FC2ブログ

馬追山~文学台~長官山9月24日(木)スキー場コース 所要2時間

由仁町経由して帰路に就いたんですが、馬追山を見ると雲がかかっていなかったので、久しぶりに上ってみました☆彡 IMG_3592.jpg まずは、長沼スキー場からリフトに沿って、ゲレンデを上って三角点の有る山頂を目指します。 IMG_3593.jpg 馬追山は、登山口が沢山有りますが、ここが好きです☆彡 ゲレンデなんで常に景色を愉しみながら登れるのが良いと思いました。周りに高い山が無いので、低山ですが眺めは良いんです\(^o^)/ IMG_3594_20200925190207de8.jpg まもなく山頂リフト駅です IMG_3595_20200925190208b4d.jpg 山頂リフト駅に到着しました~三角点は、右の藪の中に有ります☆彡 IMG_3596.jpg 三角点です~これは、数が少ない、金属標と呼ばれている三角点です、普通の御影石の石柱に比べると、かなり数は少ないので現物を見た事の無い方も多いと思います。僅か8センチの円形で小さいので、探すのは至難の業なんですよね、コレ見つけるのに此処に3回も通いましたからぁぁぁぁ○| ̄|_ IMG_3597_202009251902112df.jpg 三等三角点「馬追」201.54M IMG_3604.jpg 山頂からの展望~石狩平野を一望できます IMG_3603_20200925193423f9d.jpg 由仁、栗山方面の眺め IMG_3586_2020092519342496f.jpg 夕張岳、右に冷水山、右手前に坊主山~もっと晴れていれば、芦別岳、富良野西岳、樺戸や暑寒別の山なんかも見えます☆彡 IMG_3600.jpg 夕張岳~トンボが沢山写っていますね(>_<) IMG_3633_20200925193419be3.jpg 三角点から先は、藪なんで、普通の車道を歩きます IMG_3605.jpg でかいアンテナが目印になります IMG_3606_20200925194429e91.jpg アンテナの直下に到着~北海道開発局馬追山無線中継所ですかなりの高さが有りますので遠くからも見えます標高は、200Mくらいかな。 IMG_3607.jpg アンテナから先は、林道みたいな道 IMG_3632.jpg みちなりに進むと、茶色の壁のトイレが有り、分岐が有ります~右に行くと文学台です、トイレの横の草が生えている道を進むと長官山です。まだ時間も有るので、文学台に寄り道します☆彡 IMG_3608_2020092520112059d.jpg 文学台です~開拓初期の長沼を描いた辻村もと子の長編小説「馬追原野」。第1回樋口一葉賞の受賞を記念し文学碑がここに建てられました。 IMG_3609.jpg 由緒書~詳しく書かれています IMG_3610_20200925201123bb1.jpg 長官山、文学台、長沼スキー場の山頂は、絶景ポイントですので、是非、行って観て下さい☆彡 IMG_3613.jpg 今日は、白くもやってダメでした○| ̄|_ IMG_3611_20200925201124977.jpg アンテナの山 IMG_3612.jpg 瀞台です 一等三角点と天測点が有ります☆彡 IMG_3614_20200925203011ba8.jpg トイレの所の分岐まで戻ります IMG_3616_20200925203012ef6.jpg 遊歩道案内板は、外れて下に落ちていました IMG_3617_202009252030131ea.jpg 黄色い看板の横の小道を進むと、長官山です、ここからだと、僕でも10分かからないで山頂まで行けます。 IMG_3618.jpg 最後の30M位は、上り坂の階段です IMG_3619.jpg もうちょいです、山頂標識と展望台が見えます☆彡 IMG_3621.jpg 山頂です IMG_3620_20200926043851ff5.jpg ここも眺めは良いです IMG_3622_20200926043852fbb.jpg 名前の由来 IMG_3631.jpg 展望台、腰掛て、のんびり出来ます☆彡 IMG_3625.jpg 由仁、三川方面 IMG_3627.jpg ぼんやりと、恵庭岳等 IMG_3628.jpg 霞が.....┐(´-`)┌ IMG_3635_20200926044705edf.jpg 終了
スポンサーサイト



