FC2ブログ

船取山 211M 初登頂 5月24日(日)南尾根コース 所要3時間

今日は、曇りで、午後から雨が降るので遠出は避けて、小樽で三角点探しと釣りのセットにしてみました☆彡 IMG_8879.jpg ほぼ人に会う事が無い超マイナーな山ですので、なんとなく今日は、地図を載せてみました~まぁ、人に会わない藪山の三角点探しが好きな僕ですけどね☆彡 IMG_8881.jpg 山頂の右斜面は、家や畑が有り私有地は、回避したのでパスしました。左の斜面は、家は、殆ど無く、林道みたいな道が付いているし、フルーツ街道の高架下や分岐の付近に駐車スペースが有るので、南側から登りました☆彡しかし、問題は、笹薮が濃くて、取り付き地点が中々、決まらずに奥の方まで、道なりに進んで、畑の跡みたいな所から取り付きました。結果的には、上りの斜面も急登箇所は無く、ルート的には、良いコースと思われます☆彡 IMG_8812.jpg 小樽市塩谷から、フルーツ街道に入って、忍路2丁目にある船取山へ向かった、塩谷の文庫歌トンネルの手前の駐車帯から塩谷を一望できるビューポイントが有ります~更に藪漕ぎして、文庫歌トンネルの上に有る塩谷山に登れば、更なる絶景を眺める事が出来ます~正面に塩谷漁港、漁港の後ろの山が酒屋ノ沢です。 CIMG2935_202005251350352eb.jpg 道なりに、真っすぐに進みます~この道は、北後志東部広域農道で塩谷から余市、仁木まで山間部を走行する道で、果樹園が多く点在する事から、フルーツ街道と呼ばれています。忍路に入ると忍路環状列石の案内板が有ります。小樽には、手宮洞窟、フゴッペ洞窟、大谷地貝塚、忍路環状列石、地鎮山環状列石、西崎山環状列石の古代の人々の生活の痕跡を知る事が出来る遺跡が点在していますので、興味のある方は、ハイキングを兼ねて周ってみると面白いと思います。ちなみに僕は、2018年8月に忍路環状列石、地鎮山環状列石、西崎山環状列石をセットで周りました~3つの環状列石は、フルーツ街道沿いに有るので容易に周れます☆彡 CIMG2946_20200525135034d4b.jpg 道なりに更に200M位、進むと地鎮山環状列石の案内板も道路脇に建っています。西崎山環状列石もグーグルマップにも載っていますので直に判ると思います。 IMG_8833.jpg 忍路2丁目の高速道路の手前から撮った船取山です、真ん中の小高い所が山頂です、後志自動車道の高架が見えます。 IMG_8834.jpg 地鎮山環状列石の案内板から更に1キロ位、道なりに進みます、高速の高架の下を通過して、道が右にカーブする所に左に入って行く小さな脇道が有りますので見落とさないように曲がって下さい。 IMG_8835.jpg 脇道を道なりに少し進むと、フルーツ街道の高架の下に出ます、ここを左折して下さい。 IMG_8829.jpg 左折して、少し進むと分岐が有り、ここに駐車して、後は歩きました☆彡左の道を進みます☆彡 IMG_8859.jpg 林道みたいな道を道なりに進みます、左の笹薮に突入すると山頂に行けますが、笹薮やツルが濃くて途中で断念しましたので、藪の薄い所を探し求めて、歩き続けました┐(´-`)┌ IMG_8860.jpg 廃屋を通過し更に進む、かっては、畑や家が有ったみたいですが今は、藪と廃屋しか無いです。 IMG_8837.jpg やっとこ、笹薮の無い畑の跡みたいな所が有りましたので、ここから尾根に取り付きました☆彡 IMG_8858.jpg 奥の方を見ると、ナンバープレートの無い車と物置みたいな建物が有りました~いつもの様に迷子にならない様にピンクテープを取り付けて進みました。 IMG_8844.jpg 最初は、笹が少なくて良い感じだったんだが IMG_8838.jpg 徐々に、ツル、笹、木等、いつもの様にギコギコしながら、ゆっくりと前進しました☆彡 IMG_8822.jpg 息も出来ない位のムセ込むような笹薮も○| ̄|_ まぁこれが、道なき山の現実なんですけどね☆彡 IMG_8826.jpg 尾根に上がると少し、景色が見えるところも有りました。 IMG_8842.jpg 塩谷丸山が見える所も有りました☆彡 IMG_8846.jpg 遠藤山、桃内毛無山、小樽天狗山かなぁ??? IMG_8847.jpg 山頂部への最後の上り☆彡 IMG_8848.jpg やっとこ山頂に到達、低山ですが、藪を突破しての山頂到達も中々、味わいが有りますよ☆彡幸いにも笹薮は無くて容易に三角点が見つかりました(*^^)v IMG_8856.jpg 草刈りして、整備しました、三角点棒も有りましたので、一応、建ててみました、木製ですから直ぐに腐食してしまい、倒れたり、虫に食われてボロボロになって無くなってしまっている所も多々あると思います、三角点を探す僕にとっては、三角点棒や保護石は、目印になるので有難い存在なんです。また、樹脂製の三角点棒も数は少ないですが有るには有るんだけど、強度がイマイチで雪の重さなんかで折れている所も見かけますので、『大切にしましょう三角点』と三角点棒には、書いているくせに、直ぐに折れたりするんだから、もう少し、頑丈なものを設置して貰いたいと云うのが僕の見解です☆彡 IMG_8849.jpg 三等三角点「船取山」211.18M IMG_8854.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ 08366166709fe5299d7fdb02992c91f0.jpg 山頂でのサプライズが有りました!! 僕の山活の参考にさせて頂いて、いつもブログを拝見させて貰っている『山歩人・吉克さん』ご本人さんに偶然にお会いしました、誰にも会う事は無いと思っていたので、まさかこんなマイナーな山でお会いするとは、びっくりでした☆彡 記念撮影までして頂きました(^_^)v (吉克さん撮影) IMG_8861.jpg 来た道を戻り終了です、後ろは、フルーツ街道の高架です。 IMG_8862.jpg 本日のオマケは、コレ!! 遂にきたぁぁぁぁ、招かれざるゲストの『ダニ』、熊もヤバイけど、遭遇の可能性なら断トツの超厄介者のダニ 僕のズボンに10匹位もモゾモゾと動いていた○| ̄|_ 刺されると感染症の危険が有り、死亡例も報告されているので、要注意です。山以外でも、公園の芝や草木にも居ますので、お帰りの際のボディーチェックは必須ですぞ☆彡 ダニ採りしてたら気持ちが萎えて来て、雨も降るみたいなんで、お山は終了しました。
スポンサーサイト



