FC2ブログ

八剣山 498M 初登頂 3月13日(月) 南口コース 所要2時間  

夏道も登った事が無いのに大胆にも冬の八剣山に挑戦しました☆.。.:*・またまた、スノトレ&軽アイゼンの貧弱な装備で登りました。八剣山トンネルの札幌側の入口です、 CIMG2863_201810081501260fa.jpg 八剣山トンネルの札幌側の入口です、今日は南口から山頂を目指します。トンネルの手前を左折して脇道に入ります案内板もありますので判ると思います~お天気は、快晴で絶好の日和でした(*^_^*) CIMG2864_201810081501276ed.jpg トンネルの脇から山頂を撮りました。 CIMG2865_20181008150128619.jpg 看板のある所が駐車場です無理したら5台置けるかな? CIMG2866_20181008150130ed1.jpg 駐車場から道なりに10分位進むと登山口です。八剣山小屋で入山届けを書きましょう~ちょっと覗いてみたら、かなりの人が登っているのが解り安堵しました☆ミ CIMG2867_2018100815013132d.jpg 案内板 CIMG2868_201810081501337ff.jpg こんな感じで、踏み跡が付いていたので楽に歩けました~先人さんに感謝ですね☆彡 CIMG2870_20181008151243d75.jpg 登山道は、途中で中央口からのルートと合流します。西口、中央口、南口と3ルートが有ります。本日は、お初ですので無理はせず南口から登りそのまま南口に下山します。次回は、西口から登り中央口へ下山するルートで挑戦ですね。お好きな方は、一日で全部の登山口から登頂してみるのも有りかと思います。 CIMG2871_20181008151243d50.jpg 徐々に岩壁が近くなってきます、頭の上に被さってくる感じかな。 CIMG2872_2018100815124634a.jpg 30分位でしょうかね岩壁の根元に到着です。岩壁の端から壁の裏側を通って山頂を目指します。自己責任で登って下さいと警告がΣ(゚д゚|||)実際に去年は確か、お二人の方が転落して亡くなっています。 CIMG2873_20181008151247e83.jpg 難所の写真です。ビビリながら撮っています、壁に張り付く感じで進みます高度感が有り、ロープにつかまって行く所も有ります、下は見ないほうが良いですね、見てしまうけど(゚д゚) CIMG2874_20181008151248ccb.jpg こーんな感じ、高いとこ苦手な人は無理かも。ガイドブックでは、初心者、ファミリーでも大丈夫と書かれていますが僕的には、疑問に感じましたね。実際に転落事故でお亡くなりになっている方が何人もいるわけですから初めて行く方は要注意ですね。多少は他の山で経験を積んで来た方が良いと思います。 CIMG2887_20181008151304f76.jpg 難所を越えて山頂に到着。無風、快晴で暖かい、しばし山頂で寝っころがり日光浴。視界は360度開けてまさに絶景でした。正面奥に百松沢山、左に神威岳、鳥帽子岳~とにかく最高な展望でした☆彡 CIMG2885_201810081513016b5.jpg 山頂標識もまだ雪が~ CIMG2880_201810081512578a4.jpg 山頂より、直下の八剣山果樹園、アリさんみたいに車や人がちいちゃく見えます。 CIMG2876_20181008151251d4f.jpg 札幌岳 CIMG2877_2018100815125320e.jpg 無意根山 CIMG2890_20181008151306eef.jpg 藤野三山 左から豊栄山、豊見山、豊平山 CIMG2882_201810081513004ac.jpg 神威岳 鳥帽子岳 重なって見えています CIMG2886_20181008151303d0c.jpg 百松沢山 CIMG2881_201810081512590c9.jpg 定山渓天狗岳 難易度かなり高いけど是非、登ってみたい岩峰ですキャ━(´ェ`)━!!!後方の銀嶺は、札幌の最高峰、余市岳?かな。 CIMG2897_20181008151309041.jpg 下山して八剣山果樹園から山の全容を撮りました。右の岩の端から岩の裏を回り込んで登って行き左の端の岩の先っちょが頂上になります。 CIMG2895_20181008151311162.jpg さらに岩のアップだよ~ん CIMG2899_2018100815282525c.jpg おまけです。時間が有ったので盤の沢山の下見の為、豊滝に立ち寄ったので、ついでの1枚、八剣山の奥に見えるのは砥石山。 CIMG2911_20181008153206ff3.jpg 盤の沢山 CIMG2898_2018100815130715e.jpg 豊滝から、ついでのついでで、もう一枚。左から鳥帽子岳、神威岳、百松沢山、綺麗に揃い組です。御利益があるらしい龍神の水(隠れた名水)を飲んで帰りました。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-