FC2ブログ

定山渓小天狗岳 10月19日(月) 定山渓ダム資料館コース  所要3時間

先日、降雨により日没時間切れになり登れなかった小天狗岳にリベンジしました~調べてみたら初登頂から3年以上が経っていて、超久しぶりの2回目になりました☆彡 IMG_4998.jpg 先ずは、さっぽろ湖の第一展望台から、定山渓小天狗岳 IMG_4999_202010201020110c3.jpg 真ん中が山頂ですが、木に覆われていて展望は皆無ですので、今日は、山頂の左の三角の岩峰に寄り道して、藪を開削して絶景を堪能しようと思っています(^^♪ 山に登る主たる目的は、綺麗な景色を眺める事ですから多少の冒険もしますw IMG_4966_202010201029370f3.jpg 第一展望台から、定山渓ダムの堤 IMG_4967_20201020102939e09.jpg 少し雲が多いのが残念でしたが風が無く、鏡のような湖面を観る事が出来ました☆彡 IMG_4987_20201020102939f66.jpg 正面奥に中天狗 IMG_4971.jpg 第四展望台から、小天狗岳、左奥に札幌岳~さっぽろ湖には、1~4までの展望台が有り、いろいろな景色を愉しめます IMG_4972_202010201037461af.jpg 第四展望台から、定山渓天狗山 IMG_4974_20201020103748ce0.jpg 第四展望台から、四ツ峰山 IMG_4997_20201020104342c96.jpg 四ツ峰トンネルの絶景ポイントから、定山渓天狗山 IMG_4996_202010201043439f6.jpg Ⅰ峰 Ⅱ峰 Ⅲ峰 CIMG4841_20201020104619c96.jpg ダム下流ひろば園地へ移動しました☆彡 IMG_5027.jpg 定山渓ダム~重力式コンクリートダム、堤高117M、堤の長さ410 、豊平峡ダムよりもデカいです IMG_5015_20201020224605c46.jpg 放水口 IMG_5010.jpg 豪快 IMG_5012_202010210545536e0.jpg 飛沫が虹になっていました(^^)v IMG_5018.jpg 堤の高さがあるので見栄えが良いですね IMG_5026_20201021055223c38.jpg 下から見上げると首が痛くなります(°_°) IMG_5017.jpg 駐車場からダム資料館、登山口は、資料館の後方に有ります IMG_5023_20201021055729b8f.jpg 遊歩道が整備されていて、駐車場から資料館、登山口、堤の上の展望台に行けるようになっています IMG_5020_20201021060150ecc.jpg ダム資料館 IMG_5034_20201021060930102.jpg 遊歩道の途中から撮りました、堤の上は、道道1号線になっていて駐停車禁止ですので、堤の上から景色を観たい人は下から遊歩道で上がるしか手段は有りません☆ IMG_5021_20201021060324326.jpg すぐに登山も良いんだけど、ダムとかも好きなんで色々な位置や角度から眺めました(^^♪ IMG_5031_20201021062054e9b.jpg 上の方から駐車場 IMG_5037.jpg せっかくなんで、階段を上がって堤の上にも行きました~この階段がとっても疲れました(汗) IMG_4961.jpg 堤の上から、さっぽろ湖、木挽橋、第一展望台 IMG_5006_20201020102941443.jpg 小天狗岳、定山渓天狗山、第一展望台 IMG_4962.jpg 堤の上から覗き込むΣ(゚д゚|||) IMG_4963_202010210620531e8.jpg 上からの眺め IMG_5035.jpg 観光は終了です☆彡 では、登山口へ IMG_5036_20201021062717382.jpg 標高は、大した事は無いですが急登が続くので、上りに時間がかかります、ゲートは17時で閉鎖(施錠)されるので、ゆとりを持って上った方が良いと思います☆彡 IMG_5038_20201021062719f7c.jpg 味の有る旧い標識 IMG_5039_20201021062720928.jpg 入り口は、緩やかですが.... IMG_5040_20201021063700e03.jpg 直ぐに、上り坂になり、以降~山頂まで、大半が急登を含む、上り坂が続きます┐(´-`)┌ IMG_5041_202010210655423f9.jpg 道道1号の陸橋の下を潜ります IMG_5042.jpg 序盤の道は、雨が降ると、すぐに泥濘になりますし、急登もあるので、天気が良くない日は、登らない方が無難な山です☆彡 個人的には、靴がドロドロになるのは嫌なので、泥濘の山は嫌いです。 