FC2ブログ

旭展望台 190M 初登頂7月21日(火)遊歩道コース 所要1時間

朝起きて、雨雲レーダーを観ると、お昼頃までは、雨は降らないようなので小樽の低山巡りに出かけてみました。雨が降り始めたら直ぐに撤収できるので、こんな感じの日にピッタリの低山を選びました。
sinai_yuhodo_koiki2_20200722071807cb1.png
小樽は、山に囲まれた丘陵に市街地が広がり、坂道いが多い港町として知られており天狗山、毛無山等から綺麗な景色を眺める事が出来ます~今日は、そんな絶景が観られるポイントから、あんまりメジャーでは無い旭展望台に遊歩道を使って登ってみました。小樽駅の裏山って感じです、船見坂を上がって富岡に入ります、住宅地で遊歩道の入り口が判らず迷走してしまいました標識が無いのが痛いです。
IMG_1005.jpg
迷走して辿り着いた入り口です~住宅の前を通って正面奥の森の中に入ります、右の森の上に展望台が有るはずです。 IMG_1004_20200722075038ab8.jpg 長橋1丁目5番地~地図では、清陵中学校や富岡に入り口が有るはずなんですが、見つけられませんでした。ここも案内標識等は、有りません○| ̄|_ いつもの様に迷子にならない様にピンクテープ取り付けました☆彡 IMG_1007.jpg 荒れた入り口 IMG_1008_202007220750416a1.jpg 荒れた道、なかなかの上り坂 IMG_1041_20200722080330efa.jpg 途中、藪の合間から、手宮富士 IMG_1042_20200722080331333.jpg 赤岩山の山頂部のアンテナ群 IMG_1010.jpg 坂道を道なりに上がるり、旭展望台への配水設備の建物前を通過する。 IMG_1011.jpg 小さな分岐を右折する~標識が無いので、ここでも少し迷いました○| ̄|_ IMG_1012.jpg やっと遊歩道らしい道になった、安堵する☆彡 IMG_1014.jpg 大きな分岐、左折して坂を上がります。ちなみに真っすぐに行くと東屋が有るらしい。 IMG_1015.jpg 坂道を上がり切ると展望台の駐車場に出られました(*^^)v 迷走したけど、なんとか到着です。 IMG_1016.jpg トイレも有る広い駐車場 IMG_1017.jpg 保安林かなり広いですね IMG_1018.jpg 現在地 IMG_1019.jpg せっかくだから見に行きましょう~小樽ゆかりのプロレタリア文学作家 IMG_1022_20200722082516181.jpg 階段 IMG_1023.jpg 多喜ニと云えば 蟹工船ですよね、思想弾圧による不当逮捕、特高警察の拷問により29歳の若さで非業の死を遂げました~思想信条の自由が認められていなかった暗黒の時代のお話です。 IMG_1025_2020072208444910c.jpg 案内図 IMG_1024_20200722084451826.jpg では展望台に~駐車場から道なりに真っすぐに進みます。 IMG_1027.jpg 森の中に見えて来ます。 IMG_1029.jpg 展望台到着 IMG_1030_20200722084457990.jpg 標高190Mです\(^o^)/ IMG_1032_20200722085156adb.jpg 赤岩山、下赤岩山~木が茂ってしまっていてイマイチですね~全体的に伐採の要アリと認☆彡 IMG_1033_202007220851578c7.jpg 手宮公園、高島方面、薄っすらと暑寒別、南暑寒、樺戸の山並み IMG_1035_20200722085158723.jpg 小樽築港、朝里方面 IMG_1034_20200722085200dbd.jpg 石倉山、小樽内山、毛無山等 IMG_1038.jpg 霞んでいるけど石狩新港 IMG_1006.jpg 車は、やむなく、道幅の有る道路に路駐しました。停める所が無いです(>_<)
スポンサーサイト



厩山 46M 初登頂 7月21日(火)厩神社コース 所要1時間

手宮のホーマックへ移動します☆彡 IMG_1044_20200722092701fea.jpg ホーマックの広い駐車場に停めました、一応、買い物もした(*^^)v ここからの眺めも悪くないですね、天狗山や港が一望できます☆彡 IMG_1043.jpg 向かう山は、ホーマックの向かいの崖みたいてな所です、手宮公園もあります。眺めが良さそうなんで行ってみました。 IMG_1045_20200722093458687.jpg 風呂屋から左に入ります。 IMG_1047_20200722093500385.jpg 住宅地の坂道を上がって行きます。 IMG_1048_2020072209365306f.jpg 坂道が多すぎます(汗) IMG_1059.jpg 神社を通過します。 IMG_1058_20200722093503720.jpg 厩稲荷神社 IMG_1052_20200722094152580.jpg 神社を通過すると、左に小道があるので道なりに進む。 IMG_1054.jpg 労せずして三角点の標識を発見 IMG_1056.jpg 崖の上なんで、景色もそれなりに良い☆彡 下に見えるのは、ホーマックの屋根です。 IMG_1055.jpg 藪を刈り取って三角点を確認しょうとしていたら、アブみたいのが一匹 手で振り払って、刈り続けていたら10匹位が藪から出てきて、変な音がアレこいつは、変だなって思ったら右手に激痛が~しまったΣ(゚д゚|||)こいつ等 ハチじゃんてやっと気がついたが後の祭りってやつでした○| ̄|_ どうやら藪の中に巣が有ったみたいです~藪ヘビじゃなく、とんだ藪ハチとなりました(;´д`)<萎ェェェ↓ 走って逃げつつ、追撃してくるヤツはトレッキングポールで応戦しつつ離脱に成功☆彡 まぁ刺されたのは、右手の指だけで、少し痛いけど大した事は無いと思い山行を続けました~しかし、これが、後で(T_T)

