FC2ブログ

有珠山 有珠山山頂駅 ~ 外輪山展望台 ~ 北屏風山 8月17日(月) ロープウェイ&遊歩道 所要 6時間

7、8月は、お天気の巡り合わせが良くなく雨や曇りばっかりで満足の出来る山行が少なく、今日も朝から曇りで昼から晴れるようだが快晴は期待できない○| ̄|_ 有珠山は、僕のお気に入りでカルデラ周辺の登れそうな山は全部登ろうと思っているのだが、いかんせん天気が悪い日が多すぎて行けなかったのだ。今日は、午前中の展望は捨てて、昼からの晴れ間に期待して、有珠の外輪山を歩いてみた☆彡 IMG_1852_20200818050836573.jpg 今日は、コレ☆彡 ロープウェイを使ってみました~基本的にロープウェイやリフトみたいな乗り物は好きなんで有ると乗りたくなります。それに今日は、こくみん割り引きとかで8月31日までは、通常1800円が1500円になるのでお得でした。また、有料駐車場を使うのですが、理由は不明ですが料金所がcloseされていて無料で駐車できましたので500円かからなかったので大助かりしました(*^_^*) コロナでお客さんが少ないから、お金とるのやめたののかな?あとは、有珠の外輪山の登山口が遠いのだw有珠の市街地の方を回らないと行けないので面倒だったのと腰の状態がイマイチだったので少し楽をしたかったので丁度よかったのだ☆彡 IMG_1851_20200818205927f3d.jpg 麓の昭和新山駅から山頂~ガスって殆ど見えません、まぁ途中の中山峠もガスって展望0だったので、天気予報はピタリと当たっていた○| ̄|_ IMG_1850.jpg 周りの売店と大きさが変わらず目立たない駅 IMG_1854_202008182059309a6.jpg 今日のコースは、ロープウェイに乗って、有珠山山頂駅まで上がって、そこから遊歩道に沿って、洞爺湖展望台~有珠山火口原展望台~火口原展望台~南外輪山展望台~藪漕ぎ~林道~北屏風山をピストンしました。出来るならば、外輪山を一周して山頂駅に戻ってみたかったのだが大有珠の前立山は急峻で道が無いので一周は出来ないようだ。 IMG_1856_20200818205932474.jpg 駐車場の前に昭和新山が有ります、売店、有料駐車場等が有ります。 IMG_1857.jpg 8時15分の始発に乗り込みました~僕と添乗員のお兄さんしかいませんでした☆彡 IMG_1858_20200818205935d4f.jpg 昭和新山を眺めながら上がっていきます。 IMG_1860_20200818205936ace.jpg 有珠も昭和新山も現在も火山活動は続いています☆彡 IMG_1862.jpg 有珠山山頂駅(546M)に到着、隣に洞爺湖展望台がありますが真っ白で何も見えなかったので帰りに立ち寄る事にしました。 IMG_1863_20200818212415923.jpg 標識に従って外輪山遊歩道を進みます。 IMG_1864.jpg 道は、整備が行き届いていて非常に歩き易いです(^^)v 正面の小高い所が有珠山火口原展望台です10分程度で行けます。 IMG_1868.jpg 展望台の手前から撮りました、ガスってよく見えませんが左に山頂駅が....判るかな? IMG_1865_202008182124199cb.jpg 緩やかな歩き易い階段を上がって行くと IMG_1869_20200818212421c23.jpg 有珠山火口原展望台(573M)です、景色は何も見えないので復路にて紹介します。 IMG_1871_20200818213856252.jpg 有珠山火口原展望台までは、観光気分で子供でも歩けますが、ここから先の外輪山遊歩道は、そうは行かないのです、起伏が有りますし、長い急な階段のアップダウンが有りますので軽い観光気分では、行けないです。最低でも運動靴、水、ある程度の体力は必要です。 IMG_1872.jpg 標高差約120Mなんですが急な階段下りの始まりです~まぁ、裏を反せば帰路は、その逆と云う事ですから、そうなんです!!行きはよいよい帰りは怖いなんですよね(;´д`)<萎ェェェ↓ IMG_1874_202008182157035be.jpg (._.)どれどれ.... IMG_1873.jpg ガスガスの五里霧中ってやつでした┐(´-`)┌ IMG_1877_20200818215705f6b.jpg 急な階段ですが造りはしっかりしているので大丈夫です。状態は良好です☆彡 左に見えるのが外輪山の尾根です。 IMG_1878_202008182157065b3.jpg やっとこ火口原の底に着きましたので階段も終了です。 IMG_1879_20200818222614a3c.jpg 底から尾根まで、上り返します。 