FC2ブログ

杵臼ダム(初)~池ノ上山(初)~宇佐美山(初) 9月24日(木)桜山林道コース 所要2時間30分

勤務明けで少々、眠いけど天気が良いので、先日、雷雨で帰宅を余儀なくされた栗山エリアでリベンジしました。凝り性なんで、栗山エリアも登れそうな藪山は全て行こうと思っています(^^♪ IMG_3525.jpg 国道234号由仁町から、馬追山 IMG_3524.jpg 「実るほど頭が下がる稲穂かな」って感じですね、収穫を待つ田んぼ☆彡秋って感じですね、ハチ、アブ、ダニが減り、涼しくて歩き易い季節になりましたから、いよいよ藪山へのシーズン到来(^^)v 栗山町角田付近から、坊主山(栗山町)、奥に冷水山です。坊主山も同名の山が多々あるのでコレクションしています~丸山、三角山、天狗山、坊主山、〇〇炭山等が主なターゲットです☆彡 炭鉱、橋、ダム等、いろいろ観て歩きたい僕です。 IMG_3526.jpg 杵臼ダムは、栗山町桜山にあります、先日行った栗山ダムも車で10分もあれば移動できます~シャトレーゼ栗山工場を通過して更に道なりに山の方へ進みます。 IMG_3529.jpg なだらかな丘みたいな坊主山167M 三角点もあります、当然ですが登頂済み☆彡 IMG_3530.jpg 最終民家を通過して、みちなりに更に進むと、車止めと鹿対策のゲートが有ります、車は、ここに停めて、後は歩きです。 IMG_3550.jpg 100M位で、広い駐車場みたいなダムサイドに到着です。 IMG_3533.jpg お社 IMG_3534_20200925093312f58.jpg 「杵臼ダム」洪水の防御を目的に作られたダムです 型式 アース式(ダム工法としては、最も古典的な工法で、土を台形状に盛って作られる土堰堤とも呼ばれている) 堤高27.2M 堤長177M 栗山ダムと比べるとかなり小さく感じます。 IMG_3546.jpg ダム湖の桜山池です、水がかなり少なかったです。利水目的では無いので水は少なくても全く問題は無いんですけどね~小さいので、湖ではなく、池なんですね、桜山地区にあるので桜山池なんてすって。 IMG_3547.jpg 底が見えています(°_°) IMG_3535.jpg 堤を渡ります IMG_3538.jpg 170Mなんで直ぐに向こう側 IMG_3541.jpg 対岸から駐車場側 IMG_3548_20200925153427c9e.jpg 桜山池側は、コンクリで強化されています IMG_3540.jpg 反対側は、盛り土の上は、砂利を敷いたら終わりなのかな? 斜面に芝みたいに草が沢山生えていました~ダム見物終了です。 IMG_3551_20200925173807198.jpg お次は、三角点探しです。車止めの横に林道が有り、こちらも鹿対策のゲートが有りました。 IMG_3553.jpg ゲートから、道なりに進みます IMG_3554.jpg 送電線の鉄塔を通過します IMG_3556_20200925174736da7.jpg 鉄塔から、道なりに100Mくらい進むと分岐が有り、右折すると正面に山頂が見えて来ます。 IMG_3557_20200925173814b12.jpg 山頂部は、斜面の土砂が削り取られていて、崖みたいになっています。強引に壁を上って三角点まで真っすぐ行くのも有りですが、崖みたいで急なんでっと IMG_3558_202009251811486c2.jpg 作業道みたいのを道なりに少し上がって IMG_3559_2020092518151597f.jpg 丁度、鹿道が有ったので、自分も鹿道をたどって斜面に取り付きました~ピンクテープ取り付けながら進みました☆彡 IMG_3561.jpg 笹が短くて余裕で進めました~鹿は賢いですね☆彡 IMG_3562_2020092518151809c.jpg 濃い所は、刈り込んでと~まぁ距離は短いので問題は無いです IMG_3564.jpg 山頂部に到達 IMG_3565_202009251815217d1.jpg 珍しい三角点の標識~これが有るのは非常に少ないです でもこれが有ると藪の中でも容易に見つけられるから超有難い存在です☆彡 IMG_3567_202009251824491e6.jpg 標識の下に三角点 IMG_3568.jpg 草刈り、整備しました IMG_3569_20200925182451c98.jpg 四等三角点「池ノ上」140.35M IMG_3572.jpg 三角点確認しました\(^o^)/ IMG_3576.jpg 山頂部は、崖みたいなっていたので、崖側だけですが展望が~奥に馬追山が見えます IMG_3578.jpg 分岐まで戻り、再び林道を道なりに進みます、距離にして1キロ位で宇佐美山です IMG_3580.jpg 開放されたゲートを通過。