ヤリキレナイ川~伏見台公園9月12日(土)所要3時間

夜勤明けですが、日曜日、月曜日と、またしても僕の休みを雨が直撃しそう○| ̄|_なんで、少しでも、お天気がマシな今日にしてみました。今日のミッションは、由仁町内を流れる「ヤリキレナイ川」に行き、雨に泣かされてばかりの切なくて、やりきれない想いを水に流す事と~アイヌ語で魚の居ない川と云う意味らしいので、ベテラン釣り師の名誉にかけて、お魚さんを釣る事です☆彡 IMG_3042_20200912182934d4d.jpg 長沼町から道道3号を由仁へと向かう☆彡 IMG_3047_20200912182935919.jpg ゆにガーデンの入り口の交差点に川の標識が建っています IMG_3046_2020091218293795d.jpg 由仁町内を流れる小川なんだけど、石狩川水系だから1級河川なんだなぁ!!なんてったって名前が、とっても、面白いと云うか、ユニークと云うか、とにかくウケますなぁ(^^♪ ヤルキナイ川でも良いですよね!! 名前の由来は、アイヌ語で、魚の住まない川.....ぬぬぬぬぬ!!ここでベテラン釣り師の血が騒いだ☆彡 ならば、この釣り歴40年以上の僕が名誉にかけて、お魚さんを釣り上げで汚名を返上してしんぜようと(^^)v IMG_3045_20200912182938fc3.jpg ミッション!! ヤリキレナイ川で、お魚を釣るべし~と意気込んでは見ましたが、ぬぬぬぬぬコンクリだらけで、水が殆ど流れていない(T_T) IMG_3044_20200912182940370.jpg あちゃ~○| ̄|_ これでは、流石の僕でもお手上げなんで、町内を移動しつつ、釣り歩きました☆彡 IMG_3060_2020091219230380e.jpg 良さげな河原みっけ(*^_^*) IMG_3065_20200912192304f0b.jpg 昭和11年 僕よりも、かなり☆☆☆年寄りだな IMG_3050_202009121923058c0.jpg 伏古橋かなぁ??? IMG_3068.jpg 3級水準点 IMG_3059_202009121927517e6.jpg 登山は、ショボいけど、釣りはベンランだから川の流れを見て、魚が居そうな所が判ります☆彡 IMG_3064.jpg 直線的で浅い所には、居ないですので流れの変化がある所や深みにエサを流すと... IMG_3058_20200912193220a3e.jpg 狙い通りに、アッサリと釣れましたとさ\(^o^)/ 楽勝でした☆彡 ウグイくんでしたが汚名返上です、お魚さんは、ちゃんと住んでいました☆彡 IMG_3061_20200912193221dd5.jpg 2匹目は、ドジョウくん~これは珍しい珍客ですね、子供のころは沢山いましたが、最近は、見かけなくなりました。いつもの通り、無駄な殺生はしなので直ぐにリリースしました☆彡 IMG_3069.jpg 由仁駅~誰も歩いていませんでした、この町も寂れていますなぁ IMG_3076.jpg 釣り歩き~草がボーボーです IMG_3070.jpg 良さげな感じですが浅くて釣りにならずzzzz IMG_3080.jpg 草の隙間に流すと.... IMG_3078.jpg 居るんだよなぁ IMG_3082_202009121945192cf.jpg それっと、もう一丁あがり☆彡 ベテラン釣り師の技を発揮してミッション終了です(^^)v IMG_3087.jpg これだけでは、ちと物足りないですから、由仁の展望台の伏見台公園に行ってみました☆彡 IMG_3085.jpg 広い駐車場とトイレが有ります IMG_3086.jpg 駐車場からは、眺めは良くないですzzzzz IMG_3089.jpg 後ろが公園になっており、遊歩道も整備されていて、山頂に石碑が建っています。 IMG_3092_2020091219533573e.jpg 普通の靴でも歩けます☆彡 IMG_3093_20200912195336f1d.jpg 休憩所 IMG_3108_20200912195338418.jpg 高台なので市街地が見渡せます、雲が低く、奥の山が見えないです┐(´-`)┌ IMG_3096.jpg 上りつめると山頂です IMG_3105_202009122001412aa.jpg 石碑と三角点があります IMG_3102.jpg 三等三角点「由仁」146.27M IMG_3098.jpg たいそう立派な石碑です IMG_3100.jpg 聖蹟とな!! 聖上御統監之地 ぬぬぬぬ、なんじゃこれは?って感じですよね IMG_3097_20200912200513c06.jpg どれどれ(._.) なるほど、昭和天皇が陸軍の大演習をこの地から統監した事を記念して建てられたんですね~当時は、帝国憲法下ですから天皇は、神格化されていて、軍を動かす統帥権を有していましたから今とは、かなりの違いがありました。地方の小さな寒村に神様が来るんですから一大事だったに違いない☆彡 IMG_3106.jpg 馬追山にも雲がかかっていました┐(´-`)┌ IMG_3111_202009122005152c0.jpg 帰路~長沼東4線付近から馬追山 文学台、長官山にも雲が掛かっていました○| ̄|_ これでは、登っても何も見えない可能性もあるので諦めました~ヤリキレナイ想いは、募るばかりの山歩きになりました☆彡

