FC2ブログ

旧舞鶴橋 10月20日(日) 所要30分

昨日は、天気が悪くお出かけしなかったんだが、今日は、朝からブールースカイでした(*^^)v 明日も好天が期待できるので少し遠出する予定が有るので、明日の為の体力の温存も考えて遠出は回避する事にした☆彡 去年は、小白山の帰路で紅葉見物渋滞に捕まりえらい目に遭ったので日曜日だし天気が良いし定山渓、中山峠は、絶対にヤバイだろうと思い、反対側の長沼の馬追丘陵にした☆彡 IMG_1460.jpg まずは、ながぬまコミュニティ公園に立ち寄って、金曜日に眠くて断念した旧舞鶴橋見物をした☆彡 場所は、マオイオートランドの向かいにある広い公園で、ながぬま温泉、パークゴルフ場等が有るのですぐに分かると思います。 IMG_1463.jpg 入り口の近くに展示されています~夕張鉄道で実際に使われていた機関車だそうです。 IMG_1464.jpg 由緒書 IMG_1465.jpg 少し中に入ると、旧舞鶴橋が見えて来ます。 IMG_1466.jpg レトロな感じの橋 IMG_1482.jpg 風も無く鏡のような水面に橋&紅葉 IMG_1468.jpg 紅葉も見頃でしょうかね☆彡 IMG_1491.jpg さてと、渡ってみますね。 IMG_1492.jpg その前に由緒書き IMG_1469.jpg 土木學會選奨土木遺産のプレート~平成22年に土木遺産に認定される。 IMG_1470.jpg 戦前の希少なランガーガーダー橋で、新舞鶴橋が完成すると、こちらに移設復元されて保存された。 IMG_1471.jpg 当時の貴重な写真 IMG_1472.jpg 道内で現存するランガーガーダー橋としては、最も古いもので全国でも2番目に古い貴重な橋で、公園内に在って実際に人が渡れる現役の橋として未だに使われています☆彡新舞鶴橋が出来るまで57年間、人々の暮らしを支えてきた来た橋なんです。 IMG_1480.jpg 旧舞鶴橋~昭和12年に完成、ランガー桁橋~アーチ橋の一種、アーチの部分が曲線になっているのがローゼ橋でランガー橋は、曲線ではなく、角が有ります、すなわち真っすぐな鋼材を組み合わせて曲線状に仕上げているので、よく見ると綺麗な孤を描いているように見えますが角が有ります。 IMG_1473.jpg では、渡ってみます。 IMG_1474.jpg 年季が入っていますね(°_°) IMG_1475.jpg 新しい橋よりも幅が狭いですし、特殊車両だと天井がヤバイかも、けっこう低いですね。 IMG_1476.jpg 新しい橋の方がやはり、造りがごっついですね、まぁ当然ですよね。 IMG_1479.jpg アーチの所、角が有るの分かったかな?~なかなか味わい深い橋でしたね、温故知新と云う事なのかなぁ☆彡
スポンサーサイト