南京錠が付いていましたが開錠して有りました。このゲートは常時開放なのかなぁ? IMG_3581.jpg 山頂部の手前は、上り坂です。正面に山頂が見えて来ました。 IMG_3582.jpg 道の左側に山頂が有ります IMG_3583.jpg ピンクテープ取り付けながら、藪に突入しました☆彡 IMG_3584_20200925184611ca9.jpg 笹よりも、トゲトゲの草がチクチク邪魔をして来るので、厄介でした。 IMG_3585.jpg 山頂は、濃い笹に覆われていて、三角点は、見つかりませんでした○| ̄|_ IMG_3552_20200925184927d16.jpg 車止めのゲートまで戻って、終了です☆彡
スポンサーサイト



栗山ダム(初)~本沢山(初)~藤田山(初)9月20日(日)所要4時間

今日もまた、お天気があんまり芳しくない日で、雨も降りそうな感じなんで遠出は避けて、栗山町エリアを歩いてみました。お大師山、栗山公園は、一度行った程度で他は、ほぼ未踏地区であった。 IMG_3399.jpg まずは、栗山駅~非常に立派で大きくて驚いた☆彡 ちと調べてみると、近隣の町では、岩見沢市に次いで大きな町で人口も1万人以上だった(夕張市や三笠市なんかよりも人口は多いのだ) IMG_3400.jpg 人口は、1960年代をピークに減少傾向にはあるが、基幹産業が炭鉱では無かったので、夕張市、三笠市、旧栗沢町みたいに石炭産業が没落して人口が激減する様な事は無にはなっていない。 IMG_3401_20200921215335040.jpg 駅の案内板 IMG_3402_20200921215336f58.jpg 人が数人、歩いていた~由仁、栗沢、夕張では、コンビニ以外では、人は見かけなかった(°_°) IMG_3403_202009212153382cd.jpg 国道234号沿いには、近隣の町には無い、ドラックストアーや大型のスーパー、ホーマック、ホットモット等が有って、良さげな街だなっと思った☆彡~では、駅から国道234号へ出て、マックスバリュー栗山店の交差点を曲がって栗山ダムへ向かいました。栗山駅から8キロ位、10分程度で行けます☆彡 IMG_3404_202009212242095bf.jpg 国道の交差点からは、道なりに真っすぐに進むだけで、見えて来ます☆彡 IMG_3406.jpg まずは、下の方からです~「栗山ダム」ポンウエンベツ川および合流先である雨煙別川沿岸の治水と、栗山町への利水を目的に国庫の補助を受けて建設された補助多目的ダムです。堤高 31.9M 堤長540M 型式 重力式コンクリート(いろいろな型式のダムが有ります) ここのダムの売りは、なんと言っても堤が非常に長い事です☆彡 IMG_3407_20200921224211734.jpg 放水口~朝里ダムや定山渓ダムみたいな高さは無いです、あっちは、下から見ると体が仰け反ってひっくり返りそうになります、堤高が100M以上有りますからね。 IMG_3408_20200921224213295.jpg 堤の高さは無いけど、堤が非常に長いです☆彡 IMG_3412_202009212250079fc.jpg 上に移動しました~向こうに見える山まで続く長が~い堤です(゚д゚|||) IMG_3411.jpg 540Mもの長さが有ります、豊平峡、定山渓、朝里、当別なんかは300~400M位です。ダムの近くにもそれなりに山があるので、ダムなんかも立ち寄る事が多い僕です。 IMG_3413.jpg 試しに走ってみましたが~当然の事ながら中程でダウンしました○| ̄|_ いやぁぁぁぁ、とにかく長いわZZZZ IMG_3438_20200922003343ec8.jpg 堤の上の通路に IMG_3439.jpg ああぁ IMG_3440_20200922003346650.jpg 文字かぁ IMG_3441_202009220033477b4.jpg なるほどな IMG_3442.jpg そう言う事 IMG_3443_2020092200335089c.jpg くりやまダムって書いてありました☆彡 IMG_3415.jpg 放水口を堤の上から IMG_3414.jpg 堤の上からの眺め~下流の河川敷は、パークゴルフ場になっています、正面奥に馬追山 IMG_3435_202009220055411b8.jpg パークゴルフ場、正面奥に藤田山 IMG_3434_20200922005542e99.jpg 放水口の上からの景色 IMG_3416.jpg 