093.jpg 中峰、西峰 CIMG8095.jpg 青空に力を貰い更に登りつめる CIMG8102_20190226210732bd2.jpg 紋別岳 CIMG8107_20190226211130c3e.jpg 幌平山 CIMG8112_201902262112339d9.jpg ルンルン気分で登っていたら天候急変して吹雪に○| ̄|_ ガックリですね。 CIMG8111_201902262114433fd.jpg 札幌方面もどんより┐(´-`)┌ CIMG8115_201902262116537c0.jpg 天佑神助☆.。.:*・10分位で晴れました~山頂が見えました☆彡 CIMG8116_201902262116540fd.jpg 山頂の手前は、また急登(汗) CIMG8117.jpg ガツガツ行く☆彡 CIMG8118_20190226211657d79.jpg 市内方面の展望も回復☆彡 野牛山、島松山、イチャンコッペ山 CIMG8149_20190226212331678.jpg 最後の登り CIMG8148.jpg 山頂の雪庇の大きな亀裂~急斜面だから雪崩には注意しないとね!! CIMG8158_20190226212335dc0.jpg 山頂です\(^o^)/ CIMG8161_20190226212336337.jpg 真新しい山頂標識☆.。.:*・ CIMG8163_20190226212848d49.jpg 素晴らしい山頂からの眺めを堪能出来ました\(^o^)/ 小漁山、漁岳 CIMG8164_201902262128508ba.jpg 漁岳 CIMG8165_20190226212849d1e.jpg 小漁山 CIMG8166.jpg 支笏湖、丹鳴岳、真っ白なオコタンペ湖 CIMG8139.jpg イチャンコッペ山、幌平山、紋別岳 CIMG8174.jpg 空沼岳(左端)様茶平山(右端) CIMG8125.jpg 小滝沢山、野牛山、島松山、イチャンコッペ山 CIMG8177.jpg 恵庭岳 CIMG8126.jpg 恵庭岳、支笏湖、多峰古峰山 CIMG8169.jpg オコタンペ湖、丹鳴岳 CIMG8124.jpg 丹鳴岳 CIMG8183.jpg わんこの耳みたいです☆.。.:*・ CIMG8187.jpg 様茶平山 CIMG8188.jpg 帰路~あの急な壁下りは、ちょっと怖いけど一気でしたまぁ全く止まれなかったです☆.。.:*・ CIMG8189.jpg 一気に滑って転がって着いたら標識の所でしたΣ(゚д゚|||) CIMG8192_20190226215121fb9.jpg 後は、道を戻って。 CIMG8195_20190226215122ab0.jpg 無事に戻りました☆彡 当初は、藪山だからと全く展望は期待していなかったんだけど素晴らしい展望の山でした\(^o^)/ おすすめの山です☆彡

幌平山 718M 初登頂 2月25日(月)ポロピナイコース 所要2時間 

今日も朝から曇りでやる気が削がれるが天気は崩れないようなんで出かけてみた~モラップ山に続き周辺の未踏の山へ行く事にしました。幌平山、オコタンペ山、様茶平山、多峰古峰山、漁岳、小漁山、フレ岳、丹鳴山等、支笏湖周辺だけでもまだまだ未踏の山だらけなんですよねΣ(´Д`*)まぁ沢山あるから登る楽しみが有って良いんですけどね☆.。.:*・未踏の山は尽きないですね!! CIMG7909_20190225163849950.jpg 国道453号のいつものビューポイントから恵庭岳~今日もお空は、鉛色○| ̄|_国道は、全く雪がなく夏道みたいに走り易かったです。 CIMG7918.jpg 恵庭岳の登山口の手前のヘアピンカーブの所に駐車場が有ります。 CIMG7938.jpg 登山道から見下ろすとこんな感じ、右奥に恵庭岳です。 CIMG7920.jpg 駐車場から支笏湖~紋別岳、モラップ山(唇みたいに見える山の右側の山) CIMG7936_2019022516523432b.jpg 登山口の有る歩道も綺麗に除雪されていました☆彡 CIMG7937.jpg 幌平山は、藪山で登山道は無いので途中までは、イチャンコッペ山と同じ道を進みます、藻岩山みたいに道は踏み固められていました、ツボ足でも行けそうな感じでした☆彡僕は、幌平山の斜面上りが有るのでスノーシューで行きました。 CIMG7930_20190225170139152.jpg ガサガサと物音がするから見たら鹿さんでした、周りの斜面をよく見ると数頭いました。 CIMG7932_20190225165237221.jpg 少し僕の方を見たが気にする事もなくお食事に励んでいました☆彡 CIMG7947.jpg コースは序盤から急登が続くがトレースは明瞭で歩き易かった。 CIMG7971_20190225171701ff8.jpg 高度が上がって行くと木が少なくなり徐々に展望が開けてきます~紋別岳、モラップ山 CIMG7955_20190225171703759.jpg 紋別岳 CIMG7956_20190225171705217.jpg イチャンコッペ山の偽山頂 CIMG7969.jpg 風不死岳 CIMG7945_20190225171700800.jpg 恵庭岳 CIMG7944.jpg 青空は、ほんの少し見える程度で相変わらず鉛色の空(T_T) CIMG8022.jpg 急登が終わると緩やかな斜面歩きです~真っ直ぐに進むとイチャンコッペ山に行ってしまうので、左の斜面に取り付いて幌平山の尾根に向かって登って行きます。 CIMG7977.jpg 雪庇の上が尾根です、中々の急登(汗) CIMG7975_201902251727319ed.jpg 雪庇を迂回するようにトレース有りました☆彡 CIMG7996.jpg 尾根に乗っかりました☆彡あとは、尾根道を緩やかに進むだけです。 CIMG7994.jpg 雪庇の上部には、クラックがΣ(゚д゚|||)急斜面ですから雪崩の注意は必要ですね!! CIMG7997.jpg 尾根歩きは良いですよね~眺めも良いですよ☆彡 CIMG8002.jpg 尾根道からイチャンコッペ山、紋別岳 CIMG7995.jpg 超灰色○| ̄|_ CIMG7999_20190225174109881.jpg 風不死岳~残念無念。゚(゚´Д`゚)゚。 CIMG8008.jpg 慎重に進んで~まもなく山頂です。 CIMG8010.jpg 到着\(^o^)/ CIMG8012.jpg 山頂標識 CIMG8015.jpg 恵庭岳 CIMG8017.jpg 恵庭岳~爆裂火口、主峰 CIMG8019.jpg 紋別岳 CIMG8018.jpg 紋別岳、モラップ山、樽前山、風不死岳 CIMG8023.jpg 鉛色の景色眺めてもつまらないのでイチャンコッペ山には登らずに戻りました。 CIMG8026.jpg チラチラ雪も降り始めたので帰宅する事にしました。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-