FC2ブログ

電子基準点『厚真』7月3日(水)

6月に早来エリアをまわってみて、道路状態も良さそうでしたので、震災後、活動を自重していた厚真町エリアに行ってみる事にしました~電子基準点の確認と一等三角点の有る姨失山に登ることが目標です、地震により大規模な地滑りが数多く発生していたので登れるかどうか微妙だったので、とにかくこの目で確認してみたかった☆彡
CIMG2957_20190705065913d0c.jpg
早来町から道道10号に入り厚真町に至ります。場所は、厚真町本郷の厚真町スポーツセンター、あつまスタードーム、かしわ公園野球場、テニスコート、パークゴルフ等の多様なスポーツ施設が有るエリアです☆彡電子基準点は、かしわ公園野球場の一角に設置されていました。 CIMG2945_20190705071132c96.jpg 電子基準点『厚真』 厚真町本郷238番地32 かしわ公園 左に見えるのが野球場です。 CIMG2947_201907050718045d4.jpg 点番号950132 基準点コードEL06441067902 94型です。 CIMG2948_2019070507180547c.jpg 点番号 CIMG2951_20190705071806aac.jpg 電子基準点付属標 CIMG2956_20190705071808ad1.jpg 電子基準点、確認しました\(^o^)/ 電子基準点も北海道は、面積が広いので184箇所も有るんです、ちなみに最も少ないのは、佐賀県で7箇所です~これでトータル14箇所目、まだまだですね、三角点探しと合わせてのんびり訪ね歩いてみます☆.。.:*・
スポンサーサイト



姨失山 252M 初登頂7月3日(水)林道コース 所要3時間

震源エリアなので道路の損傷や地滑りも数多く発生しており、復旧には、かなり時間がかかる様なので去年は、諦めて安平、早来、厚真エリアには、立ち入りを断念していました。道道59号は、問題なく走れるので、まぁ様子を見る感じで出かけてみました☆彡 CIMG2960_20190704215010261.jpg 国道275~三川~国道234号~安平~道道10号~厚真町~道道59号~姨失山 CIMG2967_20190704232137e0f.jpg 道道は損傷もなく普通に走行できました、山間部に入ると地滑りの復旧工事が続いている所もありましたが走行には支障は無かったです☆彡 CIMG2963_2019070423293661c.jpg 宇隆地区に入り、この標識から約800M位、走行すると左に林道ゲートに接続する小道が有ります、目印になりそうなものがコレ以外に無いです。 CIMG2968_2019070423293796d.jpg ここを左折して山の方へ入っていきます。 CIMG2970_20190704233852e89.jpg 特に問題は無く林道ゲートまで進めました。 CIMG2971_20190704232939069.jpg 林道ゲートです、開放されてました☆彡 CIMG3041_20190704232941eab.jpg 林道災害復旧工事の看板が有りました、立ち入り禁止にはなっていなかったので恐る恐る進んで見ました。 CIMG2972_20190704234428fdc.jpg ゲートを過ぎると上り坂です、キャタピラの跡が付いていました。 CIMG2973_20190704234430623.jpg 峠みたいなピークの手前で、地滑りの復旧工事をしていて、迂回路が出来ていました、一応、工事の方に声をかけて通行しても良いとの事でしたので、分岐の有る峠のピークみたいな所までは、車で行けました~分岐の手前の空き地に駐車して、左の小道に入り、山頂を目指しました。 CIMG2974_20190704235507a6b.jpg 薮はないので上等な道です☆彡 CIMG2976_20190704235508dfd.jpg 尾根に出るまでは上り坂です。 CIMG2977_20190704235510d7a.jpg 分岐が有りました、右に進みます。 CIMG2978_20190704235513cf9.jpg ピンクテープ付けようとしたら、ノコギリクワガタさんが俺の木になにすんだよ!!