FC2ブログ

喜茂別岳 1176M 5月16日(水)中岳林道コース 所要5時間

雨は心配ないが朝から山の方に霞がかかったみたいな感じであんまり芳しくない、いろいろ選択肢はあるのだが残雪期を利用して登ってみたい喜茂別岳を選択、去年の7月に登った時は、中山峠の名物の霧で展望0、おまけに超ヘビー級の藪こぎに見舞われ散々だったのでリベンジの機会を待っていたのだった。また、雪の状態が良ければ、お隣の並河岳1258M(未踏)も頂いてしまおうと妄想を膨らましていたのだった┐(´-`)┌ CIMG5018.jpg 中山峠の道の駅を通過~霧は出ていない~いとまず安堵する CIMG1288.jpg しかし、道路以外は、周りはまだ雪だらけだった~予想外の展開に動揺するw CIMG1280.jpg 道の駅から下って~中山大橋から、小喜茂別岳、喜茂別岳、並河岳、中岳、無意根山かすんでいるがなんとか見えた~展望がイマイチなのでガックリ(T_T) ブルースカイに連なる山々を期待したのだがw CIMG1281.jpg 小喜茂別岳、喜茂別岳~小喜茂別岳は夏道がないので雪を利用して登るしか手が無い山で、いつ行こうか思案していたが未踏の山が多すぎて手がまわらなかったので来年ですかね、中岳もかなぁ、出来ればカッコ良く縦走なんかしてみたいけど体力がw CIMG5070.jpg 登山口の林道の入口が解りにくいんです、道の駅から8.9キロ走行すると入口が右手に有ります!!後は、この道路標識を通過すると200~300M位で右に入口が有ります。 CIMG1289.jpg 国道を中山峠から下ってくると右折するんです、車は僕のです、車の右手に林道の案内版あるけど見えるかなあ?まぁほぼ見えませんね~普通に注意していないと通り過ぎます~爆走車が多いですから追突されないように注意してください。 CIMG1290.jpg 中岳林道の案内版 CIMG1291.jpg 一応ゲートみたいのが有りますが壊れていて開いています。 CIMG1292.jpg ゲートの脇に有りますが小さすぎw CIMG1296.jpg 登山口まで3.7キロ~車で行けます CIMG1297.jpg 雪解け水の流れる小川に~たくさん CIMG1298.jpg 水芭蕉の花が♪゜・*:.。. .。.:*・♪ CIMG1301.jpg 予想外のアクシデント、1.5キロ位で道路に雪がwwwww登山口まで車で入れると思っていたので、残りを徒歩2キロ弱は想定外でしたね、余計に1時間(登りが結構w)雪けっこう深いとこも有り歩きにくくて軽アイゼン装着しました。 CIMG1300.jpg オマケにこんなのもwwwww~グリズリー級かなぁ、かなりデカイよコレ~なんか嫌な予感が CIMG1303.jpg 夏タイヤでは、とうてい無理です、まぁ一人なんで無理はしません。 CIMG1304.jpg トコトコ歩いていると小喜茂別岳 CIMG1305.jpg 2キロ地点を通過~なかなか可愛い標識で癒されますね~オリジナルですよね CIMG1306.jpg フクロウさんのも有りました CIMG1307.jpg 雪が無い所も有りましたが雪道の方が長かったと思います。 CIMG1311.jpg 唯一の分岐です。本線は、道幅があり舗装されているので間違わないと思いますが。 CIMG1312.jpg 道なりに右にカーブしつつ直進します。 CIMG1313.jpg 急勾配~疲れます~まだ登山口にも着いていないのにw CIMG1318.jpg やっと登山口へ到着です~ここも目立たなく~通過してしまう可能性が有ります CIMG1319.jpg 小さいし、文字が掠れています。 CIMG1320.jpg 道を挟んで、向かい側の方へ進んで山頂を目指しますが夏道が無いですw雪の下に埋没!!(驚) CIMG1321.jpg 今にも倒れてしまいそうです。 