FC2ブログ

三角点探し 鰊御殿 幸 7月17日(火)所要2時間

6日に探したけど見つからなくて心残りで再度、探しに行きました、大二股山での疲れと、蚊に刺された痒みが有りましたが我慢して出かけてみました(マジでもの好きな僕(-_-;)です) CIMG2858.jpg ➀四等三角点『鰊御殿』からです~日和山灯台に来ました CIMG2857.jpg まずはのんびり写真撮りました~水族館のプール CIMG2856.jpg いましたよ!!連休で仕事し過ぎて疲れたのかな?寝ていましたzzzzzz CIMG2861.jpg のんきに灯台見てる場合じゃないんだけどね CIMG2871.jpg 丁度このあたりの藪の中に有るはずなんですがね CIMG2873.jpg 草刈りまくり、土も掘り返し、1時間以上かかりやっとこ見つけました☆.。.:*・ CIMG2863.jpg 場所は、Hさんがアプリで一生懸命に探してくれていた所でした、三角点の頭が地面から露出して設置されていないタイプで有った為に土に埋没して見つからなかったものです|ω・`) CIMG2864.jpg 四等三角点『鰊御殿』37.29M CIMG2865.jpg たぶん激レアものてす(*^^)v CIMG2866.jpg 赤い屋根が鰊御殿です~見つかってほっとしました、Hさんご協力ありがとさんでした☆彡 CIMG2876.jpg ➁四等三角点『幸』です~赤岩からオタモイ唐門へ抜ける途中の幸小学校の近くです、この土手の上です CIMG2877.jpg 三角点の標識~これ見た時は、楽勝だと思ったんだけど結局、見つからなかったんです~後ろに塩谷丸山 CIMG2878.jpg ここも三角点、土に埋没した形で設置されていました CIMG2879.jpg 掘り返して見つけました\(^o^)/ CIMG2880.jpg 四等三角点『幸』130.23M CIMG2881.jpg 三角点、確認しました(*^^)v~埋没タイプは、厄介ですね~まぁ見つかったからヨシですね~オタモイへ移動します☆.。.:*・
スポンサーサイト



オタモイ山 209M 初登頂 7月17日(火)神社コース&藪こぎ 所要2時間

三角点も有り、藪山みたいですが登れそうなので行ってみました、祝津から高島を経由して5号線に出て、オタモイの信号機を過ぎて三菱自動車を過ぎて2本目を右折して後は、行き止まりまで進むと登山口です、オタモイ3丁目20ー7です。 CIMG2882.jpg 行き止まりが登山口です~スロープを登って行きます~行き止まりなので住宅も疎らなので近くに車は置けます CIMG2883.jpg 登山口からオタモイ山~見るからに藪山ですね┐(´-`)┌ CIMG2884.jpg 踏み跡は、明瞭です CIMG2885.jpg 尾根に出ると建物が有りました CIMG2886.jpg 地蔵堂でした CIMG2887.jpg 海が綺麗です~眺めは、良いです CIMG2891.jpg 山頂方向 CIMG2892.jpg 崖の近くにも地蔵堂~海側は、断崖ですから注意して下さい。 CIMG2889.jpg 目もくらむ高さです~海の眺めが良いです(*^^)v CIMG2890.jpg 増毛の方まで見渡せます CIMG2893.jpg 塩谷丸山 CIMG2894.jpg 藪こぎ無いです~☆ミ CIMG2896.jpg 石段です CIMG2897.jpg 登りきると、鳥居の残骸みたいの有りました、老朽化して破損したのかな? CIMG2899.jpg 石碑も有りました~英語でも刻まれていました CIMG2900.jpg 石碑の後ろに刈り分け道が有りました CIMG2901.jpg 登っていくと CIMG2902.jpg 社かな?まぁ先へ進みます CIMG2912.jpg ここらへんから道が荒れてきます|ω・`) CIMG2911.jpg 刈り倒して進みます~アンテナ塔? CIMG2909.jpg 小樽天狗山 CIMG2914.jpg アンテナ~山頂の三角点までは、藪こぎでした○| ̄|_ CIMG2913.jpg 平らな山頂をかき分けかき分けしたら有りました三角点 CIMG2915.jpg 笹刈りして整備しました\(^o^)/ CIMG2916.jpg 四等三角点『オタモイ』209.45M CIMG2917.jpg 激レア三角点!!確認しました(*^^)v~三角点まで超荒刈りしました CIMG2903.jpg 崖の上の藪刈りして排除して展望スペース作りました~素晴らしい眺めです~観光クルーズ船? CIMG2904.jpg 火災で焼失して無くなった龍宮閣の土台のコンクリートです CIMG2910.jpg 遊歩道やトンネルが見えます~かっては、あそこを通って行けたんですが通行止めにw CIMG2922.jpg ギリギリ踏ん張って覗き込んで撮りました~昔は遊歩道から行けたオタモイ地蔵です CIMG2923.jpg 海は、綺麗だけど、建物は、荒れ果てていますね CIMG2921.jpg 山中海岸~赤岩山~下赤岩山 CIMG2908.jpg 日が当たると色が変わって綺麗ですね☆.。.:*・思いがけない展望を堪能できました、札幌から近いし、30分有れば帰って来れるし、低山だけど綺麗な海とかを楽しめる山です(*^^)v