って怒ってきた(°_°) CIMG2981_20190704235511c7d.jpg ピンクテープ付けつつ進み、尾根に乗っかります。 CIMG2983_201907050004306a9.jpg 一気に展望が開けました☆.。.:*・展望の良くない山と聞いていましたが、なんとまぁ、素晴らしい眺めでした。左端の白い建物があつまスタードームです、千歳の市街地も見えました。 CIMG2988_201907050004333f3.jpg 山頂よりも高い265峰Σ(゚Θ゚) 眺めが良さそうなんで後で登ってみます。 CIMG2985_2019070500043257a.jpg むかわ、日高方面の眺め CIMG2982_2019070500042981c.jpg 地滑りの跡が生々しいです(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG2987_201907050004356ff.jpg 尾根道を進みます、谷側は、割れていたりするので山側を進みました。 CIMG2995.jpg 地滑りの跡、ハゲだらけです。 CIMG2996_201907050018593cb.jpg 立派な雄鹿さん☆彡 CIMG2994_2019070500190233d.jpg 右の小山が山頂です。 CIMG2997_201907050025245b0.jpg 山頂の近くまで進み、藪に突入します、薮を刈りしつつ進みました。 CIMG2999_2019070500252641a.jpg 斜面を登りつめると CIMG3001_201907050025294a1.jpg 山頂部の手前は、藪だらけでしたΣ(゚д゚|||) CIMG3002_201907050025311fb.jpg 切り払うと三角点が有りました☆彡 CIMG3007_2019070505420889d.jpg 笹刈り整備しました☆彡 CIMG3008_20190705054212df5.jpg 一等三角点「姨失山」252.16M CIMG3011.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG3005.jpg また例の山頂標識が設置されていました☆彡九尾別山、巨陵威山、小樽毛無山に続き4度目の再会です。良くお会いしますよね☆.。.:*・ CIMG2998_20190705002525f35.jpg 尾根からの展望が良いです~むかわ、穂別、日高方面の眺め CIMG3015_201907050556142fe.jpg 厚真町市街地、白い建物が、あつまスタードームです。 CIMG3016_2019070505561531c.jpg 震災時、施設が損傷して送電が停止してブラックアウトを招いた苫東火力発電所と海も見えました☆彡 CIMG3030_201907050602344c3.jpg 雲が無ければ、樽前山、風不死岳等も見えますね、周りに高い山が無いですから遠くまで見渡せます。 CIMG3026_2019070506052582f.jpg こっちの山頂よりも高い265峰にも道が付いていて尾根伝いに行けそうなんで行ってみます~笹薮は細いので刈り易く苦になりませんので藪こぎも余裕でした☆彡 CIMG3028.jpg 尾根伝いに進んで下さい。 CIMG3037_20190705061502991.jpg 振り返ると後方に山頂が見えます。 CIMG3027.jpg 登りつめて、少し藪こぎすると265峰の山頂です☆彡 CIMG3032_201907050622444d2.jpg こちら側も眺めは良いです☆彡 CIMG3035_20190705062641f16.jpg むかわ町方面&太平洋 CIMG3039_20190705062937757.jpg 景色を堪能して戻りました☆.。.:*・ 一等三角点、無事に確認出来て安堵しました~北海道は、広いので一等三角点の数も他の都府県に比べて断トツで多くて224個も有るんです、え~っとコレで23個目ですから、やっと10%確認済みになりました、まだまだですね、遠いところは行けないと思いますが、一山、一山と一つでも多く確認できればと思っています~三角点の現物確認にコダワル三角点ハンターのおじさんです。

