FC2ブログ

分監山459M初登頂2月29日(土)樺戸林道コース 所要4時間

今日は、原則4年に一度のうるう年なんで、2月なんですが29日が有る特別な日なんですよね~まぁ1日、多いと云う事なんで、どうなんですかね得???をした気分なんですかね☆彡まぁ、ついに非常事態宣言が出されて、札幌市内は、マスクをして外出している人の数がかなり増えて来たと感じました~不要な外出は控えた方が良いと思うが、朝から、ブルースカイが広がる好天で、家にいても退屈でやる事が無いので出かけました☆彡 IMG_5277.jpg 今日は、また、ほぼ人に遭う事が無いであろう、樺戸山地の入り口の分監山に登るべく、JR学園都市線の豊ヶ岡駅を目指しました。写真は、国道275号、本中小屋付近から、樺戸の山並みを撮りました。冬山大好きな僕ですが、札幌から北側の山々は、冬に行く事が今までは無かったので、今後は、当別、中小屋、月形、浦臼、新十津川等の冬山も歩こうと思っています☆彡 IMG_5275.jpg 神居尻山~アンテナ邪魔なんだけどw IMG_5274.jpg ピンネシリ、待根山 IMG_5273.jpg 隈根尻山、三角山、樺戸山、浦臼山、鳥越山等~分監山も見えますね!! 雪化粧した綺麗な山々を観ているだけでも癒されます☆彡 IMG_5279.jpg 中小屋の山並み、紅白のアンテナが目立つ278峰 IMG_5280.jpg 遠くに芦別岳、夕張岳 IMG_5282.jpg 国道275号、中小屋~石狩月形~月形刑務所前を通過し、道なりに3キロ位進むと、豊ヶ岡駅への分岐が有ります。 IMG_5283.jpg 標識が小さいので目立たないですw IMG_5289.jpg 後は、道なりに進むだけです、一帯は、丘陵になっていて一面、田畑しか無いので、展望が開けます☆彡 正面に分監山、奥にむ三角山、隈根尻山、樺戸山、浦臼山 IMG_5286.jpg 分監山、三角山 IMG_5288.jpg 三角山、隈根尻山、樺戸山、浦臼山 IMG_5287.jpg 鋭く尖がった三角山~登ってみたいけど、山奥にあり、遠いのが難点w トンガリは、良いですよね☆彡 IMG_5294.jpg JR豊ヶ岡駅~秘境駅として有名らしいです、道路から撮れます☆彡 数人の人が三脚を立てて列車が来るのを待ち構えていました、まぁ冬に山に登るのも普通とは言い難いですが、ひたすら列車が来るのを寒空で待つのも変わった趣味ですよねw 紅葉や夕方とかに来てみたいですね。 IMG_5301.jpg 道なりに進むと登山口の林道の入り口に付きます、分監山~3つコブが有るように観えますね、右奥のコブが山頂ですから当然、アップダウンが有りそうですよね。 IMG_5308.jpg 崖状の尾根も有り、なかなかの急登と見受けたりΣ(゚д゚|||) IMG_5477.jpg 更にアップ、正面の谷間は、険しくて上から雪が崩落しているので、裏側に回り込んで、尾根伝いのコースで歩いてみました。 IMG_5470.jpg メッチャ良い天気でルンルン気分で、登る前に撮影会☆彡 IMG_5466.jpg 分監山 IMG_5480.jpg 場所をいどうしてと☆彡 IMG_5482.jpg 素晴らしい眺めです IMG_5483.jpg 登ってみたいですよね、真っ白な山々 IMG_5479.jpg 眺めているだけでも、良いんだけどね☆彡 IMG_5471.jpg 反対側の景色もヤバイです☆彡 IMG_5475.jpg 芦別岳 IMG_5473.jpg 夕張岳 IMG_5468.jpg まぁ、キリが無いので登りま~すよと云う事で、林道の標識の所からスタートです☆彡 IMG_5310.jpg なんとビックリ仰天の足跡が付いていたまた(°_°) こんなマイナーな山に来る人がいるんですね!! いつもの様に迷子にならないようにピンクテープ沢山付けつつ進みました。 IMG_5317.jpg 緩やかな上り坂の林道歩き、1キロ位です。 IMG_5318.jpg 正面に山頂が見えて来ますが道は、左にカーブして山の側面を回り込んで進んで行きます。 IMG_5320.jpg 先人様の有難い踏み跡に沿って、緩やかな斜面から尾根に取り付きました☆彡 IMG_5321.jpg 笹は、少なく歩き易かったです(*^^)v IMG_5327.jpg 緩やかな尾根に出る IMG_5325.jpg 高度が上がってくると、尾根の木の無い所から景色が見えてくる。 IMG_5354.jpg 緩い尾根は、すぐに終わり、急登に(汗) IMG_5330.jpg 芦別岳、夕張岳 IMG_5333.jpg 夕張岳 IMG_5331.jpg 芦別岳 IMG_5353.jpg 江別方面の眺め IMG_5351.jpg 風不死岳、恵庭岳 IMG_5346.jpg 馬追山~低山ですが周りに高い山が無いので、かなり遠くの山まで見ることが出来ました☆彡 IMG_5359.jpg 細尾根の急登を慎重に進む、右は、大きな雪庇が~右奥に最初の第一ピークが見えてきた。 