放水口の付近で半分位なのかな? まだ、けっこうな距離が IMG_3417_202009220043582d1.jpg 堤から、くりやま湖 左端に管理棟と展望台 正面のやや左に本沢山 IMG_3418_202009220044006cb.jpg それなりの広さが有ります IMG_3419_20200922004401de0.jpg 当然の事ながら誰もおらず静寂に包まれていました☆彡 IMG_3421_2020092200490368c.jpg やっと向こう側に到達(^^)v IMG_3422.jpg こっち側から管理棟 IMG_3424.jpg 展望所みたいな感じのスペースが有りました IMG_3426.jpg こちら側から対岸の管理棟 IMG_3427.jpg 管理棟と後ろの小高い所が展望台になっています IMG_3425_20200922061122ac3.jpg 展望広場の脇には、道が有り、くりやま湖に沿って、ぐるりと一周できるみたいです☆彡 IMG_3445_20200922061619bac.jpg それにしても長い堤です IMG_3444_20200922061618c86.jpg お次は、展望台、管理棟へ、小高い丘みたいな所に建っています。トイレは有りましたがコロナ対策で使えませんでした。 IMG_3447.jpg 管理棟、右に資料館がありましたが施錠されていました(°_°) IMG_3448.jpg では、展望台へ IMG_3449_202009220616242ec.jpg 階段を IMG_3450_20200922061625417.jpg 到着 IMG_3452_20200922062450b16.jpg 何かなって思っていたら~鐘がついていました。鳴らせます☆彡 IMG_3458_20200922062451aab.jpg けっこう高いです、塔みたいで目立ちます IMG_3454_20200922062452821.jpg 有りがちなオブジェ IMG_3455_20200922062919816.jpg ベンチに腰かけて、のんびり眺められます☆彡 IMG_3456.jpg 雲は多いけど、午前中は、雨は降りませんでした IMG_3457_20200922062921d6d.jpg 正面奥に由仁町の市街地、馬追山 IMG_3460_20200923052513272.jpg ダム見物は終了して、ダムの近くにある本沢山へ向かう、ダムの周回路を道なりに進む、最初は舗装されていたも IMG_3461_20200923052512fe1.jpg 未舗装の道に~いつもの様に地図を観ながら適当に歩く(GPS等は無いし地図読みも上手に出来ないが、今までは、それで何とかなっている僕の山行) 右がくりやま湖側で、左が山側です~一応、方角は判って歩いている。まぁ、その程度で、非常にアバウトな感じの山歩きなんです☆彡 まぁ事前に距離とか点の記や航空写真等で下調べはしていますけどね┐(´-`)┌ IMG_3463_20200923052516407.jpg 好都合の刈り分け道を発見☆彡 IMG_3465_20200923052518b60.jpg 道なりに進むと、開けた伐採植林エリアに出ました~藪漕ぎ無で尾根に行けそうです☆彡コレは有難いですね~斜面を上がるだけで尾根に出られそうです。 IMG_3466.jpg 木が無いので斜面からは、くりやま湖、栗山ダムが見えました(^^)v 木で見えませんが2時方向に管理棟が有ります。 IMG_3469_202009230635314ff.jpg 非常に歩き易い上り坂~左の奥が山頂です IMG_3470.jpg 尾根に到達~正面奥に山頂なんで、最後は、お決まりの藪漕ぎですΣ(゚д゚|||) IMG_3471_202009230640426b4.jpg 藪に入る前、尾根からの眺め~山頂部は、藪の中なんで展望は無いです。 IMG_3473.jpg では藪に突入です100M位ですかね IMG_3475.jpg 笹が太くて硬く無いので、それほど苦になりませんでした☆彡 濃密、長い、太い、硬い&ツル、トゲトゲであれば、僅か100Mとかでも1時間以上も費やす事が多々有ります☆彡 IMG_3476_20200923064506f03.jpg 幸運にも山頂の笹は薄かったので容易に発見できました(^^♪ IMG_3477_202009230645070a7.jpg 笹刈り整備しました☆彡 IMG_3478_202009230645109c7.jpg 四等三角点「本沢」151.89M IMG_3481.