FC2ブログ

モイレ山 65M 初登頂8月30日(金)明治神社コース 所要1時間30分

朝から曇り気味で、手稲山にも雲が掛かっていたので今日もヨロシクない無い天気だなっと判断して未踏の藪山へと、まぁ海が見たかったので余市町に来てみました☆彡 余市川の河口にあるお饅頭みたいなモイレ山 CIMG4660_20190831083233eb0.jpg 海がすぐなんで、今日は、海抜ゼロM登山にしましたw まぁすぐ近くだから自慢話には成らないですけどね一応は海抜ゼロM登山と云う事で、コースは、余市川河口の砂浜~大川橋~明治神社~山頂です。 CIMG4667_201908310832344d4.jpg 車は、川の土手に駐車、後ろの橋が余市川に架かる大川橋です。 CIMG4668_2019083108323695a.jpg 大川橋を渡ります CIMG4671_20190831083237e10.jpg 雑草で隠れていたプレート CIMG4670_20190831084243c7a.jpg 橋から海側を撮りました、時々、魚がバシャ~ンと跳ねるので、暫く注視すると、正体は、秋サケでした、そうなんですよね8月の半ば位からやって来ますからね、秋ですよね。写真に収めようとしましたがハシリですから警戒心が強いのかすぐに散ってしまい撮れませんでした。 CIMG4672_201908310853527f5.jpg 橋を渡って少し進むと明治神社 CIMG4673_20190831085354398.jpg 石段(汗&息切れw) CIMG4675_20190831085356522.jpg 本殿 CIMG4676_20190831085357225.jpg まず本殿隣の社務所の左に刈り分け道が有りましたので、まず、そっちから CIMG4677_20190831085358afc.jpg 綺麗に草刈りされていたので、これは楽勝かと思ったら CIMG4680_20190831085400a77.jpg 猛烈な藪で撤退┐(´-`)┌ 前途多難な予感(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG4678_20190831090502d13.jpg 本殿の右に使われていないと思われる、雑草に覆われた石段を上って行く、まだ、藪漕ぎよりはマシ!! CIMG4679_20190831090503ae1.jpg 崩れている所もw CIMG4681_201908310905066ed.jpg 登り詰めると旧い手入れのされていない石碑が有りました。 CIMG4689_201908310910587f9.jpg ここからは、藪と格闘戦です、ピンクテープ取り付け、荒刈りしつつ前進しました。 CIMG4688.jpg 尾根への登り CIMG4682_20190831091101d33.jpg 尾根の上も藪だらけw 藪蚊が五月蠅い!! CIMG4683_201908310918323e8.jpg 平らな山頂で時間を要したが根性で発見☆彡 CIMG4684_20190831091833612.jpg 笹刈りしました。 CIMG4685_20190831091834da2.jpg 三等三角点「最寄」65.43M CIMG4687_20190831091836ead.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG4691_201908310918370be.jpg 帰路は、橋の上流側の車線を歩きました~清流、余市川と云えば鮎ですよね、昔、僕が幼少の頃は、まだ豊平川でも鮎が獲れていましたけど今は残念だけど居ません。鮎は、川苔を食べますので清流にしか住んでいませんし本州の暖かい川がメインですから、北海道でも南西部の川に限定されていますので余市川が北限です~そう云えば、ニッカウヰスキーの創業者の竹鶴政孝さんも好んで鮎釣りをされたとか。酒創りには、水は欠かせませんからね、余市町の水と気候がスコッチの故郷のスコットランドの風土に似ていたので余市町に白羽の矢を立てたと云う事らしいです☆彡 CIMG4692.jpg 薄暗い藪の中から出てきたら、なんとまぁ世界は、晴れ渡っていました(°_°)~項伯山 CIMG4698_201908310918400cd.jpg 手前の低い丘みたいのが次に向かう蒔田山 CIMG4696_20190831094403aed.jpg 余市岳も見えちゃってました┐(´-`)┌ CIMG4702_201908310944046b2.jpg 鮎も良いけど、もう一つ桜もね☆彡 河川敷に桜並木、ニッカウヰスキーの工場のある辺りは、他の施設とのアクセスも良いので人気が高いです。余市橋~田川橋まで桜並木です、右岸と左岸の両方に有ります。 CIMG4701_201908310944050ea.jpg テクテク歩いて戻りました☆彡
スポンサーサイト



蒔田山110M~余市ジャンプ台 初登頂 8月30日(金)果樹園作業道コース 所要1時間30分

美園町にある藪山ですが三角点も有り、余市ジャンプ台もあり面白そうなんで登ってみました。南、西側の斜面は、びっしり果樹園です、正規の登山道は、無いです。なるべく私有地は避けたいですが道は、果樹園の作業道みたいな感じでした(°_°) CIMG4757.jpg 美園町の平川ワイナリーから、後ろの山が蒔田山です。 CIMG4704.jpg アンテナの手前を右に入りました、左は、リンゴ園でした。 CIMG4705_20190830222448e2d.jpg いっぱ~い!! CIMG4706_20190830222449659.jpg 食べごろですね☆彡 CIMG4715_20190830224447818.jpg 丘陵地帯なんで眺めが良いです。 CIMG4710_2019083106332665b.jpg 奥に余市岳 CIMG4717_20190830224445d46.jpg 送電線鉄塔を過ぎて左に入りました。 CIMG4718_20190830224441236.jpg 農作業用の道路って感じの道 CIMG4720.jpg 周りは、ブドウ畑でした、私有地ですよねw 作業していた人に声を掛けて通行しました。 CIMG4723_2019083106411260d.jpg 暫くは、ブドウ畑の中を進みます。 CIMG4725_20190831064321706.jpg やっとブドウ畑の奥に山頂が見えて来る。 CIMG4726_20190831064557dff.jpg ブドウ畑を通過して安堵する、ブドウ泥棒にでも間違われたら大変ですからね!!やっと登山道ぽい道になる CIMG4728_201908310650187df.jpg 山頂直下は少々、藪が被さっていました。 CIMG4729_20190831065753395.jpg 怯まず進むと山頂のアンテナが見えました☆彡 CIMG4731_201908310656266e0.jpg 最初のは、NHKの中継所 CIMG4732_20190831065627e58.jpg 更に少し奥に進むともう一つ有ります。 CIMG4733_201908310656295ed.jpg こちらは、民放の中継所 CIMG4740_20190831065630f4e.jpg で、三角点は???と云うと民放の中継所の裏側の猛烈に濃い竹藪の中でしたΣ(゚д゚|||) CIMG4735_20190831065632def.jpg 藪蚊の猛攻に晒されつつなんとか見つけました☆彡 CIMG4736_20190831065633843.jpg 笹刈りしました。 CIMG4737_2019083106563559b.jpg 四等三角点「蒔田山」110.28M CIMG4738_201908310656368b4.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG4747.jpg 山頂からの展望は、良くないです。 CIMG4743_20190831071226ce3.jpg 藪をかき分けてベストショット☆彡 モイレ山、大川橋、忍路竜ヶ岬、赤岩山、塩谷丸山 CIMG4744.jpg ひょっこりひょうたん島みたいな形のモイレ山、三角点は、右のコブに有ります。 CIMG4746_20190831071229bc2.jpg 塩谷丸山~尾根伝いにジャンプ台に行こうとしましたが凄い藪で断念しました。 CIMG4758.jpg 一度下山して、町道からジャンプ台へ、小さな山ですから車ですぐです。 CIMG4761_20190831072057bad.jpg 左が竹鶴シャンツェ50M級 右が笠谷シャンツェ30M級です~竹鶴???そうなんです!!NHKの朝ドラのマッサンのニッカウヰスキーの創業者の竹鶴政孝さんです、竹鶴さんは、地域スポーツ振興にも熱心で旧余市中学校(現 北海道余市紅志高校)の校長に頼まれて私費を投じてジャンプ台を作ったのが始まりでした、笠谷幸雄さん、舟木和義さんらのゴールドメダリストを輩出しました☆彡 CIMG4763_20190831072059431.jpg 立ち入り禁止とか書いてないし、カギやロープも無かったから登りました!(^^)! 高いとこ好きですからね、まぁこれでも一応は、山男なんで。リフトの作業用の階段から登ってみました。 CIMG4766_20190831075304e7f.jpg 50M級とは云え、高いですよ(°_°) 大倉山とかだったらヤバイですねwwww CIMG4769.jpg 正面に湯内岳、登りたいけど平らでどこが山頂か分からない悩ましい山、平らな山頂の山は、GPSが無い僕の天敵なんです。 CIMG4762_20190831074051ad3.jpg 北海道余市紅志高校と円山 CIMG4774_20190831075303072.jpg 帰路は、転ばないようにジャンプ台の階段を降りました。 CIMG4770.jpg 途中、笠谷シャンツェ30M級にも立ち寄りました~草がボーボーでした。 CIMG4775.jpg 無事に着地しました(*^_^*) CIMG4777.jpg お昼は、浜中モイレ海水浴場の砂浜でゴロゴロしてのんびり~海水浴シーズンが終わると閑散として誰もいないので独り占めできます、セイコーマート余市浜中店の前浜です。 CIMG4782_20190831080308f4b.jpg 眺めも良いので癒されます☆彡 釣り竿持ってくれば良かったなぁ、寝っ転がってまったり釣りも良いね。