IMG_5044.jpg 神威トンネルの陸橋の下を潜ります IMG_5043.jpg 工事が終わって、身体を折り曲げなくても通れました(^^)v CIMG4867_2020102107132350d.jpg 3年前は、工事中で、四つん這いになり、赤ちゃんみたいにハイハイして通らないと行き来出来ない位の天井の高さでした(;´д`)<萎ェェェ↓ 僕は身体が硬いので曲げ伸ばしが非常に苦手ですから、この時の苦痛がトラウマになり。この山には、寄り付かなくなりましたw IMG_5045.jpg 3箇所程度ですが倒木も~倒木も体が硬いので苦手です(;´д`) IMG_5051_20201021093306e73.jpg 後半にならないと展望は皆無なので、ひたすら森歩きの上り坂を進みます IMG_5054.jpg 前は、急な坂にもロープは無かったけど、かなり整備されていました☆彡 IMG_5062.jpg 以前は、階段は、ボロボロで非常に歩き難い所が多かったですが現状は、階段も整備されて、歩き易くなっていました(^^)v IMG_5063.jpg 途中の岩峰に着きました IMG_5134_202010210941275fb.jpg 少々、危険なんで、ロープが張られています~まぁでも、綺麗な景色を観たいので、僕は、自己責任で登ります IMG_5067.jpg 藪刈りしつつ上がりました IMG_5066.jpg この岩の紅葉が綺麗です IMG_5068_20201021094456e99.jpg 岩紅葉が綺麗です IMG_5087.jpg 目指すは、あの岩です☆ IMG_5073_202010210949089ce.jpg 端っこの先端部に到着~真っすぐに立つ事が出来るスペースが有りますし、木が左右にあるので、それほど危険では無いです。ただ、この岩の先に乗っかる勇気は僕には無いですw IMG_5075.jpg 岩の横から覗くと~綺麗な景色が☆彡 IMG_5081_20201021095612a0d.jpg さっぽろ湖、定山渓ダム、駐車場、発電所 IMG_5078_20201021105051000.jpg 駐車場、発電所 IMG_5083_20201021095614127.jpg 少し移動も出来ます~さっぽろ湖、木挽橋、烏帽子岳、神威岳 IMG_5082.jpg 良い感じ(^^)v IMG_5070.jpg 烏帽子岳~神威岳を横から観られるので縦走路がバッチリ見えるんです☆彡 見た目は、なだらかに見えるけど、急降下、急上昇があり、ちいさなアップダウンも有るので、尾根の往復にもそれなりの時間がかかります IMG_5084_20201021103004331.jpg 烏帽子岳 IMG_5085.jpg 神威岳 IMG_5072.jpg 無意根山 IMG_5077_20201021095609414.jpg 札幌岳 IMG_5076.jpg 定山渓温泉街、夕日岳、一の沢、豊平山、藤野富士 IMG_5071.jpg 温泉街、一の沢、藤野3豊山 IMG_5089_20201021104303a1d.jpg 木の間から、山頂を観ることが出来る☆彡 IMG_5074.jpg 休憩しつつ、絶景を堪能(^^♪ IMG_5092_20201021104631128.jpg 本線に復帰して、また、ひたすら上り坂を進む IMG_5107.jpg 階段&ロープ場の急登 IMG_5097_202010211102394d6.jpg 急登が連続します~整備されているので歩き易いです☆彡 IMG_5106_202010211107027c9.jpg 急登部が終わり、緩い尾根から景色が見えます☆彡 IMG_5103_2020102111065776a.jpg なかなか☆彡 IMG_5128_202010211107071d2.jpg 良いですなぁ(^^)v IMG_5111.jpg 手稲山 IMG_5104.jpg 八剣山、一の沢、藤野の馴染の山々、奥は、北広山、島松山 IMG_5108_20201021111421ea3.jpg 最後の緩い坂を上がると IMG_5120.jpg 山頂です☆彡 IMG_5119.jpg 有りがちなオブジェが設置されていますが IMG_5121.jpg 山頂は、木が茂って展望は皆無です○| ̄|_ 辛うじて、余市岳と定山渓天狗山~せめて、余市岳や定山渓天狗山くらいは、見えるようにして貰いたいでね☆ IMG_5118.jpg 三角点 IMG_5116.jpg 山頂標識 IMG_5137_2020102123441398d.jpg 登山口に戻りました IMG_5138.jpg あとは、遊歩道を歩いてダムを眺めながら駐車場へ下りました☆彡
スポンサーサイト



野々沢山(藤野K2)362M 10月19日(月)NTTアンテナコース 所要1時間