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ IMG_3459.jpg ダム駐車場まで戻り終了です~お次の山、藤田山、ダム駐車場から1キロも離れていないから歩いても行けるんですが、ちと面倒になり車で近くまで移動しました。 IMG_3487_20200923082638bfb.jpg 藤田山 IMG_3485.jpg 牧草地や畑に囲まれた山 IMG_3518_20200923082640331.jpg 牧草地や畑には入れないので、作業道&藪漕ぎで迂回して上りました。 IMG_3486_20200923083124c0e.jpg 作業道を進みます IMG_3489.jpg 丘みたいになっています IMG_3491_20200923083336229.jpg 栗山ダムの堤が見えました IMG_3492.jpg 正面奥に本沢山 IMG_3495.jpg 上りつめると畑に出ます~正面に馬追山 IMG_3496_20200923084443288.jpg ここからは、右の藪に入り、ひたすら藪をかき分けて山頂を目指しました~ほんの数百メートルなんだけど、藪が濃くて容易じゃ無かったです○| ̄|_ IMG_3498_20200923084445a74.jpg 尾根は、少しだけ景色が見える所が有りました☆彡 IMG_3514_20200923084448c4d.jpg 大半は、濃い笹薮に覆われていた○| ̄|_ IMG_3516_20200923084446f79.jpg 山頂の手前に藪の薄い所が有りましたが、少しだけです IMG_3500_20200923085944276.jpg 山頂は、笹が薄かったので、容易に見つける事が出来ました☆彡 IMG_3504.jpg 四等三角点「藤田」129.75M IMG_3506_202009230859485f2.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ IMG_3510_202009230859536b9.jpg 山頂は、藪が薄いので少し、展望が~栗山ダム、右手に冷水山 IMG_3507.jpg 札幌方面の眺め IMG_3508.jpg 霞んでいますが、札幌岳、無意根山等 IMG_3519.jpg 藪を漕ぎ、作業道を戻って終了です。 IMG_3521_202009230921070d2.jpg 栗山ダムの近くの杵臼ダムに行く途中で、雷雨に見舞われて、あえ無く帰宅しました~終日好天の日が非常に少ない、まさに長雨月の長月(9月)の山行です○| ̄|_

三角山(栗山町) 336M 初登頂  6月2日(日) 作業道&藪こぎ 所要4時間

三角山、この名称の山も道内に沢山あるので全部は無理でも沢山登ってみたいと思っていた、シリーズで天狗山、丸山、坊主山、読み方が難しくて普通に読めない山等、三角点のある山をメインにコレクションしたいと思っている~と云う訳で札幌の一等三角点のある三角山、夕張の一等三角点のある三角山は登頂済みなんで、シリーズ第3座目は、栗山町の三角山!! 三角点は有りますが道もない地味な山ですし知ってる人、登ったことがある人は非常に少ないと思われます(人が殆ど行かないような地味な山が好きな僕w)~於兎牛山の登山口から10分位で移動できるので、おかわり登山に使いたい山です。 CIMG2023.jpg 川端の農道から三角山 CIMG2027_20190603200014cea.jpg 三角山の山頂部 CIMG2032_20190603200832b34.jpg 登山口です~国道275川端から夕張川に架かる川端橋を渡って700M位の所に白い小さな建物が有り、作業道の様な道とゲート、シカ防護柵が有ります、防護柵の前に2台位、停められます~夕張方面に向かって左側に有りますが、道から少し奥に有るので目立たないです。滝下って夕張市だとおもっていたら栗山町なんですね☆彡ちょっと行ったら夕張市ですけどね。 CIMG2034_20190603200833b4e.jpg 白い建物の正体です~送水ポンプ場なんですね。 CIMG2035_20190603200835f33.jpg シカ防護柵を開閉して進むと、すぐに鎖と南京錠で施錠されたゲートと作業道の様な道があります~立ち入り禁止とは書いていないので、この道を使い少しでも藪こぎを減らしてみた☆.。.:*・ CIMG2036.jpg 緩やかな上り坂の森林浴コース、序盤は快適です☆彡 CIMG2041_201906032031378b3.jpg 登りさかを進むと右手にまた白い建物 CIMG2040_20190603203138abd.jpg これもポンプ設備でした。 