FC2ブログ

豊浜漁港の投げ釣り5月12日日(火)所要3時間

昨日は、途中で雨に降られて散々でしたが、今日は、朝から良い天気でしたから、久しぶりにガチ登山に行こうか迷いましたが、やっぱり釣りもしたくて今日も釣りと山歩きのセットにしました☆彡 IMG_8352.jpg 場所は、余市町の豊浜漁港です~あんまり釣れる釣り場では無いですが、人気があんまり無い所みたいで人が少なくて、ついも貸し切り状態なのが気に入り、最近は、ここに通っています☆彡 石狩新港、小樽港、岩内港等の人気の釣り場は、間違いなく人が多いので、このご時世ですから回避したいですよね~釣りも、山も、ワンコも心身のリフレッシュが目的ですので、のんびり海や山を眺める事を優先します。流石に釣果ゼロは困るけど、沢山釣る事が目的では無いです☆彡 IMG_8356.jpg 小規模な漁港です。 IMG_8351.jpg 貸し切り状態なので、思う存分に釣りができます(*^^)v IMG_8329.jpg 防波堤の胸壁が少々、邪魔ですが、それほど高さが無いので比較的に釣り易いです。 IMG_8338.jpg ローソク岩に向かって、思いっ切りフルスイングする。 IMG_8330.jpg 風も波も無く、鏡みたいな海面~俗に言う、べた凪の状態でした。 IMG_8332.jpg 気になる釣果の方は、30分位で待望の1匹目 マガレイ☆彡 IMG_8339.jpg また、30分位経って、次は、アブラコ IMG_8343.jpg またまた30分位で、ガヤ 退屈しない程度にポッリ、ポッリと釣れて来る、流石に何時間も釣れないとフテ寝するか帰ろうか考えてしまいます。 IMG_8345.jpg お次は、カジカくん、ヒレを立てて激怒してます、自分でワナに掛り釣られてしまったのに逆ギレ中┐(´-`)┌ IMG_8346.jpg 7cm位の超小型 ガヤ エサの方が大きいΣ(゚д゚|||) IMG_8349.jpg 〆は、クロガシラカレイ どれもみんな、食べるには、小さいので全てリリースし釣りは終了☆彡
スポンサーサイト



黄金岬 52M初登頂5月12日(火)遊歩道コース 所要1時間30分

次は、国道229号を海を眺めつつ走行して、古平町を通過して、積丹町美国町へとやって来ました。 IMG_8360.jpg 美国町小泊付近から、ポンネアンシチ山、積丹岳、余別岳は、積丹岳の後ろに隠れてここからは見えませんでした。 IMG_8361_20200513192853a66.jpg だいぶ、笹が出て来ているみたいですが、まだ雪は残っている積丹岳の山頂部です~残雪期の山頂からの絶景&尻滑りは、最高です☆☆☆ 超お薦めです☆彡 IMG_8357.jpg 美国漁港、黄金岬、ビヤノ岬、鴎島、宝島 IMG_8359.jpg 美国漁港防波堤、赤灯台の後ろに崖状の黄金岬 IMG_8358.jpg 鴎島、宝島 IMG_8365.jpg 国道229号を道なりに走行して美国町内にある観光案内センターに向かいます~赤い線は、国道229号です。役場、駐在所、セイコーマート等が有るので、すぐに判ると思います。 IMG_8366.jpg 看板~無料駐車場、トイレ、観光案内所、売店等が有ります~黄金岬、町内散策は、こちらに駐車すると便利です、小さな漁村ですから、ぐるりと周っても余裕で歩けます☆彡 IMG_8362.jpg 観光案内所の建物 IMG_8363.jpg 積丹町の観光案内板 IMG_8367.jpg 観光案内所の中のパネルから IMG_8368.jpg 案内所の向かいに駐在所、積丹町役場、役場の後方の崖みたいのが黄金岬に通じる稜線です~稜線上に遊歩道が有ります☆彡 IMG_8369.jpg 案内所から国道に出て、すし店の看板の方へ進みます、丁度、国道が大きくカーブしている所に遊歩道の入り口が有ります。 IMG_8370.jpg すし店の看板の後ろに 黄金岬の案内板が~すしが目立つので、黄金岬のは、目立たないです。 IMG_8371.jpg 遊歩道の入り口に建っています。 IMG_8372.jpg 入り口 IMG_8373.jpg 「自然環境保全協力金のお願い板」 IMG_8374.jpg とっても綺麗に整備されていますので、みんなで協力したいものですね☆彡 IMG_8377.jpg 歌碑があるらしい IMG_8378.jpg とっても歩き易い道です!(^^)! IMG_8379.jpg 役場の裏側を緩やかに上がって行きます。 