IMG_1882.jpg 尾根に上がると遊歩道は、緩やかです☆彡 IMG_1889_20200818223119f72.jpg 道なりに緩やかに上がって行くと火口原展望台です。 IMG_1897_20200818223840f38.jpg 広場になっていて広いです☆彡 IMG_1901_202008182238411d6.jpg 火口原展望台(472M) IMG_1892_20200818223639246.jpg 立派なトイレ IMG_1893.jpg 万が一の場合の備えも~とっても有難いですね☆彡 尚、トイレの造りは良いので非常時には、シェルターとしても使えそうでした。大自然が相手ですから御嶽山みたいに突然に噴火する事もゼロでは無いと云う事です。 IMG_1894_202008182236425e9.jpg 国土地理院のGNSS火山活動リモート観測装置『REGMOS』です~衛星を使ったデータ通信、太陽電池バネルを使用しているので、通信手段や電源が無くても詳細な地殻変動を捉えてリアルタイムで筑波のセンターへ情報を送信しています原理は、電子基準点の装置と一緒です。道内では、駒ヶ岳、樽前山、雌阿寒岳にも設置されています。 IMG_1895_20200819060802248.jpg 監視装置 IMG_1896_20200819060803a44.jpg 国土地理院の測標 地殻変動観測点「火口原」,基準点コード:MPC6340664601 IMG_1899.jpg 案内板 IMG_1900_20200819061716ee8.jpg ここから更に遊歩道を進むと、有珠の市街地から上がって来る登山道との合流点、さらに奥には、南外輪山展望台へと行く事ができます。 IMG_1898_20200819061717bc9.jpg あの急で長が~ぃ階段の詳細が....うわぁぁぁぁzzzzzz見なきゃ良かったです帰路が○| ̄|_ IMG_1903.jpg 帰路の事なんかクヨクヨ考えても仕方がないのでガスの中をさらに進む☆彡 IMG_1904_2020081906321932b.jpg なんとなく山容が判るまでにガスが薄くなり始めて来た。急いで進んでも昼頃にならないと晴れないので時間を調節しつつ、ゆっくり歩きました☆彡 左のピークが有珠新山、真ん中にオガリ山、真ん中のすぐ右隣の奥が大有珠の山頂、右に大有珠の前立山です、オガリ山の下に大きな銀沼火口が広がっています。オガリ山の断崖から覗き込む巨大火口も圧巻ですのでお勧めですが足元が脆い火山灰なんで要注意です。 IMG_1908.jpg 登山道との合流地点です。 IMG_1907_20200819070105a27.jpg 標識が建っています、道なりに下って行くと北有珠町の有珠山登山口に至ります。 IMG_1909.jpg 合流点から更に上がって行くと広場があり、南外輪山展望台に至ります。 IMG_1912_20200819073358077.jpg こちらは、北海道大学の火山監視装置 IMG_1911.jpg 電源は、ソーラーパネルみたいですね。 IMG_1910.jpg ここの広場も広いです☆彡 有珠の善光寺の奥の院だそうです。 IMG_1915_20200819074012f05.jpg 大きな木が無いので展望が良いです☆彡 IMG_1918_20200819074155230.jpg 南外輪山展望台(473M) IMG_1917_20200819074551f48.jpg ありがちなオブジェ IMG_1916_20200819074553d88.jpg 噴火で実際に火口から飛来した噴石 IMG_1913_20200819074554420.jpg かなり大きいです IMG_1914_202008190745564f7.jpg 噴火の歴史が書かれていました~昔は、富士山みたいな綺麗な山容だったんですね、20年~60年の周期で大規模な噴火が発生しています1977年の大規模な噴火では、札幌にも降灰して、昼間でも薄暗くて、服や髪の毛にも灰が付着して汚れた事を覚えています当時僕は高校生だったかとw銀沼大火口も昔は、沼だったそうで、牧場があったとか77年からの一連の噴火活動で沼は、巨大な火口へと変貌したようです。
IMG_1919_202008190816555a0.jpg