余市円山 91M 初登頂 8月30日(金) 遊歩道コース 所要1時間30分

昼休憩を挟んで、午後の部は、沢町にある円山です、公園になっています、三角点が無いのはちと残念ですが展望台が有るので眺めが良いかもと期待していました~それと円山コレクションこれで3座目なんで外せなかったです☆彡札幌の円山、石狩月形の円山そして余市円山まぁ他にもあるんだけど行けてないです、丸山~こちらもコレクションしてるんですが、この丸山は沢山あるんですよね☆彡 CIMG4762.jpg 余市ジャンプ台から、手前に北海道余市紅志高校、正面のお饅頭みたいな山が余市円山です。 CIMG4784_201908302011560b9.jpg 北海道余市紅志高校の近くに交差点があり、山の方へ道が伸びています、適当なスペースを見つけて駐車して歩きました。ちなみに車でも展望台の手前の駐車場まで行けます。 CIMG4788_2019083020115863e.jpg 坂道を上がって行くと、後方に先ほど登った余市ジャンプ台が見えて来ます、右のコブがアンテナと三角点が有る山頂です。 CIMG4786_20190830201157eeb.jpg ジャンプ台のランディングバーンに竹鶴って書いてあるんだけど分かるかな? CIMG4792_20190830201200f01.jpg すっかりお天気が回復して、予想外に晴れ、晴れ、晴れになって(°_°)~奥に霞んでいるけど羊蹄山までが見えたりしてました~こんな事なら普通の絶景の拝めそうな山に行ってれば良かったかと後悔を○| ̄|_ CIMG4790_20190830205332ccb.jpg 舗装道路をさらに上って行くと、果樹園~南、西側の斜面は、ほぼ果樹園なんですね、さすが余市町ですね☆彡 右のコブが山頂です。 CIMG4809_2019083020120156f.jpg 更に道なりに登って行くと山頂の手前に駐車場が有りました、車はここまで上がって来れます。 CIMG4795.jpg 石畳の遊歩道を進みます。 CIMG4796_20190830201205ee4.jpg 右手に展望台 CIMG4797_2019083020120649a.jpg 階段を上がると到着です。 CIMG4798.jpg 石碑がありました。 CIMG4799_20190830201209d74.jpg 円山公園の案内板 CIMG4801_20190830201210595.jpg 展望デッキ~期待して行ったら、木がニョキニョキ伸びていてほぼ展望ゼロに(T_T) まぁ有りがちな残念なパターンですよね、ガッカリですね。 CIMG4800_20190830201212e97.jpg 頑張って背伸びしてもこんだけでした○| ̄|_ 余市町だめですね↓ CIMG4802_201908302117020da.jpg 納得が行かない僕wwwww 眺めが良さげな所を見つけて、気合の藪刈りを実行(°_°) CIMG4808_20190830211705b3e.jpg まぁ少しはマシになったなっと自己満足に浸る┐(´-`)┌ CIMG4806_20190830211706087.jpg 塩谷丸山 CIMG4804.jpg 忍路竜ヶ岬と塩谷窓岩、赤岩山 CIMG4807.jpg 奥に朝里岳、余市岳~藪刈りまでして展望の確認、まぁ物好きですよね僕は☆彡 CIMG4810_20190830213724aca.jpg 下山時、真ん中の奥に余市天狗山~天狗山もコレクションしてるんだが、この山、山奥過ぎて、藪漕ぎでは厳しい山なんだけど一等三角点の山なんで三角点コレクターの僕としては、頭が痛い山、安瀬山、ハッタオマナイ岳も同様になんとかしたい山wwwww CIMG4812_20190830214644c29.jpg 舗装道路をテクテクと下り、戻りました☆彡 CIMG4813_20190830214645ad1.jpg 帰路、札幌に戻る途中~余市の山々とシリパ岬 CIMG4815_20190830214646600.jpg シリパ岬、丸山岬、ローソク岩、積丹岬 CIMG4816_201908302146471b9.jpg 奥に余別岳、積丹岳~暫くぶりに見ました☆彡

モエレ山~プレイマウンテン~テトラマウンド~海の噴水 8月27日(火)公園散策路 所要2時間

朝起きると久しぶりに青空が見えていた☆彡 夜勤スタートなんで時間は有る。先日も途中から雨が降り大変だった(T_T) また、次回の僕の休みも雨の予報で、がっくり○| ̄|_暫く、お天気の良い日に当たらないので近場なら問題は無いのでモエレ沼公園へ出かけてみた☆彡 CIMG4577_201908271539047a7.jpg 第一駐車場から公園の最高峰(東区の最高峰)モエレ山61M やはり青空は良いですね(*^^)v CIMG4579_2019082715390578c.jpg 水郷橋からモエレ山 CIMG4580_20190827153906a98.jpg モエレ沼、ガラスのピラミッド CIMG4582_20190827153908849.jpg まずは、三角点を目指します。 CIMG4584_20190827153909410.jpg 階段や手すりも付いている登り口も有ります。 CIMG9872_201908281532195da.jpg 登り詰めると三角点とオブジェが有ります☆彡二等三角点「当別太」61.97M~円の中心に三角点 CIMG4596_201908281544005a9.jpg 低山ですが、近くに高い山が無いので市街地、市内の山々が一望できます☆彡 CIMG4585_2019082815461748e.jpg 白幡山、札幌ドーム、紋別岳、イチャンコッペ山。恵庭岳、空沼岳には雲が CIMG4586_20190828154927b94.jpg 市内中心部、硬石山、藻岩山。札幌岳には雲が CIMG4587_201908281552402bd.jpg 藻岩山、砥石山、神威岳、百松沢山、大倉山、三角山等 CIMG4588_20190828155559907.jpg 手稲山、つどーむ、春香山等 CIMG4589_2019082815591664c.jpg 小樽の赤岩山、日和山も見えます。 CIMG4633_20190828154219679.jpg 阿蘇岩山、奥に樺戸3山 CIMG4597_201908281602169df.jpg 今日の雲は、まだ、夏の雲でした。 CIMG4606_20190828160425d6d.jpg 降りました、ゴミを集積して埋め立てた人口の山ですが、とっても容が綺麗です☆彡 CIMG4602_20190828160722faa.jpg 芝生は、とっても綺麗に整備されています、1時間位、大の字になってゴロゴロしてました、とっても気持ちが良いですのでお勧めです!(^^)! CIMG4616_20190828161006a9e.jpg トンビさんも翼広げて大の字になってゴロゴロ休憩していました~飛んでいるのは見かけますが、こんな感じのは初めて見ました☆彡 CIMG4639_20190828161516435.jpg テトラマウンテン~お山は10Mも無いです、変わってますよねアートの世界、流石イサム ノグチ氏のプロデュースですよね。 CIMG4643_20190828161857250.jpg ミユージック シェル~形がこれも変わってますよね、面白いです、野外ステージなのかな? CIMG4644_2019082816185857a.jpg 実は、コレは、トイレにもなっているんです(°_°) とってもユニークですよね。 CIMG4604_20190828162344ed2.jpg お次は、ピラミッドみたいな形のプレイマウンテンに登ります、標高30M CIMG4608_201908281626219bb.jpg 最も傾斜の少ない所から登りました、超ユルユルです☆彡 CIMG4618_201908281626236bd.jpg 殆ど、負荷を感じないで登れます。 CIMG4619_201908281626242f7.jpg 山頂です☆彡 CIMG4634_20190828163425968.jpg ココからも眺めは良いです、石狩、厚田、当別方面の展望 CIMG4648_20190828163657504.jpg 最後は、名物の海の噴水を見て帰りました。 CIMG4649.jpg アーチ噴射です、いろいろ変化します、夜は、ライトアップされるので人気が高いです☆彡 CIMG4651_20190828163700abb.jpg 時間帯、曜日で異なって運行しますので確認して下さい、ライトアップは、土、日、祝日のみなんです!! CIMG4652_2019082816370167c.jpg プログラム どうせ来るならビックウェイブの有る日が良いですよ☆彡