IMG_8380.jpg 桜も終わって、いよいよ北海道にも新緑の季節の到来ですね、緑が鮮やかです☆彡 IMG_8381.jpg 木の間から町内、漁港等が見えます IMG_8384.jpg 木が邪魔ですよね IMG_8383.jpg 案内標識 IMG_8385.jpg 途中のお休み処なんかも設置されています☆彡 IMG_8386.jpg 反対側のビヤノ岬側の眺め~うーん藪が邪魔だなぁ IMG_8389.jpg 物好きおじさんですから、藪漕ぎして崖の際まで行って観ました☆彡 ビヤノ岬、鴎島 IMG_8388.jpg 鴎島 IMG_8387.jpg ビヤノ岬、鴎島、宝島 IMG_8390.jpg 鴎島、宝島~急ぐ必要は全く無いので、のんびり、気ままに散策して海を眺めます☆彡 IMG_8395.jpg 「松山千春ロマンの碑」 IMG_8396.jpg 松山千春さんの曽祖父が美国町のゆかりの人物と云う事なんですね(°_°) IMG_8397.jpg 歌碑の近くからの眺め~藪漕ぎしなくても観れますね☆彡 IMG_8382.jpg 厚苫岬、大森山、市街地 IMG_8398.jpg パワースポットなんですね(萌´д`)モエェ↑ IMG_8404.jpg 海の色が綺麗ですね☆彡 IMG_8401.jpg 底まで見えます IMG_8403.jpg 宝島 IMG_8405.jpg 更に遊歩道を景色を眺めながら進む IMG_8408.jpg 美国漁港、厚苫岬、大森山、白い建物は、漁協の製氷所です。 IMG_8411.jpg 展望台の手前の左側に三角点が有りました。 IMG_8412.jpg 雑草が IMG_8413.jpg 整備しました☆彡 IMG_8419.jpg 保護石4個も設置されている贅沢な四等三角点です。 IMG_8414.jpg 四等三角点「黄金岬」52.9M IMG_8418.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ IMG_8420.jpg 三角点から、少し先に進むと、山頂展望台です。 IMG_8423.jpg 立派な展望台 IMG_8424.jpg 案内板 IMG_8440.jpg 上から見るとハートの形をしているから、恋愛成就、良縁、開運なんだぁ まぁドローンでも飛ばすか、ヘリにでも乗らないとハートの確認は出来ないですけどね┐(´-`)┌ IMG_8425.jpg 入り口 IMG_8437.jpg 内部の造りも綺麗です☆彡 IMG_8430.jpgIMG_8431.jpg かなぁ┐(´-`)┌ IMG_8428_20200513215335e9e.jpg ポンネアンシチ山、積丹岳 IMG_8438.jpg 泥ノ木山 IMG_8441.jpg 漁港と市街地 IMG_8442.jpg 綺麗な海 IMG_8432.jpg 宝島 IMG_8443.jpg 宝島 IMG_8444.jpg 遊歩道には、他にも出入り口が2箇所あるので、そちらにも行って見ました~まず茶志内稲荷神社側の出入り口へ行って見ました~分岐を右へ進みます。 IMG_8445.jpg こちらの道も、歩き易いです☆彡 IMG_8446.jpg 神社の赤い鳥居が見えて来ます。 IMG_8447.jpg 鳥居の横に茶志内稲荷神社が有ります。 IMG_8449.jpg 鴎島、宝島が綺麗に見えました。 IMG_8450.jpg 更に道なりに進むと出入り口の案内板 IMG_8451.jpg 道路脇には、標識が建っています☆彡 IMG_8452.jpg 石碑が有り、海岸へ出られます IMG_8453.jpg 右手に黄金岬です展望台の屋根が見えます。 IMG_8454.jpg 黄金岬 IMG_8456.jpg 鴎島、宝島 IMG_8466.jpg 海が綺麗でした☆彡 IMG_8467.jpg 黄金岬 IMG_8461.jpg 黄金岬を貫通するトンネルが有り、美国漁港側と行き来する事が出来るようになっています。 IMG_8462.jpg 茶津トンネルです IMG_8464.jpg 1977年 茶津トンネル~御年43才 古びた感じのトンネルです、夜中に歩いて通るのは少し怖いかもΣ(゚д゚|||) IMG_8465.jpg 岬側の奥には、使われなくなった旧トンネルも有りますよ、ゴミ置き場みたいになっていますが向こう側に行けそうな感じ(°_°)だけど、明かりは無く真っ暗な内部を歩くのは、気味が悪く止めましたzzzzz夜中に肝試しなんかしたら面白いかも知れませんよね(;´д`)<萎ェェェ↓ IMG_8470.jpg 茶津トンネルを進み、美国漁港側へ向かいます~歩道は無く、昼間でも薄暗いです┐(´-`)┌ IMG_8476.jpg 道道568号線です IMG_8471.jpg 美国漁港側の茶津トンネルの出入り口です~こちら側のトンネルの左にも黄金岬への出入り口が有りました。