さらに奥へと進むと IMG_1920_20200819081656e0e.jpg 柵が有って、立ち入り禁止となw IMG_1923_20200819082053948.jpg ここからは、自己責任でさらに尾根筋を進んで小有珠の横を通って、北屏風山(未踏)を目指しました。 IMG_1926.jpg 笹薮は無いので助かりましたが草が高く深い所も(°_°) IMG_2014.jpg 体重にものを言わせて押しつぶして進みました☆彡 IMG_1927_20200819082756fcc.jpg ついにガスが晴れて展望が\(^o^)/ 天気予報が当たって晴れ間が広がってきました☆彡 左端から、洞爺湖の中島、北屏風山、小有珠、有珠新山、オガリ山 IMG_1928.jpg 外輪山の尾根から、左に西山、洞爺湖、中島、北屏風山 IMG_1934_202008190827597ee.jpg 途中の520M峰付近から西山、洞爺湖、北屏風山 IMG_1942.jpg 尾根に沿って降ります、視界が開けるのでアナログおじさんでも迷わず進めました。 IMG_1947_202008190839291b7.jpg 小有珠の横を通過します~小有珠、西山、有珠新山、オガリ山、大有珠は、踏破しているので今日は、登らず未踏の北屏風山を目指します☆彡 IMG_1950.jpg 降りて来た尾根筋、左の中ほどが南外輪山展望台、正面の小さなコブが520M峰です。 IMG_1938_202008190848559b0.jpg 正面に北屏風山、後方に洞爺湖、中島です IMG_1939_2020081908485770e.jpg 西山 IMG_1940_20200819085138f27.jpg 地図で大体の位置を確認して、尾根の適当な所から藪漕ぎして降ると IMG_1959.jpg ドンビシャで林道に合流☆彡 トトロおじさんの野生のカンも悪くないですよねGPS無くても、なんとかなっている山行ですw まぁ道に迷って何度か酷い目にも遭いましたけどね。 IMG_1961_20200819090006158.jpg 道なりに進むと視界が開けます。左に北屏風山、右に有珠新山 このまま直進して、左の急斜面を直登して山頂もありだと思いますが腰の状態がイマイチなんで無理せず緩やかな尾根筋を上る事にして林道を西山方向へと進みます。ちなみに、林道をこのまま直進すると、有珠新山、オガリ山、大有珠へと進めます。 IMG_1963.jpg 林道の分岐が有り、直進せずに西山の方へ左折して道なりに進むと北屏風山の尾根の合流点に着きます。左が西山です。林道のピークが尾根の合流点になっています。 IMG_1969_2020081909111989e.jpg 合流点から、正面に北屏風山の山頂です、見るからに容易に進めそうな感じですよね☆彡尾根に沿って観測機が設置されているのですぐに判ると思います。 IMG_1966_20200819092328b31.jpg 最初は、合流から少し下ります。後ろを振り向くと、観測機と西山です。 IMG_1969_20200819092331607.jpg あとは、尾根筋を緩やかに上ります。 IMG_1975_2020081909371784c.jpg 木が無いので尾根からも綺麗な景色が見えます☆彡 IMG_1965_2020081909371117c.jpg 天気は回復したけど雲が厚いです。正面に羊蹄山が見えるはずなんだけどね(;´д`)<萎ェェェ↓ IMG_1967_20200819093714df2.jpg 有珠新山、小有珠 IMG_1971_202008190937165f9.jpg 有珠新山 IMG_1985.jpg 尾根を行く IMG_1989.jpg ここから先は、少々登坂 IMG_1990.jpg こちらは、気象庁の火山観測局 いろいろな機関が観測機器を設置して火山の観測を行っているんですね。 IMG_1991_20200819094555a45.jpg 山頂が近くに IMG_1999_20200819094557f5f.jpg 山頂の直下は岩場 IMG_2001_20200819095213935.jpg 岩場を乗り越えると平たい山頂です 展望良好です☆彡 IMG_2002_2020081909552623b.jpg 温泉街、洞爺湖、中島(昔は、火山の火口だったみたいです) 正面の厚い雲が非常に痛いですね(T_T) IMG_2012_20200819095520c00.jpg 遊覧船 IMG_1980.jpg 船も好きなんで乗って中島に渡って三角点探しをしてみたいです☆彡 IMG_1988.jpg 国道、右端の小島がチンコ島 際どい名前だけど、ここも昔は火口だったらしい。 IMG_1987_202008191045474ad.jpg 幌平山と山頂のウィンザーホテル IMG_1994.jpg 有珠新山、左奥に大有珠の山頂 IMG_1997_20200819104544bbc.jpg 大有珠の山頂は、岩だらけですが登れる岩が多く面白いです☆彡 IMG_1982.jpg 西山、右に幌平山 IMG_1970_2020081910454687e.jpg いつもながら、憂鬱な気分になる長い帰路が待ち受ける~とりあえずは、尾根の左奥の南外輪山展望台を目指すのだぁ 少々判り難いが蛇行する林道が見える。