FC2ブログ

伏見台 146M 初登頂8月20日(月)散策路コース 10分

帰る途中に雨が止みました、丁度、由仁町のローソンの近くを走行していたので立ち寄ってみました。ユンニの湯のお隣の小高い丘で公園にもなっています、長沼スキー場で三角点探しも考えましたがびしょ濡れの藪こぎでは洒落にもならないのでやめました。 CIMG3899_2018082019380083e.jpg 道道3号沿いに伏見台公園、ユンニの湯、ゆにガーデンの案内標識が有るので解ると思います、公園の広い駐車場に駐車しました。 CIMG3914_201808201938129bb.jpg 駐車場から道路を挟んで向かいに伏見台が有ります~電柱の後ろが伏見台です。 CIMG3900_201808201938017bb.jpg 休憩所の左に散策路の入口が有ります。 CIMG3901_20180820193801791.jpg 綺麗に整備された散策路です~桜の木が沢山有りました、桜の名所としても知られているようです。 CIMG3902_20180820193802d1a.jpg 道なりに10分位で頂上に着きます。 CIMG3903.jpg 頂上には、石碑が有ります。 CIMG3904_20180820193805527.jpg 『聖上御統監之地』と書かれています~ぱっと見、意味不明ですよね僕も解りませんでした。 CIMG3905_20180820193806b85.jpg 由緒書き~どれどれ~昭和11年、昭和天皇が陸軍特別大演習をこの伏見台の頂上から御統監された事を記念して建てられた碑なんですね!!~戦前の話ですので、当時の憲法では、天皇が旧帝国陸海軍の最高責任者でした~今では、考えられませんけど当時は、神格化され恐れ多い存在として崇拝されていました。戦前の天皇陛下の行幸では、北海道の各地に記念碑や記念の木や地名等が多く残っています~札幌市内の『行啓通り』は大正天皇がお通りになった時に命名された由緒ある通りなんです、山鼻小学校の柏の木~明治天皇が視察に来た際に柏の木を見て、なんの木?とお尋ねになったと~当時、天皇が国民に話しかけることは異例で、天皇陛下のお声掛かりの柏の木として今でも大切に育てられています。 CIMG3908_20180820193808fd5.jpg 記念碑の脇にひっそりと三角点☆彡 CIMG3909.jpg 三等三角点『由仁』146.27M CIMG3911_20180820193812b51.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG3913_20180820193814517.jpg 由仁の市街地が一望できますし、栗山町や夕張山地も見渡せます~夕張岳も見えるらしいです~ちなみにこの高台は、馬追丘陵の一部だそうです~なるほどなぁ☆.。.:*・
スポンサーサイト



坊主山 167M 初登頂8月19日(日)農道コース&藪こぎ 所要1時間30分

今日の2座目は、継立山の近所の坊主山~『坊主山』って名前の山も結構あるようなので調べて登ってみようと思う。 CIMG3897_20180819184339bcd.jpg 一旦、継立の市街地に戻り、JA継立から山側へ曲がって道なりに進み、坂道を上りきり、そこから農業用の作業道みたい道を使って尾根を目指しました、道道749号側も見て回りましたが駐車スペースが無いので諦めて、山の裏側の道からアプローチしました。 CIMG3892_20180819184342239.jpg 継立第三公民館の近くから坊主山~道なりに上がっていくと山の横に出ます CIMG3895.jpg 継立山 CIMG3889.jpg 序盤は、少しだけ舗装道路~雨が降り出しました(T_T) CIMG3888_20180820034435465.jpg 土の道に変わり緩やかに登って行きます急登は無いです。 CIMG3863_20180820034440b15.jpg 畑の横を進みます、山頂が見えます。 CIMG3886_20180820034436908.jpg 広場みたいな分岐を左折(山側)します。 CIMG3883.jpg 道幅が狭くなります~ゆるゆると登って行くと小高い丘みたいな山頂が見えてきます。 CIMG3867_20180820034442b86.jpg 適当に丘みたいな山頂に取り付きます。 CIMG3868.jpg 頂上付近に多少、濃い藪まぁ大したことは無いです。 CIMG3869_20180820034445fd1.jpg 倒木の陰に隠れていました!! CIMG3879_2018082003445418e.jpg 笹刈り整備しました。 CIMG3870_201808200344463f2.jpg 倒木は大きいので、そのままです。 CIMG3872.jpg 三角点の標識 CIMG3871_20180820034448475.jpg 山頂標識~これも比較的に新しそうでした~誰か登った人居ますね~もの好きな人いるんだな。 CIMG3875.jpg 二等三角点『坊主山』167.49M CIMG3878_201808200344522a0.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG3880.jpg 展望は、雨のため、真っ白けで無し○| ̄|_ CIMG3890.jpg かなり濡れつつ戻りました。