旧舞鶴橋(土木遺産) 10月20日(日) 所要30分

昨日は、天気が悪くお出かけしなかったんだが、今日は、朝からブールースカイでした(*^^)v 明日も好天が期待できるので少し遠出する予定が有るので、明日の為の体力の温存も考えて遠出は回避する事にした☆彡 去年は、小白山の帰路で紅葉見物渋滞に捕まりえらい目に遭ったので日曜日だし天気が良いし定山渓、中山峠は、絶対にヤバイだろうと思い、反対側の長沼の馬追丘陵にした☆彡 IMG_1460.jpg まずは、ながぬまコミュニティ公園に立ち寄って、金曜日に眠くて断念した旧舞鶴橋見物をした☆彡 場所は、マオイオートランドの向かいにある広い公園で、ながぬま温泉、パークゴルフ場等が有るのですぐに分かると思います。 IMG_1463.jpg 入り口の近くに展示されています~夕張鉄道で実際に使われていた機関車だそうです。 IMG_1464.jpg 由緒書 IMG_1465.jpg 少し中に入ると、旧舞鶴橋が見えて来ます。 IMG_1466.jpg レトロな感じの橋 IMG_1482.jpg 風も無く鏡のような水面に橋&紅葉 IMG_1468.jpg 紅葉も見頃でしょうかね☆彡 IMG_1491.jpg さてと、渡ってみますね。 IMG_1492.jpg その前に由緒書き IMG_1469.jpg 土木學會選奨土木遺産のプレート~平成22年に土木遺産に認定される。 IMG_1470.jpg 戦前の希少なランガーガーダー橋で、新舞鶴橋が完成すると、こちらに移設復元されて保存された。 IMG_1471.jpg 当時の貴重な写真 IMG_1472.jpg 道内で現存するランガーガーダー橋としては、最も古いもので全国でも2番目に古い貴重な橋で、公園内に在って実際に人が渡れる現役の橋として未だに使われています☆彡新舞鶴橋が出来るまで57年間、人々の暮らしを支えてきた来た橋なんです。 IMG_1480.jpg 旧舞鶴橋~昭和12年に完成、ランガー桁橋~アーチ橋の一種、アーチの部分が曲線になっているのがローゼ橋でランガー橋は、曲線ではなく、角が有ります、すなわち真っすぐな鋼材を組み合わせて曲線状に仕上げているので、よく見ると綺麗な孤を描いているように見えますが角が有ります。 IMG_1473.jpg では、渡ってみます。 IMG_1474.jpg 年季が入っていますね(°_°) IMG_1475.jpg 新しい橋よりも幅が狭いですし、特殊車両だと天井がヤバイかも、けっこう低いですね。 IMG_1476.jpg 新しい橋の方がやはり、造りがごっついですね、まぁ当然ですよね。 IMG_1479.jpg アーチの所、角が有るの分かったかな?~なかなか味わい深い橋でしたね、温故知新と云う事なのかなぁ☆彡