正面やや左の松の人工林の所に林道の分岐がある。 IMG_1944_20200819105743e90.jpg 藪を登り返して進む、陽が照ってジリジリとした暑さがキツイ(汗) IMG_2029_20200819110051075.jpg 立ち入り禁止の南外輪山展望台の端っこまで戻る、藪漕ぎは終了です\(^o^)/ IMG_2030_20200819110540bec.jpg 大きなクレーターですね銀沼大火口 IMG_2031_2020081911054192c.jpg 有珠山全容 IMG_2038_202008191105439ff.jpg 小有珠 IMG_2036_202008191105440c6.jpg 有珠新山 IMG_2034_20200819110546fdd.jpg オガリ山と後ろの岩場が、大有珠の山頂 IMG_2035.jpg 大有珠の前立山 IMG_2039_20200820070320fca.jpg 薄っすらと羊蹄山、雲が邪魔zzzzz IMG_2028.jpg 有珠、虻田、豊浦方面の眺め~霞んで今イチって感じ、駒ヶ岳も霞んで殆ど見えません(>_<) IMG_2023_2020082007032324c.jpg 伊達市の北海道電力伊達火力発電所 IMG_2046.jpg 帰路 左端のコブが山頂駅から10分位の所にある有珠山火口原展望台です。 IMG_2048_20200820071047897.jpg テクテクと歩いて、立派なトイレのある火口原展望台まで戻ってきた。 IMG_2055.jpg 伊達、室蘭方面の眺め IMG_2049.jpg 霞んでいますが、伊達紋別岳、稀府岳、奥に室蘭岳 IMG_2056.jpg この辺りは、緩い下りなんでスイスイと進める☆彡 IMG_2057_2020082007260509b.jpg 有珠山火口原展望台へ上がって行く、急で長い階段が見えてくる(;´д`)<萎ェェェ↓ IMG_2053.jpg オガリ山、大有珠の前立山 IMG_2060_202008200736175cb.jpg 有珠新山、オガリ山 IMG_2061_20200820073833db8.jpg 帰路の肝 急で長い階段 キタ━(゚∀゚)━! IMG_2064.jpg まじで、へこたれそうに○| ̄|_ 気が遠くなるw IMG_2065_20200820074226e5a.jpg 銀沼大火口の撮影ポイントまで戻る~正面左が外輪山で各展望台がある所です。火口の右に小有珠です。 IMG_2068.jpg 撮影ポイントの少し上から、上から撮った方が全体が写せるかも☆彡 IMG_2067_2020082009430322e.jpg 荒々しい大有珠の前立山の脇を通過してと、更に階段を上りつめて(激汗) IMG_2072.jpg 有珠山火口原展望台に戻る~階段、容易じゃないです☆彡 IMG_2073_202008200943074f6.jpg 外輪山、銀沼大火口、奥に霞んで見えるのは、豊浦町のイコリ岬です 本当は、もっと海も青く見えるはずw IMG_2075.jpg 昭和新山、壮瞥町の市街地、オロフレ山等は、厚い雲にzzzzz IMG_2077_20200820095643a42.jpg 山頂駅に戻ります IMG_2078_20200820095644796.jpg 数分で戻れます☆彡 IMG_2079_202008200958458e0.jpg 朝は、白くてよく見えなかったけど、山頂駅から、正面の小高い丘みたいのが有珠山火口原展望台です。 IMG_2084_20200820100229d94.jpg 山頂駅の右側にある洞爺湖展望台にも立ち寄りました IMG_2085_2020082010023079d.jpg 芝生も綺麗ですし、広い展望デッキとソファーに座って、のんびりと景色を堪能できます☆彡 IMG_2083_20200820100231cde.jpg 洞爺湖、昭和新山 IMG_2080_20200820100234a85.jpg 昭和新山を上から眺められます IMG_2082.jpg 洞爺湖~左は、大有珠の前立山なんで湖は、半分位しか見えませんが中々いいです☆彡 IMG_2089_20200821015640d15.jpg 駐車場に戻りました~人も非常に少なくて密にならず快適な山行でした☆彡 IMG_2091_2020082102001929c.jpg 車でアイス食べて一休みするつもりが、そのまま寝てしまって、気が付いたら夕方にzzzzzじじいは、すぐ寝る┐(´-`)┌ せっかくなんで、駐車場からも昭和新山を収める。 