小天狗岳の帰り道、時間が少し余ったので立ち寄りました☆彡 IMG_5139_2020101923450929c.jpg 藤野通りの藤野トンネルの上の広場みたいな道路に駐車して、テクテク歩きました IMG_5140.jpg 住宅地の後ろの森に左から、野々沢山、NTT藤野のアンテナ、豊見山 IMG_5141.jpg アンテナの方の森へ直進 IMG_5142.jpg T字路 IMG_5143_2020101923451405c.jpg 左折すると直ぐに右手にアンテナの保守作業道の入り口が有ります~熊に注意の看板とピンクテープが付いています☆彡 IMG_5144_20201020083244b4b.jpg 道なりに進むだけです IMG_5146_202010200832452d1.jpg 緩やかな上り坂 IMG_5147_20201020083246ea8.jpg 右手にアンテナが見えてくる IMG_5148.jpg NTT藤野のアンテナ IMG_5149.jpg フェンスに沿って直進 IMG_5151_202010200832517d8.jpg 広いT字路に出と IMG_5152_2020102008325226a.jpg 左折して直ぐに登山口の標識が有ります~前は、確か無かった標識が...ここも知名度が上がったのかな IMG_5156_20201020084722d84.jpg あとは、ピンテに沿って登るだけです IMG_5156_20201020084722d84.jpg 尾根への上り坂 IMG_5158_20201020084723476.jpg 山頂への上り坂、なかなかの急登です~さすがK2ですね IMG_5161_2020102008472588c.jpg 上り詰めると山頂です☆彡 IMG_5174_20201020084726df0.jpg 山頂標識 IMG_5164.jpg 北西側の木がなぜか伐採されて、全く展望の無かった藪山が眺めの良い山へ変貌しました☆彡 IMG_5165.jpg 青山、盤渓山、三菱山、大倉山、奥三角山、藻岩山 IMG_5168.jpg 砥石山 IMG_5166_2020102008551202e.jpg NTT藤野のアンテナと市街地 IMG_5167.jpg 良い眺めです IMG_5169.jpg 烏帽子岳と神威岳が重なって見えます IMG_5170.jpg 八剣山、小天狗岳、定天親分、後ろに余市岳 IMG_5176.jpg テクテク車まで戻り終了です~冬は、豊見山とセットで登っている人がいるようでトーレースが付いていたりします。豊平山や豊栄山も近いですから冬は、いろいろマイルートで歩けそうです☆彡

常磐ヒルズ532M~藤野富士651M10月18日(日)縦走路コース 所要3時間

天気も良いので、遠出しょうと思っていたんですが、思いっきりw寝過ごしてしまいました~昨日の川歩き、思いのほか疲れが残っていたんですなぁ┐(´-`)┌ 苦しい時の里山様と云う事で、近場の藤野富士にしました秋は、行った事が無いので紅葉も盛りだし、近いしお得な山です☆彡 IMG_4853.jpg 藤野聖山園の手前から、藤野富士 IMG_4854_202010182009277fb.jpg 藤野聖山園の正門、登山口は、園内に有ります冬も除雪が入るので登れます、冬は管理事務所で入山手続きをしています。季節によって正門の開閉時間が違うので注意が必要です☆彡 IMG_4857.jpg 門から道なりに上がって行くと茶色の平屋の管理事務所があり、壁に大きな案内板が有ります IMG_4855_20201019045231364.jpg 案内図~登山口は16区に有ります IMG_4856_20201019045232637.jpg 16区の左上の三角になっている所に駐車すると、すぐ横が登山口なんで便利です。夏場はトイレも使えます、飲み物の自動販売機も設置されています。水場も有りますが、こちらは墓地用なんで使いずらいですw IMG_4858.jpg 墓地ですが、とっても綺麗に整備されています IMG_4859_20201018200933503.jpg 墓地自体が山麓にあるので眺めが良いです☆彡 IMG_4956.jpg 駐車場の標高もそれなりに有るので景色が良いです☆彡 IMG_4862_2020101905042110e.jpg 豊平山~廃道状態だった簾舞コースも復活したみたいです 山頂からの眺めが非常に良い山で急登がなかなか侮れないですナイフリッジからの眺めも良いです☆彡 IMG_4863_20201019050422fe8.jpg 豊見山~見た目、容易に登れそうに見えますが、コレが実は、なかなかのキツイ上り坂が続くんですよ(°_°) IMG_4867.jpg 余市岳、定山渓天狗山 IMG_4864_20201019050425aae.jpg 砥石山、三角山、青山~砥石山は、小林峠から登るのが一般的ですがアップダウンがけっこう有りまして、なかなか疲れる山です。 