IMG_5371.jpg もう少しで第一ピーク IMG_5402.jpg 第一ピークに到達☆彡 木は、まばらなんで景色の良い所が沢山あります☆彡 IMG_5374.jpg 三笠、美唄方面の展望 IMG_5372.jpg 大雪の山並み、旭岳、前富良野岳?? IMG_5397.jpg 石狩平野を一望☆彡 IMG_5392.jpg 芦別岳、夕張岳 IMG_5391.jpg もうすぐ3月ですから、除雪して、融雪剤撒いて、田植えに備えるのかなぁ~畑に模様が IMG_5382.jpg 僕の車が確認できました。 IMG_5396.jpg 岩見沢方面の眺め IMG_5405.jpg 砂川、滝川、深川方面の眺め IMG_5403.jpg 音江連山~音江山、イルムケップ山 IMG_5411.jpg 中小屋278峰、阿蘇岩山 奥に札幌方面の山並み、空沼岳、札幌岳、無意根山、余市岳等 IMG_5417.jpg 阿蘇岩山、奥に白井岳、余市岳、朝里岳 IMG_5416.jpg 札幌岳、無意根山、烏帽子岳 IMG_5415.jpg 樽前山、風不死岳、恵庭岳 IMG_5418.jpg 素晴らしい眺めを堪能しました☆彡 IMG_5401.jpg 第一ピークから右奥の山頂を望む IMG_5423.jpg アップダウンの尾根道を進む☆彡 IMG_5422.jpg 雪庇に注意しながら IMG_5435.jpg 第三ピークから、第一ピーク、第二ピークを望む。 IMG_5436.jpg 第三ピークから山頂への登り IMG_5433.jpg 第三ピークからは、左に樺戸の山並みを観ながら進みます~三角山、隈根尻山、樺戸山、浦臼山 IMG_5432.jpg トンガリが見事な三角山~ぁぁぁぁ登ってみてぇなぁ 後方に少しだけピンネシリが見えました。 IMG_5437.jpg 隈根尻山 IMG_5440.jpg 純白の暑寒別連峰~夏も未踏です○| ̄|_ 少し遠いけど、是非、雨竜沼とセットで登ってみたいです☆彡 IMG_5441.jpg 山頂直下の最後の登り IMG_5443.jpg 山頂に到達\(^o^)/ 山頂標識は、無かったですのでピンクテープ付けました☆彡 IMG_5445.jpg 山頂からの絶景~隈根尻山、樺戸山、浦臼山 IMG_5453.jpg 三角山、ピンネシリ IMG_5454.jpg 隈根尻山 IMG_5448.jpg 神居尻山 IMG_5462.jpg 音江連山、砂川SAの近くにある石山も確認できました。 IMG_5461.jpg 帰路、慎重に尾根を下る IMG_5465.jpg 絶景を堪能し、無事に下山しました~ただの藪山で展望は期待していなかったんだけど、絶景が観られる素晴らしい山でした、星☆☆☆ 好天にも恵まれて大満足の山行となりました(*^^)v
スポンサーサイト



東阿蘇岩山 216M 初登頂 2月26日(水)青山橋コース 所要3時間

巷では、新型肺炎の感染拡大に伴って自粛ムードが強まりつつあり、不要不急の外出は、控えた方が無難だと思いましたが、朝から青空が広がる良い天気でしたし、まぁ誰にも遭う心配は無い山歩きなんで、出かけました。 IMG_5199.jpg 綺麗な樺戸の山並みが☆彡NTTドコモ中小屋の紅白のアンテナが建っている278峰、神居尻山、ピンネシリ、待根山、隈根尻山、三角山、樺戸山、浦臼山 IMG_5194.jpg ピンネシリ、待根山、隈根尻山、三角山、樺戸山、浦臼山~隈根尻山、三角山、樺戸山は未踏なんで、何とかしたいですし、当別、樺戸、新十津川エリアも登れそうな山が沢山あるので虱潰しに登り倒したいです☆彡 IMG_5203_20200227073556f44.jpg 紅白のアンテナが目立つ278峰、神居尻山~真っ白い山って、なんか惹かれますよね、夏しか登った事が無いので冬の樺戸も良い感じですので行ってみたいですよね。 IMG_5210.jpg 阿蘇岩山、東阿蘇岩山、ふくろう山、ピンネシリ IMG_5206.jpg 阿蘇岩山~中央に一等三角点のある主峰、左に西峰、右に東峰 IMG_5214.jpg 東阿蘇岩山、ふくろう山 IMG_5218.jpg ピンネシリ IMG_5221.jpg 白狩峰、阿蘇岩山~写真撮影やっと終了です、久しぶりのブルースカイに癒されます☆彡 IMG_5224_20200227080350cf7.jpg やっと本題です!!東阿蘇岩山の登山口に到着です~道道28号、阿蘇岩山の航空自衛隊への入り口の標識を更に道なりに300M位進むと青山橋が有ります、橋から、山へ入って行きます。雪で見えませんが道が付いている様です。 IMG_5228.jpg 当別川の横を200M位、進みます~当別川、ふくろう山、ピンネシリ IMG_5226.jpg 普通にお魚さんが居そうな感じです。 IMG_5227.jpg 廃屋を通過して奥に進みます。 IMG_5229.jpg 廃屋の裏には、小川が有り橋は無いので、渡渉します、浅いので問題は無いです。 