CIMG1326.jpg とにかく笹を避けながら真っ直ぐに登る、夏道が見当たらないので、とにかく高い方へ進でみる。 CIMG1340.jpg 笹薮も避けてばかりでは、仕方がないので、突破しようとしましたが方向が解らなくなり薮を1時間近く彷徨う事になって、大きくタイムロスw CIMG1375.jpg 偶然に見つけた、倒れていた『見晴台』の標識、これで自分の位置が解った(*^^)v まさに天の助け!! CIMG1342.jpg 正面に山頂が~これで安心ですね。ヤマップ、GPS無しの登山の不自由さを改めて知るw まぁ無い物ねだりしても仕方がないので現状で最善を尽くすのみですね☆彡明らかに経験も不足しています(汗) CIMG1349.jpg 尾根を登り詰めます CIMG1350.jpg お隣の並河岳も見えてきました。 CIMG1354.jpg 山頂の近くのコブまで進出しました、ハイマツ、笹藪に囲まれています~ここを越えると山頂です。 CIMG1355.jpg ここも薮を回り込んでいたら、偶然にNTTコースの登り口を見つけました。奥は、藪wwwwww CIMG1356.jpg 仕方ないので、薮をかき分け登ります。 CIMG1357.jpg 藪の奥に山頂標識が見えてきました。 CIMG1358.jpg 薮を突破すると山頂でした\(^o^)/ CIMG1359.jpg 三角点 CIMG1361.jpg 二等三角点『喜茂別岳』117.76M CIMG1367.jpg 並河岳~すぐ近くに見えるんだけどなぁ~アクシデント多発で時間が~天気もイマイチなので断念wwwww CIMG1380.jpg テコテコと登山口まで戻りました。 CIMG1316.jpg 気持ちが重たくなる林道歩き○| ̄|_ CIMG1381.jpg 気分転換~ CIMG1382.jpg 駐車地点にたどり着きました(。-_-。)~絶景見られずガックリ、並河岳に行けず無念wwwww CIMG1387.jpg 帰り道~望岳台から CIMG1390.jpg 狭薄山
スポンサーサイト

穴沢山 459M 4月5日(木) 旧真駒内スキー場コース 所要2時間

今日は、のんびりとyukaさんと早春の里山歩きです、前回の八剣山では、雪が降りしきり展望0の最悪の山行でしたので、なんとか汚名を返上したかった。素人予報士の見立てでは、天気が芳しくないので別の日に順延をしょうと提案し、半ば諦めていたのだが朝、起きてみるとブールスカイじゃんか~陽も差しているいるではないか(゚∀。)アヒャ~速攻、連絡して急遽、出かける事になった。僕が好んで行く里山は、移動時間が掛からない、登るのにそれ程時間が掛からないお手軽さが売りなので、急な山行にも十分に対応できますので、いつもと違う山に足を運び、気分転換するにはお勧めです☆彡 CIMG9920.jpg 登山口になる常盤二区会館の横のスペースに駐車しました、3月に来た時は、雪で停められませんでしたが雪が融けてスペースが出来ていたので停めさせて貰いました。山もかなり雪が融けて地肌が見えている所も有ましたのでツボ足&軽アイゼンでスタートしました。 CIMG9921.jpg 雪は、柔らかく湿っていて、おデブの僕は、ズボズボけっこう埋まった事は云うまでも無い事で有ります!!見栄はらずにスーノーシューで来れば良かった(。-_-。) 青い屋根が常盤二区会館~野牛山 CIMG9922.jpg 急登は有りませんがニセ山頂みたいのは有ります!! あそこまで登ったら山頂?いいえ中間のポコでした。 CIMG9923.jpg 日当たりの良い斜面は雪が全く無い所も有りました。 CIMG9924.jpg ゆっくり写真を撮りつつ登り1時間程で、旧リフト駅の終点に到着、山頂は、右の土手の上の木に標識が有ります。