酒屋ノ沢 181M 初登頂 5月21日(木)南尾根コース所要2時間

今日は、塩谷、蘭島方面の三角点探しに出かけてみました☆彡 DCIM0130_20200521165223a1b.jpg 塩谷漁港に着いて、景色でも撮ろうとカメラを構えるが、電源が入らないzzzzz えええ、故障かとよく調べたらバッテリーが入っていませんでした○| ̄|_ 充電してお家に忘れてきたのだった(T_T)取に戻ったら2時間半は時間が無駄になるので、仕方なく、僕の愛着仕様のガラ携帯で写真を撮ることにしたので、いつもより、写真は少ないけどご容赦願います☆彡~と云う事で、塩谷漁港から撮りました、竜ヶ岬、シリパ岬、余別岳、積丹岳 DCIM0229.jpg お天気も良く、塩谷丸山も綺麗に見えました。 DCIM0222_20200521163714110.jpg 塩谷漁港から、後程行く、塩谷山 DCIM0154.jpg 漁港の手前に山へ上がって行く一本道があります。 DCIM0134.jpg 最終民家を過ぎると道は、藪に飲み込まれますので、ここからは、藪漕ぎになります○| ̄|_ DCIM0151.jpg 藪を漕いで、道の跡を進んで行くと、左に山頂が見えて来ます☆彡 DCIM0138.jpg ひたすら藪漕ぎして、山頂を目指します(汗) DCIM0149.jpg 木と藪に覆われているので、景色は、良くないです~藪の合間から、海、赤岩山 DCIM0147.jpg 山頂部に到着、海が見えるが断崖絶壁になっているので、海側は歩かない方が無難☆彡 とにかく木が邪魔で景色が見えない○| ̄|_ DCIM0142.jpg 三角点 見つけました☆彡 DCIM0143.jpg 笹刈り、整備しました。 DCIM0144.jpg 三等三角点「酒屋ノ沢」181.94M DCIM0145.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ DCIM0153.jpg 車まで戻り、終了です。