坊主山 (厚真町)254M 7月3日(水)

厚真町幌内地区にある坊主山、幌内の集落から道が無くなるまで3キロ強くらい更に奥に進むと有る山~坊主山も各地に点在しているので、ここも登って坊主山コレクションを増やそうと思っていた。 CIMG3046_201907042145302a2.jpg 姨失山から、街の中心部に戻り、道道235号に入り、幌内地区を目指した。 CIMG3043_201907042145326bc.jpg 道道235号沿いは、まだまだ、災害復旧工事が継続している所が多く見受けられ、道道も交互通行になっている所も幾つか有りました。 CIMG3047_201907042145303cf.jpg 幌内マナビィハウス(地域の会館)までは、車で行けましたが、そこから山側に入って行く道を進みましたが、数軒の民家を過ぎると、道は、まだ災害復旧工事の最中でダンプが頻繁に出入りしていたので工事の邪魔になってはイケないので、また、来年にでもと思い諦めて、離脱しました☆ミ

安平山 161M 7月3日(水) らくらく&直登コース 所要1時間

時間が余ったてしまったので、2年くらい前にも一度登っていたのだが、なんとなく立ち寄ってみました。その時はスキー場の斜面を直登したのだが後で登山口が有る事を知り少し気になっていたのだった。
CIMG3049_20190704191433a8b.jpg
帰路は、国道234号~安平~追分~三川を経由するので、国道から、追分町に入り後は、安平山スキー場の案内板に従って進むだけで行けます。 CIMG3050_201907041914336cf.jpg スキー場の入口の案内板が有ります、登山口は、舗装道路が行き止まりになる森の右側に有りますがここからは、標識等は、見えませんので初めて来た人には判り難いです。 CIMG3051_20190704191435144.jpg 入口から見ると、右奥に赤い屋根のロッジと駐車場が見えます。 CIMG3052_20190704191436224.jpg 行き止まりから森を覗き込むと、登山道とボロボロの登山口の標識が有ります☆彡 CIMG3053_2019070419143830c.jpg かなりボロボロで文字も掠れて、朽ち果てる寸前です○| ̄|_ よく見ると安平山登山口②らくらくコース 直登コースと書かれています。後で判ったんですが①尾根縦走コースの登山口も別に有るみたいです~低山ですがいろいろコースが有るみたいです☆.。.:*・ 面白いですよね!! CIMG3054_20190704193826bbd.jpg 登山道は、整備されていて、とっても歩き易いです(*^^)v CIMG3055_20190704191439d5c.jpg 分岐が有ります。 CIMG3057_20190704191441d38.jpg 道は、整備されていますが、残念なことに標識がボロボロで落ちていました、右が直登コース、左がらくらくコースです。 CIMG3060_20190704195528ddc.jpg 分岐を過ぎると道は、山の裏側に周り込むような感じで緩やかに登って行きます、確かに急登は無く、らくらくコースって感じがします☆彡 CIMG3061_201907042001434c0.jpg 山頂の手前は、少し上り坂って感じです。 CIMG3062_2019070420014479c.jpg 山頂の反射板が見えてくるとゴールは近いです。 CIMG3065.jpg 山頂です~反射板の後方に山頂標識&三角点があります。 CIMG3066_201907042001478c4.jpg こんな感じです。 CIMG3085_2019070420014828f.jpg 山頂のシンボル~反射板です☆彡 CIMG3083_20190704200150bec.jpg 高さ8Mけっこう大きいです~前から気になっていたこの反射板なるものの役割???山歩きしていると時々見かけるが知らなかった~これは、電波の無給電中継装置なんだとさ???電波の増幅装置が付いていないから電源が不要なんですって、ですからコストが安価でメンテナンスも楽ちんらしいですが増幅装置が無いので電波が減衰するのが弱点らしいです、山の上等に設置して電波が山で遮蔽されるのを防ぎ反射されるように設置されている、防災無線等にも利用されていみたいです。 CIMG3078_2019070420282495a.jpg 草刈り整備しました☆彡 CIMG3072.jpg 一等三角点「阿平山」166.13M CIMG3077_20190704202827329.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG3075_20190704202826316.jpg ここの三角点~お賽銭三角点でした☆彡 なんかご利益でもあるんでしょうかね┐(´-`)┌ お賽銭は、あんまり見かけない珍しい三角点だと思います、他には、小樽天狗山の三角点もお賽銭三角点になっていました☆彡 CIMG3067_201907042039568f7.jpg 低山ですが展望が良い山です~山頂リフト駅、追分市街地、夕張方面の眺めが良いです☆.。.:*・ CIMG3068_201907042039575d1.jpg 左に馬追丘陵、奥に樺戸の山並み CIMG3088_20190704204005675.jpg 奥に夕張岳なんですが、あいにく雲雲雲www 手前が夕張の山並みで、左に雨霧山、右に鬼首山だと思います、鬼首山は未踏なんで登りたいですね、名前が素敵です!! CIMG3087_201907042040036f3.jpg 奥に富良野西岳かなぁ、こいつも未踏w 芦別岳は、雲雲雲www CIMG3090_201907042040000f3.jpg 長沼、北広島、札幌方面の展望 CIMG3071.jpg 追分町市街地、夕張の山々~展望が良いのでのんびり長居するのも有りだと思います。 CIMG3091_20190704210251a7a.jpg 帰路は、直登コースを下りました、こちらも道は、整備されていて問題は無いです☆彡 CIMG3092_20190704210253478.jpg リフト駅に立ち寄りました。 CIMG3093_2019070421025421c.jpg リフト駅からの眺め、赤い屋根がロッジ、左がパークゴルフ場です。 CIMG3094_20190704210256dd2.jpg リフト駅から山頂 CIMG3096_20190704210249c54.jpg 直登コースは、確かに急ですね(°_°) まぁ距離が長くないのでどちらから登っても15分位で登れます。 CIMG3097_201907042115136fb.jpg リフトの支柱が見えます。 CIMG3099_20190704211514067.jpg 急登箇所を下り終えると、らくらくコースとの分岐に着きます。 CIMG3101_20190704211517f91.jpg 車まで戻りました☆彡 CIMG3103_201907042119571cc.jpg スキー場の方に来てみました。 CIMG3104_201907042119598e3.jpg ゲレンデから山頂を撮り帰路につきました☆彡