旧リフト駅からの展望が素晴らしいんです\(^o^)/ CIMG9925.jpg 綺麗な空沼岳を眺めている~ふと横を見ると~アレ???~僕は、彼女の変化に気がついた(°_°) CIMG9930.jpg なんか楽しそうにシャッターを切っている彼女の姿が~おりょΣ(´Д`*) 手には真新しいカメラが☆.。.:*・ CIMG9931.jpg 今までは、スマホで撮っていた彼女でしたが、おニューの高そうなカメラがwwwww 当然、質問攻めにしてあれこれ突っ込んでみると最近、カメラ屋さんで購入したとの事、ついに写真にも目覚めたらしい~これで益々山歩きが好きになってくれると僕にとっては願ったり叶ったり(*^^)v 来年は、スノーシュー買ってくださいね、もっといろんな所に行けますからね☆彡 CIMG9947.jpg イチャンコッペ山~恵庭岳~空沼岳をバックに~僕のカメラで撮ってもらいました。 CIMG9927.jpg 恵庭岳のトンガリも拝めました~雪溶ける前に登りてぇぇぇぇなトンガリ~(痛恨の2連敗) CIMG9926.jpg 紋別岳~イチャンコッペ山 CIMG9928.jpg イチャンコッペ山~小滝沢山 CIMG9929.jpg 北広山~野牛山 CIMG9932.jpg 札幌側の斜面も木の少ない所が有り展望が良いです、藤野3山、定山渓天狗岳、余市岳、烏帽子岳、神威岳、百松沢山、砥石山、市街地が一望できますo(^▽^)o 冬は、藤野富士への縦走も可能です。 CIMG9934.jpg 硬石山、藻岩山、市街地、樺戸&暑寒別の山並みも見えました。 CIMG9935.jpg 烏帽子岳、神威岳、百松沢山 CIMG9936.jpg 札幌岳 CIMG9937.jpg 藤野富士 CIMG9938.jpg 豊平山(急登があり侮れない山) CIMG9939.jpg 定山渓天狗岳~豊見山 CIMG9941.jpg 市街地~駒岡清掃工場~焼山 CIMG9944.jpg 土手に上がって、標識の確認 CIMG9945.jpg 穴沢山459M、低山ですが素晴らしく展望が良いですし時間もかかりません\(^o^)/ お試しあれ☆彡 CIMG9949.jpg 汚名挽回のブルースカイ(*^^)v CIMG9951.jpg 春ですね CIMG9946.jpg 福寿草? 景色を堪能して2時間位で戻りました。 CIMG9988.jpg yukaさんが来たことが無いとの事でモアイ像~頭大仏へご案内です。 CIMG9990.jpg 真駒内滝野霊園の中に有ります、入場、駐車場無料です、丘みたいになっていますので景色も良いです、正門を入ると、ずら~りと33体のモアイ像が出迎えてくれます。 CIMG9953.jpg 大きさにびっくりしますよ~ CIMG9957.jpg かなり大きいです。 CIMG9958.jpg 続いて、頭大仏です~ドーム型の屋根から頭だけを出したとっても斬新なデザインです!!恵庭岳~空沼岳~札幌岳が一望できます。 CIMG9970.jpg 13Mの高さ~鎌倉の大仏と同じらしい CIMG9961.jpg 青空の中に大仏さん CIMG9975.jpg 大仏さんを囲むドームの上には、一面にラベンダーが植えられていて、8月の満開の時期に来ると、とっても綺麗なんですよ、是非一度、ご照覧くださいな。 CIMG9977.jpg 最後のシメはこれですね。人間大仏のつもり┐(´-`)┌

真簾峠~真簾山 651M 初登頂 3月22日(木) 真簾林道~常盤本線コース 所要5時間