IMG_2086_20200821020020ab2.jpg 少しいどうして角度を変えてと IMG_2088_20200821020021b21.jpg 登ってみたいですよね!!~伊達市の登山会に参加する予定でしたがコロナで中止になったのが非常に痛いです(年に1回だけ6月に開催)昭和新山は、私有地&特別保護区の為、立ち入り禁止で普段は、登れない山なんで、唯一、登山会だけがチャンスなんです。 IMG_2094_20200821021317c1e.jpg 帰路、やっとこ羊蹄山が見えて☆彡 IMG_2092.jpg 遊覧船乗り場の近くの撮影スポットに寄り道 IMG_2093_202008210213163e9.jpg お姿を観られて良かったです☆彡 IMG_2095_20200821021656ad8.jpg サイロ展望台にも寄り道 IMG_2101.jpg 綺麗な景色を眺めると癒されますね(^^)v
スポンサーサイト



電子基準点「洞爺」8月17日(月)

有珠山に行く途中に立ち寄りました☆彡 IMG_1849_2020082102495647c.jpg 洞爺湖町洞爺町の「とうやクリーナップセンター(下水処理施設)」の敷地に設置されています。 IMG_1831_20200821024957e08.jpg 敷地の奥のパークゴルフ場に隣接しています。 IMG_1833_20200821024959adf.jpg 電子基準点「洞爺」点番号950137 基準点コードEL06340767602 94型 IMG_1837.jpg 点番号 IMG_1839.jpg 電子基準点付属標 IMG_1841_20200821025003e12.jpg 電子基準点、確認しました\(^o^)/

有珠西山543M~小有珠557M 初登頂12月8日(日)西山林道コース 所要5時間

11月の末から続いている洞爺湖エリアへの通い☆彡 洞爺湖エリアなんかすっかりお気に入りになってしまい通い続けています(*^^)v 昨日に引き続き、またまた、洞爺湖エリアに向かいます☆彡 IMG_3007.jpg 家を出た時には、薄曇りでなんともなかったのだが、定山渓から小雪が~中山峠に差し掛かると、猛烈な吹雪で、ホワイトアウト状態に○| ̄|_ 道の駅の前の標識です☆彡 冬の中山峠なんかを運転するのは、10年ぶりかも知れないのだ!!海釣りで遠出しなくなってから冬に札幌から出る事が殆ど無くなったのだ、山歩きを始めて、少しづつ冬の遠距離運転もするようになったのだがそれでも極マレなのだwwwww 流石にビビッて撤退も脳裏に┐(´-`)┌ まぁ、少し下れば、なんとかなるだろうと思い切って下った(気合) IMG_3010_20191208213639e38.jpg 喜茂別町に下ると吹雪は、収まって安堵する☆彡 天気予報では、風も有り、雪が断続する良くない予報。 IMG_2908_20191208214257f2f.jpg 前日に引き続き、金毘羅山散策路の有珠山砂防事業概要図の設置してある分岐まで来た~雪は断続して降り、洞爺湖や中島も全く見えない状態で気温も氷点下に下がり、かなり寒い、おまけに間違いなく、上は、強風が吹いている~どうしょうか迷ったが遠路はるばる来たので気合で出発した(根性) IMG_3017.jpg 雪が少ないくて暖かい有珠だっのに、今日は、一転して真冬の山へ○| ̄|_ 雪も結構、積もってしまいマイナスの材料だらけにwまぁ、ヤバかったら無理せず引き返すつもりで、分岐を右に進んで、先ずは、西山を目指しました。 IMG_3011.jpg 雪が止んだ時に撮れました☆彡 北屏風山、有珠新山 IMG_3015.jpg 暫く道なりに進むと林道ゲートが有ります。 IMG_3023_20191208220708491.jpg カルデラまで、ひたすら上り続ける IMG_3019.jpg 2箇所、分岐が有った、標識が付いている所も有りました~ピンクテープ取り付けました☆彡 IMG_3024.jpg 外輪山の尾根が見えて来ました。頭だけ、少し見えているのは、小有珠かな?かなり外輪山に近づいたんだが、まだまだダラダラとした上り坂が続く。 IMG_3025.jpg 外輪山の手前にゲート有りました、カギは無く、常時、開放されているぽぃ☆彡 IMG_3018.jpg 谷間には、沢山の防災用の砂防ダム~大小たくさん設置されていました。 IMG_3026.jpg 西山が見えて来ました~付近は、噴火の際に損傷した森を回復させるために、植林された、松林が観られます西山も、きっと噴火してハゲ山になった為に松の人工林に覆われている様に見受けられた。 