FC2ブログ

八剣山 498M 9月16日(土) 中央口コース  所要2時間

朝一は、晴天でした、昨日の余市岳がなんとも残念でなりません、また余市岳に行こうかとも考えましたが天気は台風の影響で下り坂になるので思いとどまり、眺めの良い里山、豊栄山へ向かうべく藤野へ向かいました。豊栄山と言われても馴染みは薄いと思いますがフッズスノーエリアのある山なんですよね、562Mですが山頂リフト駅からの眺めが良いです、最大斜度が35度も有りますので上級者コースの直登はかなり厳しいですので無理しない方が無難です。 CIMG7021.jpg 藤野三山 左から豊見山、豊平山、豊栄山 朝一は快晴でした。\(^o^)/ CIMG7026.jpg 右が豊栄山です。 CIMG7023.jpg スキー場の入口のゲートです CIMG7024.jpg 赤い紙が、えええええ熊が出て入れないとか(;´д`)<萎ェェェ↓ こんな里山のスキー場にまで熊さんが出るんですね仕方が無いから諦めました。近所で展望の良い里山はと、しばし考えて八剣山へ変更しました。 CIMG7031.jpg 八剣山トンネルの南側から撮りました、素晴らしいブールスカイに盤の沢山と札幌岳 CIMG7030.jpg ズームで札幌岳 CIMG7029.jpg ズームで盤の沢山、あのトンガリが綺麗ですね、熊さんが寝てから登ります。 CIMG7027.jpg 豊栄山、豊平山 CIMG7032.jpg トンネルを通過して撮りました、岩山って感じ。 CIMG7034.jpg 八剣山果樹園の看板と山 CIMG7038.jpg 盤の沢山 CIMG7039.jpg 札幌岳、そんなに時間は経っていないのに雲が出始める。 CIMG7036.jpg 朝なので駐車場もガラガラです。 CIMG7040.jpg アヒルさんも朝食中です。 CIMG7041.jpg 中央口から出発しました。 CIMG7043.jpg 南口コースとの合流までは、道は、結構急で滑りますので注意してください。 CIMG7044.jpg 尾根への登り、石がゴロゴロしていて歩きにくいです。 CIMG7045.jpg 尾根の端に着きました、ここからアップダウンしながら進んで行きます。 CIMG7052.jpg 岩壁の裏側を進みます、転んだり、滑ったりしないように慎重に進めば問題は無いです。 CIMG7054.jpg ロープ場も有りますが大したことは無いです、登山靴であれば問題なく進めます。 CIMG7056.jpg 高度感は有ります\(^o^)/ CIMG7063.jpg 足元を確認して進めば大丈夫 CIMG7065.jpg ここを越えると山頂です。 CIMG7067.jpg 山頂です(*^^)v CIMG7072.jpg 眺めは、360度、視界が開けて素晴らしいです。 CIMG7069.jpg 烏帽子岳、神威岳、百松沢山、結構、雲が出てきました。 CIMG7061.jpg 後方に無意根山 CIMG7075.jpg 藤野、石山方面 CIMG7064.jpg 豊平川、果樹園が小さく見えます。 CIMG7076.jpg 無事に戻りました、休憩して盤渓山へ向かいました。
スポンサーサイト



盤渓山  604M  9月16日(土)  妙福寺コース 所要3時間

本日のおかわり登山は、11日にカメラを忘れて写真が撮れなかったリベンジと藪刈奉仕で盤渓山にしました。
CIMG6888.jpg 
小林峠を下り、妙福寺の看板の所を左折する。 CIMG7119.jpg 600M位真っ直ぐ走行すると右手に、ばんけい市民の森のゲートがあり、ゲートの近くに駐車した。 CIMG7079.jpg お寺のゲートを通過して、上り坂を真っ直ぐ進む。 CIMG7080.jpg 道は、やがて右にカーブするのだがカーブ地点に登山口がある、ピンクのテープと山火事注意の標識が目印になります。 CIMG7081.jpg 雑草と笹で覆われている登山口、たぶん来る人が少ないので荒れていると思われます。 CIMG7082.jpg 藪でピンクテープが見えにくくルートが解りにくい、コースは、沢へ下り、渡涉して尾根に登りますので沢へまず下って下さい。 CIMG7083.jpg ピンクテープを見つけて、薮をかき分け沢へ降りる。 CIMG7084.jpg 最初の渡涉?泥んこ渡りみたいな感じ。 CIMG7086.jpg 2回目、これは、小さな沢を渡ります、踏み跡が付いているのでそちらに進んでいきます。 CIMG7087.jpg 沢を渡ると尾根への上り坂になりますが、笹薮がなかり濃いです、登り切るまで藪エリアです。 CIMG7088.jpg こんな感じで、藪の薄い所も有りますが全般的には、藪山ですね┐(´-`)┌ CIMG7091.jpg この山火事注意から先が山頂エリアです。ここに来るまでに展望の無い森の中を小さなアップダウンを繰り返し進まなければならず低山ですが山頂が遠く感じます。 CIMG7092.jpg 山頂への登り、土に石が混じります急登では無いです。登りきると左に進みます。 CIMG7093.jpg 石の台座の上にケルンのようなものがあります、昔は、ここに妙福寺の別院が有ったらしいです、周囲をよく見ると石組みみたいなものも残っています、山頂は、このケルンの更に奥になりますのでお間違えの無いようにして下さい。 CIMG7096.jpg 山頂です、藪山ですが山頂部は岩で切り立っていて樹木が少ないので市内方向の展望は良好です(*^^)v CIMG7097.jpg 604M、山頂部だけですが紅葉が始まっていました。 CIMG7101.jpg 崖の紅葉 CIMG7108.jpg かなり切り立っていますからあんまり前に出ると危ないです(゚д゚) CIMG7111.jpg これからが本番でしょうかね、まだ始まったばかりのようです。 CIMG7100.jpg 見た感じでは、藻岩山や三角山等は、まだ緑のままですね。 CIMG7113.jpg 石狩湾、暑寒別岳 CIMG7112.jpg 樺戸三山 CIMG7105.jpg 藻岩山 CIMG7102.jpg 手稲山 CIMG7103.jpg 五天山 CIMG7104.jpg 三角山、大倉山、奥三角山、三菱山、市内方向の展望は申し分無いです\(^o^)/ CIMG7117.jpg 下山の途中、沢へのルートの笹刈りしました(*^^)v CIMG7115.jpg ピンクテープが見つけやすくなったと思います。 CIMG7120.jpg 無事に戻りました。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-