道を間違えて途中撤退となった真簾山へリベンジした、前日は快晴だったが今日は朝から曇り空で展望も期待できないが途中撤退は放置できないので向かった。 CIMG9396.jpg まずは、空沼二股まで進出 CIMG9398.jpg バス停から200M位で右斜面の真簾林道ゲートに到着。 CIMG9399.jpg 林道の標識 CIMG9401.jpg 第1分岐 『右』へ進む!! 最初の坂を登りきると直ぐに第1分岐です CIMG9403.jpg 第2分岐 『左』へ進む!! 本線は、車が余裕を持って走行できる幅が有り、所々にカーブミラーが設置されているので、道幅の狭い作業道みたいのと区別がつくと思います、あくまでも本線を進みます☆彡 CIMG9405.jpg ど~んより曇り空に野牛山(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG9406.jpg 山の裾に沿ってクネクネと緩やかにアップダウンを繰り返し進んでいきます、直線距離だと短いんだけど、クネクネはロスが大きくて疲れます|ω・`) CIMG9407.jpg 暫く進むと左に標識が有ります。 CIMG9408.jpg 常盤本線 ここから常盤本線なのかね? まぁひたすら真っ直ぐだ。 CIMG9412.jpg 途中の分岐の標識 浮気せず直進です。 CIMG9414.jpg こんなのも 迷わず直進!! CIMG9415.jpg 山頂かなぁ~まだ遠いなぁ(°_°) CIMG9416.jpg 注意!! 覗きおやじだ~いくらなんでも覗きの趣味は無いです。 CIMG9426.jpg 何時になったら着くのだろうとボヤいていたら真簾峠に着いた感じwwwww CIMG9425.jpg 簾舞側の林道と合流しました、峠の標識は無いです。 CIMG9427.jpg 真簾峠から札幌方向へ振り向くと、山頂です☆≡。゚. CIMG9429.jpg 暫く後戻りして取り付き場所を探すと、斜面に作業道を見つけ、そこからまず尾根に上がる事を考えた。 CIMG9431.jpg 尾根の手前は、急登でした。 CIMG9433.jpg 尾根に登れました、慌てずゆっくり登って行きました。 CIMG9437.jpg 雪庇エリアも有りましたが一歩一歩、着実に進みました。 CIMG9438.jpg 山頂が見えました(*^_^*) CIMG9442.jpg 標識も見当たらない、雪の下かな?三等三角点『真簾』651.63Mも雪の下ですね、夏、また来るかな CIMG9440.jpg 北広山、野牛山 CIMG9444.jpg 豊平山、豊栄山~木が邪魔!! 展望は良くないです(*`^´)=3 CIMG9446.jpg 午後になりやっと、ぼんやりと太陽さんが見えてきた。 CIMG9454.jpg やっと雲が無くなり、空沼岳 CIMG9456.jpg さらに山頂アップしました。 CIMG9457.jpg ゲートまで無事に戻りました。

八剣山 498M 3月6日(火)中央口~西口コース 所要3時間

今日は、YUKAさんが未踏の八剣山を僕が案内しま~す(*^^)v 去年の9月に樽前山に同行させて貰った時以来の久々の登場です、気がかりは、最近の僕のお天気運の無さ2月からず~っと僕が山に行く日は天気が悪いのだ!!案の定、天気予報は良くない○| ̄|_出発する前は、日が差してコレならいいなぁと思って登山口の八剣山果樹園に向かった。 CIMG9069.jpg 今日こそは、ブルースカイの山頂から360度の展望を堪能しょうと降り立ったのだが(;´д`)<萎ェェェ↓なんとまぁ、空は雪雲に覆われて雪まで降っていて、すぐ近くの里山達も見えない状態にΣ(゚д゚|||) CIMG9066.jpg 八剣山果樹園の駐車場から撮りました。 CIMG9067.jpg 山頂付近の岩のズームです、いつもならデカイ雪庇なんかが見えるんですが先日の降雨や暖気で日当たりの良い側は全部、溶けて落ちたようです。 CIMG9070.jpg 程なく相棒様が到着して登山口へ向かいました、当然のことながら最近の僕の天気の悪運を説明して平謝りしました┐(´-`)┌今日は、中央口から登って西口より下山してパークゴルフ場やワイナリーをぐる~りと回って帰ってきます。 