IMG_5231.jpg 小川を渡り、目の前の斜面を上がって尾根を目指すのも有りなんだけど、僕は、楽ちんしたいので、すぐに斜面には取り付かないで、平らな松の人工林の中を進みました。 IMG_5232.jpg 人工林は、川の所で終了すめので、ここから右斜面に取り付き尾根を目指し登って行きます。 IMG_5235.jpg 笹が少なくて助かったんですが、中々の急登、かつ湿った重たい雪に足を取られて難儀しました。 IMG_5234.jpg 急登を登りきると緩い斜面 IMG_5237.jpg 尾根に取り付きます。 IMG_5239.jpg 登り切って山頂かな?って思ったら更に尾根は、奥に続いていました。 IMG_5252.jpg 尾根歩き IMG_5253.jpg 山頂に到達、左に阿蘇岩山の東峰 IMG_5255.jpg ピンクテープ取り付けました~東阿蘇岩山216M \(^o^)/ IMG_5240.jpg 景色は、木が多くて良くないです○| ̄|_ IMG_5246.jpg 278峰のアンテナ IMG_5256.jpg ふくろう山、当別ダム、ふくろう湖 IMG_5250.jpg 阿蘇岩山東峰 IMG_5260.jpg 神居尻山 IMG_5259.jpg 神居尻山 IMG_5267.jpg 帰路、青山橋 IMG_5270.jpg 駐車位置に戻りました☆彡 冬は、停める場所が見当たらないので、路肩の雪を除雪して歩道に乗り上げて駐車しました、冬にここを通る車は少ないので、やむなく路駐しましたw

白狩峰 192M 初登頂 2月18日(日)五の沢林道コース 所要3時間

今日もまた、朝から天気が良くないので遠出する気が無くなってしまった○| ̄|_ 雨雲レーダーと、睨めっこして、雪が降らない時間帯を目がけて出かけました☆彡 IMG_5089.jpg 道道28号で当別町弁華別を目指しました、自宅から30km程度ですし1時間もかからないで行けるのが今日の売りです☆彡 雪が降っていましたが昼頃には止むはずなので、かまわず進む。 IMG_5090.jpg 道道28号の弁華別の唯一の信号機です、右に見えるのが旧弁華別小学校の校舎です。 IMG_5091.jpg 木造の超レトロな校舎、校庭には、二宮金次郎の銅像~僕の通っていた小学校も当時は木造でしたから懐かしいです、僕の小学校にも有りました二宮金次郎さんの像!! IMG_5093.jpg 保存状態も良さそうですし、体育館等も残っているようです☆彡 IMG_5092.jpg 開校123年も経っているのに木造校舎が現存しているって凄いですよね~ちと調べてみました。1892年(明治25年)開校~2016年(平成28年)に閉校されるまで、バリバリの現役として使われてきた校舎だそうです。 旧増毛小学校(1878年明治11年に開校~2012年平成24年閉校、北海道遺産に認定)に次ぐ歴史ある校舎です。歴史的な価値のある建造物だと思いますので旧弁華別小学校も是非、北海道遺産として保存して欲しいものです☆彡~雪が解けてから、ゆっくり見に来ようと思っています。 IMG_5094.jpg 学校からさらに道道28号を400M位進むと、青色の笹川農園の看板が道路の左手に有ります、左に入る小道があるので左折してください。 IMG_5095.jpg 左折して道なりに1.8km位、進むとグランド札幌カントリークラブの入り口に至ります。 IMG_5097.jpg ゴルフ場のゲート IMG_5179.jpg グランド札幌カントリークラブ ここを目標にして来ても良いですね。 IMG_5098.jpg ゲートの少し先に除雪された広いスペースが有りましたので駐車しました。ゴルフ場は、4月末まては休みなんで問題は無いと思います。 IMG_5099.jpg 駐車スペースから先は、除雪されていませんでしたので、ココから先は、スノーシューを装着して歩きました。 IMG_5100.jpg 丁度いい感じに雪が止んで、先ずは、平坦な道を1kmチョイ歩きます~湿った重たい雪がスノーシューに付着して足が重たくて難儀しました(T_T) IMG_5103.jpg 廃屋みたいな建物と送電線の鉄塔が見えて来ます。鉄塔の建っている尾根に向かって進んで行きます。 IMG_5106.jpg 廃屋を通過すると斜面が見えて来ます。 IMG_5108.jpg 斜面に沿って道も上り坂になります。 IMG_5112.jpg 送電線の下を通過して、更に上って行きます。 IMG_5115.jpg 鉄塔の有る小高い尾根に上がると少し景色が開けます~弁華別の市街地 IMG_5174.jpg 鉄塔付近から、阿蘇岩山~左が西峰 右が一等三角点の有る主峰 IMG_5127.jpg お隣の峰にある石狩平原カントリークラブ IMG_5137.jpg クラブハウス、リフトも見えます、スキー場もあるようです。 IMG_5128.jpg 札幌方面の眺め、晴れていれば、きっと綺麗な景色が見えると思われます☆彡 IMG_5124.jpg 上り坂は続くのだ、まぁ緩いから全く問題は無いですけどね、それにしても重たい湿った雪は疲れますね。 