余市岳 1488M 10月6日(金) 朝里岳パノラマゴンドラコース 所要4時間

9月に登った時は、ガスと雨に見舞われ展望0であった、快晴の日をひたすら待っていたが中々休みと合わずゴンドラ運行終了日10月9日が迫っていた、勤務明けではあるが今日を逃すと来年になってしまいそうなので気合で職場から直行した。15時30分の最終便に遅れると歩いて下山になるので必死で運転してなんとか11時頃のゴンドラに滑り込んだ(*^^)v CIMG7578.jpg 気合のエナジードリンク一気飲みして、いざキロロへ(゚∀。)アヒャ CIMG7580.jpg マウンテンセンターの駐車場へ CIMG7581.jpg マウンテンセンターの左にゴンドラ駅、往復1500円払って速攻乗り込む。 CIMG7582.jpg 雲一つ無い快晴に心がウキウキ\(^o^)/ CIMG7587.jpg 紅葉で山が黄色い!! CIMG7590.jpg 色とりどりです(*^_^*) CIMG7592.jpg 余市岳の山頂 確認~一気にやる気が上がる CIMG7594.jpg 鐘なんかどうでも良かったんだけどまぁ1枚 CIMG7596.jpg 素晴らしい眺め、ちらっと羊蹄山の頭が見えていますけど、わかるかな? CIMG7600.jpg ゴンドラ終着駅を降りると案内板がすぐ見えます。 CIMG7601.jpg ブルドーザーで開いた道っぽい、真ん中が雨で削れて少々歩きにくい所もあります。 CIMG7602.jpg 200M歩くと展望所 CIMG7604.jpg 積丹岳、余別岳 CIMG7599.jpg シリパ岬、古平、美国方面の展望が開けます。 CIMG7606.jpg ニセコの山並みも アンヌプリ登ってみたいですね。 CIMG7609.jpg 千島笹に囲まれた平坦な道を進みます、今日は乾いていましたが、雨が降ると大きな水溜りが出来たりします CIMG7611.jpg 中間地点の案内板 CIMG7610.jpg 1キロを過ぎる辺りから、ちらちらと山頂が見え隠れします。 CIMG7612.jpg この辺りから、展望が徐々に良くなり、山頂の稜線が綺麗に見え始めます。 CIMG7614.jpg 山頂が近くに見えてきます。 CIMG7621.jpg 尾根に沿って踏み跡がはっきりと解る CIMG7622.jpg 烏帽子岳、神威岳、定山渓天狗岳等が見えてくる。 CIMG7615.jpg 無意根山、中岳等 CIMG7624.jpg この標識を過ぎると道は、一旦下って、また登り返して山頂へと近づいて行く。 CIMG7625.jpg 少しドロドロした登りが続く(;_;) CIMG7645.jpg 急登の石がゴロゴロしたガレ場も意外と長い。 CIMG7644.jpg 所々に雪が残っていた。 CIMG7652.jpg 急斜面を登りきるとハイマツの道 CIMG7656.jpg 視界が開けて山頂に到着だと喜んだらニセ山頂でした(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG7662.jpg 羊蹄山と本物の山頂 CIMG7636.jpg 平たくてどこが山頂か全くわからない朝里岳 CIMG7633.jpg 白井岳 CIMG7639.jpg 定山渓天狗岳 CIMG7657.jpg 羊蹄山 CIMG7671.jpg ニセ山頂から300Mで本物の山頂です\(^o^)/ CIMG7665.jpg 1488M 札幌の最高峰です。 CIMG7676.jpg 羊蹄山がはっきり見えました。 CIMG7694.jpg 朝里岳、白井岳 CIMG7658.jpg 尻別岳 CIMG7672.jpg 海もきれいですo(^▽^)o CIMG7692.jpg 絶景でやんす☆彡 CIMG7707.jpg 帰路も蜘蛛の糸のように続いています。 CIMG7712.jpg 帰りのゴンドラに乗る前に1枚 CIMG7772.jpg 無事に戻りました。 CIMG7759.jpg マウンテンセンターの前 CIMG7765.jpg 山頂は紅葉がほぼ終わっていた、山の中腹は紅葉の盛り。 CIMG7766.jpg 鮮やかな色です。 CIMG7760.jpg 見事ですヽ(≧∀≦)ノ
スポンサーサイト
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に去年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-