FC2ブログ

盤渓山 604M 5月18日(土)妙福寺コース 所要3時間

またまた、勤務明けの良い天気の日になってしまった。今日は、もしかすると夏日になる予報~そろそろ暑さにも対応しなければならない時期になり、暑さにも慣れないといけないので出かけてみました。 CIMG1284.jpg 道道82号~盤渓北ノ沢トンネルを通過して、旧道を少し戻ると「妙福寺」の案内板が目に入る。今日は、ここから小道を入って、盤渓市民の森の登山口に車を置いて、盤渓山を目指します☆彡 CIMG1287_201905210956181d0.jpg 道なりに進むと、ばんけい市民の森の入口となるゲートが有ります、三菱山へ登れます~ここのゲートの前とお寺のゲートの周辺に10台位の駐車スペースが有ります☆彡 CIMG1288_20190521095619726.jpg 小さな橋を渡ると妙福寺のゲートが有り、ここからテクテク歩きます、車で奥に行けますがお寺に用は無いので歩いたほうが無難です。 CIMG1290_20190521095620511.jpg 舗装された坂道を真っ直ぐに登って行きます。 CIMG1334_20190521095624763.jpg 道がカーブする所に火の用心の看板が有り、数本、木の杭が有ります、ここからが本格的な登山道になります CIMG1335_2019052109562585d.jpg 杭にテープ巻きました☆彡以降~整備しつつ進みました☆彡 ここも2年位はご無沙汰していた山、雪のある時期に来るのが多い山ですが夏場も登れる山です。 CIMG1337.jpg この杭の有る所から少し舗装道路をお寺の方へ進むと、山頂が見えます☆彡 CIMG1292_201905210956238c8.jpg 踏み跡は明瞭で笹の被りも軽微でした、まずは、下の沢まで下って行きます。 CIMG1296_20190521101607be1.jpg 沢を渡ります。 CIMG1297_20190521101609c00.jpg 沢からの登り返し、少し笹かぶりしていたので処理しました☆彡 CIMG1298_20190521101610955.jpg コースは、森の中をアップダウンしつつ山頂まで登って行きます。 CIMG1301_201905211020470f8.jpg 途中の展望は、森の中なんで殆ど無いです~木の間から三菱山 CIMG1302.jpg 妙福寺の参道の跡???灯篭の土台? 数箇所に有ります。 CIMG1305_201905211020500ff.jpg 山頂部は岩なんで山頂直下は、石が目立ってきます、急登は無いです。 CIMG1307_2019052110274604f.jpg 登り詰めると石組みの土台とケルンのような物が有ります、昔は、ここに妙福寺の奥の院が有ったようです。 CIMG1308.jpg ケルンから更に奥に進むと山頂標識が有ります☆彡 CIMG1310_2019052110351424c.jpg 盤渓山604Mの山頂です\(^o^)/~三角点は無いですが札幌市内方面の展望は素晴らしい山です☆彡 CIMG1311_2019052110402857d.jpg 藻岩山、市街地 CIMG1313_2019052110403150b.jpg 三角山、大倉山、三菱山等 CIMG1312_20190521104029497.jpg 手稲山、五天山、三角山、三菱山等 CIMG1315.jpg 手稲山西峰、主峰 CIMG1318_201905211040348da.jpg ネオパラ山、手稲峰 CIMG1327.jpg 藻岩山 CIMG1330.jpg 発寒、石狩新港方面 CIMG1329.jpg 砥石山~砥石山方面の展望は、木が邪魔してほぼ見えないのが残念ですね。 CIMG1338.jpg ケートまで戻り、終了です☆.。.:*・
スポンサーサイト



プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-