環状列石(ストーンサークル)3連チャン『忍路』『地鎮山』50M『西崎山』70M 7月17日(火)所要2時間

考古学に心酔している理由ではないが、小樽エリアには、札幌には無い古代の人々の営みを知る手がかりとなる遺跡が多く存在している、『手宮洞窟』『フゴッペ洞窟』『大谷地貝塚』そして『忍路』『地鎮山』『西崎山』の環状列石等である、今日は、環状列石3箇所を巡ってみました。オタモイから5号線に進み、塩谷から山側に入り、小樽フルーツ街道(北後志東部広域農道)を走行します、この道沿いに環状列石が点在します。この道、国道が混んでいる時に良く使っていましたが、道路やトンネルが整備されて渋滞が無くなったので、暫くぶりに走りました~果樹園巡りをしつつ仁木町然別まで行けるんですよね(゚д゚)ウマー CIMG2934.jpg フルーツ街道の高台から~国道、塩谷港、塩谷立岩、窓岩 CIMG2935.jpg ➀『忍路環状列石』忍路に入ると標識がありました CIMG2936.jpg 案内標識に従って進みます CIMG2938.jpg 有りました、小さな公園みたいな広さです CIMG2937.jpg 縄文時代のものなんですね~墓地なんですね葬儀が行われたんだ~ここは太古から人が住んでいたんですね CIMG2942.jpg 確かにぐるーりと囲むように石が円形に配置されていました CIMG2940.jpg ちょっと大きめの石もありました~確かにサークルですよね CIMG2943.jpg 船取山です、すぐ近くに有ります三角点も有るので迷いましたが、道なき藪山です、これ以上、蚊に刺されるとヤバイので今日は、眺めるだけにしました~近いのでもしかしたら新しい遺物が有ったりしてね☆ミ CIMG2946.jpg ➁『地鎮山環状列石』50M 忍路から車で5分もかからない所に有ります~道の左に標識あります CIMG2947.jpg 農道みたいな所を登って行きます~当然、山登りなので歩きました☆ミ CIMG2948.jpg ここから山の斜面に整備された道を登って行きますと山頂に有ります CIMG2949.jpg 整備された道 CIMG2950.jpg 山頂の案内書き~ここも縄文時代なんですね~みんなほぼ同じ時期の遺物なんですね~ここらは、人が沢山住んでいて集落が点在していたのかな?~近所を探検したらまだなんか見つかるかもよ!! CIMG2952.jpg 石は、少し少な目ですが墓穴が見つかっているんですね CIMG2953.jpg 墓穴 CIMG2955.jpg 藪山で展望は無いです~道路から余市方面の山 CIMG2968.jpg ➂『西崎山環状列石』70M~フゴッペに有ります~西崎山トンネルを抜けるとすぐに標識有ります。西崎山トンネルを抜けると直ぐに入口が有ります~看板の近くに2台位、置けます。 CIMG2956.jpg 案内に沿って進みます~登山ですから歩きます CIMG2958.jpg 広い駐車場が有りました~仕方ないので戻って車ここまで持ってきました CIMG2957.jpg 山頂までは、階段です CIMG2959.jpg わずか100段位でしたが、息が上がってしまいました(=∀=) CIMG2961.jpg 整備された道 CIMG2960.jpg 説明書き CIMG2963.jpg まだ新しそうです CIMG2962.jpg 他の2つとは少し雰囲気が異なる気がしました CIMG2966.jpg 枯山水みたいな感じ CIMG2965.jpg ここは、笹刈りされた展望スペースみたいの有りました~尻場岬 CIMG2964.jpg 忍路竜ヶ崎~まだ時間は有りましたが、蚊に刺されて手や首が痒いので帰宅しました。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-