FC2ブログ

サイロ展望台~珍小島 12月7日(土)散策路コース 所要2時間

12月に入ったが天候が悪いのでお預け状態が続いていたんだが○| ̄|_、お昼から晴れ間が出そうなんで、雪の少ない洞爺湖エリアへ出かけてみました☆彡 けっこう凝り性なんで気に入ると集中的に出かけたりするトトロおじさんです。 IMG_2851.jpg 国道230号走行、中山峠は、曇りで何も見えませんでした~道の駅 とうや湖の展望台は、前回、立ち寄ったのでスルーして、更に道なりに進むと、左にサイロ展望台が有ります、道路わきにサイロがあるので直ぐに分かると思います☆彡 IMG_2849.jpg 洞爺カルデラの崖の上にあるので眺めが良いです☆彡 IMG_2843.jpg 午前中は、雲が厚く、イマイチでしたが、湖や中島、昭和新山、有珠山が一望できるビューポイントになっています。 IMG_2844.jpg 昭和新山、東丸山、四十三山、大有珠、小有珠、金毘羅山、西山 IMG_2847.jpg カルデラの火口跡の中島、三角の山に三角点、観音島(右から2番目の離島)にも三角点が有るので、是非、探しに行きたいです☆彡 IMG_2852.jpg 離島を照らす光が綺麗でした☆彡 IMG_2879.jpg 車で移動して、洞爺湖温泉街の手前に有る「珍小島公園」に来てみました~ここは、公園として整備されていて、トイレ、駐車場もありますし、珍小島って小さな島があって眺めが良いんです~まぁカタカナで書くとキワドイ名称ですよね┐(´-`)┌ 三角点も有るので見逃せませんよね☆彡 IMG_2853.jpg 一見すると離れ小島みたいに見える珍小島 IMG_2877.jpg 近くへ行くと IMG_2854.jpg 陸と繋がっています☆彡 IMG_2875.jpg 砂洲で繋がっているんです。 IMG_2858.jpg 鹿道みたいな踏み跡が付いていました。 IMG_2868.jpg 平坦で、笹薮は無く、歩き易い☆彡 IMG_2859.jpg 藪は、薄いのですぐに、三角点標識が見つかった、周りを少し掘り起こすと、三角点も容易に見つかりました☆彡 三角点 四等三角点「チンコ島」84.11M~国土地理院の点名は、カタカナだった(;´д`)<萎ェェェ↓ IMG_2862.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ IMG_2855.jpg 島からの眺め☆彡 IMG_2857.jpg 大有珠、有珠新山、小有珠、金毘羅山、西山 IMG_2865.jpg それなりにトンガッテる大有珠、有珠新山 IMG_2867.jpg 期待通りに晴れて来た(*^^)v でもまだ羊蹄山は見えていなかったです|ω・`) IMG_2891.jpg 噴火時にできた断層でこの辺りも影響が有り、今でもその当時の痕跡が残っているみたいなんで探検してみる IMG_2886.jpg 見つけた!! 断層が出来て、護岸が基礎から20センチ位、ずれていた。 IMG_2887.jpg 見つけた!! 断層のおかげで、公園の柵がずれていた。 IMG_2888.jpg この柵、よく見ると下地は、鉄骨で非常に頑丈に作られていた☆彡 IMG_2892_20191207191454edc.jpg 活断層そのものが残っているらしいのだが積雪で、見つからなかった○| ̄|_ IMG_2885.jpg 珍小島公園から陸続きで歩いて来られます、暫く探したが断層は、雪が解けてからまた来てみます。 IMG_2894_201912071920422da.jpg 痕跡探しとか面白いですよね。誰も居ない公園をお天気待ちしつつ、のんびり歩きました☆彡
スポンサーサイト