IMG_3027.jpg 右に外輪山の尾根、小高くなった所が北屏風山のピークです、雪は、断続して降り続き、晴れていれば、ピークの左には、洞爺湖や温泉街等が見えるぽぃんだが、何も見えません(T_T) IMG_3029.jpg 道は、外輪山の壁に沿った形で更に上がって行く、有珠新山の頭が見える☆彡 IMG_3030.jpg 元気な人は、道をショートカットして、壁を乗り越えるとカルデラエリアに入れますし、壁の上の尾根を上がって行くと北屏風山のピークにも行けます、カルデラエリアは、西山以外は、木が無いです。 IMG_3031.jpg どんどん道なりに上がって行くと外輪山の壁と道の高さが無くなって行く、有珠新山、右端がオガリ山 IMG_3045.jpg やっとこ外輪山との合流点に到着しました☆彡~北屏風山、有珠新山、右端がちょこっとだけ小有珠 IMG_3044.jpg 右手の松の人工林に、西山への登り口が有ります、ピンクテープ増量して取り付けました☆彡 IMG_3032.jpg 松の人工林の中に火山の観測用の設備が有るので分かると思います☆彡 先ずは、未踏の西山のピークを目指します。 IMG_3033.jpg 序盤は、緩やかな人工林の合間を進む。 IMG_3038.jpg 急登も有りました~雪で滑り難儀する|ω・`) IMG_3035.jpg 細尾根エリアも有りました☆彡 IMG_3041.jpg 山頂付近は、ハゲ山状態で歩き易いです。 IMG_3039.jpg 山頂に到着~やはり予測していた通りに爆風が○| ̄|_ IMG_3043.jpg 山頂標識有りました~西山543M 初登頂\(^o^)/ IMG_3042.jpg 北屏風山、有珠新山、オガリ山、小有珠 大有珠は霞んで見えませんでした~山頂は、はげ山なんで晴れていたらそれなりの展望も期待できると思います☆彡 とにかく強風で寒いので速攻で登り口まで降りました。 IMG_3050.jpg 天候は、回復する見込みは無く、行こうか戻ろうか思案しましたが、とりあえず、強風に晒されつつ進んでみました、手前の小有珠が凄く近くに見えて、おいでおいでと呼んでいる様な気がしましたwカルデラの中も道が付いていますので歩き易いです。 IMG_3046.jpg まずは、小有珠の足元まで到達☆彡登り口を探すが急峻で見当たらないw IMG_3047.jpg ヤマップを見たら有珠新山との合流付近から登っている人が多いようなので移動してみた~右の谷間みたいな所を登って、尾根筋を右に進みつつ上りました。 IMG_3051.jpg 見た目以上に急峻な谷間登り、雪で足元が見えず滑って、立ち往生し容易に登れず難儀した(泣) IMG_3052.jpg 容易じゃ無いけど面白いですね火山歩き☆彡 お天気が良ければもっと楽に歩けるはずですよね。 IMG_3060.jpg 蒸気がそこらじゅうから出ています。 IMG_3054.jpg 非常に暖かいです☆彡 温泉に入りてぇぇぇぇぇ(心の叫び) IMG_3058.jpg お料理も出来そうです、温泉卵なんか速攻で出来そうです。 IMG_3061.jpg 蒸気と雪と強風で何にも見えませんw IMG_3053.jpg ひたすら上る IMG_3059.jpg なんとか山頂に到達~小有珠557M 初登頂\(^o^)/ 杭につかまっていないと吹き飛ばされそうな風だった IMG_3062.jpg 有珠新山、オガリ山~足元には、大きな噴火口なんだが~とにかく寒すぎるので即、退避した。 IMG_3052_20191209091654733.jpg 有珠新山、オガリ山~近くに見えるんだが、雪と強風が止む気配が無いし、非常に寒いwwwwwこれ以上の前進は、危ないので下山しました☆彡 IMG_3065.jpg 修行登山となったが無事に下山した~帰路の中山峠も大荒れのホワイトアウト状態だったが市内は、穏やかで、帰宅すると駐車場に雪は無くビックリ仰天(萌´д`)モエェ↑ 修行の一日となりましたが、これもまた、山歩き☆彡貴重な体験ですね(@_@)

サイロ展望台~珍小島 12月7日(土)散策路コース 所要2時間