CIMG2042_20190603203140c37.jpg この白い建物を過ぎると一気に道は、荒れ果てます(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG2043.jpg 倒壊した物置みたいな建物を通過すると道がほぼ無くなります~道っぽい所を進みます。 CIMG2044_20190603203901be9.jpg 赤い屋根の廃屋に至ります、無人です。 CIMG2045_201906032031467e1.jpg 家の前は、畑?牧草地?奥に山頂です。 CIMG2046_20190603203144a85.jpg 草原を進みます。 CIMG2047_20190603203147d06.jpg また、廃屋が有ります。 CIMG2048.jpg 斜面に近づいて行きます。 CIMG2052.jpg 山頂は、藪山ですから展望は無いですから途中の草原からの景色を楽しみます。 CIMG2050.jpg 樽前山、風不死岳等の支笏湖方面の山々が見えます☆彡 CIMG2049_20190603203153d08.jpg 紋別岳、イチャンコッペ山、恵庭岳も確認できました。 CIMG2057.jpg 紋別岳、イチャンコッペ山、恵庭岳、右はじは、空沼岳かなぁ? CIMG2063.jpg 馬追山、由仁町の市街地 CIMG2055.jpg 笹薮を突破する☆彡 CIMG2072.jpg 斜面に取り付く。 CIMG2070.jpg 山頂部は、笹が少なくて助かった(*^^)v CIMG2071_20190603205524f9f.jpg 熊の痕跡(°_°) CIMG2068_20190603205525ab3.jpg 笹は、細いので、藪こぎも比較的に容易でしたが三角点が見つからない○| ̄|_ CIMG2062_20190603210321d59.jpg いろいろ歩き回ったが見つからなかった、日没の心配も有るので、無理せず下山しました☆彡 CIMG2076_20190603210628098.jpg 夕暮れを感じつつ草原を下ります☆彡 CIMG2075_20190603210629338.jpg 支笏湖方面の山々のシルエット☆.。.:*・ CIMG2077.jpg 草原に放置されていた~熊捕獲用のワナ(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG2081.jpg 日没前に戻りました、三角点探しはまた次回に持ち越しです☆彡 CIMG2031.jpg ヤバイおまけ(;´д`)<萎ェェェ↓ 車に戻り速攻、着衣全交換して、ダニ退治に追われるwwwwww

不動の滝(栗山町)5月20日(月)

中岳を強風で断念して、未踏の山(天狗山、旭山)の有る栗山町南角田へ向かう、国道274号~道道1008号へ入り、後は、ひたすら真っ直ぐに進むだけ。途中、不動の滝の前を通るので立ち寄ってみました☆彡 CIMG1513.jpg 道道1008号で栗山町南角田を目指します。 CIMG1512_20190521201902ccf.jpg 夕張川を渡り、南角田に入ると道道の左側に不動の滝の案内板が有る CIMG1511_20190521201903fbe.jpg 青い案内板で滝まで200Mと書かれていた。 CIMG1524_20190521201904c1d.jpg 案内から左に下るとトイレが有りました、綺麗なトイレで問題なく使えました。 CIMG1515_20190521201907786.jpg 滝の由緒書 CIMG1517_20190521201906e72.jpg 不動尊 CIMG1523_20190521201909a57.jpg 水場&お休み処 CIMG1522_20190521201910b29.jpg 遊歩道、途中で崩落していましたが下に降りないとツマラナイので慎重に降りました☆彡 CIMG1519_20190521201912fcc.jpg 水が少ないのでイマイチって感じです。 CIMG1521.jpg 下に降りれば、近くまで行けます、落差5Mなんですって☆彡

天狗山(栗山町) 329M  初登頂  5月20日(月) 不動の沢作業道~天狗山作業道&藪こぎ 所要2時間30分