金毘羅山 309M 初登頂12月7日(土)金毘羅山火口群~金毘羅山 所要2時間

晴れ間が広がり、良い感じになってきたので、金毘羅山へ移動しました☆彡 IMG_2896.jpg 当初は、洞爺湖ビジターセンターからのスタートを考えていたのだがゲートは冬のお休みで閉鎖されていたので、西山の方へ廻ってみた。 IMG_2898.jpg 案内標識に沿って進む。 IMG_2900.jpg 無料の駐車場も有る。ちなみに、近くに西山火口の北口ゲートが有るので見に行ったら、こちらのゲートも冬のお休みで閉鎖されていた。 IMG_2901.jpg 金毘羅山展望台の駐車場は、1000円も取られるんですね、高いですね(;´д`)<萎ェェェ↓ ゲロゲロ~歩いて行ってもお金を取られるみたいですΣ(゚д゚|||) ずいぶんとセコイな!!まぁ遊歩道で火口の直近まで行けるので問題は無いけどそれにしても高すぎますよね、環境保全料込みらしいが、それでもボッタクリ過ぎですよね!! IMG_2902.jpg この上り坂を500M進むと、金毘羅山展望台(有料) IMG_2904.jpg 火山資料展示室の前の道を道なりに少し進むと車両止めのバリケードが設置されていたので、道の空きスペースに駐車して、トコトコとスタートしました。 IMG_2905.jpg 雪は、1センチ程度で、路面も凍結も無く、夏靴で余裕で歩けました☆彡緩やかな坂道を上がって行きます。 IMG_2906.jpg 坂のピーク付近にある焼却炉跡~2000年の噴火で断層が出来て建物が破損して廃墟となった。 IMG_2908.jpg ココから先は、下り坂で、道なりに進んで行くと分岐と有珠山砂防事業概要図が建っている~分岐を左に下ると金毘羅山火口群の有くん火口と珠ちゃん火口が見学でき、更に整備された散策路を道なりに下って行くと洞爺湖ビジターセンターのゲート(冬期間は閉鎖)に至ります。また、右に進んで行くと林道ゲートが有り西山や山頂部のカルデラエリアにも行く事が出来ます☆彡 IMG_2910.jpg 分岐から右奥の展望~金毘羅山、北屏風山、有珠新山、西山、晴れてきて綺麗に見えて来た☆彡 IMG_2911.jpg 分岐から洞爺湖方面の展望~泥流、火砕流を防ぐ為の砂防ダム、右手に2000年の噴火活動で出来た有くん火口、温泉街、洞爺湖、中島、尻別岳等が見える☆彡 IMG_2912.jpg 先ずは、火口見物して、そらから金毘羅山の山頂を目指したいので、道を下って行く。 IMG_2913.jpg 木の実の沢展望台に至ります~有くん火口が目の前に 鹿さんの足跡多数☆彡 IMG_2914.jpg 当時の写真が凄いです☆彡 IMG_2917.jpg 散策路の地図 IMG_2915.jpg 地熱で雪は解けて、少なく歩き易いです☆彡 IMG_2922.jpg 有くん火口の更に下に珠ちゃん火口が有るので先に散策路を下って珠ちゃん火口を見に行く、左の小山が珠ちゃん火口です。 IMG_2923.jpg 整備された散策路です☆彡 IMG_2924.jpg 活断層が観られるらしいのだが草がボーボーで分かりませんでした┐(´-`)┌ IMG_2927.jpg 珠ちゃん火口~火口湖になっています、結氷してました。 IMG_2919.jpg 案内板~ここからだとイマイチ迫力に欠けるので自己責任で近寄ってみました。 IMG_2932.jpg 藪漕ぎして近寄るW IMG_2943.jpg 尾根に登って覗き込むw ちなみに正面の小山の上に金毘羅山展望台(有料)が有ります。 IMG_2940.jpg 珠ちゃん火口の尾根からの展望~真ん中の茶色い建物が洞爺湖ビジターセンターです、火口群の散策路エリアには、当時の噴火で被災した建物も展示物として見る事が出来ます☆彡 砂防ダムに囲まれた、被災したアパートが見えます。 IMG_2937.jpg 金毘羅山、有珠新山、有くん火口、西山 IMG_2925.jpg 金毘羅山~左奥にピークが有るる IMG_2933.jpg 真っ白な徳峻別山、ホロホロ山、オロオロ山 IMG_2941.jpg 右端は、オロフレ山かなぁ?青空がどんどん広がって行きます\(^o^)/ IMG_2950.jpg 有くん火口見物に行きます~道が付いています。 IMG_2954.jpg 雪は少なく、気になりませんでした、滑らずに登れました☆彡 IMG_2955.jpg 火口でかいです!!カメラに収まり切れませんでしたw IMG_2956.jpg 自己責任で尾根に沿って登りました、左の尾根が傾斜が右よりも緩やかで登り易いです。 IMG_2959.jpg 時計回りにどんどん登る IMG_2960.jpg 細い所も有り面白い~意外と足場は良く怖くないです☆彡 IMG_2967.jpg 火口湖のピークから結氷した有くん火口を覗き込む☆彡正面の小山に金毘羅山展望台、右に小ぶりの珠ちゃん火口、更に右に国道230号、右奥の山は、幌萌山でウィンザーホテル洞爺が見えます☆彡 IMG_2991.jpg 素晴らしい展望☆彡 珍小島、羊蹄山、尻別岳、洞爺湖 IMG_2989.jpg ついに羊蹄山がお出ましに\(^o^)/IMG_2962.jpg はるばる来た甲斐が有りました☆彡 カルデラの崖の左にサイロ展望台 IMG_2973.jpg ココから、尾根伝いに奥に進み、金毘羅山の山頂を目指します、ピンクテープ取り付けました☆彡 IMG_2972.jpg 笹薮は無く、草木も濃くないので容易に進めました、小さなアップダウンが有りました。 IMG_2976.jpg 荒れ果てた展望台を通過して更に進みます。 IMG_2979.jpg 荒れ果てた展望台も眺めは良いです☆彡内浦湾、ウィンザーホテル洞爺、昆布岳、珠ちゃん火口、国道、温泉街等 IMG_2975.jpg 北屏風山、西山 IMG_2980.jpg 更に奥へ、高い方へと登って行きます。 IMG_2982.jpg 登り詰めると山頂です☆彡 IMG_2984.jpg 標識は、無くピンクテープ取り付けました~金毘羅山 309M 初登頂 \(^o^)/ IMG_2985.jpg 木の合間から、大有珠、有珠新山、北屏風山、小有珠 IMG_2988.jpg 帰路は、有くん火口の急な右尾根を恐る恐る下りました、こっちは、足元が良くないので、お奨めしません。 IMG_2995.jpg 最後の〆も、やはり羊蹄山ですよね、天気が悪くて拝めない日が続いていましたから良かったです☆彡 IMG_3006.jpg 車止めまで戻り、終了です。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-