中ノ山182M初登頂5月21日(木)高速道路フェンスコース所要1時間30分

次は、中ノ山です、塩谷丸山の登山口の近くに有る藪山です☆彡 DCIM0157.jpg 塩谷丸山の駐車場に移動しました15分くらいで移動できます~平日なのに10台以上、車が止まっていました、まぁお天気も良いし、来たくなりますよね。 DCIM0158.jpg トイレの後方に、中ノ山です。 DCIM0160.jpg コースは、超簡単です~高速道路のフェンスに沿って上がって行くだけです。 DCIM0165.jpg 200M位は作業道を歩けますが、道は無くなり、後は、藪漕ぎになります☆彡 DCIM0167.jpg 高度が上がって来ると、フェンスの後方に塩谷丸山が見えて来ます。 DCIM0170.jpg フェンスのピーク付近まで上がり、右斜面へ取り付きました、いつもの様にピンテ取り付けました。 DCIM0172.jpg ここも藪は、濃く難儀しましたが、なんとか見つけました☆彡 DCIM0173.jpg 笹刈り、整備しました~四等三角点「中ノ山」182.46M DCIM0174.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ DCIM0178.jpg 駐車場まで戻り終了です。

塩谷山104M初登頂5月21日(木)文庫歌トンネルコース所要1時間30分

次は、国道5号の塩谷トンネルの上に有る塩谷山です☆彡 DCIM0182.jpg 道道956号を走行、文庫歌トンネルの右から分け入って、山頂を目指しました~トンネルの手前にビューポイントが有ります、正面やや左の山が酒屋ノ沢です。 DCIM0183.jpg 文庫歌トンネルの塩谷側から山に入りました。 DCIM0186.jpg トンネルの右側にオレンジ色の標識が有り、そこから入りました。 DCIM0189.jpg 最初は、作業道みたいな道が有りましたが(°_°) DCIM0190.jpg 道は、すぐに藪に飲み込まれてしまい、今日一番の激しい藪漕ぎに○| ̄|_ DCIM0195.jpg 崖状の所の眺めが良かったです~塩谷漁港、酒屋ノ沢、赤岩山、塩谷樿山、国道5号線 DCIM0199.jpg 忍路竜ヶ岬、シリパ岬、積丹岳、大森山等 DCIM0205.jpg 崖のギリギリまで前進して、普段は、トンネルなんで見ることが出来ない笠岩を撮る事ができました(*^^)v DCIM0212.jpg 藪の中に見つけました☆彡 DCIM0213.jpg 笹刈り整備しました。 DCIM0214.jpg 三等三角点「塩谷」104.75M DCIM0216.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ DCIM0218.jpg 笹薮は、強烈でしたがΣ(゚д゚|||) 三角点の周りに沢山、生えていました☆彡 DCIM0221.jpg 車に戻り終了~本当は、もっと周る予定でしたが、ガラ携帯のカメラでは、ダメなんで今日は、諦めて帰宅しました☆彡

