FC2ブログ

阿蘇岩山  418M 初登頂 7月21日(日)自衛隊駐屯地コース 所要5時間

石狩市厚田区望来にある一等三角点の有る山(当別町との境界にもなっています)です。実は、このお山は、ちと訳ありの山でして登頂が困難なレアの山なんですΣ(゚д゚|||)~山頂部付近に航空自衛隊当別分屯地(レイダーサイト)が有るので、山頂は、もとより、道道81号から山へ通じる1本道にもゲートが設けられていて関係者以外は、立ち入れない山なんです(たぶん、個人で登山目的で立ち入り申請を出したとしても断られると思われます。) CIMG3563_20190721165936522.jpg そこで、現状では、一番安全で、面倒な申請も一切不要な唯一の登頂方法がコレなんです☆.。.:*・NPO法人 ふれ スポ とうべつ主催の『阿蘇岩ウォーキング』に参加する事なんです!!分屯基地の全面的な協力の基で車両による送迎、登山の立ち会いが行われるので安心、安全に登山することが出来ます☆彡 年に1回の開催、定員55人、参加料がかかりますが一等三角点ハンターさんや北海道全山制覇を考えている人等にとっては、貴重な機会だと思います(ちなみに僕は、一応へっぽこですが一等三角点ハンターでもあります) CIMG3561_20190721171945308.jpg 自分は、YAMAPの知り合いさんが去年、ウォーキングを利用して登ったので、早くから情報を収集して、いち早く申し込みをしました、受付番号1番でしたwww 申し込みは、電話、FAX、Eメール等です~申し込むと数日経つと案内状が送られてきます~詳細は、ふれ スポ とつべつのHP等で確認して下さい~ちなみに去年も7月に開催されました、来年も7月開催?今年は、6月に入ってからHPに案内が出ました。 CIMG3465_20190721175939800.jpg 1発勝負なんで心配の種は、お天気です~7月に入っても好天には恵まれずダメかと思っていたんですが、なんとか晴れました☆.。.:*・ 国道275の新石狩大橋付近からです。少し雲が掛かっているけど、恵庭岳~空沼岳~札幌岳 CIMG3460_2019072117594248a.jpg 札幌岳、山田峰、山ノ神、藻岩山、砥石山、割れ山、烏帽子岳、神威岳 CIMG3464_201907211759415cf.jpg 王子製紙江別工場 CIMG3468_201907211813302a9.jpg 当別町市街地の手前の水田~樽前山の溶岩ドーム CIMG3472.jpg 当別から、市内方面の山や市街地がけっこう良く見えるんです☆彡 CIMG3470_20190721181328b72.jpg 札幌岳、藻岩山、砥石山、割れ山、札幌の市街地 CIMG3476_20190721182042edf.jpg JR石狩当別駅の北口です。 CIMG3475_20190721182043948.jpg 道を挟んで向かい側に集合場所の当別総合体育館が有ります、館内に、ふれ スポ とうべつの事務局が有ります、大きな建物ですし案内板も有るのですぐに判ると思います。 CIMG3479_20190721182045d7b.jpg 正面玄関前に自衛隊のマイクロバス3台到着、本日は、43名が参加して、ここからバスに分乗して出発しました。体育館9時30分(出発)バス移動~基地ゲート1合目~登山~下山~基地ゲート1合目~バス移動で体育館14時30分(到着)でした。 CIMG3480_20190721185807e58.jpg ゲート前からアタック開始です☆彡 クマが出たそうで、隊列の前後にバスが伴走します、途中で体調が悪くなった人はバスに乗れますし、自衛隊員さんが隊列の前後に付いて安全確認しつつ進むので、女性、高齢者、子供にも配慮された安心、安全登山となっていました☆彡 CIMG3484_20190721185808d95.jpg 道は、急登は、無く緩やかに基地まで上って行きます。 CIMG3494_20190721190941494.jpg 高度が上がって来ると分屯地とレーダーが見えてきます。 CIMG3492_201907211909439c0.jpg 北峰のレーダー CIMG3495_20190721190944b61.jpg 正門に到着 CIMG3530_2019072119094507e.jpg サハリン、北方領土、北海道、東北もカバーする第45警戒群の一部なんです☆≡。゚. CIMG3526_2019072119094838d.jpg 尾根の鞍部に有るヘリポートが休憩所(昼食場)です、ヘリポートの後方に分屯地と北峰のレーダーが見えます~まずは、ここで小休止してから、一等三角点の有る主峰へ登り、ヘリポートへ戻り昼食、それから北峰へ登り正門を経由して、ゲートまで下山して、バスで体育館まで戻って終了です。 CIMG3564_20190721194412dba.jpg ちと見づらいですが、真ん中がヘリポート、①一等三角点の主峰 ②北峰 です。 CIMG3527_20190721194913b79.jpg 軽装甲車~中も見せてくれました、子供達が乗っかっていました。 CIMG3499.jpg これは、観るだけですけど航空自衛隊らしく戦闘機 CIMG3531_201907211949161c7.jpg 米国ロッキード社製 F-104 スターファイター 三菱重工でライセンス生産した機体かな? CIMG3502_20190721200810f25.jpg 主峰へ行きます~道が綺麗に付いています~山頂にタマ☆.。.:*・ CIMG3506_20190721200811ba2.jpg レーダーでした、木の側に三角点が有りました。 CIMG3508.jpg レーダーと三角点&標識 CIMG3520_201907212008144dc.jpg 少し離れて撮りました、木の所が三角点です。 CIMG3514_20190721200817d6e.jpg 三角点&標識 CIMG3511_2019072120081944c.jpg 一等三角点「阿蘇岩山」417.99M CIMG3513.jpg 激レア三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG3521_201907212020484bc.jpg 安瀬山は、見えるんだけど、奥の暑寒別の山々は雲の中でした○| ̄|_ CIMG3522_20190721202050c7a.jpg 真ん中の少しトンガってるのが安瀬山のピークです~安瀬山も一等三角点なんで登りたいけど道が無く国道から、それなりに奥なんで藪こぎを考えると夏場は無理なのかなぁぁぁって感じの山なんだけど、三角点の現物確認に拘る僕なので方策を検討中の山www 厚田から少し進むと安瀬地区なんで家からそんなに遠くないので登ってみたい山です。 CIMG3515_20190721202054c2f.jpg 望来方面の眺め、海は綺麗なんだけど霞が邪魔をして来ます~左の白い点は、石狩市厚田区聚富にある北石狩衛生センター(ゴミ処理工場)です。 CIMG3505_201907212020521a6.jpg 当別ダム、ふくろう湖、石狩月形、浦臼方面の眺め CIMG3517_20190721202055af0.jpg 当別町市街地、空沼岳~札幌岳 CIMG3501.jpg ヘリポートで昼食後、北峰へ向かいます☆彡 CIMG3534_20190721204801902.jpg 中腹から主峰です☆彡 CIMG3540_201907212053105b9.jpg 道なりに登って行くとレーダーが見えてきます。 CIMG3538_20190721205915d17.jpg 樺戸3山揃い組です☆.。.:*・隈根尻山は、登山道が廃道になり未踏になっているんだけど、廃道をなんとかして踏破して3山の完登を目指したいです。 CIMG3543_20190721205916e28.jpg 霞んでいますが海&小樽方面の眺め CIMG3548_20190721205917bed.jpg 当別ダム&ふくろう湖 CIMG3542_20190721205919c2d.jpg 北峰山頂から主峰 CIMG3544_201907212059226e8.jpg 石狩湾、小樽方面の展望 CIMG3549_201907212112590a4.jpg あとは、正門を経由して、下のゲートまでテクテク歩いて終了です(*^_^*) またバスに乗って体育館に戻って解散になります~後日、事務局より、登頂証明書、山頂での集合写真が郵送されるとの事でした。 CIMG3553_20190721211300efb.jpg 帰路~市街地の外れから阿蘇岩山を撮りました☆ミ
スポンサーサイト