馬追山(長沼スキー場)201M~ マオイ文学台217M~ 長官山254M 10月20日(日)スキー場コース 所要3時間

お次は、馬追丘陵のプチ縦走です☆彡 紅葉の時期に歩くのは、初めてなんで天気も良いし展望も期待できますのでルンルン気分で歩きました(*^^)v IMG_1453.jpg 馬追丘陵です、道道3号線が丘陵を横断しているので、真ん中付近で、左右に分かれている感じになっています~左に長沼スキー場、マオイ文学台、長官山 右に一等三角点、天測点のある瀞台があります☆彡 IMG_1494.jpg 公園から10分程度で移動できます~正面に見えるアンテナは、北海道開発局馬追山無線中継所です、けっこう離れていても高さが有るので目印になります、アンテナの左がスキー場の山頂、アンテナの右のコブは無名峰、その隣のコブがマオイ文学台、右端のコブが長官山です。今日は、尾根に沿ってアップダウンしつつプチ縦走します。 IMG_1495.jpg 北海道開発局馬追山無線中継所のアップを撮ったら、画面の右端に偶然、写ってるヤッコイ車Σ(´Д`*) IMG_1496.jpg こったら田舎道で、一時停止無視の車の取り締まりに潜んでいました~このあたり、信号機の無い交差点が多く、ヤツラが潜んで獲物を狙っているので要注意です☆彡 IMG_1498.jpg 馬追丘陵の北の端が長沼スキー場です。 IMG_1500.jpg 舗装道路は歩きたくないので、スキー場の斜面を直登します、幸いにも草刈りされ歩き易くスイスイと行けました。前に来たときは、藪漕ぎ状態でけっこう大変でした。 IMG_1503.jpg 急登は無いです。 IMG_1508.jpg 間もなく山頂です。 IMG_1509.jpg リフト駅の後方に三角点が有ります。 IMG_1510.jpg 笹刈り整備しました☆彡 IMG_1511.jpg 普通の石柱では無く、小さくて容易に見つけられなかった三角点 IMG_1514.jpg リフト駅からの眺めが良いんです☆彡 IMG_1519.jpg 低山ですが周りに高い山が無いので素晴らしい眺めです。 IMG_1507.jpg 樺戸の山並み IMG_1505.jpg 芦別岳 IMG_1517.jpg 夕張岳 冷水山(右手前) IMG_1521.jpg ここからアンテナまでは、登山道が無く藪漕ぎになるので、舗装道路をアンテナの所まで歩きます。 IMG_1523.jpg 道なりに上って行くと、北海道開発局馬追山無線中継所があります、かなりの高さが有ります☆彡 IMG_1524.jpg アンテナを過ぎると分岐が有ります、標識が付いています。 IMG_1525.jpg 標識から先は、登山道ぽぃ砂利道に変わります☆彡 IMG_1526.jpg ココから先は、尾根歩きで、木漏れ日の中を紅葉を観ながらのんびりと歩きました。 IMG_1529.jpg アップダウンしつつ上って行くとトイレが有り、分岐があり、標識が建っています~右に進むと文学台、左に進むと長官山です。 IMG_1530.jpg 地図 コースがけっこう有ります、端まで歩くとかなり時間もかかると思われます。 IMG_1531.jpg 端から端まで8キロ、16キロのアップダウンは、流石に容易では無さそうです┐(´-`)┌ IMG_1534.jpg 文学台です、石碑が有ります、石碑の前が展望台になっています。 IMG_1535.jpg 眺めは、素晴らしいです~支笏湖周辺の山々、札幌市内の山々が一望できます☆彡 IMG_1538.jpg 長沼町市街地、北広島、支笏湖周辺の山々 IMG_1542.jpg 手稲山、札幌の市街地、百年記念塔、小樽方面の山も見えます。 IMG_1539.jpg 札幌市内の山々 IMG_1546.jpg 文学台の石碑 IMG_1547.jpg 分岐を左に進むと長官山です、最初は、下り坂です。 IMG_1548.jpg 山頂の手前で登り返します100段位、階段が有ります。 IMG_1549.jpg 登り詰めると赤い山頂の展望台が見えて来ます。 IMG_1550.jpg 山頂に到着です☆彡 IMG_1551.jpg 由緒書~長官が視察に来た山だから長官山なんですね。 IMG_1552.jpg 山頂標識~けっこう新しいです、笹も綺麗に刈り取られ、倒木も無く、整備が行き届いていますね☆彡 IMG_1553.jpg 椅子、テーブル付の豪華な展望台 IMG_1554.jpg こちらも素晴らしい展望です☆彡 IMG_1555.jpg 正面に瀞台 IMG_1561.jpg 札幌市内の山々 IMG_1564.jpg テコテコとスキー場まで戻り終了です☆彡