朝里天狗岳683M12月26日(木)送電線鉄塔コース 所要3時間

早起きしたけど、雪が降っていて、とっても寒くて、怯んで再びお布団へ~気が付いたら、なんとまぁ!!10時30分になっていた(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? 陽が射していたので大急ぎで支度して出かけましたが、この時間では、遠出は無理なんで、銭天は、春に行ったから、暫くぶりに朝里天狗岳に行ってみる事にしました☆彡 image002_2019122619562916f.jpg 調べてみたら、1年半ぶりでした、まぁ未踏の山を優先してしまうので1回しか登っていない山が沢山有ります。積雪期は、初めてですが、コースは、夏道と一緒のコースで駐車場所も同じ所に駐車しました☆彡 IMG_3441.jpg 道道1号線 天穀橋の近くの駐車帯から撮りました 鉄塔がある右が朝里天狗岳です、左に見える岩尾根も面白そうなんで機会が有れば行ってみたいですね~コースは、天穀橋の駐車帯から登山口まで道道をトコトコと歩きます、登山口から送電線の鉄塔を3本通過します、4本目の中間付近で左折して山頂を目指します。 IMG_3500.jpg 朝里側から1号線を上って朝里ダムを通過、急カーブの所を通過すると道の左側に建っています「魚留の滝」の案内板、案内板の10M位先に登山口が有ります☆彡付近に駐車スペースは無いですし見通しが良くないので路上駐車は出来ませんので、400M位先きの天穀橋の駐車帯に駐車して下さい。また、今日は、寄りませんでしたが魚留の滝 中々よろしいので立ち寄ると良いですよ☆彡 IMG_3443.jpg 登山口~標識は、道路から少し、奥にあるので目立たないですΣ(´Д`*) 昔から有る旧い標識(右)の他に新しいものも取り付けられていました~整備隊の有志の方達が入って登山道を整備して、標識も新しいものをわざわざ設置してくれたみたいです、僕が初めて登った時は、標識もボロボロで道は荒れていて、藪漕ぎの所も有りましたので、以前よりかなり安全に、登り易くなったと思います☆彡 IMG_3445.jpg 鉄塔の保守作業道を上がります、道は明瞭です、鉄塔2本目までは、それなりの上り坂が続きます(汗) IMG_3446.jpg 第一鉄塔 IMG_3449.jpg 第二鉄塔 IMG_3450.jpg 第二鉄塔から山頂(左) IMG_3454.jpg 第二鉄塔から第一鉄塔 この送電線、赤井川村、松倉岩の近くを通って塩谷の変電所まで延びています。 IMG_3455.jpg 第三鉄塔へは、アップダウンがあり渡渉が有ります。 IMG_3452.jpg 渡渉1 IMG_3457.jpg 渡渉2~それなりに流れは有ります、融雪期は増水しますので注意が必要です。 IMG_3458.jpg 第三鉄塔 IMG_3460.jpg 第三鉄塔を通過して更に進むと、左折する分岐が有ります。 IMG_3461.jpg 前は、木に赤いペンキで天狗岳って書いてあっただけでしたが、案内標識が新設されていましたので、迷わないで左折できると思います~ここで左折しないと山頂へは行けませんから、とっても重要です/^o^\ IMG_3463.jpg 渡渉3 IMG_3465.jpg 渡渉4 14160_20191226210853ff7.jpg 2018年5月の上旬に訪れた時の沢ですΣ(゚д゚|||)雪解け水で激流になっており、渡るのに難儀しましたWWWWW IMG_3467.jpg 山頂部の斜面に取り付きます。 IMG_3469.jpg 樹林帯を上り詰める。 IMG_3471.jpg 視界が開けて、山頂の岩場へ IMG_3474.jpg 登りきると山頂です☆彡 IMG_3477.jpg 立派な山頂標識が取り付けられていました~有難いことですね、ご苦労様でした☆彡 CIMG1138_201912262121032ca.jpg ちなみにコレが昔の山頂標識です、文字も消えて見えませんでした(°_°) IMG_3478.jpg 天気が良いと朝里岳や余市岳も見えるんだけどなぁ、生憎の曇りで○| ̄|_ IMG_3476.jpg 平べったい朝里屏風岳~正面が最高点で三角点は、左の端の方の低い所に有りました☆彡 IMG_3480.jpg 見晴らしの良い北峰へ移動します~道は付いていますし、ピンクテープも付いています。 IMG_3482.jpg 藪を抜けると IMG_3486.jpg 北峰に到着です☆彡 見晴らしが良いです\(^o^)/ IMG_3487.jpg 左から756峰、702峰、毛無山、霞んでいますが赤岩山、下赤岩山、小樽市街地、右端に朝里ダム IMG_3491.jpg 霞んでいるけど赤岩山、下赤岩山、高島岬、小樽市街地、小樽港防波堤 IMG_3496.jpg 毛無山、朝里ダム、朝里温泉、市街地、小樽内山 IMG_3490.jpg 朝里ダム、ループ橋、温泉街、高速道路、市街地、海 IMG_3494.jpg 北峰から、左に朝里屏風、真ん中に主峰、右に晴れていたら朝里岳 IMG_3498.jpg 道道1号線が見えます IMG_3499.jpg 登山口まで降りました1号線も見えます。 IMG_3501.jpg 天穀橋まで坂道を戻ります。 IMG_3502.jpg 駐車帯まで戻りました☆彡
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-