CIMG9071.jpg 今日は、ボッチじゃないので自撮りは無いです☆彡 CIMG9072.jpg 踏み跡は、有るからスノーシューの不要な山と認識していたのだが、当てにしていたトレースは無くズボズボ埋まってしまう状態にwwwww彼女は、軽量なので大して埋まらずにスイスイと登って行く、方やガイド役の僕はハマって足でまとい状態に~情けないですね、もっと痩せねば☆彡 CIMG9073.jpg 四苦八苦して南口との合流地点に到着、ちなみに南口コースには、トレース付いていて以降は埋まりませんでした、冬は、南口から登った方が無難ですね!! CIMG9074.jpg 岩場への取り付きです、雪庇が崩れ落ちて歩きにくい所がありますので慎重に進んで下さい。 CIMG9075.jpg 尾根の端っこに着きました、ここから岩壁の後ろ側をアップダウンしながら山頂へと進みます。 CIMG9076.jpg 尾根の端から市内方向です、藤野方面は殆ど見えませんでした。 CIMG9079.jpg 日当たりの悪い裏側には、雪庇が残っていましたので注意が必要です。 CIMG9078.jpg 気温が高くなると危ないですね、さすがに直撃されるとまずいですよね。 CIMG9077.jpg 岩場の中間付近の難所です、横の岩が谷側に迫り出していますし、足元がアリの戸渡りみたいに足場が細いんですよ!!ちなみに僕は、ハラが岩につかえるのでハイハイして登りました(泣)彼女は身軽です☆彡 CIMG9081.jpg 山頂手前の最後の登り CIMG9082.jpg 山頂へ到着です。 CIMG9091.jpg お行儀よくお座りしました。 CIMG9093.jpg あまりの展望の悪さに落胆(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG9087.jpg 本来なら札幌岳~なんですがね(泣) CIMG9084.jpg 八剣山果樹園、豊平川、国道しか見えませんでした。 CIMG9095.jpg 八剣山には三角点は無いんですが、この山 尾根伝いに行けそうな山、三等三角点『外山』578.14Mここから1キロ程らしいです、いつか行ってみたいですね。 CIMG9096.jpg 早々に退散しました、な~んも見えないし。雪に隠れていますが西口の標識です、ここから下山します。 CIMG9097.jpg ここでも彼女、スイスイと埋まらずに巧みに尻滑りして楽しんじゃってます☆.。.:*・ 置いて行かれてしまうよ~(泣) CIMG9098.jpg ぐる~っと回って戻りました、雪は止みません|ω・`)

穴沢山 459M 3月5日(月)初登頂 旧真駒内スキー場コース 所要 2時間

2月は、散々な天気だったので月初より大いに期待していたのだが、1日(木)より例の爆弾低気圧の直撃を受けてモロくも僕の願いは崩れ去ったのだった(;´д`)<萎ェェェ↓ さすがにあの予報では、里山でも遭難するなと思いやむ無く自宅に引き篭った、マジでお天気に見放された感が有りますね。夜勤明けではあるのだが無理やり出かけてみた、いちいち自宅に戻る時間も無駄になるので職場より直行してみた、我ながら山バカだと思う┐(´-`)┌ 里山にもまだまだ未踏の山が有るので、南区常盤の穴沢に登る事にした。 CIMG9055.jpg 国道453号を走行、常盤パーキングを通過すると、右に入っていく道があるので右折する、この道は、空沼岳の登山道が有る採石場へ繋がっているのでご存知の方も多いものと思います、雪でゴルフ場の看板等が見えていなかった。 CIMG9054.jpg 冬は、この看板が目立つかもね!! CIMG4708.jpg 去年の6月に空沼岳に登った時の交差点の状況 CIMG4709.jpg もう一度、町内会の案内板をよく見てみると、廃業した真駒内スキー場の名前が残っていました。 