天気もイマイチですが、強風が吹き荒れていました、中岳に行きたいけどこの風なら尾根は、きっと爆風でしょうから諦める、条件が悪いのに無理して行く必要は無い、札幌50峰も残り4峰なんですけど別に急ぐ気は無いです、条件の良い日に登って絶景を拝みたいとの思いの方が強いのだ。札幌150峰もある種の目標では有るが期限も無いし、必ず完登と云う事でも無いのだ☆彡 行ってみたい山は沢山あるし自由、気ままに登ってみたいと思っている~と云う訳で、久しぶりの天狗山シリーズの挑戦、これで天狗山は、6座目、余市天狗岳(一等三角点)は、是非にのぼって見たいのだが道がなく山奥なんです(泣)~丸山、三角山シリーズも有るので行ってみたい山だらけなのだ☆彡 CIMG1512.jpg 不動の滝を後にして、再び道道1008号を直進する。 CIMG1584_20190521190237d80.jpg 350M位で道は終着し道は、砂利道になる。 CIMG1587_20190521190238967.jpg この先、行き止まりの標識が目立ちます(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG1525.jpg 初めてなんで探検もしたいので、行ける所まで進んでみました☆彡 CIMG1527_20190521190241146.jpg 南角田の市街地と馬追山 CIMG1526.jpg 送電線の鉄塔の横のコブが山頂です~鉄塔は目印になるから有難いです☆彡 道は、不動ノ沢に沿って奥に進んで行きます凸凹も無く走り易い道です☆彡 CIMG1528_20190521190244d2c.jpg 森の中を進むと、シカ防護柵が有りました、まだ余裕で車で進めますが山歩きなんで、今日は、ここから歩きます☆彡 CIMG1529_20190521191615aa8.jpg 森の中ですから強風でも全く問題なく普通に歩けました☆彡 CIMG1530_20190521191617579.jpg 10分かからずに林道ゲートに至りました。 CIMG1581.jpg ゲート前は、広いスペースが有りました、10台以上余裕で停められます、ここまで車で入って来れます。 CIMG1531_20190521191618427.jpg 作業道「不動の沢線」です。 CIMG1535_2019052119242940b.jpg 急登は無いです、緩やかな登りのみです、泥濘も無いです☆彡道なりに進むだけです。 CIMG1536_20190521192615c1c.jpg 送電線と鉄塔が見えてきます☆彡 CIMG1579.jpg 分岐が有ります☆彡 CIMG1580_2019052119285718f.jpg 真っ直ぐに進んで、鉄塔の保守道から山頂へも行けますが、道は、分岐を右に進んだ方が歩き易いです☆彡目印が目立たないのでピンクテープ付けました。道は、右に戻るような感じで付いていて斜面を巻きつつ緩やかに登って行くので苦になりません☆彡 CIMG1539.jpg 木に作業道「天狗山線」の標識が付いていますがあんまり目立たないです~ちなみに国土地理院の地図には、この作業道は、載っていませんでした!!地図に無い、林道や作業道や廃道みたいな道とか結構ありますよねアナログな地図だけが頼りの僕にとっては、難儀な事です┐(´-`)┌ CIMG1544.jpg 道なりに進むと、山頂直下の尾根に出ました☆彡鉄塔の左のコブが山頂です。 CIMG1546_20190521194350ef2.jpg 三川方面の眺め CIMG1545.jpg 栗山町方面の眺め CIMG1547_20190521194912119.jpg 斜面の端っこから取り付きました。 CIMG1548_201905211949146b5.jpg 藪こぎ開始です☆.。.:*・ CIMG1549_20190521194916796.jpg 腰くらいの高さしか無いので余裕で進めました、ピンクテープ取り付けました。 CIMG1552_201905211949197c2.jpg お饅頭みたいな山頂に到着☆彡 山頂の笹は、薄くて助かりました☆彡 CIMG1553_20190521194917395.jpg 容易に三角点を見つけられました(*^^)v CIMG1558_20190521195729eeb.jpg 草刈しました。 CIMG1557_2019052119573477a.jpg 石は比較的に綺麗でした、昭和33年の設置なんですね。 CIMG1556_201905211957329f7.jpg 標石番号006582 CIMG1555_201905211957308ba.jpg 四等三角点「天狗山」329.46M CIMG1565_2019052119573583e.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG1542_20190521200221ee5.jpg 山頂からの展望は良くないです。 CIMG1583_20190521200320d4a.jpg 無事に戻りました☆彡
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-