IMG_4861_20201019050427dcc.jpg 青山、盤渓山、三菱山、奥三角山等、右端に藻岩山 IMG_4957_2020101905200375b.jpg 藻岩山、硬石山、藤野マナスル、市街地 IMG_4893_2020101905043047e.jpg 左奥に樺戸の山並み、市街地、札幌ドーム、駒岡のごみ処理施設の紅白の煙突 IMG_4872.jpg 16区の右奥の駐車場、登山口のすぐ横ですので、ここがベストです☆彡 IMG_4866.jpg 駐車場から山頂 IMG_4874.jpg 駐車場のフェンスが切れた所から斜面を上がって行きます、笹刈りされているのですぐに判ります IMG_4873.jpg ピンクテープ、標識も有ります~ピンテ補充、笹刈りしつつ登りました☆彡 IMG_4875.jpg 道は明瞭です IMG_4878.jpg 紅葉の森の中を進みます道は、緩やかです、分岐の手前に少し上り坂が有ります IMG_4880.jpg 分岐が有ります~直進すると藤野富士の山頂、左折すると常磐ヒルズです IMG_4881_20201019054357c5c.jpg 標識も設置されています~常磐ヒルズですが尾根からの眺めが良いので折角ですから立ち寄ると良いと思います☆彡 IMG_4884_20201019054359403.jpg 道なりに進むと、森を抜け景色の良い尾根に出ます☆彡 IMG_4898.jpg 見晴台が設けられています IMG_4897_20201019054401553.jpg 座れます IMG_4889_20201019054403db4.jpg 市街地が良く見えます IMG_4892.jpg 藻岩山、硬石山 IMG_4888.jpg 手前に穴沢山、奥に白旗山 IMG_4902_202010190544083fb.jpg 藤野富士、右奥に山頂 IMG_4906.jpg 山頂への最後の上り坂 IMG_4907_2020101919190188c.jpg 木に囲まれた山頂に到着 IMG_4912.jpg 上の方に付いています IMG_4909.jpg 宮標石 IMG_4910.jpg なるほど☆彡 IMG_4904.jpg 標識に従って、藤野富士へ~道は、谷底に下って、そこからまた、登り返して行きます(汗) IMG_4914.jpg 登り返しの坂道 IMG_4916_20201019192716fbb.jpg 登りきると再び、本線に合流します IMG_4917_20201019192718229.jpg 道なりに少し進むと、山頂部の急登が待っています(°_°) 500Mって書いてあるけど実際は、もっと有ると思います○| ̄|_ IMG_4919.jpg けっこうな急坂 IMG_4924.jpg 息切れします┐(´-`)┌ IMG_4925_202010191932450b9.jpg 中程に有りますが急で、ゆっくり休めませんw IMG_4930.jpg 更に急登&ロープ場が続きます IMG_4941.jpg 登りきると緩い尾根歩きに☆彡 IMG_4939.jpg 急登部は眺めが良いです~穴沢山、市街地 IMG_4938.jpg 穴沢山、右に常磐ヒルズ、正面に野牛山、奥に北広山、島松山 IMG_4932_202010191944542ae.jpg 野牛山 IMG_4933_2020101919445547b.jpg 支笏湖周辺の定番の山々が見えます☆彡 IMG_4926_20201019194457b70.jpg 恵庭岳 IMG_4928_20201019194458b60.jpg 紋別岳 IMG_4929_20201019194500121.jpg イチャンコッペ山 IMG_4934_20201019194501fb2.jpg 樽前山の溶岩ドーム、風不死岳 IMG_4952.jpg 尾根からの眺め IMG_4943_20201019195531566.jpg 山頂部への上り坂 IMG_4944.jpg ケルンへ寄り道 IMG_4945.jpg ここから空沼岳が見えます IMG_4946_20201019195412772.jpg 空沼岳 IMG_4940_202010191958565cb.jpg 更に上り詰めると IMG_4948_2020101919540878c.jpg 山頂です IMG_4950.jpg 山頂標識 IMG_4953_20201019200121f39.jpg 駐車場まで戻り終了☆彡

南区小金湯の渓流釣り10月17日(土)所要4時間