CIMG9001.jpg 中央バスの常盤バス停を過ぎると右手に青い屋根の『常盤二区会館』がある、ここが登山口になります付近に駐車スペースは無いので会館の横の駐車場に置かせて貰いました。 CIMG9052.jpg 道路が有るみたいですが雪が積み上げられていて実質的に通行止めになっていましたので冬は会館から歩いて行きます。正面がリフトの跡で右がゲレンデの跡です、ゲレンデの方から山頂を目指しました。 CIMG9002.jpg フェンスに沿って道の上?みたいな所を真っ直ぐ進みます。 CIMG9004.jpg スノーモービル、スノーシュー、ソリ、スキー等、いろんな踏み跡が付いていました、結構、遊びに来る人は居るようです。 CIMG9003.jpg 少し登って撮ってみました。青い屋根が会館です、野牛山が見えてきました。 CIMG9006.jpg 最初のコブを登りきった所から撮りました、野牛山の左に北広山です。 CIMG9008.jpg 白旗山、焼山も見えます。 CIMG9010.jpg 最初のコブの所が中間地点?更に登りつめます。 CIMG9011.jpg 笹藪軍団が待機中でした、夏は、やはり藪山になってしまうのかな? CIMG9017.jpg 山頂が見えてきました、左側の木のない所がリフトの終点で、右の木の有る少し盛り上がった所が山頂です。 CIMG9014.jpg 紋別岳 曇りなので霞んでいます(T_T) CIMG9015.jpg イチャンコッペ山 CIMG9016.jpg ズームして、会館の青い屋根 CIMG9042.jpg リフトの終点です、平坦で結構、広いです。山頂は、左のコブの上です。 CIMG9023.jpg では、コブの上に登ります。 CIMG9024.jpg 木に黄色い標識が有りました。 CIMG9025.jpg コブを登ったすぐの所に有りました、三等三角点『穴沢』459.91Mは、雪で確認できませんでしたが近くに有ると思いますので雪が解けたら藪こぎして確認に来てみますね(*^^) CIMG9019.jpg 山頂からの展望は良好です\(^o^)/天気が良ければ、かなり遠くまで見えると思います。晴れていないのが残念無念TT CIMG9021.jpg 空沼岳、漁岳、恵庭岳は雲の中でした○| ̄|_ CIMG9041.jpg 雪上車と思われるキャタピラの跡が有り、藤野の方から来ているので少し辿ってみました。 CIMG9029.jpg 藤野、定山渓、札幌市街地側の展望もかなり良いです(*^_^*)山頂から少し藤野側に下ると木が無いのでよく見えました。霞んでいましたが余市岳、定山渓天狗岳も見えました。 CIMG9033.jpg 藤野富士 裏側から藤野富士を見たのは初めてです、冬は、穴沢から藤野富士等を縦走も出来そうです。 CIMG9032.jpg 豊平山 CIMG9034.jpg 豊見山 CIMG9035.jpg 神威岳、烏帽子岳、百松沢山 CIMG9031.jpg 霞んでいますが札幌市街地 CIMG9030.jpg 藤野マナスル、硬石山、藻岩山 CIMG9045.jpg 帰りは、結構、斜度があるので一気に滑る~ソリ跡が沢山ある理由が解りました(゚∀。)アヒャ CIMG9049.jpg 帰りは、早いです☆.。.:*・天気は、良くないけど、未踏の山に登れたのでヨシとする☆彡 CIMG9065.jpg おまけ 冬のモアイ像 CIMG9062.jpg 頭大仏 CIMG5215.jpg 去年の7月に来た時のものですが、晴れていると大仏さんの後ろに漁岳~空沼岳~札幌岳を見渡せます☆彡 CIMG5196.jpg 無料で入場できます霊園なので!! CIMG5234.jpg 大仏さんデカイです。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-