FC2ブログ

塩谷丸山 629M 初登頂 遠藤山 735M 8月15日(火) ガスタンクコース~縦走 所要6時間

天候が回復しそうなので、展望が期待できる塩谷丸山に登ってみた。先月は、小樽天狗山~遠藤山までの間を縦走して登山道の確認をしたので、今回は、塩谷丸山~遠藤山の間を縦走して、笹薮の状況を確認してみました。国道5号を小樽~塩谷へ向かいました。 CIMG5994.jpg 国道5号 塩谷1丁目付近から、塩谷丸山です。仁徳天皇陵で有名な前方後円墳みたいな山容ですね。 CIMG5995.jpg 国道5号、源徳寺の交差点を左折するとJR塩谷駅に至る CIMG5996.jpg ちいさな無人駅です。 CIMG5998.jpg 駅から、余市方向です、北ガスの大きなガスタンクが見えます、タンクを目指して進むと登山口に至ります CIMG6002.jpg 駅の中の案内図です、JRを利用して登る方もいるようです、駅の前には無料駐車場もあります。 CIMG6003.jpg 駅を過ぎると直ぐに小道を左折します。 CIMG6005.jpg 踏切を横断して、案内板に従って進みガスタンクの方へ走行します CIMG6006.jpg 案内板があるので迷わないと思います。 CIMG6007.jpg ガスタンクの前の標識です、タンクを左折して直進すると登山口の駐車場に着きます。 CIMG6008.jpg 現在、登山道の付近は、高速道路の工事のため立ち入り規制されているので案内に従って進んでください CIMG6010.jpg 駐車場、10台以上停められます。 CIMG6009.jpg 建設中の高速道路の下を潜ります。 CIMG6012.jpg 案内に沿って進むと登山口に至ります。 CIMG6013.jpg 登山口です入山届けを記載して進んで下さい。 CIMG6015.jpg 道は初めは直線で真っ直ぐに登っていく感じです、結構、疲れます。 CIMG6017.jpg 中盤は、クネクネと曲がりながら登って行きます、石のエリアもあります、滑るので足元に注意が必要です CIMG6021.jpg 台地状の平坦な所に出ます、笹が濃いところも有りますが笹を払いつつ進みます、前方に山頂を確認できます CIMG6025.jpg 更に進むと、山頂の岩が見えてきます。 CIMG6028.jpg 山頂直下のガレ場を登りきると山頂です。 CIMG6031.jpg 山頂の標識です。 CIMG6032.jpg 午前中はガスが出て展望が良くなかったです。 CIMG6030.jpg 三等三角点『丸山』629.18Mゲット!!三角点を守るクワガタくん、なんか怒っているみたいです。 CIMG6033.jpg ガスってるんで写真は後回しにして遠藤山へ向かいました。 CIMG6037.jpg 赤岩山も霞んでいます CIMG6076.jpg 遠藤山までは3.4キロです、一旦、谷まで降りて、再び尾根筋を登り返して行きます。ちなみに、遠藤山の標識の右に写っている丘みたいな山が小樽天狗山532Mです。 CIMG6078.jpg 標識より撮りました、右が遠藤山735M、左の平たい山が於古発山708Mです、塩谷丸山の方が低いんですね(°_°) ちなみに天狗山⇔於古発山⇔遠藤山⇔塩谷丸山の一部藪こぎ(T_T)縦走も可能です(*^^)v CIMG6085.jpg 一気に下って分岐路です。いっぱい下ったつもりでしたが0.8キロだけでした┐(´-`)┌ CIMG6086.jpg 同じ分岐路の標識です、最上登山口???ぬぬぬ未知の登山口発見@@次は、ここから攻めよう☆彡 CIMG6087.jpg 分岐路から塩谷丸山です。 CIMG6084.jpg 笹刈りされていた所も有りましたが実は(;´д`)<萎ェェェ↓ 容易じゃないエリアもwwwまぁ、これから先に起こるかも知れない試練をクヨクヨ考えても仕方ないので気合で突き進みます(´∀`*) CIMG6089.jpg この程度なら楽勝の余裕だよね~ CIMG6090.jpg ここら当たりまでは、大きな問題は無かった(*^^)v しかし さらに 進んで行くと CIMG6092.jpg ぬぬぬぬぬぬキタ━(゚∀゚)━! 道は?どこって感じwwwww こんな感じのトコも有りました数箇所ね。まあ想定内って事でなぎ倒し、かき分け進みます(゚∀。)アヒャ CIMG6091.jpg こうなると(・(ェ)・)熊の事なんかどうでも良くなって、藪こぎに集中します。 CIMG6093.jpg 薮を突破すると林道???に出た、道を横断して再び、藪道に入る。 CIMG6095.jpg 踏み跡は有るので突き進むと。 CIMG6096.jpg 遠藤山の山頂に着きました。 CIMG6097.jpg 三角点ゲット(*^^)v CIMG6098.jpg 山頂標識 CIMG6099.jpg 帰路の標識wwwww気が重いが帰宅するには戻るしかないので気合注入!! CIMG6101.jpg 塩谷丸山の基部の分岐まで戻り、藪こぎに勝利した気合の自撮り\(^o^)/ ちなみにコレが自分なりの藪漕ぎ&アブ&ダニ用の防御スタイルでやんす( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンww CIMG6117.jpg 登り返しの僅か0.8キロでしたが足が動かず心が折れそうになりながらも山頂に戻りました。 CIMG6124.jpg ガスも晴れて綺麗な海がo(^▽^)o 塩谷漁港です。 CIMG6121.jpg 桃岩 CIMG6123.jpg 赤岩山、下赤岩山 CIMG6118.jpg 春のカレイの一級磯の忍路竜ヶ崎、3桁の釣果も期待できます。 CIMG6120.jpg 蘭島のフゴッペ岬、余市の尻場岬、古平、美国まで見渡せました、積丹岳、羊蹄山は見えませんでした。 CIMG6127.jpg 塩谷丸山から駐車場の下りも膝が痛くて大変でしたがなんとか無事に戻りました。縦走路は、全部歩いたので次は、小樽天狗山~塩谷丸山の縦走に挑戦したい。
スポンサーサイト



プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-