朝から、秋晴れで、帰って寝るだけでは勿体ないので勤務明けだけど、出かけました☆彡 IMG_4800_202010172018590bf.jpg 石山陸橋の手前でもう流れが悪くなっていてヤバイ雰囲気wwwww天気も良いし、紅葉も見頃ですから渋滞が発生しそうな予感~230号を諦めて、白川へと迂回し小金湯へ、これ以上進むと国道に合流するので今日は、ここでやってみる事にした。果樹園の跡地の作業道を使って入渓しました☆彡 IMG_4801.jpg 荒れ果てた、作業道を下ります IMG_4799_20201017201902bbe.jpg 果樹園の跡なんで、見晴らしがそれなりに良いです~豊栄山、豊平山 IMG_4833_20201017201905b6c.jpg おなじみの八剣山、紅葉が見頃を迎えました(^^)v IMG_4832.jpg 豊平山 IMG_4849_202010172029531cd.jpg 少々、藪を漕いで、名もなき沢に降ります IMG_4802.jpg 見えました IMG_4846.jpg 浅くて、底が見えます○| ̄|_ これでは、望み薄ですなぁzzzzz IMG_4803_20201017202957520.jpg ガチガチの人工の堰提です(T_T) この段差では、お魚は、上流には遡上デキないので死の川になる可能性が大きいのです。治水は必要ですが、一度、破壊してしまうと環境は元には戻りませんので考えないと....無残な姿にガッカリです。 IMG_4806.jpg ダメ元で試しにと滝つぼに、送り込むとなんとまぁ!! 強烈な引き込みがw油断していたのでビックリ仰天でした、慌てて合わせて竿を一気に立て強引に引き抜くと~なんとまぁ綺麗で立派なイワナでした☆彡 IMG_4807.jpg まさに想定外でしたが、美しい魚体に大満足☆彡 ちと本気モードで再び、送り込むと、すぐに引き込みが有り、また、綺麗なイワナが釣れました☆彡 逞しい生命力に感謝し、これからも頑張って生き抜いて下さいとエールを送り丁寧にリリースしました☆彡 IMG_4847.jpg コンクリの橋の横に、凄いもの見つけました☆彡レンガと古そうな石垣~判りますよね? IMG_4842.jpg レンガ造りの橋脚と右の石垣 IMG_4843_20201017210016de5.jpg これは、旧定山渓鉄道の鉄橋の橋脚ですね、廃線になって線路は全部、撤去されていますが旧石切山駅の駅舎は保存されて現存していますし、ここから少し先には、旧滝ノ沢駅の跡の遺構が有ります。この橋脚は、文献には載っていませんでしたのでもしかすると大発見かも知れません\(^o^)/ 僕は、郷土史なんかにも非常に興味が有るので色々訪ね歩いたりしています~旧定山渓鉄道のネタもいろいろ貯めていますので後日公開したいと思っています☆彡 IMG_4848_20201017212845aa2.jpg さてと本題に戻ります~上流も探索しましたが水が少なくて、アタリは無しでしたw IMG_4845_20201017213032e1b.jpg ガチガチのコンクリの護岸に、ただただ愕然と...ここまでする必要が有るのか甚だ疑問ですね☆彡 殆ど水も流れていない沢なのにw IMG_4811.jpg 護岸工事が入っていない自然な所は、やはり綺麗ですね☆彡 IMG_4830.jpg やがて、本流(豊平川)と合流~本流の紅葉も見頃ですね☆彡 IMG_4814.jpg ウェーダー(胴付長靴)を着用して、インナーも防寒にしていますが水は冷たいですwブルースカイに綺麗な紅葉に元気を貰ってジャブジャブと漕ぎまくりました☆ IMG_4815.jpg 流れに変化の有る所にエサを流し込んで探ります IMG_4828.jpg 黄金山 IMG_4825.jpg 正面奥の白い点が小金湯温泉 IMG_4821.jpg 凄い崖ですし、深すぎて進めませんでしたw 森の奥の白い建物が小金湯温泉 IMG_4820.jpg 左の崖 IMG_4817_202010172200504e2.jpg 右の崖 IMG_4816_20201017220210d61.jpg ギリ腰の深さまで前進して、深場を攻めましたが釣れませんでした○| ̄|_ まぁ、釣れない事も多々あるので仕方ないですね★ IMG_4827.jpg 景色を眺めながら、川を漕ぎ戻ります~アップダウンは無いですが、川底は滑るし、ゴツゴツ歩き難いし、水の負荷も加わるので、山に登らなくても、それなりに良い運動になりますよね(^^)v IMG_4852.jpg 綺麗で立派なイワナに逢えたし、紅葉も綺麗だったし、十分に満足して帰宅の途に就きました☆彡

里山の紅葉&定山渓小天狗岳 10月14日(水) 所要5時間