継立山 175M 初登頂 8月19日(日)二股公園コース&藪こぎ 所要2時間

最近は、浦臼へ行ってからずっーと空知方面へ通っている、結構、凝り性なのかも知れないです僕☆ミ今日も由仁町、栗山町の未踏の山を歩いてみた。天気も良くないので、1時間位で行けるのが魅力の長沼、由仁、栗山です~当然、三角点の有る未踏の山を優先します。 CIMG3817_20180819171401759.jpg 道道3号を長沼町~由仁町~栗山へ入る、このまま更に直進すると夕張に至ります、生憎の天気でしたが晴れていれば冷水山、夕張岳等も見えます。 CIMG3814_201808191714012c4.jpg 継立の信号機を過ぎて、更に進むと公園の案内板が有るので解ると思います、広い駐車場と綺麗なトイレが使えますのでここに駐車しました。 CIMG3816_20180819171403037.jpg とても綺麗なトイレです☆.。.:*・ CIMG3859_2018081917140605b.jpg 夕張方向へ進みます、バス停を通過します、ここからも尾根に取り付けますが薮が酷いのでパスしました。 CIMG3860.jpg バス停を通過して直ぐにゲートが有ります。 CIMG3860.jpg クレー射撃場へ通じている道です。 CIMG3861.jpg 歩き易い道ですので入口から300M位まで使わせて貰いました、射撃場は、立ち入り禁止です。 CIMG3821.jpg 適当に藪の薄い所から左の斜面に取り付きました。 CIMG3822_20180819175042b81.jpg 尾根に上がるまでは、少し藪の濃い所も有りましたが距離が短いです☆ミ CIMG3825.jpg 尾根に上がると藪は、それ程でもなく奥に山頂が見えました。 CIMG3826_20180819175045428.jpg 山頂の手前は、薮が濃かったです┐(´-`)┌ CIMG3827_2018081917504628b.jpg 直登して、最後の笹薮を掻き分けたら偶然にも山頂&三角点でしたキタ━(゚∀゚)━! CIMG3828_20180819180238278.jpg 藪山なので時間がかかると思っていましたが幸運でしたo(^▽^)oそれに、笹刈りもされていました、手作業では無く笹刈り機で処理されていました。 CIMG3829.jpg 新しそうな標識まで付いていました~こんな目立たない低山にわざわざ笹刈り機を持ち込んで来る人が居るんですねビックリ仰天です~マニアックな人は、僕だけでは無いらしいです☆彡 CIMG3835.jpg 綺麗に刈り取られて道も付いていましたので、刈り取られた道なりに下へ進んでみました。 CIMG3849_201808191812497d4.jpg しばらく下っていくと、林道みたいな道に繋がっていました、林道は、お向かいの坊主山の方へ伸びているようでした。ミラーの左に見えているのが坊主山です。 CIMG3842.jpg 三角点、整備しました。 CIMG3837.jpg 四等三角点『継立山』175.33M CIMG3839.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG3830_20180819182251365.jpg 今にも雨が降りそうで曇っていましたが意外にも展望が良いんです~馬追山の左後方に支笏湖の山々~由仁町~継立の市街地まで一望できます~曇りなのが残念です(;д;) CIMG3832_201808191822545ea.jpg 紋別岳~イチャンコッペ山~恵庭岳 CIMG3834_201808191822556dc.jpg 樽前山~風不死岳 CIMG3846_201808191822583f6.jpg 正面やや左が坊主山の山頂です。 CIMG3862_20180819183253038.jpg 無事に駐車場へ戻りました。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-