IMG_5123.jpg 分岐なんかも有るが本線をひたすら直進して下さい。 IMG_5122.jpg 要六沢林道と記されていた。 IMG_5143.jpg 上り坂の頂上付近に林道の標識とゲートが有りました。 IMG_5144.jpg 五の沢線と書かれていた、鎖が張ってあるようだが積雪で見えません~雪が無くなれば、ここまでは、車で上がって来れそうです☆彡 IMG_5139.jpg 標識の近くからの眺め、雲が厚かったΣ(´Д`*) IMG_5145.jpg 更に道なりに進むと道は下り坂になり、左に山頂が見えてくる。 IMG_5146.jpg 道は、登り返しの上り坂になり、ここから右斜面に取り付きました。 IMG_5147.jpg 笹も殆ど無く、歩き易かった☆彡 IMG_5153.jpg 林道から200M位、丘みたいな緩い斜面を上って行く。 IMG_5159.jpg 平たい山頂に到着 IMG_5163.jpg 三等三角点「白狩峰」192.53Mは笹が濃く見つからず、まぁ、とり合えず初登頂\(^o^)/ 山頂は、境界付近になっていて、石狩市八幡町に有り、林道を使って、当別側、石狩側の両方向から登れます。 IMG_5161.jpg 山頂から阿蘇岩山~東峰、本峰 IMG_5173_202002182201381c6.jpg 本峰のレーダードーム IMG_5166.jpg 西峰のレーダー群 IMG_5152.jpg 石狩湾、奥にぼんやりと小樽方面の山並み IMG_5155.jpg 石狩大橋、石狩新港 IMG_5156.jpg 札幌方面の眺め、天気が悪すぎる○| ̄|_ IMG_5151.jpg 暫く山頂に居座って、なんとかモエレ沼公園のモエレ山 IMG_5178.jpg 雪が降り始める前に下山しました☆彡 IMG_5180.jpg 帰路~阿蘇岩山、東阿蘇岩山、ふくろう山 IMG_5183.jpg 中小屋の山並み IMG_5184.jpg NTTドコモ中小屋の紅白のでかいアンテナ塔 IMG_5181.jpg 阿蘇岩山 IMG_5182.jpg 東阿蘇岩山、ふくろう山

ふくろう山 291M 初登頂2月15日(土)当別ダムコース 所要3時間

2月に入り雪の日が多くなり、僕の山行も足止めを喰らった格好に○| ̄|_ まぁ1月が晴れ過ぎたので、これも仕方が無いですよね☆彡 それにやはり暖冬で季節外れの急速な気温の乱高下で雪崩による事故が多発している点も気がかりでしたので、安全第一がモットーな山歩きですから慎重に状況判断をして山選びを進めました☆彡 IMG_5083.jpg 本日のお山は『ふくろう山』当別町の市街地から、道道28号を北へ10数キロ走ると当別ダムが有ります、ダムの管理棟の横の小さな名も無き藪山です~ダム下流から撮りました、当別ダムと『ふくろう山』です、山の左のハゲになっている奥に山頂が有ります、このお山、双耳峰でワンコの耳みたいに南峰と北峰の二つのピークが有りまして北峰に三等三角点「十万坪」が有りますが正式な山名は無く、ダム湖の当別ふくろう湖の横にある山なので登った人が『ふくろう山』と呼ぶようになったと思われます、名も無き藪山ですが山頂部は、木が無くハゲになっている所からの展望が良い山です☆彡 IMG_5086.jpg ダムから下流方向に目をやると~東阿蘇岩山、阿蘇岩山(本峰、一等三角点)、阿蘇岩山東峰 IMG_5084.jpg 阿蘇岩山のピークのレーダー群~阿蘇岩山の山頂部には、航空自衛隊のレーダー基地が有りますので普段は立ち入り制限されているので禁断の山となっております(年に一度だけ開催される阿蘇岩ウォーキングに参加しないと現状は登れません)丸っこいドーム型のレーダーがあるのが主峰で一等三角点阿蘇岩山419Mが有ります、右手が東峰のレーダー、写真には、写っていないけど西峰のレーダー群も有ります。ちなみに僕の趣味は、三角点のコレクションですし普段は登れない禁断のレアな山ですから、去年、阿蘇岩ウォーキングに参加して一等三角点を確認しております(*^^)v 『阿蘇岩ウォーキング』で検索すると直ぐに分かると思います。 IMG_5077.jpg 景色を眺めるのが好きなので、先ずは、山に登らずにブラブラしましたw 当別ふくろう湖を横断する望洋橋からの眺めです。結氷した当別ふくろう湖と正面の山が中小屋の山々です、ひと山越えると中小屋です、右奥のアンテナはNTTドコモ中小屋のアンテナです、でかいアンテナなんで遠くからでも見ることが出来ます。 IMG_5073.jpg 望洋橋から樺戸方面の展望 IMG_5078.jpg 雲が多くて一部だけしか見えませんでした○| ̄|_ IMG_4994_2020021609343319f.jpg ダム管理棟前に移動、駐車場は、大量の雪に埋もれていたので管理棟の横に駐車しました、誰も居ませんでした普段から無人なのかな?綺麗に除雪されていましたけど。 IMG_4987_20200216093435962.jpg 当別ダム概要図~ここから先は、道なりに進むと、道民の森、神居尻地区、一番川地区、厚田、浜益方面へも行けます。 