本田沢 108M 初登頂7月21日(火)作業コース所要1時間

ホーマックまで戻り、ハチ騒動で紛失したハサミを買い休憩、指は、痛いけど、まぁ支障は無いからお次の山へと☆彡 IMG_1082.jpg 手宮公園の駐車場に移動、ここなら安心して停められる、ここから本田沢まで約1キロ、ハイキング気分で歩けるのだ。 IMG_1060_20200722102326779.jpg 手宮公園も高台なので眺めが良い所が有りますね、桜も綺麗らしいので来年に出もまた来てみたいです~手前に手宮富士、右奥に塩谷丸山です。余談ですが港から上がってくる長い坂道を地獄坂と云ってかなりの急こう配な道らしいです僕的には、歩きたくないルートですねΣ(´Д`*)室蘭、函館、小樽等、坂の多い町は容易じゃ無いな。 IMG_1061_20200722102319797.jpg 神社を通過して農作業道みたいな道を進む、殆ど起伏が無いです☆彡 IMG_1063_2020072210232037a.jpg 白っぽい建物を通過 IMG_1062_2020072210232122d.jpg 配水池なんだ IMG_1064.jpg 道なりに平べったい尾根を進む、赤岩山が見えてくる。 IMG_1065_20200722102324adc.jpg 山頂アンテナ群 IMG_1072_20200722104842254.jpg 下赤岩山 IMG_1069.jpg 平たい尾根からの眺めが良いです小樽天狗山~於古発山~遠藤山~桃内毛無山~塩谷丸山 IMG_1070.jpg 小樽天狗山 IMG_1068_202007221050498db.jpg 遠藤山、桃内毛無山、塩谷丸山 IMG_1080.jpg 農作業小屋みたいのが見えてくる IMG_1079.jpg 小屋を通過してすぐ左の木の近くに三角点が有りました。 IMG_1073_20200722110257a40.jpg 農作業をしていたマダムに挨拶して、事情を説明したら、なんとビックリ三角点の場所を教えてくれました☆彡 IMG_1073_20200722110257a40.jpg 難なく発見!! IMG_1074.jpg 笹刈り整備しました。 IMG_1075_2020072211085631a.jpg 四等三角点「本田沢」108.42M IMG_1077.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/

源山 160M 初登頂 7月21日(火)中野植物園コース 所要1時間

お次は、最近、登る人が増えて来ている旬の山の源山です☆彡 IMG_1083_2020072211270862f.jpg 小樽市清水町にある中野植物園に移動します~なんと明治41年ですから100年以上の歴史がある私設の植物園です☆彡源山は、園内に有りますので、入園料200円が必要です☆彡 IMG_1118_20200722112709b89.jpg 有料で御座います☆彡 IMG_1119_20200722112711a6b.jpg 付近に駐車スペースは無いので、駐車場代に200円使ったと思えば、何の問題も無いですね(*^^)v IMG_1116_20200722112712d2b.jpg 今時期のお花ですかね。 IMG_1092_20200722113821034.jpg 雨の心配が有ったので園内散策はパスして山へ直行 IMG_1093_2020072211382242c.jpg 家の奥に登山口が有りました。整備されています☆彡 IMG_1117.jpg 有料です。 IMG_1094.jpg 道なりに上り坂を進みます IMG_1095.jpg やぶ蚊の猛攻に晒されつつ急な坂を上がる○| ̄|_ IMG_1097.jpg 岩エリアに至る IMG_1098_20200722114328efb.jpg 手すりが取り付けられています、コレは助かります(*^^)v IMG_1099.jpg 上り詰めたら観音像 IMG_1112.jpg ここから天狗山が見えます。 IMG_1101_2020072211510641f.jpg ここから先は、藪漕ぎです、笹や枝は、切り払い進みました☆彡 IMG_1108_20200722115411990.jpg 藪の合間から海が見えます。 IMG_1102.jpg 山頂です。 IMG_1104_202007221154081ea.jpg 標識も設置されました。 IMG_1105_20200722115409e2a.jpg 変わった石柱、誰かが寄進したのかな? IMG_1091.jpg 雨が降る前に戻れました。家の後ろが源山です☆彡
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-