FC2ブログ

盤の沢山 939M 初登頂 3月28日(火)盤龍山信行院コース 所要6時間

今日は、午後から天気が悪くなる予報なので、午前中に山頂を目指します。去年の秋に山登りを始めて山容がカッコいいので狙っていました。雪解けを待とうかとも思いましたが熊もよく出る山らしいので熊さんがまだ寝ている間に登ることにしました、装備は無いので、通勤でも使っているスノトレにゲーターに軽アイゼンで行きましたΣ(゚д゚|||)
CIMG3086.jpg 
国道230号線、藤野、簾舞を通過~信号機に豊滝って書いてある所から曲がって下さい。 CIMG3088_20181006192848c4b.jpg 曲がると正面に盤の沢山が見えます。道なりに直進、丁字路を右折して暫く進むと案内標識があるのでそこを左折します真っ直ぐ進むと行き止まりが駐車場所の神社です。 CIMG3087_20181006193102748.jpg 案内標識の有る交差点に有ります。 CIMG3090_20181006193208913.jpg 盤龍山信行院 CIMG3132_20181006193734319.jpg 車は、神社の横の駐車場に停めました、冬でも水を汲みに来る人がいるので除雪されているみたいです。 CIMG3091_2018100619402162b.jpg 折角ですので安全祈願をして登ります☆.。.:*・ CIMG3092_20181006194022260.jpg 龍神の水汲み場です。無料です、美味しい天然水です、冬でも汲めますので平日でも汲みに来る人がいるようです。無料と言われると少し気の毒な気がしますので賽銭箱にちゃりーんとしたほうがいいと思います☆彡 CIMG3093_2018100619462839e.jpg 駐車場から豊滝市民の森の散策路を山の方に向かって直進すると本殿が有ります。 CIMG3095.jpg 更に真っ直ぐ行くとこの看板があります。ここで散策路とは、お別れして右に曲がります。 CIMG3096_201810061947428a6.jpg 右に曲がると、こんな感じの注意書きが有ります。 CIMG3100_20181006195510af9.jpg 埋まり具合も膝まで行っていないのでまだ余裕(´∀`*) CIMG3130.jpg 後は、木にピンクのテープが付いているので目印にして進むと、林道に合流します。林道を横断してこの看板の方に進んで行くと本格的な登りが始まります。 CIMG3097_20181006195732ef7.jpg 太陽さんがたまに顔を出してくれます。 CIMG3102_201810061958143e7.jpg この赤いコルの看板からコルに這い上がるまで急登が続きます。 CIMG3107_20181006195903ead.jpg コルに上がるとΣ(゚д゚lll)まさに天佑神助!!先人様のトレース痕を発見。これはとっても有難い、一気に天国モードにΣ(゚Θ゚)この時期でも登ってくる人いるんですねー感服しました。これでズボズボ埋まらないで山頂まで行けるなとニンマリo(^▽^)o CIMG3105_201810062000061db.jpg コルから山頂方面、写真が下手なのでよく見えないので説明しますがぱっと見た感じ、[壁|(・д・`。 )))。。。って感じTT CIMG3111_201810062001073f1.jpg コルの斜面から豊平山、豊見山 CIMG3109_20181006200356d92.jpg かなりの急斜面、アイゼン効かせないと、ずり落ちる、木の枝も使いよじ登る。 CIMG3112_20181007013649435.jpg 踏み痕のおかげでなんとか三角点に到着( ^ω^ ) 三等三角点『盤ノ沢』893.3M ゲット (雪の下ですけどね) CIMG3115.jpg 喜びもつかの間TT先人様は、なんとここでここで下山していた。゚(゚´Д`゚)゚。ここから先には、鹿さん?の足跡しか有りませんでした。ココ頂上じゃないんです、まだあとコブ2個越えないと最高点に行けないんですよね、細尾根の雪、まだ青々していて真冬の雪って感じで雪庇もでかいし両サイドは崖みたいになっていて落ちたらやばいし、迷ったけど気合で行くことにしました~細い尾根に雪庇がフワフワ( ‘o’)転びたくないですね。 CIMG3114_201810070138280d2.jpg 案の定、膝上まで埋まる、まあいつもの事ですから気にしない。 CIMG3117_20181007014927d81.jpg 埋まらない鹿さんが羨ましいですね、もっと痩せねばならん僕、真ん中のピークまで進出。 CIMG3122_20181007015428d8a.jpg 足元は、急角度です~落ちたら上がって来れないです~ビビリつつ慎重に進みました(汗) CIMG3119_2018100701510610b.jpg 木の間から藻岩山、市街地 CIMG3123_20181007015426eb6.jpg 慎重に歩を進めてやっとこ山頂ですp(*^-^*)qなんと4時間半近くかかりました。即、写真撮って天気が崩れる前に下山します。 CIMG3126_20181007020133455.jpg 札幌岳がすぐ手の届きそうな所に見えます。 CIMG3127_20181007020314873.jpg 空沼岳、残念ながら恵庭岳や樽前山は見えなかった。 CIMG3124.jpg 変わった岩塔があるパゴダの塔 登ってみてーな。 CIMG3129.jpg 豊平山、豊見山、藤野富士 CIMG3131_20181007020627e5f.jpg 転ばないように慎重に下山、赤い屋根の拝殿が見えたら安心です。 CIMG3133_20181007020629c26.jpg 帰路の途中、またの再会を願って一枚、山の形がかっこいいですね。盤の沢山、まさに注意書きに偽り無しって感じでしたね激闘6時間、思い出深い山行となりました\(^o^)/
スポンサーサイト



プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-