IMG_4990_202002160934384ad.jpg ダムの堤から撮りました当別川、東阿蘇岩山、阿蘇岩山 IMG_4991.jpg ダムの堤から、管理棟、正面にふくろう山~そうそう、今日は、天気が良くないんです、晴れたり、曇ったり、雪が降ったり、だんだん風も強くなり始めて(°_°)のん気にブラブラしていたら吹雪にw IMG_4996.jpg 本日の登山口です!! 管理棟の向かいの斜面から取り付きますが、右側は、落雪、落石防護柵が有りますので登れませんので、防護柵の保守作業の階段の所から上りました。階段は、管理棟の向かいに有るので、すぐに分かります。 IMG_4997.jpg 階段に沿って上がって行きます。 IMG_4999.jpg 階段の上から、ダム管理棟、ダムの堤、左が当別ふくろう湖。右が当別川、僕の車~少し前まで青空も見えていたのに、あっという間に吹雪にΣ(゚д゚|||) IMG_5003.jpg 序盤は、やや急登の藪だらけの斜面でした○| ̄|_ IMG_5005.jpg 当別も雪が少ないのか想定外の藪漕ぎに四苦八苦、尾根に上がるまで続きました(泣) IMG_5006.jpg 尾根が近づくと、藪もおとなしくなって来ます☆彡 IMG_5013.jpg 景色は、藪の合間からふくろう湖がチラチラ見える程度です。 IMG_5009.jpg 尾根に到達~ここが中間地点かな?木に赤い布切れが付けられています、登る人は、いるようです☆彡 IMG_5012.jpg 快適な尾根道、邪魔な木々等を処理しつつ進む。 IMG_5015.jpg 尾根に沿って進んで行くと、急に視界が開けて目の前に山頂部(南峰)が見えて来ます☆彡 IMG_5014.jpg 突然、木が無くなりますので視界が開けます~ふくろう湖、中小屋、石狩月形方面 IMG_5020.jpg 山頂手前に上り坂 IMG_5030.jpg 平たい山頂、大きな木に標識が IMG_5031.jpg 山頂標識の後方の白い丘みたいのが三等三角点 十万坪がある北峰です。 IMG_5034.jpg 山頂標識です、ここは、南峰なんで標高は279Mです、たぶん北峰291Mと誤認して取り付けられています。 IMG_5028.jpg ハゲの山頂部は結構広いので、いろいろな方面の景色が楽しめます、周りで一番高さが有るのは418M阿蘇岩山だけなんで低山ですが見晴らしが良いです、天気が良ければ札幌市内方面まで見渡せそうです、今日は雲で当別の市街地も見えませんね。当別川、道道28号、右端の建物は当別浄水場です。 IMG_5021.jpg 東阿蘇岩山、阿蘇岩山 IMG_5023.jpg 阿蘇岩山の山頂部 IMG_5026.jpg NTTドコモ中小屋の紅白の巨大なアンテナ鉄塔、山に登って真下から見上げたけど、凄い高さが有るんです☆彡 左に小さく見えるのが北海道開発局の中小屋無線中継所かなぁ。 IMG_5025.jpg 中小屋エリアも去年けっこう通いました、241峰、旧中小屋スキー場の山が未踏なんで登り尽くしてしまいたいですね。 IMG_5036.jpg 南峰の向かいの丘みたいに見えるのが北峰です。 IMG_5040.jpg つり尾根で繋がっている北峰 IMG_5041.jpg アップダウンが有りますが少しだけです☆彡 IMG_5048.jpg 北峰もハゲ山ですから歩き易いですし展望が良いです☆彡 IMG_5049.jpg 平たい山頂部に到着です。 IMG_5039.jpg 折角来たのに展望が○| ̄|_ IMG_5038.jpg 結氷したふくろう湖、望洋橋 IMG_5051.jpg 暑寒別も雲の中w IMG_5052.jpg 北峰から南峰 IMG_5047.jpg 暫く様子をみていたが風が吹き始めたので、諦めて、つり尾根を再び戻りつつ帰路につきました。 IMG_5000.jpg 下りの藪漕ぎも大変でしたね、頻繁に笹がスノーシューに絡まり(T_T) 景色観れなくて残念だったから晴れの日にまた来ようかなって、東阿蘇岩山も行こうと思っていたが天気が良くないので帰宅しました。

平和記念塔(仏舎利塔)178M初登頂2月9日(日)遊歩道コース所要1時間

朝から、どんより曇っていたので二度寝した(-_-)zzz 10時頃起きて外を見てびっくり仰天の青空が(°_°) 天気予報も良くなかったので半ば諦めていたのに大外れのブルースカイ○| ̄|_ ひるまず朝、そのまま、出かけていれば良かったと後悔するが万事休す┐(´-`)┌ まぁ家にいてもすることが無いので出かけてみた。 IMG_4917_20200209160543f32.jpg 豊平川に架かる南19条大橋の手前から、藻岩山 IMG_4925_202002091559112d2.jpg ここの橋は、円山、手稲、小樽方面に向かう時に必ず渡る橋で、橋からの展望が良いので、ココから山を眺めて行き先を変更したりしていた☆彡 IMG_4926_20200209160852365.jpg 小滝沢山、恵庭岳、様茶平山、穴沢山、藤野富士、空沼岳 なんとまぁ綺麗に見えているではないか、大失敗ですね、まぁこれから行っても時間的にも無理なんでどこに行くか物色する|ω・`) IMG_4929.jpg で、ここにしました、マンションの左の白い点みたいなヤツ IMG_4918.jpg 藻岩山のロープウェイに乗って上がって行くと途中に見える白いドームみたいな平和塔です~僕の山行は、札幌山びこ山友会さんの『めざせ!