砂山 10.99M 初登頂 4月19日(土)刈り分け道&少し藪 所要30分

去年の秋に石狩市の紅葉山を登っているが、ここも紅葉山の近くの砂山です、紅葉山と同様に昔の海岸線の砂丘の名残らしいです。モエレ山だけで帰るのも勿体ないので石狩市まで行ってみました☆彡 CIMG9953_20190420174645858.jpg 場所は、石狩市花川東~近くに石狩翔陽高校が有ります、住宅地の中に笹薮と雑木林に覆われた荒地が有り、左の小高い丘みたいな所に三角点が有ります☆彡 CIMG9954_20190420174646afc.jpg 道路から、刈り分け道が付いていましたので登って行きます。 CIMG9955.jpg 道の途中から、こんもりした丘へ登るため、笹薮に入ります~笹は短く、それ程苦になりませんし距離も短いので問題は無いです。 CIMG9957_201904201746490a7.jpg 平たい山頂に三角点が有りました。 CIMG9961_20190420202436537.jpg 笹刈り整備しました。 CIMG9962.jpg 三等三角点 砂山 10.99M CIMG9969.jpg 「点の記」閲覧して確認したら、設置が昭和40年代でした~なる程、それで標石が綺麗なんですね!!明治時代に設置されたもので有れば、御年150年のビンテージ品も有りますからね。 CIMG9965.jpg 石が白くてまだきれいです☆彡 CIMG9966.jpg 三角点確認しました\(^o^)/ CIMG9972_201904202024424e8.jpg 薮を少しかき分けて奥に進むと、石狩翔陽高校が見えました。 CIMG9973.jpg 緩やかに下り降りて終了です☆.。.:*・

