FC2ブログ

弁景山363M初登頂6月23日(火)スキー場ゲレンデコース 所要1時間30分

以前から景色が良さそうで360度の絶景が拝めそうで行きたかったオロフレ山でしたが家から遠いので、長時間の運転が苦手になった僕にとっては、遠い山になっていたんだが、天くらもAだし、次の日も休みだし気合で行く事にした☆彡 折角の遠出ですから、近くの登れそうな山にも立ち寄る事にして、最初に選んだのが弁景山です。 IMG_9956.jpg 国道230号~国道276号~国道453号~道道2号~オロフレ峠展望台 遠いですなぁ、まぁ行きは良いんだが問題は、帰路なんですよね、体力無いから山でヘロヘロになるんで、非常に運転が面倒で辛くなるのが遠くの山へ行かない理由になっている。まぁ無理はしないで楽しもうと心掛けている☆彡 中山峠の絶景ポイントは、雲で何も見えなかった○| ̄|_ 峠を下り喜茂別町伏見から尻別岳 IMG_9958.jpg 羊蹄山も仲間に入れる IMG_9959.jpg 喜茂別橋と羊蹄山~少し雲が多いのが気になった。 IMG_9960.jpg やっとこ、国道453号から道道2号に入った、あとは、道なりに峠の展望台まで行けば良いのだ。 IMG_9962.jpg 2号線に入って4キロ位、進むとあるオロフレスキー場、まずは、ここで、足慣らし&三角点探し!! IMG_9963.jpg 案内板から右に入り、道なりに進むとロッジと駐車場が有る、事務所に人がいたので立ち寄った~「駐車したい旨と山に登りたい」と言ったら、オロフレ山は、もっと先だよと~きっと僕が看板にオロフレスキー場とかいてあったので間違えて来た登山者に見えたらしいのだ!!まぁ当然だよな、こなん山に登る人なんかいないよねって事。事情を話すと、ビックリしていたが快諾して貰い、いざ 山頂へ☆彡 IMG_9965.jpg 案内図でルート選び IMG_9964.jpg 最大斜度25度って.....けっこうな角度だよね~Aは、急過ぎるから、安全にⅭ、Bコースにしました、オロフレ山に登る前に転倒してケガなんかしたらシャレにもなりませんからね┐(´-`)┌
IMG_9968.jpg
ゲレンデに向かう、芝が綺麗です☆彡 お手入れされています。 IMG_9969.jpg まずは、Aの斜面 確かに急だ(;´д`)<萎ェェェ↓ お隣がCの斜面 明らかに緩い(萌´д`)モエェ↑ IMG_9970.jpg リフトは、真ん中に1基だけの小さなスキー場 IMG_9971.jpg 支柱沿いは、急なんでパス IMG_9973.jpg 斜面が緩やかな左へと回りこみながら登る☆彡 IMG_9980.jpg 緩い上り坂 IMG_9972.jpg ロッジ、リフト駅等が見える IMG_9977.jpg まだ、オロフレ山の山頂は見えない。 IMG_9986.jpg 山頂駅への上り坂B 中々の登り坂だ(°_°) IMG_9990.jpg 山頂リフト駅が見えて来ました☆彡 IMG_9987.jpg 右に山頂、左の三角は、徳舜瞥山 IMG_9991.jpg 山頂リフト駅に到着 IMG_9992.jpg お天気も良いし、余裕だなっと、ゆっくりと、のんびり景色を眺めるとしす(この余裕が、この後に奈落の底にzzzzzz) IMG_9997.jpg 下のリフト駅が豆粒みたいです IMG_9993.jpg 徳舜瞥山&ホロホロ山、オロフレ山、オロフレ峠、硫黄山等~天くらA!!これで今日は、貰ったなっとニンマリして眺めていた(*^^)v IMG_9998.jpg 久保内の市街地、後ろの山々、登った山は、判るんだけど未踏エリアは、ほぼ判りません。 IMG_9999.jpg お次は、リフト駅の後ろの藪に分け入っての三角点探しです☆彡 IMG_0001.jpg 藪漕ぎだなって覚悟して行ったら、笹刈りされた道が有った(萌´д`)モエェ↑ IMG_0002.jpg 余裕で歩けた☆彡 IMG_0003.jpg あっけなく、容易に発見できた。 IMG_0004.jpg ガッツリ笹刈り整備しました☆彡 IMG_0005_20200624171116a9a.jpg 保護石3個の陣容 IMG_0007_2020062417190004a.jpg 四等三角点「弁景」363.1M IMG_0010.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ IMG_0006.jpg ここでまた、マニアックなお話しです~本物の三角点には必ず、国土地理院の文字が彫り込まれていますので無いものは国が設置したものでは無いと云う事になります。また、石の材質も全く異なるので見ると直ぐに見分けが付きます、国土地理院の柱石は、花崗岩(御影石)で出来ているので、写真のような黒っぽいツブツブが有りますが、地方自治体で設置している三角点は、モルタルやコンクリを型に流して造った粗末なものですので、判ると思います☆彡
IMG_0011_202006241733356dc.jpg

三角点の隣に有りました~半分に欠損してますが、たぶん、見出し点と思われます。 IMG_0013.jpg 三角点も早々と見つけられたし、景色観ながらゆとりの朝食タイム☆彡 IMG_0015.jpg 下山は、急な斜面を降りました。 IMG_0016.jpg 管理の人に、声をかけて終了、お次の硫黄山へ、この山も2号線沿いに有り、山頂の近くを道が通っているので楽勝だと思っていた☆彡
スポンサーサイト



プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-