札幌150峰』や札幌山歩さんの『百山歩地図』、師匠達のブログや僕が国土地理院の地図から適当に選んだ山を主に歩いています☆彡 平和塔は、札幌150峰の番外編の17山の1つとして紹介されています~ちなみに調べてみたら地味に番外編も登っていたw IMG_4932.jpg 藻岩山のロープウエイの出発駅の右横に遊歩道の入り口が有ります。新型肺炎の影響なのか中国人観光客が殆ど居ないので駐車場もガラ空きでしたから、余裕で駐車できました。 IMG_4933.jpg 建物と案内板の間に遊歩道が有ります。 IMG_4934.jpg 綺麗に除雪もされていたので、これは楽勝だと 長靴でOKだなっと(^^♪ IMG_4935.jpg あれれれれ!!ちょっと先に進んたら除雪は終了でここから先は、○| ̄|_ まぁ除雪されていたのは、入り口とほんの少しだけでした、踏み跡は付いていたけど、埋まったり転んだりとw スノーシューやスキーのトレースも付いていました。 IMG_4942.jpg ご丁寧に標識も設置されていました。 IMG_4946.jpg 雪で一部しか見えなかったけど、遊歩道が整備されているみたいです。 IMG_4936.jpg 木が多くて、道中の景色は良くないです、藪の奥に円山 IMG_4940.jpg 時々、市街地が見える程度でした。 IMG_4943.jpg 道は、斜面をクネクネと曲がりながら上がって行きます。 IMG_4948.jpg 最後は、階段です。 IMG_4953.jpg 山頂に到着、後方に藻岩山、ロープウェイのワイヤーと山頂駅も見えます。 IMG_4957.jpg 塔の後方を通過して行きます。 IMG_4954.jpg 近ずくと、けっこう大きいです☆彡~この白い建物は『平和記念塔』『仏舎利塔』と呼ばれ、昭和36年に、太平洋戦争で亡くなられた方々の冥福と平和を祈るために建てられた塔だそうです。 IMG_4967.jpg 記念碑 IMG_4966.jpg 景色は、木が邪魔で良くないです。 IMG_4965.jpg テレビ塔、右端にモエレ沼公園のプレイマウンテンとモエレ山、更に後方に阿蘇岩山 IMG_4959.jpg 裏側 IMG_4958.jpg 裏に回ると、藻岩山山頂部が見えます、下に向かって更にトレースが付いているので下ってみた。 IMG_4974.jpg 尾根に沿って下って行く、途中、山頂部に向かってスキーやスノーシューのトレースが付いていた、いろんなオリジナルコースを楽しんでいる人達がいるようですね☆彡 IMG_4975.jpg 更にトレースに沿って下ると開けた所に出ます~東本願寺の北海御廟でした。 IMG_4981.jpg 墓地からは、眺めが良いです☆彡 IMG_4977.jpg 芦別岳、冷水山 IMG_4984.jpg 左にロープウエイの駅 IMG_4985.jpg 更に降ると、駅と遊歩道の入り口に戻って来ました~東本願寺は、ロープウエイ駅に隣接していて遊歩道は、道なりに進むと一周して戻れるようになっています☆彡 秋の紅葉の時期に訪れると良いみたいです。

野々沢山(藤野K2)362M 2月5日(水) 登り 車道・降り アンテナコース 所要2時間

暦の上では、立春なんですが、そこは北海道ですから、まだまだ、春は遠いですよね~と云う訳で、本日のテーマは、雪が降ってくる前に帰って来ようです☆彡午後から冬型の気圧配置が強まり雪になりそうで翌日も雪が続きそうな感じなんで、夜勤明けですが、お天気が崩れる前に里山に登ってしまおうと出かけました☆彡 IMG_4916.jpg 場所は、南区藤野の住宅地の裏山みたいな『野々沢山』~2年位前に一度登った事が有りますが、山頂標識が取り付けられたり、全く展望のない藪山でしたが木が伐採されて展望が良くなったみたいなので再訪してみました。コースは、藤野トンネルの上の広い駐車スペースに駐車してスタート、車道コースは、途中に民家が有るので民家の所までは除雪がされています、民家から先は、林道を緩やかに進み斜面に取り付くコースです。もう一つは、NTTドコモのアンテナの保守作業道を真っすぐに進んで行くコースです、こちらは、歩く距離は短いですが除雪は入らない道を進みます、また山頂部の手前に少し急な斜面が有ります。 IMG_4845.jpg 藤野通にある藤野トンネルです、トンネルの上が駐車スペースになります。 IMG_4848.jpg 藤野トンネル、近くには、藤野中学校、西陵高校があります。 IMG_4849.jpg トンネルの上は、民家も数軒で広いスペースが有り、除雪もされているので駐車するには絶好の場所です☆彡付近は、住宅地で道も狭いので路上駐車は出来ないのでココに駐車するのが良いと思います。 