FC2ブログ

本中小屋170M峰 初登頂3月12日(木)旧スキー場コース 所要2時間

早起きして少し遠くに行くつもりだったが起きたら雪が降っていたのでフテ寝した(;´д`)<萎ェェェ↓ ゴロゴロしていたら昼になってしまったが天気は回復したので、のんびり出かけてみました。日没の時間が遅くなっきたので、近場の山な午後から出かけても大丈夫になったのは僕にとっては、有難い☆彡 IMG_5658.jpg 国道275号 石狩金沢付近~北海道医療大学、阿蘇岩山(西峰、本峰、東峰) IMG_5656.jpg 阿蘇岩山 IMG_5662.jpg 本中小屋山、紅白のアンテナが建っている278M峰、奥に樺戸の山並み IMG_5665.jpg 神居尻山、ピンネシリ、待根山、隈根尻山 IMG_5667.jpg 国道275号~本中小屋170M峰、278峰 IMG_5674.jpg 今日は、JR学園都市線 本中小屋駅前の駐車場に駐車して、駅の後方に見える、本中小屋170M峰(旧中小屋スキー場の山)に登りました☆彡 IMG_5669.jpg 駅舎の後方の白くハゲになっている山が170M峰です。 IMG_5670.jpg 駅のホームから170M峰 IMG_5671.jpg 駅のホームから本中小屋山、278M峰 IMG_5679.jpg 278M峰のNTTドコモ中小屋のアンテナ IMG_5680.jpg 駅から、中小屋温泉の方へ600M位、道なりに真っすぐに進みます~左に170M峰。右に本中小屋山 IMG_5681.jpg 旧スキー場とロッジが左手に見えて来ます。 IMG_5683.jpg 右には、本中小屋山、278M峰 IMG_5684.jpg 道の行き止まりにの所に中小屋温泉(明治37年に開湯して100年以上もの古い歴史のある温泉) IMG_5687.jpg 道路から左折して、旧スキー場への連絡路を進む。 IMG_5689.jpg 電柱に沿って真っすぐに山の方へ進むと、スキー場の案内板やリフト駅が見えて来ます。 IMG_5690.jpg スキー場の案内板 とうべつ中小屋スキー場、町営のスキー場としてオープンしましたが2003年を持って廃業しました、ロッジ、リフト駅、ゲレンデが今も残っています~上りは、ダイナミックコースで下りは、ファミリーコースを歩いてみました☆彡 IMG_5691.jpg 山麓リフト駅から山頂 IMG_5692.jpg ロッジ、まだ十分に使えそうでした☆彡 IMG_5694.jpg ダイナミックコース、序盤は、非常に緩やかな斜面 IMG_5701.jpg 徐々に傾斜が(°_°) IMG_5714.jpg 急登も、たまらずリフターのお世話になりました(汗) IMG_5703.jpg ダイナミックコースは、木が少なくて、眺めが良かったです☆彡 ロッジ、後方に樺戸の山並み IMG_5716.jpg 神居尻山、ピンネシリ、待根山、隈根尻山 IMG_5717.jpg 神居尻山 IMG_5724.jpg ピンネシリ、待根山 IMG_5699.jpg 隈根尻山、三角山、樺戸山、鳥越山、浦臼山 IMG_5720.jpg ゲレンデから眺めは良好です☆彡 IMG_5722.jpg 少し霞んでいますが大雪の山並み IMG_5736.jpg たまたま、列車が来ました、駅舎、僕の車、国道275号 IMG_5741.jpg 山頂リフト駅が見えてきた☆彡 IMG_5745.jpg 山頂駅に着きました。 IMG_5756.jpg 山頂リフト駅、まだそれ程、ボロボロ感は少なくて、安全に乗っかれました☆彡 IMG_5751.jpg リフト駅からの眺め IMG_5768.jpg 本中小屋山、278M峰 IMG_5746.jpg 紅白のアンテナ、右端に北海道開発局の無線中継アンテナ IMG_5755.jpg ちょっと雲が多くてイマイチだけど、晴れていたら、かなりの展望が期待できそうです☆彡 IMG_5757.jpg 駅の後方に、最高点みたいなコブが有りましたので一応、登りました。 IMG_5760.jpg 展望は、藪がひどくて、本中小屋山、278M峰がかろうじて見える程度でした。 IMG_5764.jpg 帰路は、ファミリーコースを下りました。 IMG_5762.jpg ファミリーコースは、コースに木が生えてしまって荒れていました。 IMG_5765.jpg ロッジ、リフト駅、真ん中の青屋根の家の左に小さな、本中小屋駅 IMG_5766.jpg ファミリーコースからの眺め IMG_5770.jpg 山麓駅に戻って来ました☆彡 IMG_5772.jpg 来た道をテクテク戻り、踏切を渡ると左に駅が有ります。 IMG_5675.jpg 駅まで戻り、終了です。 IMG_5773_20200313072042452.jpg 5月の廃線になる前にちと内部を探検(2020年5月をもって、北海道医療大学~新十津川間は、廃線になります) IMG_5776.jpg 客車を改装した内部 IMG_5775.jpg 運賃表~ちなみに、ここから新十津川までだと40キロ位ありまして、運賃は、970円です。 IMG_5774.jpg 時刻表~1935年(昭和15年)全線が開通、1972年に新十津川~石狩沼田が廃線、そして、この度、北海道医療大学~新十津川が廃線になります。道央圏と云う事も有り、赤字路線としては異例の存続がなされていきましたが遂に廃線となります、北海道の開拓、発展に寄与して地域経済とともに歩んできましたが札幌への一局集中は、いかんともしがたく、また北の大地から鉄路が一つ無くなりますね、トトロおじさんは、昭和生まれの人なんで、昭和の時代に愛着みたいのを抱いています☆彡
スポンサーサイト



プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-