阿部山 703M 4月16日(日)宮城の沢コース  所要4時間

今日は、スノーブリッジが有れば百松沢山に、消滅していたら阿部山にと決めていた。時期的には、雪解けがかなり進んでしまっていたので沢は増水してスノーブリッジは消滅している可能性が高いとは思ったが手稲山の下見も兼ねて出発した。ルートは、盤渓の新しく開通したトンネルを通り、五天山の横のトンネルを経由して手稲平和霊園まで行きます。霊園内の道の一番奥が駐車地点です。
CIMG3292.jpg 
霊園の入口の看板です、後ろの山は阿部山です。 CIMG3295.jpg 道なりに奥に進んでいくと行き止まりになり駐車場所です。 CIMG3293.jpg 駐車場所の近くから撮った手稲山です。 CIMG3322.jpg 駐車場所からの阿部山です。 CIMG3294.jpg 駐車地点の脇の看板です。この脇の道なりに進んで行き登山開始です。 CIMG3296.jpg 道なりに進むと宮城の沢の渡河地点の橋?に着きます。かなり年期が入っています、錆び付いてかなりボロボロですし鉄骨がむき出しで当然、橋では有りませんがコレ以外に渡れそうなモノは有りませんので自己責任で渡って下さい。沢と言っても川幅もそれなりに有りますし、流れも早いですw(゚o゚)w CIMG3297.jpg 雪解け水が急流となっていましたので、水温、流速を考えると落ちたら終わりですね。去年の初冬に来た時は、長靴で渡れそうな水量と流速でした。 CIMG3298.jpg 渡河して道なりに進むと、宮城の沢川の砂防ダムに着きます。 CIMG3299.jpg ゴーゴーと凄い水の音がしました、勢いよく水が流れ落ちていました。 CIMG3300.jpg 更に道なりに進んでいくと小さな沢を渡ります、沢を渡って右に登って行くと阿部山にの山頂に繋がる尾根に行けます。渡河地点の急流を見る限りでは、スノーブリッジは無くなっているだろうなっと思いつつもとりあえずは確認のため直進しました。 CIMG3302.jpg スノーブリッジが出来る所に設置されている看板です。無理や過信は事故の元って事ですね。 CIMG3303.jpg あーあーやっぱり、スノーブリッジ消滅していました(;д;)百松沢山、夏の登山道が無くて冬にしか行けない山。自然が作り出す雪の橋が無くなると行けない山、上流、下流と渡れそうな所を探しましたがダメでしたので諦めて阿部山へ向かいます。 CIMG3304.jpg 小さな沢の所まで戻って山側に登って行きます。所々にピンクのテープが付いていますので目印にして進んで下さい。 CIMG3307.jpg 尾根を目指して登って行きます。 CIMG3305.jpg 雪解けが進んで斜面が露出してもう笹が出ている所が見受けられます。ほぼ埋まらずに進めます、時々、穴にハマる程度で快調に進めます。阿部山も夏道が整備されていない山で笹薮に覆われると厄介な山になります。 CIMG3308.jpg 尾根に登るまでは、それなりの登りが続きますが尾根に出たらあとは尾根に沿って一本道で山頂です。木が邪魔で展望は冬でも良くないです。 CIMG3311.jpg 尾根から烏帽子岳 CIMG3312.jpg 尾根から百松沢山 CIMG3314.jpg 尾根から三角山と市街地 CIMG3313.jpg 山頂手前の最後の登り CIMG3318.jpg 平坦で広い山頂 CIMG3315.jpg 青色って珍しい?ですよね。 CIMG3317.jpg 山頂より、手稲山の山頂。山頂も木が多くて展望は良くない。 CIMG3319.jpg さっさと下山して小さな沢まで降りてきました。 CIMG3321.jpg あとは、道なりに進み、川を渡ったりして、ゴールです((∩^Д^∩)) CIMG3324.jpg 手稲山の登山口の近くにある平和の滝です。すごい水量です。 CIMG3328.jpg 社の脇から進んで手稲山への登山道です。 CIMG3331.jpg ゲートから進行方向を撮りました。なななんと登山道が川にΣ(゚Θ゚) 長靴無いと無理かも。 CIMG3330.jpg 飛び越えられないし、深いし。防水だから渡ったけど。30分位いろいろと偵察し戻りました。 CIMG3323.jpg 帰りの一枚は阿部山です。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に去年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-