IMG_4859.jpg 駐車位置の近くから、左の小山が野々沢山、真ん中にNTTドコモのアンテナ、右の山は、豊見山です。 IMG_4851.jpg 少し小高くなっているのでそれなりの展望~硬石山 IMG_4855.jpg 豊平山、豊栄山 IMG_4856.jpg 八剣山、外山 IMG_4854.jpg 正面奥に砥石山 IMG_4860.jpg 先ずは、登りに使った車道コースです、入り口に木の門みたいのが有ります。 IMG_4861.jpg 民家の所まで除雪されています。 IMG_4862.jpg 民家から先は、除雪は入っていませんのでスノーシュー装着しました。 IMG_4864.jpg 林道みたいな道を緩やかに上って行きます、正面に豊見山 IMG_4865.jpg 右手にチラチラと木の合間から豊栄山 IMG_4869.jpg 笹が出てきて、歩くのを邪魔して来る○| ̄|_ 笹は、スノーシューに引っ掛かかるので疲れます。 IMG_4871.jpg 林道を外れて斜面を上る。 IMG_4876.jpg 山頂への上り。 IMG_4879_20200205201355625.jpg 山頂に到着 IMG_4882.jpg 奥に進むと山頂標識がありました☆彡 IMG_4884.jpg 野々沢山362M CIMG8605_202002052019245e9.jpg 2年前の山頂の様子~山頂標識は無く、木が多くて殆ど景色は見えませんでした○| ̄|_ IMG_4885.jpg しかし、今は、木が伐採されて、中々の良い眺めに変わっていました(*^^)v IMG_4890.jpg 市街地、砥石山には、雲がかかっていました。 IMG_4886.jpg 藻岩山 IMG_4887.jpg 中央が青山 IMG_4889.jpg 八剣山、外山 IMG_4891.jpg NTTドコモのアンテナ IMG_4881.jpg 南側は、伐採されていないので木だらけ|ω・`) 穴沢山、藤野富士 IMG_4900.jpg 降りは、アンテナの保守作業道を下りました。 IMG_4899.jpg アンテナの横を通過します。 IMG_4897.jpg NTTドコモ藤野 IMG_4902.jpg 車まで戻り終了です、雪が降る前に戻りました☆彡 IMG_4907.jpg 帰路、藤野通から、野々沢山、豊平山、アンテナ、豊栄山 IMG_4913.jpg 帰路、藤野通から、岡田の山(藤野マナスル) 藤野3山(豊平山、豊見山、豊栄山)ですが、更に藤野富士、野々沢山、岡田の山を加えて、藤野6山と呼ばれているみたいです、夏も冬も登れる里山ですので6山全部登ってみて下さいな☆彡 藤野マナスルに対して、愛称として藤野K2と呼ばれているみたいです、まぁ本物は、どちらも8千M超の難峰で、こちらは、似ても似つかない300M級の里山ですけどねw 岡田の山は316Mなんで少しだけ野々沢山の方が標高が高いからK2とネーミングしたのかなぁ┐(´-`)┌

中天狗772M初登頂2月1日(土)登り 作業道・降り 尾根コース所要4時間

さてと2月になりました☆彡少しづつ日の出の時間が早くなり、日没の時間が遅くなって来ます、歩くのが遅い僕にとっては、日の出、日没の時間は、非常に重要なポイントになりますので昼間の時間が長くなる事は大歓迎なので有ります(*^^)v 冬は、熊、蜂、蛇、ダニ等も居ませんし、汗だくにならないし、雪山は綺麗だし、転んでも痛くないし、良い事だらけで大好きなんだけど、昼間の時間が短い事、雪が降って天気が悪い日が多いのが問題だった○| ̄|_ しかし今年は、異常な暖冬で晴れの日が多く、1月は、好天に恵まれて10回も行けました、2月もガンガン行きたいです(^_-)-☆ IMG_4843.jpg と云う訳で、本日のお山『中天狗』う~ん、殆ど聞いた事の無い山ですよね、地図で場所を確認するとですね、道道95号の豊羽鉱山の水処理施設の近くに登山口が有ります。左端に親分の定天様、右端に子分の小天狗岳が有ります。『中天狗』は、二つの山の丁度、中間付近に有ります☆彡 だから中天狗って言うのかなぁ? 天狗山シリーズもコレクションしていますので、定天、小天狗岳、銭天、朝里天狗岳、小樽天狗山、栗山天狗山と登頂していますのでココも外せません☆彡 IMG_4710.jpg 道道95号沿いにある豊羽鉱山の水処理施設です、大きな建物なんで直ぐに分かると思います。 IMG_4712.jpg 豊羽鉱山のおしどり水処理場です。 IMG_4714.jpg 水処理場を通過して、すぐ右に入る小道があり、奥に林道ゲートが有ります、この林道を道なりに進むと定天様の登山口にも行けます。ゲートの手前に広いスペースが有り、駐車できます。但し、スコップは必須です。 IMG_4715.jpg 登山口(作業道)の入り口です、右手に水処理施設、正面奥が札幌方面です。 IMG_4840.jpg 入り口に95 9km の標識が建っています。 