舞鶴橋&釣り10月18日(金) 所要3時間

夜勤明けで少々お疲れモードなんですが、こういう日に限ってブルースカイの快晴なんです○| ̄|_まぁなんと云うのか巡り合わせが良くない日が続いてしまって中々、行きたい山へ行けないトトロおじさんです☆彡折角だし勿体ないので帰宅する前に寄り道してみました。 IMG_1412.jpg 道道45号線を走行すると見えて来る青い橋 IMG_1420.jpg 千歳川に架かる舞鶴橋で恵庭市と長沼町を結びます、恵庭市側から撮りました。 IMG_1422.jpg 旧舞鶴橋が老朽化した為、1993年(平成5年)に新たに架け替えられました~長さ172M 単純桁、ローゼ橋です。橋にも色々な形式が有るんですね調べてみると面白いですよ☆彡単純桁=橋の両端を単純支持した桁を設けたもの。連続桁=橋の中ほどに橋を支える支点(橋桁)が設けられているもの。舞鶴橋は、両端に橋桁が有りますが中間には橋桁は無いので単純桁に該当します。ローゼ橋=アーチ橋の一種で旧舞鶴橋のランガー橋よりもアーチ部材が太いものが使われています。他にも吊り橋(室蘭の白鳥大橋)みたいなやつ、斜張橋(江別の美原大橋)みたいなやつ、ラーメン橋 Σ(゚д゚|||)初めて聞いた変てこりんな名前~の構造の橋も有るみたいです。さて、あなたの身近にある橋はどんな橋でしょうかね?調べてみると面白いですよ(*^^)v IMG_1425.jpg テコテコと歩いて渡ります☆彡 IMG_1429.jpg 人工物ですがきれいな曲線~アーチ橋って感じ☆彡 IMG_1426.jpg 橋の上から千歳川~河川改修が行われて治水対策で蛇行していた川は、かなり手直しされましたがこの辺りはまだコンクリートの護岸等は無く自然の川みたいな景観が少しは残っているのが救いです☆彡 IMG_1418.jpg 周りは、田園地帯なので、展望が良いです~支笏湖周辺の山々、札幌近郊の山々が一望できます☆彡 IMG_1410.jpg 夕張岳も☆彡 IMG_1404.jpg 樽前山 風不死岳 IMG_1398.jpg 紋別岳 モラップ山 キムモラップ山 恵庭岳 イチャンコッペ山 IMG_1403.jpg 恵庭岳 イチャンコッペ山 IMG_1406.jpg 恵庭岳 イチャンコッペ山 小漁山 漁岳 IMG_1408.jpg 余市岳 神威岳 烏帽子岳 百松沢山 砥石山 IMG_1414.jpg 手稲山 ネオパラ山 手稲峰 IMG_1438.jpg 河原から舞鶴橋 IMG_1441.jpg 折角だから、河原に降りて、竿2本出して、お昼寝しつつ何か釣れるかなっと?~ついついポカポカ陽気で1時間ほど寝てしまい(-_-)zzz IMG_1444.jpg 竿を上げてみると~ゴミかと思ったら 大きなモクズガニが掛かっていた☆彡 IMG_1442.jpg 針を外してあげようとしたら、大きなハサミで威嚇して臨戦態勢になって激しく抵抗~挟まれるとすごく痛いので注意が必要です!! なんとか甲羅をつかんでリリース成功☆彡 このカニさん本州では、食用として流通しているらしい、上海ガニみたいに美味しいらしいですが北海道は、かにと云えば、毛ガニ、タラバ、花咲、ズワイ等が一般的で、川のカニを食べるのは聞いたことが無いですよね。 IMG_1449.jpg その後も少し様子を見るが全く応答無、本当は、旧舞鶴橋も見に行こうかと思っていたんだけど眠いから帰りました☆彡 お昼寝には、最高の秋晴れでした(*^^)v
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-