三階滝 8月25日(日) 所要1時間

朝から怪しい雲行きで雨が降りそうですけど家にいても退屈なだけなんで出かけました☆彡場所は、未踏エリアの伊達市大滝区、旧大滝村のエリアですメインターゲットは、徳舜別山&ホロホロ山なんですが天気が良くないので、下見兼、滝見物、電子基準点確認、登れそうな藪山探訪と云う感じで周ってみました(*^^)v CIMG4399.jpg ルートは、国道453号~支笏湖~美笛峠~伊達市大滝区です。今年の3月に多峰古峰山に登りましたが、美笛、大滝は、未踏のエリアでしたので行ってみたかった☆彡 支笏湖に来たのも冬以来で超久しぶりでした~やはりこの景色を見たら撮りますよね、いつみても綺麗ですよね。 CIMG4401_201908252111313b0.jpg 風不死岳 CIMG4400_2019082521113283e.jpg 樽前山 CIMG4409_20190826073448051.jpg 美笛峠を越えて、三階滝へ CIMG4434_20190826073755898.jpg 標識に従って進むと、広い駐車場のある三階滝に着きます、公園になっていますのでトイレ、遊歩道等、整備されていました。 CIMG4437_20190826190038a8a.jpg 公園なんで散策も出来ます(トーテムポールの丘) CIMG4435_2019082619043507b.jpg 駐車場の交差点から、徳舜別山への登山口の入り口に当たる、民有林道「ホロホロ線」へも行けます。 CIMG4410_20190826190036081.jpg 大滝区ガイドマップ CIMG4412_20190826190035337.jpg 三階滝公園案内図~ちとボロボロ(°_°) CIMG4413_201908261900403ec.jpg 駐車場から、すぐです、5分もかからないです、橋の上や周辺から滝見物出来ます☆彡 CIMG4422_201908261900424e6.jpg 紅葉の時期に訪れてみたいですね。 CIMG4433_201908261923282a4.jpg 水神様 CIMG4425_201908261925241f5.jpg まずは橋の上からです~落差10Mの三段になって流れ落ちている滝です、滝幅8M CIMG4426_20190826192848631.jpg 腕前がイマイチで申し訳ないです○| ̄|_が~雨で増水して、しぶきで小さな虹が綺麗でした、残念ながら撮れてなかったw CIMG4428_2019082619335028f.jpg 滝の上流の流れ CIMG4430_20190826193351399.jpg 滝の手前の綺麗な流れと川底 CIMG4432_20190826193710f70.jpg 落ちる手前の様子~水神様の裏側に踏み跡がいろいろ付いています、危ないのでくれぐれも自己責任でお願いします、みんな考える事は一緒で、ギリギリ近くまで行って際どいショットを狙うんですねw CIMG4418_201908261942482d2.jpg 銘水も有ります~橋を渡ってすぐです。地下380Mから自然に湧き出している天然水です、自然が創った恵みの水です☆彡京極町の湧水みたいにメジャーでは無いけど滝とセットでいかがでしょうかね。 CIMG4419_20190826194249b77.jpg 「甘露法水」~霊験あらたかなご利益の有る水らしいです、川の水も綺麗ですから湧き水も問題無いですね、冷たくてウマいです、無料です☆彡 CIMG4421_20190826194251aae.jpg 御神体~お賽銭が沢山、なるほど無料だけど、お賽銭なんですね!! CIMG4424_20190826195851960.jpg ゆっくり、のんびり、滝と水に癒された1時間でした(o‘∀‘o)*:◦♪

電子基準点「大滝」8月25日(日)

三階滝を後にして国道453号に戻り大滝の中心街を目指しました☆彡 CIMG4439_2019082620392440c.jpg  「伊達市基幹集落センター」伊達市大滝区本郷町84番地3の敷地内に設置されています。 CIMG4440_20190826203921a89.jpg 白い建物が集落センターです、役場から道なりに真っすぐに500M弱で着きます、正面の芝生の所に電子基準点が設置されていました。 CIMG4457.jpg 電子基準点の周りに沢山、植えられていました。 CIMG4442_2019082620392295d.jpg なんでしょうかね?この実は???ブルーベリー??? 調べてみたら、大滝区の特産品アロニアでした☆彡大滝区は、全国1位の収穫量を誇り農業振興作物として地区を挙げて取り組んでいるそうです、血行の促進、老化を抑え、目の疲労回復等に効能があるみたいです、僕みたいなトトロじじいにピッタリじゃん!! そろそろ収穫の時期みたいです☆彡 CIMG4446_2019082621105271c.jpg 点番号 950135 基準点コード EL06441000501 94型 CIMG4450_20190826203919bf3.jpg 点番号 CIMG4453_2019082620391878c.jpg 電子基準点付属標 CIMG4454.jpg 電子基準点、確認しました\(^o^)/ えっ~と、これで184箇所のうち17個確認かぁ、先は、まだまだ遠いですね、北海道は広いですから┐(´-`)┌

大滝ナイアガラの滝 8月25日(日)所要1時間

電子基準点を出発し、再び国道453号を道なりに真っすぐに北湯沢方面に走行して、最初の信号機のある交差点を左折して、大滝ナイアガラの滝を目指します☆彡 CIMG4459_201908262223434c4.jpg 区内の信号機のある交差点は、ほんの僅かですのですぐに分かると思います☆彡 CIMG4461.jpg 長流川に架かる大成橋を渡り、道なりに左に進みます、100M位です。 CIMG4497_20190826222345a15.jpg 左側に、普通に見落として通過しそうな、看板が有ります(°_°) 駐車場の入り口になっています。 CIMG4462.jpg とっても、広い駐車場です。 CIMG4463.jpg 駐車場の一番奥に、ナイアガラの滝への入り口のゲートが有ります。 CIMG4464.jpg ここから先は、車は進入禁止です、徒歩で滝まで800Mです、ほぼ平坦な道ですから10数分で行けます。 CIMG4465.jpg 道は、整備されていて、チップが敷き詰められていて、足腰に優しい、とっても歩き易い道です☆彡 CIMG4466.jpg 滝は、長流川の本流に在り、時々、木々の合間から見える本流の流れを観たり、川の流れる音を聞きながら森林の中を進んで行きます、とっても涼しいです。 CIMG4469_20190826225215087.jpg ちいさな橋を2つ渡ります。 CIMG4467_201908262252146e9.jpg スタンプ台 CIMG4471_20190826225216ec8.jpg ノルデックスキーのコースにもなっていて冬でも楽しめるみたいです、ニョロニョロ洞窟も良いけど、冬の滝もきっと素晴らしいと思います。 CIMG4472_20190826225218018.jpg そうこうしている間に滝の展望所に到着します。 CIMG4490_20190826230048a1e.jpg 川幅いっぱいに見事な滝です☆彡 落差は3Mですが、滝幅は、80Mだそうです、確かにナイアガラの滝みたいかも☆彡 CIMG4485_201908262303559a3.jpg 岩には、苔が生えていて非常に滑りますがwwww柵の外や崖に踏み跡が多数、付いていました、当然ですが僕も自己責任で、柵を乗り越え、崖を上下して撮りました~だって綺麗だし、自然の造形美に圧倒されますから、まぁ仕方無いと云うか、そんな感じです、流れは速いから落水するとヤバいですので注意してね!! CIMG4488_20190826231131142.jpg 上流から CIMG4492_20190826231132aa0.jpg 下流から CIMG4483_201908262315067d5.jpg 激流 CIMG4484_201908262315074ea.jpg 激流~真っすぐに流れてきた川が滝で陥没して、90度、流れを変えていく感じ、とっても面白い流れです、観ていて飽きないですね☆彡 CIMG4480_201908262315090f0.jpg 岩の色がまた味わい深いです~ちと調べてみました、太古の海底火山から噴出した「緑色凝灰岩」で形成されていて日光の加減で色が変化するんですって!!なるほどねです☆彡昔は、海底だっんだw CIMG4474_20190826231510374.jpg テコテコ歩いて観に来る価値は十分にありますね。 CIMG4477.jpg こんな滝、僕は、初めて観ましたね。 CIMG4493_20190826231513c66.jpg 鉄かなぁ、マグネシウム???真っ赤な岩 CIMG4495_201908262315157d7.jpg 真っ赤な支流、でも水は見た目は透明で綺麗なんですよね、冷たい温泉水??? 硫黄が混じると乳白色になり独特の温泉の匂いがしますけど、匂いも無いんですよね、まぁ、とにかくココは面白いです☆彡 CIMG4496.jpg 名残惜しいですが、テコテコ歩いて戻りました、三階滝よりも豪快でスケールがデカいです☆彡 来て良かったなと思いました、三階滝に比べるとメジャーでは無く、隠れた穴場的な存在ですね☆彡