これで黄金岬への出入り口が3箇所有ることが判りました☆彡 IMG_8474.jpg トンネルの左脇に石段が有り遊歩道につながっています。 IMG_8472.jpg 駐車場は、観光案内所の駐車場を利用して下さいの案内板~海水浴シーズンは混雑するらしいです。 IMG_8478.jpg 漁港もブラブラしてみました~防波堤から黄金岬 IMG_8480.jpg 港内から、赤灯台の黄金岬防波堤、厚苫岬、大森山、白い建物は、漁協の製氷所 IMG_8481.jpg 港から5分くらいで、観光案内所に戻れます~のんびり綺麗な海を眺められるコースです☆彡

旧手稲鉱山跡 5月12日(火)所要1時間30分

元々、炭鉱、鉱山、油田、土木遺産等に興味があり北海道の開拓の歴史を山歩きと絡めて楽しんでいる僕ですから、以前より、東洋有数の金山が有った手稲鉱山にも行って見たいと思っていましたので、美国の帰り道に寄ってみました☆彡 敷地は、三菱マテリアルの管理地になっていて立ち入り禁止になっていますので、見物は、出来ない事になっていますので行かれる人は、自己責任で行く事になるので、お勧めは出来ません。個人的な見解ですが、かなり立派な遺構が残っていますので、貴重な歴史遺産として保存して、遺構巡りツアーなんかを開催して、観光資源としても活用できると思っています~遺構は、大規模な鉱山でしたので広範囲に渡って点在していて、手稲山北尾根コースの乙女の滝付近や滝の沢付近にも見ることが出来ますし、コースから外れて山中に分け入れば未知の遺構も有るかも知れません。まぁ手稲山も熊が沢山いるので十分な警戒は必要ですけどね(°_°) IMG_8485.jpg 手稲区稲穂の某所よりスタートしました。 IMG_8541.jpg 入り口のゲートは施錠されていて、立ち入り禁止に~けど、笹薮には、踏み跡が有りましてゲートを迂回して中に入れました、こっそりと観に来る人がそれなりに居る様ですね(°_°) IMG_8488.jpg 道は、車道みたいで広く歩き易いです IMG_8489.jpg 道なりに進んで行くと遺構が見えて来ます☆彡 IMG_8490.jpg 広い広場みたいな敷地に巨大なコンクリの遺構がど~んと現れます。山全体が巨大な選鉱所って感じです、斜面にそって山頂部付近に向かって建物が立ち並んで荘厳な感じが良いです☆彡 IMG_8491.jpg JR白石駅よりも遥かにデカイです(。Д゚; 三 ;゚Д゚) IMG_8492.jpg 古代ローマ時代の闘技場(コロセウム、コロッセオ)みたいな感じ IMG_8493.jpg グラディエーターの不屈の剣闘士役のラッセル・クロウさんが今にも、出て来る感じ(っ^ω^)っ IMG_8494.jpg 重厚な造りです IMG_8495.jpg 適度な廃墟感も良い感じです IMG_8497.jpg 藪漕ぎ、急登ですが奥の建物も観てみたいので登りました☆彡 IMG_8498.jpg 遺構が点在しています、山奥って感じ、やはり熊には要注意ですね!! IMG_8502.jpg 上の建物もゴツイしデカイです IMG_8501.jpg 味わいがあります廃墟感が伝わって来ます IMG_8504.jpg 屋根に乗っかって展望をと IMG_8509.jpg 足元がzzzzzz IMG_8508.jpg 転落するとヤバイ高さ IMG_8505.jpg ヤバイけど景色は良いです\(^o^)/ IMG_8510.jpg 石狩湾、石狩新港、厚田方面の展望が開けます(*^^)v IMG_8513.jpg 最上部の建物まで上がりました~中々の藪漕ぎ&急登でした┐(´-`)┌ IMG_8514.jpg 大規模な選鉱所でしたね IMG_8518.jpg 水が貯まっている所も IMG_8519.jpg 遺構に沿って更に藪を漕いで進むと IMG_8520.jpg 広場みたいな平らな広い空き地に出ます、昔はここには、何が建っていたのかなぁ IMG_8522.jpg 辺りをキョロキョロと見渡すと、道の奥に坑口みたいなものを発見!! IMG_8524.jpg 坑口の手前に有りました~発破の保管庫??? かなぁ それとも繰り込み所の跡で、キャプライトの保管庫かな? IMG_8525.jpg 更に道なりに進むと坑口です IMG_8531.jpg 金山川に架かる小さな橋を渡ります IMG_8529.jpg 橋のプレート IMG_8526.jpg 星置通洞抗跡です鉱石をあの巨大な選鉱所まで運ぶ為のトンネルです~手稲金山(手稲鉱山)は、北海道札幌市手稲区にあった鉱山。 