IMG_4716.jpg 入り口の様子です、左右に鉄の杭みたいのが有り、なんとなくゲートみたいになっています、新雪が少し積もっていましたが、幸運にも先人のトレースが薄っすらと残っていました☆彡 いつもの様に、ピンクテープ取り付けて迷子にならないように登りました☆彡 IMG_4717.jpg 緩やかな上りからスタートです、いきなり急登は疲れるから最初は、楽ちんスタートが良いよね☆彡 IMG_4718.jpg 第一鉄塔に至ります、鉄塔から左に曲がって斜面へ取り付き、本格的な上り坂になります~第5鉄塔まで登ります、距離は短いけど、なかなかの急登ですΣ(゚д゚|||) IMG_4837.jpg 斜面を少し進むと、明瞭な分岐が有りました☆彡 右は、作業道、左は、尾根道に通じています。 IMG_4838.jpg 分岐にピンテをダブルで取りつけたので分かると思います☆彡 楽したいので右折して、作業道を進み、帰路は一気に尾根を下ろうと考えました、しかし、結果的には、選択ミスで、作業道は、邪魔な木や枝が多く、ギコギコ切ったりするのに時間がかかってしまいましたので、尾根道を進んだ方が良いです☆彡 IMG_4725.jpg 作業道は、森の中を歩くので、眺めが良くなかった○| ̄|_ IMG_4727.jpg 第三鉄塔の見晴らしの利く尾根に出て、尾根道コースと合流する~今日は、お昼頃に晴れるみたいなので10時頃に登山口を出発、予定通りに少しづつ晴れてきた☆彡 IMG_4735.jpg 鉄塔の付近は、展望が良いです☆彡 右の白い大きな斜面は、豊羽鉱山の堆積場、その上に小柳峰、更に右奥に無意根山、送電線が通過する2本の白い帯の一番奥に小川峰(未踏) IMG_4728.jpg 左に小柳峰、左奥に無意根山、右に長尾山 IMG_4729.jpg 純白の無意根山 冬は、登ったことが無いから行ってみたいです☆彡 IMG_4730.jpg 長尾山 IMG_4734.jpg 札幌岳方面は、雲に覆われていました。 IMG_4737.jpg 第四鉄塔は、崖になっているので通れませんので、第三鉄塔から第五鉄塔までは、左に見える尾根筋を進みます。 IMG_4754.jpg アップダウン、急登が有ります(息切れがWWWWW) IMG_4765.jpg 雪庇の細尾根も、右は、崖になってます(°_°) IMG_4785.jpg 尾根からの展望 余市岳 IMG_4757.jpg 定山渓小天狗岳 IMG_4761.jpg 尾根からは、小天狗岳の山頂部だけが見えます。 IMG_4762.jpg 正面奥に盤の沢山 IMG_4763.jpg 手前に四ツ峰山、左奥、烏帽子岳、右に神威岳 IMG_4770.jpg 親分の定天様も近くに見えるんだが、木が邪魔で~チェーンソーで切り倒したくなりますよね☆彡 IMG_4816.jpg 第五鉄塔と、鉄塔の右に山頂が見えて来ます(^_-)-☆ IMG_4774.jpg 第五鉄塔に到達、鉄塔の後方が山頂になります。 IMG_4777.jpg 第五鉄塔からの眺め☆彡 IMG_4775.jpg 豊平山、小天狗岳、盤の沢山 IMG_4780.jpg 定天様 IMG_4783.jpg 雪が積もると綺麗です~痺れる岩峰です☆彡 IMG_4790.jpg 山頂への登り~邪魔な木等が多くギコギコ切るのに時間を要した。 IMG_4791.jpg 平たい山頂 IMG_4793.jpg 尾根の一番奥の行き止まりみたいな所が山頂でした。 IMG_4794.jpg 白樺の木に山頂標識が有りました。 IMG_4796.jpg 『中天狗』初登頂\(^o^)/ IMG_4798.jpg 山頂からの展望~左下の白い所は、結氷した札幌湖です、右手前が小天狗岳です。左奥に市街地、八剣山、豊栄山、豊平山、右奥に盤の沢山 IMG_4799.jpg 結氷した札幌湖 札幌湖第一展望台~木挽大橋~時雨トンネル IMG_4803.jpg 綺麗な小天狗岳山頂部 IMG_4805.jpg 帰路~絶景の親分 IMG_4808.jpg 帰路~札幌岳、少し雲が晴れて僅かに山頂が☆彡 IMG_4813.jpg 帰路~尾根の登り返しがWWWWW IMG_4817.jpg 帰路~第三鉄塔から先は、作業道は使わずに、快適な尾根下り☆彡 尾根からの眺めが良いです。 IMG_4834.jpg 木等が無く歩き易い尾根道、作業道なんか行かないで、最初からココを歩けば良かったです、大失敗でしたね、まぁでも急登は有りますので┐(´-`)┌ 見えているのは、第三鉄塔です。 IMG_4833.jpg 親分を眺めながら快適な尾根歩き(^^♪ IMG_4835.jpg 第一鉄塔の手前で作業道に合流、分岐の所に出ます。 IMG_4839.jpg 作業道ゲートに戻りました、前の道は、道道95号です。 IMG_4841.jpg 駐車位置に戻り、終了です、今日も綺麗な親分を眺める事ができました(*^^)v
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-