北丸山 446M初登頂 8月25日(日)  旧土石採集場コース所要2時間

お次は、山歩き&三角点探しです~ナイアガラの滝から元の国道453号まで戻り、北湯沢方面に左折して500M位進むと登山口に至ります。 CIMG4458_20190827075159c2a.jpg 本郷集会所から、平べったい北丸山~実は、赤井川村(未踏エリア)にも、北丸山が有るので、同じ名前の山もコレクションしているトトロおじさんですので外すワケには行かないのだw今の所、三角山、丸山、円山、天狗山、坊主山等をコレクションしており、地図で探し出しては、お出かけしております、更に加えて、三角点がある山であれば文句無しですけどね☆彡 CIMG4499.jpg 白い建物は、大滝中学校、晴れていたら、やや左、正面に徳舜別山、ホロホロ山なんですけど、本日は、終日、ぶ厚い雲に覆われていました○| ̄|_ CIMG4500_2019082708153401b.jpg 国道453号の農村公園入口の看板の所を山側に右折します、すぐ先には、優徳除雪センターも有るので、すぐに分かると思います。 CIMG4501_20190827081536bee.jpg 右折して、すぐに小さな橋を渡るとT字路に至ります、ここを右折して後は、舗装道路を道なりに上がって行きます、車は、道の待避所に駐車しました、山頂の近くまで車でも行けますが、運動不足になっては意味が無いので歩きます(*^^)v まぁ歩くといっても、往復でも3キロ位しか無いんですけどねw 急登は皆無☆彡 CIMG4504_20190827081538d3e.jpg 緩やかに上がって行くと左に廃屋とクマさんの看板が有ります、山ですからクマはどこにでも居ますので侮れないです、札幌なんか住宅街をクマさんが徘徊してますからねΣ(゚д゚|||) CIMG4505_20190827081539645.jpg クマの看板から100M弱進むと、土石採集場に入って行く小道が有ります、電柱にピンクテープ取り付けました、ここからは、ピンクテープ付けつつ進みました。 CIMG4507_20190827081541332.jpg 使われていないのようです、道は、荒れ気味ですがいつも藪漕ぎしてる僕には、天国みたいな道です☆彡 CIMG4508_20190827081542e93.jpg 道の行き止まりが採集場になっています。 CIMG4525_201908270840400c9.jpg 採集場の左上の一番、高い所が山頂です、この頃からついに雨が降ったり止んだりの天気に、レンズに雫が付いて写真がw CIMG4510_201908270815459c5.jpg まぁある程度は予測していたので、怯まずに、作業道を進んで行きます。 CIMG4511_20190827084039b19.jpg 上から撮りました☆彡 CIMG4512_20190827084041f34.jpg あとは尾根伝いにと CIMG4513_20190827084043270.jpg しかし尾根に立ちはだかる藪の壁(T_T) CIMG4515_20190827084044c01.jpg 頂上付近は、濃い笹薮がw 当然の事ながら、GPSも無いアナログおじさんですから、三角点探しは難航し CIMG4523_20190827085055895.jpg 最初は、崖寄りの場所を検索しても見つからず、奥の笹薮へと捜索範囲を広げると CIMG4516_20190827085056869.jpg 1時間位、笹薮と格闘してやっとこ、執念で発見!! CIMG4517_20190827085058f97.jpg 笹を刈ると、三角点と保護石4個が出現☆彡 CIMG4521_2019082708510158d.jpg 崖の木が有る所から、けっこう離れた所に有りました~笹刈り整備しました。 CIMG4518_20190827130646492.jpg 三等三角点「北丸山」446.52M CIMG4519_2019082708505941f.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG4514_20190827133148588.jpg 山頂からは、徳舜別山~ホロホロ山方面の眺めが良いです。 CIMG4528_201908270851029ac.jpg 帰路~次に向かう丸山が正面に見えていました。 CIMG4529.jpg 雨は、断続的に降り、車に戻る頃には、けっこう濡れてしまいました|ω・`)

丸山 555M 初登頂 8月25日(日) 圓山神社コース 所要2時間

雨が断続して、どうしようか迷ったんが折角来たんだしもう一箇所、行ってみました☆彡また、国道453号に戻り、北湯沢方面へ走行する。 CIMG4530_201908271407461c8.jpg 900M位進むと赤い藤田農園の看板と大真寺が有りますのでそこを左折する。 CIMG4532_20190827140747518.jpg 長流川に架かる開拓橋をます、後は、道なりに真っすぐに進むだけです。 CIMG4533.jpg 丸山と藤田農園に至ります。 CIMG4536_20190827140751285.jpg 藪山なんで登山道は無いですから、途中まで、圓山神社の参道を利用して登りました。 CIMG4537_201908271407537e4.jpg 朱色の鳥居が目印です。 CIMG4540_2019082714075577d.jpg 入り口から、かなりの荒れ様です、草刈りしつつ進みました。 CIMG4541_201908271407569ac.jpg 笹藪こぎよりは、マシですけど、殆ど人が行かないのかなwwww CIMG4542_20190827140757870.jpg 荒れ放題の社 CIMG4546.jpg ここからは、やや急な登坂の藪こぎに、刈りつつピンクテープ取り付け進みました。 CIMG4563_20190827143630866.jpg 山頂の手前から笹刈りされていて助かりました☆彡 CIMG4547.jpg 平たい山頂に到着。 CIMG4550_20190827144230fc1.jpg 山頂の薄い藪を丁寧に調べると三角点が有りました。 CIMG4553_201908271445556f9.jpg 笹刈りすると(°_°) CIMG4552_201908271445578f4.jpg 三等三角点「丸山」555.33M CIMG4559.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG4562.jpg 仕上がり☆彡 CIMG4548_20190827145547658.jpg 展望は、木が少ないので中々よかったです~漁岳、フレ岳、丹鳴岳、恵庭岳 CIMG4549.jpg 徳舜別山、ホロホロ山は雲の中w CIMG4571_2019082714555009a.jpg 有珠山、洞爺湖 CIMG4567_201908271455516b7.jpg 来た道を下り終了です、車は、鳥居の近くの待避所に駐車しました。

かばと製麺所8月19日(月)

当別町樺戸町にある、うどん屋さんです。国道275号沿いに在ります、コスモ石油のGSの手前に在ります。いつも混んでいるので中々、行けませんでした。月曜日だし大丈夫だろうと開店の時間に合わせて行きました☆彡ちなみに営業時間は11時~15時までで、休みは不定期で冬は、営業していません。 CIMG4340_20190819225532f1f.jpg 11時少し前に着いたら~あれれれれ、もう既に並んでるしΣ(゚д゚|||)まぁ余裕だろうと思ったら見事に予想は外れまして、30分位ですが待ちました☆彡 CIMG4338_201908192255354f0.jpg 手打ちのうどんも旨いんだけど、野菜の天ぷらが美味しいです☆彡 僕らの後からも続々とお客さんが結集して食べ終わって列を見たら、最後尾の人は、間違いなく1時間以上待ちコースになるのではないかと(°_°)

電子基準点「厚田」8月19日(月)

少々、風は強いけどお天気は良いので、久しぶりに海も見たいので当別から道道527号を通って望来~厚田へと来てみました。道の駅の端っこに電子基準点があるので立ち寄りました。 CIMG4364_20190819214547a1b.jpg 道の駅 石狩「あいろーど厚田」の裏側に有ります☆彡 左の建物が道の駅です~石狩市厚田区厚田98番地 厚田公園 CIMG4351_2019081921454840a.jpg 点番号950117 基準点コードEL0654103802  94型 CIMG4353_201908192145512e7.jpg 海に面しているので錆びていました。 CIMG4359.jpg 電子基準点付属標 CIMG4362.jpg 電子基準点、確認しました\(^o^)/