そろそろ里山でも紅葉のシーズンとなり、今日は、昼頃に雨が降りそうなんだが、午前中は、良さそうなんで南区の里山エリアへ出かけてみた☆彡 IMG_4562.jpg いつもの南区 石山橋~藤野富士、空沼岳、豊見山、豊平山、札幌岳、豊栄山、山田峰、山之神 IMG_4566_202010150827211bf.jpg 豊平川 下流方向 IMG_4570.jpg 石山橋、硬石山 IMG_4578_2020101508340193b.jpg 豊滝 旧盤の沢橋~盤の沢山、パゴダの塔、札幌岳、山田峰 IMG_4575.jpg 国道230号 新盤の沢橋、八剣山 IMG_4577_20201015083359c1a.jpg 八剣山 IMG_4580.jpg 烏帽子岳、神威岳 IMG_4607.jpg 小金湯さくらの森 IMG_4590.jpg とっても綺麗に整備されています、春は桜の名所☆彡トイレも使えました IMG_4606.jpg 展望台 IMG_4591.jpg 眺めも良いです~烏帽子岳、神威岳、百松沢山 IMG_4603.jpg 黄金山、外山、八剣山 IMG_4622.jpg ここまでは、順調だったんだけどなぁ IMG_4683.jpg 定山渓温泉エリアに移動、ここは、錦橋地区、温泉街地区、二見地区、ダム地区に紅葉スポットが有ります IMG_4684.jpg 白糸の滝、錦橋地区 IMG_4638_20201015090045a96.jpg 定山渓発電所の横に白糸の滝が有ります IMG_4637.jpg 昔の建屋は無いですが.... IMG_4636_20201015090048c85.jpg あんまり知られていない滝 IMG_4639.jpg 白糸の滝 このあたりから急に曇って雨がポツリポツリと IMG_4642_202010150915545e2.jpg 錦橋 IMG_4650.jpg 今の橋は、平成6年に改修されたもので、1958年時代の橋を観てみたかったなぁ IMG_4645.jpg まだ、始まったばっかりって感じですかね IMG_4644_20201015091558bcc.jpg 橋からはこんな感じ、ここは流れが緩やかなので、カヌー遊びする人もいます IMG_4634_2020101605300052a.jpg 道道1号の定山渓大橋 夕日岳 IMG_4629.jpg 下流方向 IMG_4632_20201016053559997.jpg 上流方向 IMG_4624.jpg 朝日岳 IMG_4657.jpg ホテル ミリオーネの横に無料駐車場があるのでここに停めて歩きます、ダムは距離があるので車で移動します~温泉饅頭食べながら歩きました☆彡 IMG_4651.jpg 温泉街で激しい雨に見舞われて1時間半も足止めを喰らいました○| ̄|_ 予報が当たりましたw IMG_4671_20201016054123894.jpg 雨が止み、月見橋へ IMG_4661.jpg かっぱ IMG_4653.jpg 朝日岳 IMG_4660_2020101605485746b.jpg 下流方向 IMG_4666.jpg 上流方向 IMG_4673_20201016055412d5d.jpg 岩戸観音堂 IMG_4675.jpg 内部~無料でも入れます、賽銭箱も有ります☆彡 IMG_4676.jpg 建屋の中に洞窟の入り口が有ります IMG_4677.jpg 人が一人、歩けるスペースしか無いです、なかなか面白い造り☆彡 IMG_4678.jpg 壁面を掘削して、左右に三十三体の観音様が安置されています IMG_4679_202010160554192b6.jpg 〆は弘法大師 IMG_4680.jpg 出口~内部は一方通行みたいです。外に出ると... IMG_4681.jpg 心の里 定山に出る ここには、庭園、足湯やラウンジが有ります IMG_4690_20201016061504f43.jpg 綺麗な癒しの空間って感じの所です、ゆっくり出来ます☆彡 IMG_4693_20201016061749d96.jpg 二見公園 IMG_4696.jpg ひょうきんな カッパ大王様 IMG_4698.jpg 遊歩道が整備されていて紅葉を見物が出来ます IMG_4695.jpg 川沿いを散策して紅葉を眺めます IMG_4699_202010160624518dd.jpg 道なりに進むと二見吊橋です IMG_4723.jpg ここは綺麗です☆彡 IMG_4724.jpg 吊橋なんで、それなりに揺れますよ(°_°) IMG_4719.jpg それなりの高さも IMG_4720.jpg 監視カメラ付き IMG_4705_20201016063050211.jpg 橋からの眺め☆彡 IMG_4717_202010160630512c8.jpg 河原にも降りれます IMG_4718_2020101606305318e.jpg 渓谷は絶壁 IMG_4710_20201016063054c0c.jpg 