一等三角点  生振  14.23M 04月19日(金)所要30分

石狩市の一等三角点~厚田、雄冬、浜益まで石狩市になってしまったので増えてしまった┐(´-`)┌石狩町のままならば「生振」だけだったのになぁ、まぁボヤいて仕方が無いのでチマチマと訪ね歩く、先ずは、第一弾「生振」です。他には、安瀬山、浜益岳の計3箇所になります☆彡 CIMG9975_2019041922085690e.jpg 国道337号沿い、近くに生振寺が有ります。 CIMG9976.jpg 正面の小高い丘みたいな所に三角点が有ります~さてと問題は、三角点までのルートです「点の記」を閲覧すると三角点は、私有地に有りました!!地主さんの個人住宅の玄関前を通って行くのはヤバ過ぎるのでコッソリ畑のあぜ道を歩かせて頂きました(._.) CIMG9996.jpg ピンクテープ取り付けました。 CIMG9981.jpg 畑に入らないように端を歩きます。 CIMG9992.jpg 作業道に出ます、右にカーブしつつ道なりに進む。 CIMG9991.jpg 右側に丘に登る、刈り分け道に至ります~畑のあぜ道を歩いて作業道を進み、丘の裏側に回り込むと刈り分け道の入り口が有ります☆彡 CIMG9983.jpg 斜面を真っ直ぐに登り詰めると三角点が有りました☆彡 CIMG9984.jpg 整備しました☆.。.:*・ CIMG9986.jpg 一等三角点「生振」14.23M CIMG9990_20190419223617683.jpg 現物確認しました\(^o^)/ CIMG9997.jpg 戻りました~車、あぜ道、生振寺

電子基準点 『石狩』 4月19日(金)

石狩市にも電子基準点が有るので立ち寄りました☆彡 CIMG0001_2019042016332776c.jpg 道道225号線沿いの石狩斎場の入口の駐車場の芝生の所に有りました~石狩市親船町58番地 石狩斎場駐車場脇の芝生☆.。.:*・基準点コード EL06441628703 CIMG0005_20190420171924865.jpg 胴体は、塗装されていますが間違いなく、02型の電子基準点です☆彡 CIMG0006.jpg 潮風や冬の厳しい風雪に晒されているので、プレートは、劣化していました。電子基準点NO 020876 CIMG0011_20190420164532328.jpg 電子基準点付属標 NO.020876A CIMG0018.jpg 確認しました\(^o^)/

紅葉山 17.6M 初登頂 11月15日(木)鉄塔コース &少し藪 所要30分

三角点だけでは、物足りないので、何かのついでに行こうと取っておいた山、確かこの山、石狩市の市街地の中の最高峰だったと思った~まぁ厚田や浜益の方面に行かないと山は無いですからね☆≡。゚. CIMG6406_20181115175319e81.jpg 石狩市花川北2条にある山、地図にも載っています、紅白の送電線の鉄塔の奥が山頂です。 CIMG6410_2018111517532050d.jpg 紅葉山通の方から入りました。 CIMG6383_20181115175321a40.jpg 入り口の様子、舗装されていますが細いので車では、入りませんでした、看板等は無いです。 CIMG6384.jpg 鉄塔を目指します。 CIMG6385.jpg 刈り分け道が付いていました。 CIMG6402_20181115175327665.jpg 鉄塔の下に登ります。 CIMG6401_201811151808451c9.jpg 奥の小高い丘みたいのが山頂です、ここから軽い藪こぎ、まぁ少しだけです☆.。.:*・ CIMG6399.jpg 藪は、薄いです、奥が山頂です。 CIMG6387.jpg 山頂の丘には、道が付いていました。 CIMG6390.jpg 平たい山頂 CIMG6391.jpg 笹は薄いので三角点は、容易に見つけられました~入口から300M位でしょうかね、すぐに到着します。 CIMG6393.jpg 整備しました。 CIMG6394.jpg 三等三角点『紅葉山』17.56M CIMG6397_20181115181408c95.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG6392.jpg 展望は、藪で良くないです~入り口方向の紅白の送電鉄塔が見えました。 CIMG6404_20181115181410ef3.jpg 戻りました(*^^)v
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-