厚田公園展望台 86M 8月19日(月)遊歩道コース 所要30分

道の駅の裏山が展望台になっていて、遊歩道も整備されていて歩き易いし、眺めも良いので登ってみました、山頂には、展望台と三角点が有ります☆彡 CIMG4397_20190819221155586.jpg 道の駅の裏の山に展望台&三角点、道の駅の屋上よりも高いので眺めが良いです☆彡 CIMG4394.jpg 整備された、遊歩道 CIMG4393_20190819221158444.jpg 公園になっているので芝も綺麗です☆彡 CIMG4366_2019081922115978c.jpg 展望台への登り口です、まずは、階段 CIMG4368_20190819221201af5.jpg つづら折れの遊歩道を上って行くと CIMG4369.jpg 山頂展望台に至ります☆彡 CIMG4377_201908192212046e4.jpg 西洋のお城みたいな展望台 CIMG4375.jpg 定番の鐘 CIMG4370_20190819221207c25.jpg 展望台の横の小山に三角点 CIMG4371_2019081922120885d.jpg 三等三角点「厚田」86.43M CIMG4373_201908192212100bf.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ くそだるい落書きが有りました(♯`∧´) CIMG4378_201908192226451ac.jpg 展望台のテラスのオブジェ CIMG4389_201908192229576b2.jpg 濃昼方面の展望 CIMG4390.jpg 厚田漁港、市街地、石狩湾の展望 CIMG4381_20190819222651c04.jpg 正面奥に安瀬山の山頂 CIMG4383.jpg 正面奥に阿蘇岩山 CIMG4343_20190819223615c07.jpg 帰路~古潭漁港、雄冬方面の展望 CIMG4342_20190819223617b95.jpg 帰路~望来、石狩湾の展望

橇負山 715M~尻別岳 1107M 8月18日(日)種苗管理センターコース 所要8時間

台風が通り過ぎた後でしたので少々、心配な面も有りましたがお天気は、晴れ予報でしたので久しぶり絶景拝みたくなり尻別岳に登ってみました☆彡 CIMG4233_20190818193520db4.jpg 国道230号~中山峠~喜茂別町~国道276~道道257へ入ります。写真は、国道276号から道道257に入る交差点です。留産覆道の手前を左折すると道道257です、直進すると京極町に至ります。案内標識に従って左折して下さい。青色の案内板には、種苗管理センターまで5キロと書かれています~なんとなく少しガスっています、途中の中山峠もガスっていましたΣ(゚д゚|||) CIMG4238_20190818193523437.jpg 種苗管理センターを過ぎて900Mくらいで左側に登山口に続く道への入り口が有りますが雑草が茂って案内板が見えないのでわかり難いです、電柱にピンクテープを巻きました☆彡 CIMG4239.jpg 白い案内板は、雑草に埋もれています。 CIMG4241_20190818193526434.jpg 左折すると、すぐに水濠が有ります、段差があるので慎重に運転して下さい。 CIMG4244_20190818193527bde.jpg あとは、砂利道を道なりに進むだけです~3キロ位進むと登山口に至ります。本来ならば、左に尻別岳が見えるんですがガスって何も見えません(T_T) CIMG4245.jpg 登山口と駐車場に到着 CIMG4246_20190818193530b98.jpg 標識と入山届 CIMG4248_20190819083542472.jpg すぐに尻別岳に登っても良いんですが、橇負山の山頂もすぐ近くで景色も良いので立ち寄ります、右の道を上がって行くとすぐに山頂が見えて来ます☆彡 CIMG4264_20190819084112b89.jpg アンテナのある所が山頂です、10分位で着いちゃいます☆彡 CIMG4257_20190819083542822.jpg 国土交通省北海道開発局無線中継所 CIMG4259_201908190835438c4.jpg 山頂にある羊蹄パノラマテラスです、のんびり座って羊蹄山が一望できるビューポイントになっています☆彡他にもトイレ、売店、リフト(ルスツリゾート遊園地からリフトが運行されている、またスキー場から遊歩道も有り徒歩でも登れます)健脚自慢の方は、スキー場から橇負山~尻別岳のコースもお奨めです。 CIMG4253_20190819083545d76.jpg 誠に超残念ですが本日は、ガスガスでな~んにも見えませんでした○| ̄|_ CIMG4254_20190819083546adc.jpg 幸せの鐘~お山の定番☆彡 CIMG4263.jpg これから登る尻別岳にもガスが(T_T) 中央右ののコブが登山ルート上にある773峰です、尾根伝いに773峰を越えて、本峰の急登尾根を登り山頂へと至ります。 CIMG4262_20190819083549101.jpg 留寿都村の市街地~プチ雲海状態┐(´-`)┌ CIMG4258_201908190835531be.jpg お向かいの貫気別山も良く見えなかった(;´д`)<萎ェェェ↓しばらく様子を見たりしたが変わらないので晴れ予報を信じて尻別岳に向かいました。☆彡 CIMG4247_20190819092158fb1.jpg 尻別岳登山口まで戻り、案内標識の横の道を進みます。 CIMG4266_201908190921588c0.jpg 笹刈り整備された歩き易い道で岩場は無いので足腰、膝にも優しい道です☆彡 CIMG4270_2019081909220380b.jpg 適度に日陰になる所があるので陽射しも避けられます☆彡 CIMG4267_20190819092200072.jpg まずは、リフト駅のある696ポコまで登ります、コースはほぼ尾根歩きで、アップダウンが結構はげしいです距離は3キロ弱と短いのですが中々、激しい登り返し、ロープ場の有る濃いコースになっています、歩く距離が短いのが救いですね、これでロングコースだったらトトロおじさんでは○| ̄|_ CIMG4268_20190819092201cb8.jpg 有り難い標識が設置されています、これは良いですよね、助かります☆彡 CIMG4278_201908190942041c3.jpg 一旦下って773ポコへの登り返しです、右は、木が無いので景色を眺めつつ登って行けます☆彡 CIMG4273_20190819185130783.jpg 773峰付近から、先ほど登った橇負山山頂とルスツリゾートの遊園地等、晴れていると洞爺湖や有珠山等も見えるんですけどね|ω・`) CIMG4285_201908191900082a6.jpg また少し下って次の770峰に登返します。 CIMG4282_20190819190005e96.jpg ここから尾根を急降下(まぁ実際には、50M位なんですけど)、実際に体感すると、物凄く降下して、一気に壁のような急斜面が目の前に立ちはだかって、どうだぁぁぁぁ~登ってみろよ!!みたいな感じなんですよね~まぁ、ヒーヒー云わされて息切れしてヘロヘロに疲れて大変なんですけど、山頂に立つと、また懲りずに山に行きたくなるんですよね☆彡 ガスは晴れてきました、正面奥に山頂が有ります。 CIMG4286.jpg 残り1キロ位、ここからがキツイんです○| ̄|_ CIMG4291_20190819192351bcb.jpg 急登の登り返しの始まりです、木の階段が設置されていますが所々破損していて足元が滑りますので注意して下さい。 CIMG4295_20190819192355120.jpg ロープ場~4か所位あったかなぁ|ω・`) CIMG4304_2019081919235620a.jpg ここまで登ると急登は終了☆彡 CIMG4305_20190819193110e55.jpg 下を振り返ると、こんな感じ~自分が登ってきた稜線が綺麗に見えるんです☆彡 まぁよく登った来たもんだなぁと思いますし、綺麗な景色を眺めてパワーを貰えた気になります/^o^\ファイトー!! CIMG4306_20190819194158ebf.jpg 残りも上り坂なんですが急ではありません☆彡 CIMG4307_20190819194200f5f.jpg 道なりに進むと綺麗に笹刈りされた広い山頂に到着します☆彡 とっても長居が出来ます!!地面の草が柔らかくて昼寝に最適です☆彡 すぐに降りちゃうとか勿体ないです。 CIMG4308_2019081919420141e.jpg 山頂標識と三角点が有ります\(^o^)/ 留寿都村観光協会のHPに尻別岳登頂証明書の申請の詳細が載っていますので見てください。 CIMG4313.jpg 無意根山、中岳、喜茂別岳、札幌岳等、霞んで殆ど見えない状態○| ̄|_ CIMG4311_201908191942024f4.jpg 羊蹄山は、超ご機嫌が悪い(;´д`)<萎ェェェ↓ 2時間位、山頂の草の上で昼寝して雲が晴れるの待ったけど、とうとう、機嫌は直らなかった(T_T) CIMG4321_201908191956547a7.jpg まぁお天気は、運ですからまたの機会にと云う事で、帰るどぉぉぉぉぉ~帰路の尾根も綺麗です☆彡 CIMG4324_20190819195656759.jpg 帰ろうとすると晴れて来たりします~左に白老3山、右に次なるターゲットの徳舜別山、ホロホロ山☆彡 CIMG4325_201908191956552eb.jpg 帰路もアップダウンを繰り返し☆彡 CIMG4327.jpg 無事に戻りました。 CIMG4333.jpg 帰路~種苗管理センター付近から、ブルースカイと尻別岳 朝から、こんなお天気を期待したんだけどね!! CIMG4331_2019081920101786a.jpg 同じ場所から~羊蹄山、最後までご機嫌斜めやなぁ┐(´-`)┌

