楓沢~932峰 10月4日(水) 紋別橋~932峰~7合目ヒュッテ 所要5時間

天気は、あんまり良くないけど、コケ&紅葉の両方を堪能しようと樽前山に行こうと思っていた。深夜、札幌では強い雨が降り雨音で目が覚め諦め気分でまた眠りに就いた、起床すると雨は止み青空も見えていた予報では雨も降りそうでしたが予定通り出発した。 CIMG7447.jpg 途中、綺麗な恵庭岳の姿に安堵した(*^_^*) CIMG7457.jpg 支笏湖に出ると恵庭岳に虹が架かっていた すぐに消えてしまいました。 CIMG7453.jpg いつもながら美しいです.゚+.(・∀・)゚+. CIMG7462.jpg 今日は、終着点になる7合目ヒュッテに1台車を置いて、出発地点である紋別橋に1台駐車する予定でしたが空きスペースが無くやむ無く大沢橋の林道ゲート前に停めて紋別橋までテコテコ国道を歩きました。 CIMG7461.jpg 国道は2車線しかないので路上駐車は無理です、樽前橋、紋別橋、大沢橋の林道ゲード前に空きが無いときはモーラップキャンプ場か風不死岳北尾根登山口等に駐車して歩くしか手は無いです、国道は、すごいスピードで走行する車が多いので歩行時には注意して下さい。 CIMG7463.jpg 15分位?歩くと紋別橋に着きます。 CIMG7464.jpg 橋の欄干に『楓沢』、このプレートの右からガードレールを越えて沢に降りて上流へと進みます。 CIMG7465.jpg 橋の上からです、砂地で水は無く枯れた沢です、しばらくは森林浴コースって感じです。 CIMG7469.jpg 紅葉を愉しみながらのんびりと進めます、沢の両岸からの倒木が結構ありました。 CIMG7471.jpg しばらく行くとコケロードが始まります。 CIMG7476.jpg 自然の造形美を堪能できますo(^▽^)o CIMG7477.jpg 多分昔は、水が流れていたんですね、水の侵食の痕が随所に見られます。 CIMG7472.jpg コケ CIMG7474.jpg コケ CIMG7475.jpg 一面コケだらけ(;゜0゜) CIMG7479.jpg 天井が崩れて落ちたんですね、こんな感じで崩れた狭い所等のワイルドな所を越えて行きます。 CIMG7481.jpg 最初の大岩崩れの行き止まりの奥にある大きな洞窟です、岩陰あるので諦めずに奥に進まないと発見できませんので、がんばって岩を乗り越えて覗いて見てください大きな洞窟を発見できます!!天井も高く、奥行きもあるので野営やBBQも可能、もちろん雨宿りに最適です。 CIMG7483.jpg 洞窟の中から撮りました。 CIMG7485.jpg さてと、ここが第一の難所で、大岩崩れの行き止まりを迂回するための壁登りのロープ場です、岩場の左の壁の方にピンクテープが付いているので辿って進むとロープ場に着きます。恵庭岳のロープ場みたいに結構急です(°_°) CIMG7486.jpg レディーファーストですから、今日の相方のmanaさんに先行をお譲りしました☆彡 CIMG7487.jpg 最後の部分が中々難しいです、木の根以外に足場が無いのでしばし立ち往生してしまいますね、なんとか踏ん張って乗り越えました。 S__7946268.jpg 余裕を見せるおやじwwww CIMG7488.jpg 上から覗くと、う~ん 急ですね、気軽なハイキングコースでは無いです。 CIMG7489.jpg 大崩の岩場をロープ場を経て迂回するとすぐにまた沢に下り、コケロードが続きます、岩に塞がれていように見えますが岩の隙間を通ったり登ったりして進みます、結構足にきます(疲) CIMG7492.jpg あーち CIMG7491.jpg おやじ CIMG7496.jpg 再び難所、デブなおやじには、木の細さがすごく気に掛かります、ぽきーんって途中で折れたらZZZZZ CIMG7495.jpg 平均台の体操の選手みたいにバランス取りながら進む彼女です中々のチャレンジャーと見受けたりΣ(゚д゚|||) まぁ危ないので僕が先行して先に確保して待ち構えることにしました。 CIMG7497.jpg それなりの高さですし、横の壁に手が届きそうで届かないみたいな結構際どいです、ここでポールを差し出し引っ張り上げる僕|д゚)チラッ なかなかワイルドなコースになっています。 CIMG7507.jpg おふざけする余裕を見せるおやじ(*^^)v CIMG7506.jpg へんてこりんな地層 どうやって出来たんでしょうかね? CIMG7510.jpg ピンクテープが見当たら無くて、迷子になりそうになる事もありました、お互いにココは初めてなので苦労しました。ここは、岩の穴を潜るんですよ。ちなみに僕は狭くて潜れず登りましたWWWW CIMG7511.jpg 紅葉はきれいです。 CIMG7499.jpg なかなか沢地が終わりません、障害物等を迂回するのに上下を繰り返します CIMG7514.jpg わかりにくいけど沢地終了地点の分岐点です、頭を下げたまま進んでいるとピンクテープ見逃すので注意して下さい、左のピンクテープの有る道に進んだ方が無難です。右に通せんぼの木が有るけど普通に気がつかないで進んでしまいます。 CIMG7515.jpg 左の道を進むと道は、明瞭な踏み跡、これなら安心ですね!! CIMG7516.jpg 樹林帯を抜けて視界が開けて、目の前に樽前山が見えたときは、ホッとしましたo(≧ω≦)o CIMG7527.jpg 雨が降ったり止んだりで目まぐるしく変わるお天気、雷もwwww しかし支笏湖には、綺麗な虹!! CIMG7529.jpg 本線に合流しました(*^^)v お天気が良くないので思案の結果、風不死岳は諦めて、932峰~7合目ヒッテを目指すことにしました。 CIMG7547.jpgCIMG7537.jpgCIMG7532.jpg 樽前山 CIMG7530.jpg 風不死岳 CIMG7549.jpg 932峰山頂です、風がとっても冷たくて、雪が、即下山しました。 CIMG7545.jpg 932峰からの樽前山、綺麗ですね。 CIMG7546.jpg 帰路にも見事な虹 CIMG7556.jpg 彼女の特技、下りの高速下山(*゚Q゚*)おやじ全くついて行けず唖然とするのみ!! CIMG7565.jpg 丸山遠見と真っ赤な紅葉 CIMG7571.jpg イチャンコッペ山、紋別岳、モラップ山 CIMG7569.jpg ヒュッテ近くの森は紅葉の盛りでした。 CIMG7574.jpg ヒュッテ到着、いつもは、グダグダになって到着するんだけど彼女のおかげで半分の時間で戻れました。 CIMG7575.jpg 帰路の一枚、冬の雲って感じです。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に去年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-