良さげな渓相 釣れるかな? IMG_4709.jpg 散策路~それなりの距離が有りアップダウン、階段もあるので少しは運動不足の解消になるかも知れません IMG_4733.jpg 森歩き IMG_4728_20201016063802024.jpg 木だらけで展望は無し IMG_4732.jpg ミズナラの森 IMG_4729_20201016063803467.jpg だ、そうだ☆彡 IMG_4734_20201016064242bff.jpg 朝日岳を眺めながら歩く IMG_4739.jpg 駐車場に戻る、無料なんで多くの車が... IMG_4688_20201016064518afa.jpg ダムエリアは離れているので車で移動 IMG_4740.jpg 時雨橋 IMG_4742.jpg 下流方向 IMG_4745.jpg 上流方向 IMG_4748.jpg 紅葉橋 IMG_4750.jpg 良い感じ☆彡 IMG_4747.jpg 定山渓小天狗岳 IMG_4756.jpg ゲート9時から17時までです☆彡冬は入れないです IMG_4773.jpg 定山渓ダム IMG_4758.jpg 放水口 IMG_4767.jpg 高さが高いです☆彡 IMG_4774_202010160706054c2.jpg やっと着きました☆彡 IMG_4775_202010160706065a1.jpg ぬぬぬぬ、え~っと15時過ぎとるわぃzzzzz まぁ雨の後だし道の状態にも不安が有るから無理せず今日は、断念○| ̄|_しました。雨で待たされて時間を喰ったのが痛かったなw IMG_4777_20201016070607291.jpg で時間あるし、親分でも眺めに行こうかと~崖のカフェ 平日なのに混んでましたw 雨降って寒いから、みんなコーヒー飲みに来たのかな? IMG_4780_202010160706099cd.jpg 積雪期以外では、あんまり来ない豊羽エリアです~久しぶりに拝ませて頂きました IMG_4779.jpg 定山渓天狗山 Ⅰ峰 カッコいいですなぁ☆彡 IMG_4784.jpg Ⅲ峰 Ⅱ峰 Ⅰ峰 IMG_4786.jpg Ⅱ峰 Ⅰ峰 天狗小屋に行くまでに、お気に入りのビューポイントが数か所有ります(^^)v IMG_4391_20201016070615599.jpg 冬も素敵ですよ☆彡 IMG_4400_2020101607061778c.jpg 冬も大好きな僕です☆彡 IMG_4791_202010160706189ec.jpg 札幌湖から定山渓小天狗岳 IMG_4793_202010160944255f8.jpg 札幌湖から定山渓天狗山 IMG_4794_20201016094426ac0.jpg Ⅰ峰 Ⅱ峰 Ⅲ峰 ~山に登れなかったのは痛いけど、親分を久しぶりに眺められたから良しとしましょう(^^)v

朝里ダム~魚留の滝~朝里天狗岳10月11日(日)送電線鉄塔コース 所要6時間

今日は、そろそろ近場の山でも紅葉が観られるかなっと?朝里エリアに来てみました☆彡 道道1号を走行して、朝里ダム、小樽内湖~魚留の滝~朝里天狗岳 定山渓の紅葉~夕日岳、朝日岳 定山渓小天狗岳~定山渓ダム、札幌湖 迷沢山の紅葉等登山と紅葉をセットで愉しめますし、温泉が好きな方にもお勧めです。但し、札幌から近いので時期になると紅葉渋滞が発生しますのでゆとりを持って計画をたてると良いと思います(^^)v 朝里天狗岳 今日は、朝里大橋、朝里ダム、朝里ダム展望台からの絶景を眺めて、魚留の滝でマイナスイオンを浴びてまったりしてからの朝里天狗岳の登山です☆彡 朝里天狗岳だけ登って、迷沢山や定山渓小天狗岳や朝日岳や夕日岳に移動するのも有りですので、組み合わせ次第では、いろいろ楽しめるエリアになっています☆彡 IMG_4452.jpg まずは、これです☆彡 朝里ダムの目の前にある朝里大橋(ループ橋) らせん状に輪になっています、下から眺めるとカッコいいです~橋の付け根付近から撮りました。橋、ダム、朝里天狗岳 ここがベストポジション☆ IMG_4463.jpg 朝里ダムの堤の上から撮った朝里大橋 正面奥は、石狩湾です IMG_4453_20201012192102769.jpg 朝里大橋から撮りました~温泉街、高速道路の高架橋、朝里市街地、海 IMG_4458.jpg 朝里大橋から、朝里ダム、朝里屏風岳、朝里天狗岳、朝里岳 IMG_4459.jpg 橋を過ぎると、直ぐに朝里ダムです IMG_4460.jpg 石碑の前が駐車場です、管理棟、トイレがありますが、トイレはコロナ対策で閉鎖されていました IMG_4468.jpg 堤の奥まで行って、入り口の管理棟を撮りました390Mの長さが有ります。