高岡山137M初登頂8月14日(水)土石採集場コース 所要2時間30分

68年ぶりの10日間連続の真夏日も終わりやっと蒸し暑さも去ったので山歩きを再開する事にしました先月の29日以来の久しぶりの山になりました、天気も曇りで良くないし足慣らしで当別方面に出掛けてみました☆彡
CIMG4077_20190816051223c5a.jpg
当別の町から道道527号 望来当別線に入り、上当別を目指します。 CIMG4078_201908160512241e4.jpg 町から5キロ位です、土石採集場に行く分岐がありますので右折して下さい。 CIMG4079_20190816051226821.jpg 上当別橋の手前を右折します。 CIMG4137_20190816051227b2b.jpg 400Mくらい進むと土石採集場に入る小道があるので左折して進みます。 CIMG4134_201908160512295b5.jpg 土石採集場です、まず採集場の平べったいピークへ上ります。左右どちらかでも登れます☆彡 CIMG4089_20190816052912028.jpg 土石採集場の平たいピークに到着 CIMG4132_20190816052913606.jpg ピークからの眺め、僕の白い車が見えます。 CIMG4091_2019081605355510d.jpg 土石採集場の後方にある笹薮&倒木地帯を突破します☆彡 CIMG4092_2019081605355621e.jpg 草原に出ます CIMG4094_20190816053557495.jpg ススキも結構生えていました秋なんですねもう(°_°) CIMG4099_20190816055430ef1.jpg やっと、展望が開けます(*^_^*) CIMG4095_2019081605355974c.jpg 背丈の長い草漕ぎを終えると快適な草原地帯に至ります☆彡 CIMG4098_20190816055429f5c.jpg 左に石狩新港の建物や茶色のシェクスピアCCのクラブハウス、右奥に石狩湾、小樽方面の展望が開けてきます☆彡 CIMG4106_201908160601514c3.jpg 緩やかな丘陵を進みます。正面の小山が山頂です。 CIMG4126_20190816065931858.jpg 野イチゴですよね☆彡 けっこう沢山、生えていました。 CIMG4111_201908160607526a2.jpg 山頂部の手前から藪にwwwww CIMG4112_2019081606075342a.jpg 木のある所が山頂です。 CIMG4114_20190816060754c45.jpg 山頂は、濃い笹薮に覆われていました○| ̄|_ CIMG4116_2019081606075572e.jpg 笹の上から見ていても容易に見つからないので、潜水艦みたいに笹の根元に潜り込んで捜索してなんとか発見できました三角点Σ(゚д゚|||) CIMG4117_201908160607588bf.jpg 笹刈り整備しました。 CIMG4119_20190816060800ad9.jpg 三等三角点「高岡山」137.28M CIMG4121_20190816060801d87.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ 山頂部は石狩市と当別町の境界になっていて、三角点は、石狩市八幡町にあります。 CIMG4113.jpg 笹薮の手前から丘陵地帯の稜線です~右の方から緩やかに上って来ました☆彡 CIMG4110_2019081606195723a.jpg 阿蘇岩山には雲がかかっていました(T_T) CIMG4125_20190816062524bff.jpg 中小屋方面の山並み CIMG4133_20190816062733052.jpg 土石採集場まで戻ってきました、右奥に米粒みたいな僕の車です☆彡

伊達山 101M 初登頂8月14日(水)北尾根コース 所要30分

当別の市街地から少し離れたハッピーバレーGC札幌の横の丘みたいな山です、近くには、北海道医療大学もあります。国土地理院の地図にも載っています。 CIMG4140_20190816042851c47.jpg 左に進むとゴルフ場のクラブハウスが有ります、正面の右奥に伊達山のピークがあります。 CIMG4141_20190816043348664.jpg 左のビルみたいのが北海道医療大学の校舎です~当別の市街地、江別、札幌方面の展望が開けます、晴れていれば恵庭岳、樽前山、風不死岳等も見えると思います。 CIMG4146_2019081604285297e.jpg 丘陵地なので中々の眺めです札幌市内の山々が一望できます☆彡 CIMG4166_2019081604285486a.jpg ゴルフ場のフェンス側に車を寄せてスタートしました。 CIMG4149_20190816044415418.jpg 草原歩き~正面、右奥が山頂です。 CIMG4152_20190816044416224.jpg 藪も少々 CIMG4155_20190816044418763.jpg 公園の山みたいな感じ、緩やかな上り坂 CIMG4161.jpg 振り返ると神威岳、百松沢山、定山渓天狗岳、手稲山等が見えました~なかなか良い眺め☆彡 CIMG4158_20190816044421cec.jpg なぜか山頂部は、ご丁寧に綺麗に笹狩りがされていました☆彡 CIMG4163.jpg 山頂からの展望~空沼岳、狭薄山、札幌岳、藻岩山、砥石山、割れ山等、もう少し晴れていたらなぁ、今年はなかなか好天に恵まれない山行が多すぎて○| ̄|_ガッカリなんですよね。

中小屋山309M初登頂 8月14日(水)アンテナ保守作業道コース 所要2時間30分

時間が余ったので中小屋に移動した☆彡 CIMG4232_20190814200924b0c.jpg 国道275号~中小屋温泉の近くにある駅です、旧い客車を利用した駅舎ですがボロボロです(°_°) CIMG4231_20190814201644d76.jpg 駅のホームから紅白のアンテナが見えます、紅白の大きなアンテナは目立っていたので前から気になっていましたので機会が有れば登ろうと思っていました。今日は、紅白アンテナ~反射板~無線中継所~三角点を巡りました(*^^)v アンテナの右側の小山に反射板、無線中継所、三角点が有ります。 CIMG4228_2019081420092736a.jpg 登山ルートは、中小屋墓地の駐車場に駐車して、そこから作業道を徒歩で進んで山頂を目指します。墓地へは、本中小屋駅から国道275号を600M位、石狩月形方面へ進んだ所に左折する入口がありますが墓地の案内板が雑草に覆われているのでわかり難いです┐(´-`)┌ CIMG4227_20190814200929619.jpg 墓地の方へ左折して、踏切を横断します。 CIMG4226_20190814200930c2a.jpg 分岐を右に進んで下さい。 CIMG4172_201908142009323b7.jpg 道なりに進むと中小屋墓地に至ります。 CIMG4173.jpg 後は、墓地の駐車場に駐車して、道なりに山の方へ進むだけです。 CIMG4175.jpg 少し進むとゲートが有ります、カギは掛かっていませんでした、この道は、NTTドコモの紅白のアンテナの保守作業用の道ですから、ここからは、車でアンテナの所まで容易に行けるようにと道は、舗装されていました。 CIMG4176.jpg 舗装された道を進みます、急登は無いです。 CIMG4185.jpg 高度が上がってくると時々、木の間から市街地等が見えてきます~曇り空の為に今一の展望ですが、たぶん晴れの日には、美唄、三笠、岩見沢、江別方面の展望が開けると思います、周りに高い山が無いので、かなり遠くまで見渡せると思います☆彡 CIMG4181_20190815192420c69.jpg 少しづつ山頂の紅白のアンテナが近づいて来ます。 CIMG4186.jpg 更に登って行くと山頂の尾根に出ます、紅白アンテナの山頂へ至る尾根道も舗装されていました。 CIMG4187_20190815192423653.jpg まず最初に、紅白のアンテナのあるピークを目指し左に進みました、分岐から300M位でアンテナのピークです。ちなみに右に進むと反射板、無線中継所、三角点のあるピークへと至ります。 CIMG4192_20190816031348e46.jpg 真下に到着、かなりの高さの鉄塔です50M位かなぁ??? CIMG4191_201908160313501c9.jpg 鉄塔の高さを調べてみたが分らなかった┐(´-`)┌ ピークの標高は280M CIMG4193_20190816031351931.jpg 木が邪魔で展望は良くない~次に向かう反射板、無線中継所、三角点のあるピークが確認できる程度の展望だった。 CIMG4195_20190816031354c6d.jpg 尾根の分岐まで戻り次は右へ進む、道は、未舗装で砂利道、多少の起伏がある程度で急登は無い。 CIMG4196_20190816031353870.jpg 尾根道からの展望 CIMG4200_20190816033904ef9.jpg 尾根の分岐から右へ300M位で反射板のピークに至ります。 CIMG4198.jpg 北海道電力 当別反射板 標高272M CIMG4203_201908160339077cb.jpg 裏側に回り込むと先ほどの紅白のアンテナが見えます。 CIMG4204_20190816034636a38.jpg 更に100M位進むと斜面の右側にアンテナが見えてきます。 CIMG4205_20190816034640736.jpg 国土交通省北海道開発局の無線中継所です。 CIMG4206_201908160346403b5.jpg 中小屋無線中継所~標高は、278M 木に囲まれているので展望は皆無でした。 CIMG4220.jpg 次は三角点のピークへ向かいます、緩やかな上り坂を上って行きます250Mくらいで最高点に至りますのでそこから右側の斜面に取り付いて藪の中に突入します。 CIMG4215_20190816040039084.jpg ピンクテープ取り付けつつ進みました☆彡 CIMG4218_20190816040040bff.jpg 僅か50Mくらいですが笹薮&倒木に難儀しました○| ̄|_ CIMG4208_201908160400414e9.jpg 30分位、検索して、運よく発見できました☆彡倒木の下敷きになっていたらアウツでしたけどね。 CIMG4214_2019081604004362a.jpg 笹狩り整備しました。 CIMG4211_20190816040044a7f.jpg 三等三角点「中小屋2」309.15M CIMG4212.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG4209_2019081604004791b.jpg 三角点のピークは市街地側が崖状になっていたので展望が開けていました☆彡 天気の良い日にまた来てみたいです☆彡 CIMG4224_20190816040049d0d.jpg 墓地の駐車場までテクテク戻り終了です☆彡