12月に入ったが天候が悪いのでお預け状態が続いていたんだが○| ̄|_、お昼から晴れ間が出そうなんで、雪の少ない洞爺湖エリアへ出かけてみました☆彡 けっこう凝り性なんで気に入ると集中的に出かけたりするトトロおじさんです。 IMG_2851.jpg 国道230号走行、中山峠は、曇りで何も見えませんでした~道の駅 とうや湖の展望台は、前回、立ち寄ったのでスルーして、更に道なりに進むと、左にサイロ展望台が有ります、道路わきにサイロがあるので直ぐに分かると思います☆彡 IMG_2849.jpg 洞爺カルデラの崖の上にあるので眺めが良いです☆彡 IMG_2843.jpg 午前中は、雲が厚く、イマイチでしたが、湖や中島、昭和新山、有珠山が一望できるビューポイントになっています。 IMG_2844.jpg 昭和新山、東丸山、四十三山、大有珠、小有珠、金毘羅山、西山 IMG_2847.jpg カルデラの火口跡の中島、三角の山に三角点、観音島(右から2番目の離島)にも三角点が有るので、是非、探しに行きたいです☆彡 IMG_2852.jpg 離島を照らす光が綺麗でした☆彡 IMG_2879.jpg 車で移動して、洞爺湖温泉街の手前に有る「珍小島公園」に来てみました~ここは、公園として整備されていて、トイレ、駐車場もありますし、珍小島って小さな島があって眺めが良いんです~まぁカタカナで書くとキワドイ名称ですよね┐(´-`)┌ 三角点も有るので見逃せませんよね☆彡 IMG_2853.jpg 一見すると離れ小島みたいに見える珍小島 IMG_2877.jpg 近くへ行くと IMG_2854.jpg 陸と繋がっています☆彡 IMG_2875.jpg 砂洲で繋がっているんです。 IMG_2858.jpg 鹿道みたいな踏み跡が付いていました。 IMG_2868.jpg 平坦で、笹薮は無く、歩き易い☆彡 IMG_2859.jpg 藪は、薄いのですぐに、三角点標識が見つかった、周りを少し掘り起こすと、三角点も容易に見つかりました☆彡 三角点 四等三角点「チンコ島」84.11M~国土地理院の点名は、カタカナだった(;´д`)<萎ェェェ↓ IMG_2862.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ IMG_2855.jpg 島からの眺め☆彡 IMG_2857.jpg 大有珠、有珠新山、小有珠、金毘羅山、西山 IMG_2865.jpg それなりにトンガッテる大有珠、有珠新山 IMG_2867.jpg 期待通りに晴れて来た(*^^)v でもまだ羊蹄山は見えていなかったです|ω・`) IMG_2891.jpg 噴火時にできた断層でこの辺りも影響が有り、今でもその当時の痕跡が残っているみたいなんで探検してみる IMG_2886.jpg 見つけた!! 断層が出来て、護岸が基礎から20センチ位、ずれていた。 IMG_2887.jpg 見つけた!! 断層のおかげで、公園の柵がずれていた。 IMG_2888.jpg この柵、よく見ると下地は、鉄骨で非常に頑丈に作られていた☆彡 IMG_2892_20191207191454edc.jpg 活断層そのものが残っているらしいのだが積雪で、見つからなかった○| ̄|_ IMG_2885.jpg 珍小島公園から陸続きで歩いて来られます、暫く探したが断層は、雪が解けてからまた来てみます。 IMG_2894_201912071920422da.jpg 痕跡探しとか面白いですよね。誰も居ない公園をお天気待ちしつつ、のんびり歩きました☆彡

金毘羅山 309M 初登頂12月7日(土)金毘羅山火口群~金毘羅山 所要2時間

晴れ間が広がり、良い感じになってきたので、金毘羅山へ移動しました☆彡 IMG_2896.jpg 当初は、洞爺湖ビジターセンターからのスタートを考えていたのだがゲートは冬のお休みで閉鎖されていたので、西山の方へ廻ってみた。 IMG_2898.jpg 案内標識に沿って進む。 IMG_2900.jpg 無料の駐車場も有る。ちなみに、近くに西山火口の北口ゲートが有るので見に行ったら、こちらのゲートも冬のお休みで閉鎖されていた。 IMG_2901.jpg 金毘羅山展望台の駐車場は、1000円も取られるんですね、高いですね(;´д`)<萎ェェェ↓ ゲロゲロ~歩いて行ってもお金を取られるみたいですΣ(゚д゚|||) ずいぶんとセコイな!!まぁ遊歩道で火口の直近まで行けるので問題は無いけどそれにしても高すぎますよね、環境保全料込みらしいが、それでもボッタクリ過ぎですよね!! IMG_2902.jpg この上り坂を500M進むと、金毘羅山展望台(有料) IMG_2904.jpg 火山資料展示室の前の道を道なりに少し進むと車両止めのバリケードが設置されていたので、道の空きスペースに駐車して、トコトコとスタートしました。 IMG_2905.jpg 雪は、1センチ程度で、路面も凍結も無く、夏靴で余裕で歩けました☆彡緩やかな坂道を上がって行きます。 IMG_2906.jpg 坂のピーク付近にある焼却炉跡~2000年の噴火で断層が出来て建物が破損して廃墟となった。 IMG_2908.jpg ココから先は、下り坂で、道なりに進んで行くと分岐と有珠山砂防事業概要図が建っている~分岐を左に下ると金毘羅山火口群の有くん火口と珠ちゃん火口が見学でき、更に整備された散策路を道なりに下って行くと洞爺湖ビジターセンターのゲート(冬期間は閉鎖)に至ります。