明治20年代半ば、星置で農業をしていた鳥谷部弥平治(とりやべやへいじ)が、偶然、金鉱脈を発見、とっかかりは、星置川で偶然に砂金を見つけた事から始まったらしいです 大正に入り、元道庁の技師、石川貞治が鉱業権を取得、手稲鉱山と命名。滝ノ沢川上流の黄金沢に金鉱を見つけるも、資金難となり閉山。 1928(昭和3)年、広瀬省三郎(ひろせしょうざぶろう)が鉱業権取得、選鉱場を建設。金価格の高騰や、国の産金奨励策などが重なり軌道に乗り、1934(昭和9)年には軽川駅(現・手稲駅)近くまで、鉄索(ケーブル)を敷設し、1934(昭和9)年には約3万4千トンを出鉱した。 1935(昭和10)年より三菱鉱業が経営に参加、12月には全権利を買収。1937(昭和12)年、現在のテイネオリンピアの裏辺りに小規模な選鉱場を建設、選鉱後に香川県の直島精錬所へ送った。さらに鉱石を選鉱場まで運ぶ4kmに渡る地下トンネル 「星置通洞」を建設した。1940(昭和15)年から1942(昭和17)年までの出鉱量は約185万4千トンに上ぼり、東洋一の金山、鴻之舞鉱山に次ぐ勢いであった。 1943(昭和18)年4月より国策が転換、手稲鉱山も金山としての操業は停止、銅鉱山として操業した。 終戦後は更に規模が縮小、1950(昭和25)年秋には休山状態となった。 1954(昭和29)年に荒川鉱業へと経営を譲り、一時は産金量を上げるも行き詰まる。1957(昭和32)年から千歳鉱業が経営、一時は終戦直後の水準に戻すもその後低迷。 1971(昭和46)年閉山 山全体が巨大な鉱山で鉱山町が形成されてゴールドラッシュに沸いた一時代を築きました~手稲金山の地名が今も残って使われていて、当時の往事を物語っています~貴重な歴史遺産として後世に伝えるためにも保存して、公開する道を願っています☆彡 IMG_8528.jpg かなり経年劣化が進んでいますが星置通洞の文字が読み取れます~昔のものですから、右から読んで行くんですね!! 今の人ならば、洞通置星って読んでしまいますよね、こんな所にも当時の歴史を感じますよね。 IMG_8534.jpg 道は、更に上に向かって伸びていますが、長時間の探索は、やはり立ち入り禁止なんで気がとがめるのでこの辺で下山しました~巨大な選鉱所が見れたし、星置通洞も確認できたので良しとしました、次回は、手稲山北尾根コースから滝の沢を探検したいと思っています、星置の滝、乙女の滝、滝の沢の滝を眺めつつの散策もお薦めです☆彡 手稲山の山頂までとなると、けっこうな距離のロングコースが楽しめます、ちなみに僕は、滝は、周ったことは有るけど、流石にあそこから山頂までは歩いたことは無いですzzzzzz 健脚自慢の諸氏のみなさんは挑戦してみて下さい。 IMG_8535.jpg 金山川に沿って管理道が付いていて、藪漕ぎしないで降りれました☆彡 IMG_8539.jpg 道なりに降りると始めの巨大な選鉱所の所に戻れました。 IMG_8547.jpg これは、水仙ですね!! 山菜パンターでは無いけど、最近、アイヌネギをよく見かけるので、区別がなんとなくつく様になりました(*^^)v まぁ、素人なんでお腹壊したくないから採らないけどね☆彡 IMG_8546.jpg 駐車地点に戻り終了です。ここは、2台位、置けます。 IMG_8544.jpg 高台なのでそれなりの見晴らし IMG_8543.jpg 石狩新港 PS 鴻之舞鉱山(こうのまいこうざん)は、北海道紋別市にあった鉱山。金・銀・銅などを産出した。 1915(大正4)年発見~1918(大正7)年には学校、病院、社宅が整備され、映画など福利厚生施設も整えられていった。1927(昭和2)年に、金の産出量が全国3位、1936(昭和11)年には2トンを超えて全国1位、東洋一位となったが1973年(昭和48年)に閉山しました。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-