日高門別漁港の夜釣り8月7日(水)所要14時間

3日連続の熱帯夜~連続真夏日、68年ぶりの10間連続とか○| ̄|_まじで勘弁して貰いたいですよね、暑さに弱いトトロおじさんですから、おかげで山歩きもお休み状態が続いています(T_T)まぁ仕方なですよね~ボヤいていても退屈なんで、超久しぶりに海釣り、しかも夜釣りに行きました☆.。.:*・ CIMG3943_20190808151955b0e.jpg 場所は、日高門別漁港です~ここは、昔けっこう通った馴染みの釣り場で大物は釣れないですげど坊主知らずの超楽チン釣り場(防波堤での釣りなんですが車で釣り座まで行ける、車でゴロゴロしながら時々、竿をいじってのんびり釣りができるんです)札幌から2時間弱ですから運転も苦になりませんし、夏の日高は涼しいので暑さを避けたい僕にとっては最適の地なんです(*^^)v CIMG4055_201908081519569fd.jpg 漁港の裏山の門別神社から撮りました、港の全景です~左右の防波堤がメインの釣り座になります、真ん中の建物が日高漁協の建物、漁協の近くにトイレもあるので使えます。 CIMG4056_201908081519587eb.jpg 今日の釣り座は、漁協の建物の右側の防波堤で、ちょうど車が2台駐車している所です、車で、防波堤の先端まで行って、釣り座を設置して車を横付けしたら超楽チンゆるゆる夜釣りスタートです☆彡ちなみに漁協の前の茶色い小屋みたいのがトイレです。 CIMG3944_201908081547157b3.jpg 先端に到着、防波堤の幅が広いので車が回転する広いスペースが有るので安全です☆彡 CIMG3945_20190808154717b25.jpg 釣り座から港内の様子、左に漁協の建物、背後の丘みたいな所の右はじに門別灯台があります。 CIMG3946_201908081547184a6.jpg 日高特有の朝夕の霧がかかって見づらいですが、丘の上の白い灯台 CIMG3954_20190808154721e0b.jpg 17時、セッティング完了。今日のお目当ては、カレイです、遠路はるばる来たので真夏で時期的には厳しいですがここなら実績のある、かつて知ったる釣り場ですから可能性はあると思います☆彡4.2M投げ竿2本 3Mお遊び投げ竿1本、餌は、青イソメ、仕掛けは、市販の誘導仕掛けを改良したものを使用しました。ここは、遠投してもそれほど深さが変わらないので遠投する必要は無いです、精々50Mも飛ばせば十分です。遠くに飛ばしたら釣れると思いがちですが実は、大きな間違いで意外と近くにお魚さんは居るんです~まぁ、遠くに飛ばさないと釣れない所も有りますけどね☆彡 CIMG3955_2019080815472491d.jpg 例によって、お魚の反応があるとチリチリと鳴る鈴を竿先に取り付けて待ちます。 CIMG3962_20190808181859f4c.jpg 門別灯台に灯がともりました☆彡 領海内20数キロに渡り明かりが届くらしいです、あんな小さな灯りだけど遠くまで届くんですね(°_°) CIMG3953_20190808154726c60.jpg カレイ釣りなのに、招かれざるお客さん① ウグイ君でした、速攻リリース まぁ30分も経たないうちに直ぐに釣れて坊主(釣果ゼロ)は解消されたのでヨシとしましょう☆.。.:*・ CIMG3967_2019080818304705b.jpg お魚が釣れるとスリスリと近寄って来ておねだりするカモメ君 CIMG3970_20190808183049916.jpg ウグイ祭りwwwwwコンスタントに釣れてくる~まぁ仕方ない、何も釣れないよりも退屈しないからヨシと云う事にしておきます☆彡 CIMG3979_2019080818370072a.jpg 暗闇の中の必須アイテム~ぎょぎょライト CIMG3981_20190808183702505.jpg 鈴に取り付けられる様になっている、夜光塗料が入っているので6時間位は光るので、キャップライトの節約が出来る優れモノなんです。 CIMG3996_20190808184248500.jpg 夜の港内 CIMG3985_20190808184247ef6.jpg 招かれざるお客さん②ドンコ(肌のヌルヌルが強くて気持ちが悪い、カマボコの原料とかになるらしい)夜釣りの定番なんだけど、この子らも速攻、退場して貰います┐(´-`)┌ CIMG3978_20190808185258725.jpg 余計なお客さん達に圧倒されていたが、ついにやっと釣れました、本日のゲスト!!カレイ君~クロガシラカレイ手のひらサイズでしたが超嬉しい1匹です\(^o^)/ 大きくなってねと放流☆.。.:*・ CIMG3991_20190808190128072.jpg 余計なヤツラの猛攻は続くwwww ドンコのダブル○| ̄|_ CIMG4001.jpg ウグイのダブル○| ̄|_ CIMG4005_20190808190131f8b.jpg ウグイ、ドンコ、カニの響宴┐(´-`)┌ 休憩する暇が無いwwwww CIMG4008_20190808190622cdd.jpg 猛攻をしのぎ、やっと釣れた本日2匹目のクロガシラカレイ手のひらサイズ(*^_^*) 慎重にリリース☆彡 CIMG4012_20190808191258ff3.jpg 22時頃に釣れた本日3匹目のクロガシラカレイ手のひらサイズ、さすがに夜勤明けなんでヘロヘロですから寝ましたzzzzzz CIMG4015_20190808191259455.jpg 4時過ぎに起床(*^^)v頑張りま~す CIMG4031_2019080819191476e.jpg 相変わらずウグイは五月蝿い位に釣れて来る☆ミ CIMG4027_201908081919163b3.jpg おねだりカモメも出勤してきた┐(´-`)┌ CIMG4018_20190808191302999.jpg 気合の1匹!!川カレイ手のひらサイズ CIMG4019_20190808191303e45.jpg このカレイ君、川にも住んでいる変わり種です、黒い縞とガサガサの鱗が特徴 即リリース。 CIMG4022_201908081927106f4.jpg カレイの釣れた所に集中攻撃をかける☆彡 CIMG4030_201908081927113f1.jpg 効果てきめん!!クロガシラカレイ手のひらサイズ 当然リリース☆彡 CIMG4035_201908081927135af.jpg ウグイとクロガシラカレイのダブルと思ったけど~よく観ると ぬぬぬぬぬ CIMG4036_20190808192714413.jpg なななななななんとまぁ、びっくり仰天のタカノハカレイでした\(^o^)/ CIMG4038_20190808192716580.jpg マツカワカレイとも云います、昔は70cm位の超大物も釣れたことがあるらしいけど近年は、数が激減して幻のカレイにwwwww僕もタカノハが釣りたくて日高にも通った時期もあったけど一度も釣ったことが無い憧れの存在でした、まさか、時期はずれの真夏の海で釣れるとは、釣りって奥が深いですね、神様のイタズラなんでしょうけど超幸運でした☆.。.:*・ 傷つけないように慎重にリリース、元気に戻って行った☆彡まぁ小型でもタカノハはタカノハですから大興奮ですね、これで満足して納竿としました(*^^)v 本日の釣果、クロガシラカレイ手のひらサイズ4匹、川カレイ手のひらサイズ1匹、タカノハカレイ25cm1匹、ウグイ&ドンコ多数でした(*^^)v