また、右に進んで行くと林道ゲートが有り西山や山頂部のカルデラエリアにも行く事が出来ます☆彡 IMG_2910.jpg 分岐から右奥の展望~金毘羅山、北屏風山、有珠新山、西山、晴れてきて綺麗に見えて来た☆彡 IMG_2911.jpg 分岐から洞爺湖方面の展望~泥流、火砕流を防ぐ為の砂防ダム、右手に2000年の噴火活動で出来た有くん火口、温泉街、洞爺湖、中島、尻別岳等が見える☆彡 IMG_2912.jpg 先ずは、火口見物して、そらから金毘羅山の山頂を目指したいので、道を下って行く。 IMG_2913.jpg 木の実の沢展望台に至ります~有くん火口が目の前に 鹿さんの足跡多数☆彡 IMG_2914.jpg 当時の写真が凄いです☆彡 IMG_2917.jpg 散策路の地図 IMG_2915.jpg 地熱で雪は解けて、少なく歩き易いです☆彡 IMG_2922.jpg 有くん火口の更に下に珠ちゃん火口が有るので先に散策路を下って珠ちゃん火口を見に行く、左の小山が珠ちゃん火口です。 IMG_2923.jpg 整備された散策路です☆彡 IMG_2924.jpg 活断層が観られるらしいのだが草がボーボーで分かりませんでした┐(´-`)┌ IMG_2927.jpg 珠ちゃん火口~火口湖になっています、結氷してました。 IMG_2919.jpg 案内板~ここからだとイマイチ迫力に欠けるので自己責任で近寄ってみました。 IMG_2932.jpg 藪漕ぎして近寄るW IMG_2943.jpg 尾根に登って覗き込むw ちなみに正面の小山の上に金毘羅山展望台(有料)が有ります。 IMG_2940.jpg 珠ちゃん火口の尾根からの展望~真ん中の茶色い建物が洞爺湖ビジターセンターです、火口群の散策路エリアには、当時の噴火で被災した建物も展示物として見る事が出来ます☆彡 砂防ダムに囲まれた、被災したアパートが見えます。 IMG_2937.jpg 金毘羅山、有珠新山、有くん火口、西山 IMG_2925.jpg 金毘羅山~左奥にピークが有るる IMG_2933.jpg 真っ白な徳峻別山、ホロホロ山、オロオロ山 IMG_2941.jpg 右端は、オロフレ山かなぁ?青空がどんどん広がって行きます\(^o^)/ IMG_2950.jpg 有くん火口見物に行きます~道が付いています。 IMG_2954.jpg 雪は少なく、気になりませんでした、滑らずに登れました☆彡 IMG_2955.jpg 火口でかいです!!カメラに収まり切れませんでしたw IMG_2956.jpg 自己責任で尾根に沿って登りました、左の尾根が傾斜が右よりも緩やかで登り易いです。 IMG_2959.jpg 時計回りにどんどん登る IMG_2960.jpg 細い所も有り面白い~意外と足場は良く怖くないです☆彡 IMG_2967.jpg 火口湖のピークから結氷した有くん火口を覗き込む☆彡正面の小山に金毘羅山展望台、右に小ぶりの珠ちゃん火口、更に右に国道230号、右奥の山は、幌萌山でウィンザーホテル洞爺が見えます☆彡 IMG_2991.jpg 素晴らしい展望☆彡 珍小島、羊蹄山、尻別岳、洞爺湖 IMG_2989.jpg ついに羊蹄山がお出ましに\(^o^)/IMG_2962.jpg はるばる来た甲斐が有りました☆彡 カルデラの崖の左にサイロ展望台 IMG_2973.jpg ココから、尾根伝いに奥に進み、金毘羅山の山頂を目指します、ピンクテープ取り付けました☆彡 IMG_2972.jpg 笹薮は無く、草木も濃くないので容易に進めました、小さなアップダウンが有りました。 IMG_2976.jpg 荒れ果てた展望台を通過して更に進みます。 IMG_2979.jpg 荒れ果てた展望台も眺めは良いです☆彡内浦湾、ウィンザーホテル洞爺、昆布岳、珠ちゃん火口、国道、温泉街等 IMG_2975.jpg 北屏風山、西山 IMG_2980.jpg 更に奥へ、高い方へと登って行きます。 IMG_2982.jpg 登り詰めると山頂です☆彡 IMG_2984.jpg 標識は、無くピンクテープ取り付けました~金毘羅山 309M 初登頂 \(^o^)/ IMG_2985.jpg 木の合間から、大有珠、有珠新山、北屏風山、小有珠 IMG_2988.jpg 帰路は、有くん火口の急な右尾根を恐る恐る下りました、こっちは、足元が良くないので、お奨めしません。 IMG_2995.jpg 最後の〆も、やはり羊蹄山ですよね、天気が悪くて拝めない日が続いていましたから良かったです☆彡 IMG_3006.jpg 車止めまで戻り、終了です。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-