馬追山(長沼スキー場)201M~ マオイ文学台217M~ 長官山254M 10月20日(日)スキー場コース 所要3時間

お次は、馬追丘陵のプチ縦走です☆彡 紅葉の時期に歩くのは、初めてなんで天気も良いし展望も期待できますのでルンルン気分で歩きました(*^^)v IMG_1453.jpg 馬追丘陵です、道道3号線が丘陵を横断しているので、真ん中付近で、左右に分かれている感じになっています~左に長沼スキー場、マオイ文学台、長官山 右に一等三角点、天測点のある瀞台があります☆彡 IMG_1494.jpg 公園から10分程度で移動できます~正面に見えるアンテナは、北海道開発局馬追山無線中継所です、けっこう離れていても高さが有るので目印になります、アンテナの左がスキー場の山頂、アンテナの右のコブは無名峰、その隣のコブがマオイ文学台、右端のコブが長官山です。今日は、尾根に沿ってアップダウンしつつプチ縦走します。 IMG_1495.jpg 北海道開発局馬追山無線中継所のアップを撮ったら、画面の右端に偶然、写ってるヤッコイ車Σ(´Д`*) IMG_1496.jpg こったら田舎道で、一時停止無視の車の取り締まりに潜んでいました~このあたり、信号機の無い交差点が多く、ヤツラが潜んで獲物を狙っているので要注意です☆彡 IMG_1498.jpg 馬追丘陵の北の端が長沼スキー場です。 IMG_1500.jpg 舗装道路は歩きたくないので、スキー場の斜面を直登します、幸いにも草刈りされ歩き易くスイスイと行けました。前に来たときは、藪漕ぎ状態でけっこう大変でした。 IMG_1503.jpg 急登は無いです。 IMG_1508.jpg 間もなく山頂です。 IMG_1509.jpg リフト駅の後方に三角点が有ります。 IMG_1510.jpg 笹刈り整備しました☆彡 IMG_1511.jpg 普通の石柱では無く、小さくて容易に見つけられなかった三角点 IMG_1514.jpg リフト駅からの眺めが良いんです☆彡 IMG_1519.jpg 低山ですが周りに高い山が無いので素晴らしい眺めです。 IMG_1507.jpg 樺戸の山並み IMG_1505.jpg 芦別岳 IMG_1517.jpg 夕張岳 冷水山(右手前) IMG_1521.jpg ここからアンテナまでは、登山道が無く藪漕ぎになるので、舗装道路をアンテナの所まで歩きます。 IMG_1523.jpg 道なりに上って行くと、北海道開発局馬追山無線中継所があります、かなりの高さが有ります☆彡 IMG_1524.jpg アンテナを過ぎると分岐が有ります、標識が付いています。 IMG_1525.jpg 標識から先は、登山道ぽぃ砂利道に変わります☆彡 IMG_1526.jpg ココから先は、尾根歩きで、木漏れ日の中を紅葉を観ながらのんびりと歩きました。 IMG_1529.jpg アップダウンしつつ上って行くとトイレが有り、分岐があり、標識が建っています~右に進むと文学台、左に進むと長官山です。 IMG_1530.jpg 地図 コースがけっこう有ります、端まで歩くとかなり時間もかかると思われます。 IMG_1531.jpg 端から端まで8キロ、16キロのアップダウンは、流石に容易では無さそうです┐(´-`)┌ IMG_1534.jpg 文学台です、石碑が有ります、石碑の前が展望台になっています。 IMG_1535.jpg 眺めは、素晴らしいです~支笏湖周辺の山々、札幌市内の山々が一望できます☆彡 IMG_1538.jpg 長沼町市街地、北広島、支笏湖周辺の山々 IMG_1542.jpg 手稲山、札幌の市街地、百年記念塔、小樽方面の山も見えます。 IMG_1539.jpg 札幌市内の山々 IMG_1546.jpg 文学台の石碑 IMG_1547.jpg 分岐を左に進むと長官山です、最初は、下り坂です。 IMG_1548.jpg 山頂の手前で登り返します100段位、階段が有ります。 IMG_1549.jpg 登り詰めると赤い山頂の展望台が見えて来ます。 IMG_1550.jpg 山頂に到着です☆彡 IMG_1551.jpg 由緒書~長官が視察に来た山だから長官山なんですね。 IMG_1552.jpg 山頂標識~けっこう新しいです、笹も綺麗に刈り取られ、倒木も無く、整備が行き届いていますね☆彡 IMG_1553.jpg 椅子、テーブル付の豪華な展望台 IMG_1554.jpg こちらも素晴らしい展望です☆彡 IMG_1555.jpg 正面に瀞台 IMG_1561.jpg 札幌市内の山々 IMG_1564.jpg テコテコとスキー場まで戻り終了です☆彡
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-