日高門別灯台8月8日(水)

門別漁港の裏の高台にある白い灯台です、漁港から灯台も見えます、港から車で数分で行けます☆彡 CIMG4039.jpg 道から灯台へ上る石段が有ります~雑草がボーボー状態で、少々、藪こぎ状態でした○| ̄|_ CIMG4040_20190808141953edb.jpg モルタルが剥がれていましたし、雑草は、伸び放題ですから、お手入れはされていないようですΣ(゚д゚|||) CIMG4041_20190808141955094.jpg 白い、小さな灯台って感じです。 CIMG4049_201908081419562f8.jpg 初点灯1970年(昭和45)ですから、そんなに旧くない灯台なんですね☆彡ちなみに初点灯は、日和山灯台が明治16年、石狩灯台が明治25年なんですよ(°_°) CIMG4043_20190808143121e28.jpg 藪こぎして綺麗に撮れる所を探して見ました。 CIMG4048_20190808143123905.jpg 草ボーボー┐(´-`)┌ CIMG4044.jpg 藪漕ぎして展望を~日高方面の眺めです。

電子基準点「門別」8月8日(木)

門別本町に電子基準点が有るので帰り道に立ち寄りました☆彡 CIMG4060_201908081339523fb.jpg 日高町門別本町12-8「門別やすらぎ荘」町営の介護施設の敷地の一角に設置されていました。 CIMG4061_20190808133953c29.jpg 門を入って左手の海側に有りました。 CIMG4063_201908081339548b3.jpg 点番号950141 基準点コードEL06342507402 94型 CIMG4064_20190808133955ecf.jpg 点番号 CIMG4067_2019080813395942e.jpg 電子基準点付属標 CIMG4073_20190808134000771.jpg 電子基準点、確認しました\(^o^)/ 電子基準点「門別2」 一等三角点の賀張山も行こうかと思っていましたが今にも雨が降りそうな怪しい空模様でしたので無理せず帰りました~ちなみに帰路、千歳の付近で雨になりました┐(´-`)┌

夕張メロン食い放題に挑戦☆.。.:*・8月2日(金)  所要1時間

連日の暑さに加えて、藪こぎ&虫の攻撃では、流石の変態トトロおじさんも心が折れまして、今日も、山はお休みで~す(*^^)v 条件が良くない中で無理して行く必要は無いですからね☆彡 CIMG3882_201908022240483ea.jpg と云う訳で、夕張のめろんのテラスに来ました\(^o^)/ 冷えた甘い夕張メロンで水分補給です☆≡。゚. CIMG3885_20190802224043128.jpg 夕張市滝の上、国道274号沿いの夕張市農協銘産センターの2階がめろんのテラスになっています。 CIMG3881_20190802224044bf7.jpg 出入り口のメロン熊が特徴な建物です、すぐに判ると思います。 CIMG3877_201908022240461f3.jpg 目や牙が怖いですよねΣ(゚д゚|||) CIMG3893_201908022240503e9.jpg 特徴がある建物です。 CIMG3889_20190802224049a49.jpg 11時~15時までの営業で、1時間食べ放題、大人3000円(税込)です。まず初めに2階のレジで代金を払い整理券を貰いました。僕は、11時スタートでしたので、それほど混雑はなく食べられましたが予約の団体さんが入ったりすると大変みたいですから心配な方は、事前に連絡するのも有りだと思います。 CIMG3892_20190802224052724.jpg 1時間しか時間が無いので喰いカスの写真だけでご容赦願います┐(´-`)┌ 意外とメロンオンリーだと飽きるので思っていたほど喰べられないかもです~味は、申し分無かったです☆.。.:*・ この他にもパスタ、そば、肉、サラダ等も食べました。1時間ですが十分な量は食べることが出来ました、元は取れたかなぁ☆彡

滝の上公園 8月2日(金)所要1時間

めろんテラスの向かい側にある公園です、夕張川の侵食で出来た峡谷や滝を眺めつつ森林浴ができますお腹も満腹になったので、公園を歩いてみました☆.。.:*・ CIMG3898_20190802205019e51.jpg 滝の上公園案内図~駐車場、トイレ、休憩所、遊歩道、橋 綺麗に整備されていて歩き易かったです☆彡 滝の上発電所~千鳥橋~千鳥ヶ滝~滝の吊り橋~竜仙峡と周ってみました、秋の紅葉の時期がとっても素晴らしいらしいですので今度は、秋にまた来てみたいです☆.。.:*・ CIMG3933_201908022050268cd.jpg タウンマップ CIMG3896_20190802205022e63.jpg 滝の上発電所 CIMG3897_20190802205023085.jpg レンガ造りのレトロ感が漂う味わい深い建物です~旧北炭滝の上発電所だったんですね、こんな所にも炭鉱時代の建物が残っているんですね CIMG3901_20190802205025989.jpg 柵が有って近くに寄れないのがちと残念です☆ミ CIMG3936_20190802205028d85.jpg この発電所は、遺構じゃなくて今でも発電所として使われている現役なんですね(°_°) 大正14年は、1925年ですから御歳94歳ですねΣ(゚д゚|||)おじいちゃんですが頑張りますね☆彡 ここから更に下流の川端水力発電所もかなり旧いけど現役らしいですからそちらも今度、見に行こうと思っています。 CIMG3902_2019080221161346b.jpg 整備された遊歩道を進みます、日差しが避けられて疲れないです☆彡 CIMG3908_2019080221161414b.jpg 夕張川に架かる赤い橋を渡ります。 CIMG3903_20190802211616fd2.jpg 千鳥橋 CIMG3904_20190802212012060.jpg 橋の上から上流方向、滝が見えます。 CIMG3905_20190802212013bfc.jpg 千鳥ヶ滝 CIMG3907_20190802212015216.jpg 橋から下流方向 CIMG3910_201908022123163fe.jpg 橋を渡り木道を進むと展望所に至ります。 CIMG3911_20190802212318884.jpg 展望所から上流方向 CIMG3913_20190802212320972.jpg 展望所から千鳥ヶ滝 CIMG3916.jpg 展望所から千鳥橋 CIMG3930_20190802212748941.jpg 遊歩道を案内標識に従って、竜仙峡方面が見渡せる吊り橋へ移動します、深い森で強い日差しが避けられるので暑い日でもここは大丈夫です(*^^)v CIMG3917_201908022126377e1.jpg 吊り橋です~ワイヤーで吊っていますまぁ吊り橋ですから普通ですね、足元は木製でした、水面からそれなりの高さが有りますし、少し揺れますよ┐(´-`)┌ CIMG3924.jpg 滝の上吊り橋 CIMG3919_201908022159209cf.jpg 吊り橋から竜仙峡 CIMG3922_20190802215918ad8.jpg 足元から覗くと結構な高さですΣ(゚Θ゚) CIMG3921_20190802215918ecb.jpg 吊り橋から上流方向 CIMG3926_20190802221221648.jpg 森の中を歩いていると CIMG3927_20190802221222109.jpg ソフトボール位の大きなキノコさんが CIMG3929_20190802221224cfd.jpg 自然豊かな森なんですね☆.。.:*・ CIMG3942_201908022215334ef.jpg 帰り道に立ち寄りました☆彡国道274号沿いに有る、おにぎり屋さん!!~山の帰り道にとかいつも車が停まっていて繁盛していそうで気になっていたんです。 CIMG3939_20190802221534f06.jpg 東三川にあります。釜炊きのお米が旨いです、火曜日水曜日がお休みです~それと近所の「牛小屋アイス」も通るたびに何時も車が停まっていますココも非常に気になるアイス屋さんです☆彡
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-