FC2ブログ

坊主山(三笠市)167M 初登頂5月13日(日) 刈り分け道&藪こぎ 所要1時間30分

冬に登るのが一般的な藪山ですが,三角点もあるので雪が解けるのを待っていたのだった☆彡 これまでに坊主山(栗山町)、坊主山(当別町)、そして坊主山(三笠市)と坊主山と名の付く山を3つ登ったが他にも坊主山は有るので今後も探し出して登ってみたいです☆.。.:*・ CIMG1158_20190513220333eef.jpg 道道30号側から坊主山 CIMG1161_2019051322033534a.jpg 一の沢水源池の看板の所から山の方へ入っていく。 CIMG1202_20190513220337791.jpg 採石場と牧場の敷地の中間に入口が有る、壁みたいな土手が無くなった所から入って行く。 CIMG1163_20190513220338deb.jpg 入口の様子、刈り分け道っぽい道が有る。 CIMG1164.jpg 右に土手が有るのでこの土手に上がります、ピンクテープ取り付けて進みました☆彡 CIMG1167_20190514061751fb1.jpg 土手の上は、薮も無く、容易に進めました☆彡 CIMG1169.jpg 土手の上を緩やかに登って行きます。 CIMG1170_20190514061754261.jpg 崖を左から巻きます。 CIMG1172_201905140617563c8.jpg 足場の良くない、やや急な斜面を登る。 CIMG1176_20190514061757f66.jpg 緩やかな斜面に変わり、上に登って行くだけです。 CIMG1194.jpg 登り詰めると、ピンクテープが沢山付いていたから山頂???かと思ったら、尾根の頭だった|д゚)チラッ CIMG1195.jpg ここからは、藪漕ぎの尾根道を進みます。 CIMG1180_201905140632020e9.jpg 薮は、高さや太さ硬さもそれ程でも無く、容易に前進が出来ました(*^^)v いつもこんな感じの笹薮だと僕の山歩きも楽チンなんですけどね、太い、硬い、高いの三拍子が揃うと地獄道となります(T_T) CIMG1182_20190514063204dd0.jpg 小高い所に来たと思ったら山頂でした☆彡 CIMG1181_20190514063205c02.jpg 薮が薄く容易に三角点を発見できました。 CIMG1183_201905140632070fd.jpg 笹刈りし整備しました。 CIMG1185_201905140644251df.jpg 三等三角点 「坊主山」161.18M CIMG1189_20190514064426115.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG1198_20190514064427367.jpg 山頂は、木が多く展望は良くないですので途中の尾根などから楽しめます~夕張方面の眺め CIMG1196.jpg 札幌方面の眺め CIMG1203_20190514065117d10.jpg 戻りました☆彡
スポンサーサイト



達布山 143M 5月13日(月)散策路コース 所要1時間

素晴らしいお天気です☆.。.:*・勿体無いから去年登ったけど、曇り空で絶景を確認出来なかった達布山へリベンジしてみました、坊主山から車で10分程度で移動できます、低山ですが眺めの良い山ですからオススメです☆.。.:*・
CIMG1204.jpg
三笠側の標識 CIMG1205_2019051319351226f.jpg 標識の近くから達布山 CIMG1206.jpg 山頂のオリンピックの聖火のトーチみたいな形の展望台から眺めが素晴らしいです☆.。.:*・ CIMG1281_201905131935131f3.jpg 美唄側の標識、どちら側からでも登れますが去年は、三笠側から登ったので今日は、美唄側から登りました。 CIMG1209_20190513193515126.jpg 美唄側から見た山頂 CIMG1211_20190513194617644.jpg 散策路の入口の脇に退避帯があり駐車出来ました。 CIMG1212.jpg 舗装道路を進みます、車でも行けます、まぁ歩かないと運動にならないので当然、歩きます。 CIMG1214_20190513194620cf6.jpg ぶどう畑の後ろには、綺麗な樺戸連山~神居尻山、ピンネシリ、隈根尻山、浦臼山等 CIMG1215_20190513194621721.jpg まだ桜が残っていました☆彡 CIMG1217_201905131946234ed.jpg 綺麗です☆彡 CIMG1275.jpg 車道を歩いてもつまらないし、薮もないですから、ここから直登しました。 CIMG1221_20190513194626d80.jpg 歩きやすい斜面 CIMG1218_20190513194627c21.jpg 展望台が見えてきました。 CIMG1263_2019051319462924b.jpg やや急ですが乗り越えると CIMG1223_2019051319463250d.jpg 階段が有り、階段を数段すすむと山頂です。 CIMG1225.jpg 三笠ジオパークの案内板 CIMG1226.jpg 判りやすく書かれています CIMG1231_20190513194639008.jpg 展望台の出入り口の前に三角点が有ります。 CIMG1228.jpg 二等三角点ですが由緒書き、オブジェも凝っています。 CIMG1229_20190513194638f83.jpg 由緒書き~明治44年?~今から108年前に設置かぁ、旧いんだね。 CIMG1238_20190513203342a83.jpg 台座の上に青い綺麗なタイルのオブジェ、真ん中に三角点、中々凝っています☆彡 CIMG1235_2019051320334389c.jpg 色が綺麗です☆.。.:*・ CIMG1234_20190513203345da1.jpg 二等三角点 「太峰山」143.69M CIMG1239.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG1233.jpg いよいよ展望台に登りますよ☆彡 CIMG1262.jpg 螺旋階段を登ります、鉄骨製ですが結構、揺れますwwwww上まで登ると15Mあるそうです。 CIMG1242.jpg ちゃんと真ん中に避雷針が有ります~展望は、素晴らしいです☆.。.:*・ CIMG1244.jpg 三笠市街地方面 CIMG1254_2019051321130778b.jpg カッコいいなぁ~芦別岳☆.。.:*・ CIMG1253_20190513211309e0f.jpg ちょこんと頭だけ、夕張岳~たぶん!! CIMG1245_201905132113052d6.jpg さっき登ってきた坊主山 CIMG1247_20190513211859756.jpg 支笏湖、札幌、小樽方面まで見えます☆.。.:*・ CIMG1248.jpg 樽前山、風不死岳、恵庭岳等 CIMG1249_2019051321190375e.jpg 無意根山等 CIMG1250_20190513211902b9c.jpg 余市岳、朝里岳等 CIMG1257_20190513212406025.jpg 阿蘇岩山 CIMG1269_2019051321254816e.jpg 樺戸の綺麗な山並み CIMG1266_201905132125499aa.jpg 隈根尻山、樺戸山~未踏なんで、なんとかしたいけどなぁ☆彡廃道とか(泣) CIMG1220_20190513213040c69.jpg 下山も素晴らしい景色☆彡 CIMG1278.jpg 戻りました。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-