コロイ山 163M 初登頂 6月17日(月)早来CC&少々藪こぎ 所要2時間30分

お昼前で時間もあるので早来方面の低山へ行ってみました☆彡
CIMG2723_20190617220350584.jpg
低山ですが、けっこう歩く距離が長いんです、今日は、面倒だから隣接する早来カントリークラブのクラブハウスへ行く道を使って登ってみました。このお山は、アンテナが沢山建っていて保守用の道が有り車で山頂まで行けるらしいですが、それでは、あまりにも楽すぎるので、少し歩きました~まぁ楽チンして登るつもりでしたが結局は道に迷ったり、藪に捕まったり、三角点探しに手間取ったりして時間がかかりました┐(´-`)┌ CIMG2691_20190617222239d8c.jpg 国道234号から早来カントリー倶楽部の看板の所を右折します。 CIMG2688_201906172222401f5.jpg ゴルフ場のゲートを通過します。 CIMG2682.jpg 上り坂を進みます、クラブハウスへ1キロの案内板が右手に見えます。 CIMG2676.jpg この案内板から少し進むと車の退避帯が有り、そこに車を止めて、左の斜面に取り付きました~ピンクテープ取り付けつつ進みましたので、後を辿ると三角点まで行けます☆彡 CIMG2684_20190617222243a13.jpg 山頂のアンテナが見えます。 CIMG2545_201906172235393f8.jpg 尾根に上がるまでは、少し急登ですが問題は無いです。 CIMG2647.jpg 尾根に上がると、尾根伝いに電柱が建っています、電柱の作業道みたいな所を進みます、電柱にそって進むだけなので迷わないです。 CIMG2652.jpg ドコモのアンテナの手前は、やや急登です☆彡 CIMG2649_20190617224117dca.jpg 薮が濃い○| ̄|_ CIMG2653.jpg 薮を突破してドコモのアンテナに到達しました。 CIMG2654.jpg 早来中継所~ニセ山頂と気が付くまで、はまる(T_T) CIMG2655.jpg 奥に通じる道が有った(°_°) CIMG2656.jpg また別のアンテナが、なんだかアンテナだらけで、困惑しパニくる○| ̄|_ CIMG2657.jpg さらに奥にもアンテナが見えるので、ここも山頂では無いみたいです。 CIMG2660.jpg やっと山頂のアンテナに到着☆彡 CIMG2662.jpg 三角点は、建物の裏側の土手みたいに少し高くなった所に有りました。 CIMG2663.jpg 建物の裏側の土手みたいな所を登り詰めつつ、奥に進みます☆彡 CIMG2664.jpg 笹薮の奥に黄色い三角点の標識が☆.。.:*・ CIMG2665_201906172313546b2.jpg 笹から顔を少しだけ出していた三角点さん(*^_^*) CIMG2666_20190617231356a4e.jpg 笹刈り、整備しました。 CIMG2667.jpg こないだ登った九尾別山と同じ様な山頂標識が付いていました、同一人物さんですかね(°_°) CIMG2669_2019061807000912c.jpg 二等三角点 「巨稜威山」163.65M CIMG2671.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG2670.jpg よく見るとこの石、4つある角が全て補修されていました。「点の記」~設置 大正2年(106年前) 観測 平成21年に行われていますので、観測の際に、破損てしいた所をモルタルで補修したものと思われます~モルタルで二等の文字が消えてしまったのは残念ですけどね、106年もの長きに渡り風雨に晒されてはボロボロになりますよね、出来れば柱石交換して欲しいですね、あともう一つ記載があって、アンテナ設備は、NTT早来中継所と書かれて有りました、するとこの山には、NTT早来のアンテナが2箇所も有るんですねビックリですね!!NTTアンテナの所に三角点が有ると聞いていたので最初の看板、NTTドコモ早来の看板を見て、ここだなっと必死に探して大ハマリ○| ̄|_ 2箇所あったとは!!これは、見事にやられましたね┐(´-`)┌ 容易じゃないですね三角点探しも☆彡  あああああGPSが欲しいけど~まぁ不自由さを楽しむのがオレ流かなぁ(笑) CIMG2679_2019061819112679c.jpg 車に戻る途中で見つけた鳥さん、最初は、黒くてそれなりに大きいからカラスかな?って、よく見たら頭が赤い CIMG2677_201906181911271a4.jpg 昼食に夢中で、逃げようともしないで一生懸命にツンツンしていたクマゲラさん~しばし静観☆彡 CIMG2686_20190618191128110.jpg クラブハウス道路の退避帯に止めていた車に戻り終了です☆彡 当初の予定では、1時間ちょいで終わりだなっと容易に計算していたんだが見事な大誤算だった(;´д`)<萎ェェェ↓
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-