でもこないだ行った栗山ダムは堤の長さが540Mもありました(°_°) 堤の高さは、栗山ダムは、31.9Mですが朝里ダムは、73.9Mも有るんです☆彡 ちなみにさっぽろ湖の定山渓ダムの高さは、117Mも有りまして、紅葉の名所として知られている豊平峡ダムよりも更に堤が高いんですよ☆下流広場から見上げるダムは圧巻ですのでお試しくださいませ☆彡 日本一は、富山県の黒部渓谷に造られた黒部ダムの186Mです。 IMG_4465.jpg 人は、米粒にしか見えないです~管理棟の後方の斜面の上にダム展望台が有ります、更に後ろの山は、6月に藪を開削して登った鹿踊場です、真ん中あたりのコブに三角点が有りました。 IMG_4469.jpg ダムの堤から小樽内湖 IMG_4464.jpg 左の建物は、ダム記念館で、公園になっていますがあちらのトイレも閉鎖されていましたw 三角の山が朝里天狗岳です IMG_4471.jpg ダム展望台から撮りました IMG_4472.jpg 朝里大橋、702峰、右端に毛無山 IMG_4474_20201012201741058.jpg 左のアンテナが756峰の北海道開発局のアンテナ 右のアンテナが702峰で、札幌管区気象台のアンテナとNTTドコモのアンテナ IMG_4456.jpg 鹿踊場 IMG_4477_20201012201743ff3.jpg 展望台遊歩道から朝里屏風岳 IMG_4497_20201012204533ac7.jpg ダムを離脱して、本線を定山渓方面に向かいます IMG_4487_20201012204450fa2.jpg 急カーブ地帯を通過すると道の左に魚留の滝の案内板が建っています、案内板の近くに登山口もありますが、ここには、駐車できるスペースが有りませんw IMG_4559.jpg 更に400Mくらい進むと小さな橋が有ります IMG_4484_202010122044539aa.jpg てんがらばし IMG_4483.jpg 天殻橋の近くに駐車帯がありますが、あいにく、工事の現場事務所が建っていて、いつもの半分程度しか駐車スペースが有りませんでした~のんびりダムけんぶつをしていたので、11時頃に着いた時は、ほぼ満車でしたので、向かいの路肩の笹刈りされたスペースに駐車しました。 IMG_4488_202010122107191dd.jpg ここからテクテク歩きです、先ほどの魚留の滝の案内板まで行きます、案内板の向かいに滝の遊歩道の出入り口が有ります、入り口が少々、荒れていました。 IMG_4489.jpg 中に入って行くと道は明瞭でした IMG_4491.jpg 標識も健在でした☆彡 IMG_4492.jpg 魚留の滝~のんびりマイナスイオンを浴びました(^^♪ IMG_4495.jpg 春先は、雪解け水が流れるので、激流の滝に変貌します IMG_4498.jpg 魚留の滝の案内板の直ぐ近くに登山口が有ります IMG_4499_202010122115520ae.jpg あんまり目立たないかもw IMG_4500_2020101221282875a.jpg 道は、明瞭です~コースは、送電線の鉄塔を3本通過して、左にほぼ直角に曲がって渡渉して朝里天狗岳の山頂部の斜面に取り付いて山頂へと登って行きます☆彡 歩く距離は、短いですがアップダウン、渡渉が有ります IMG_4501_2020101221371729d.jpg まずは、第1鉄塔までは、上り坂 IMG_4502.jpg 再び坂道を上がって IMG_4504.jpg 第2鉄塔 IMG_4507.jpg 第2鉄塔から先は、アップダウンが有り、渡渉が数か所あります~春の融雪期に来ると沢は増水して渡れる所を探すのに苦労しますので注意が必要です☆ IMG_4509.jpg 第3鉄塔を通過します IMG_4510.jpg 第3鉄塔から少し上がると、左に直角に曲がる分岐に到着します☆彡 曲がらずに直進すると朝里屏風岳の方に行ってしまうので注意して下さい。 IMG_4511.jpg 分岐にある木 IMG_4512.jpg 標識ついていますし、ピンクテープ追加したので判ると思います IMG_4516.jpg 山頂までの道も明瞭で、ピンクテープを追加しましたので問題は無いです IMG_4519.jpg 山頂の手前は、少し岩場が有ります IMG_4520.jpg 山頂付近は、平らです IMG_4521.jpg 山頂に到着です、こちらが主峰で683Mです~左奥に、余別岳、積丹岳 IMG_4525_2020101301123540f.jpg 平たい朝里屏風岳~真ん中あたりが最高点で、左の端の方に三角点が有ります IMG_4523.jpg 山頂付近の紅葉は、見頃になっていました☆彡 IMG_4526_202010130112361c7.jpg 山頂から、上がって来た送電線の鉄塔を望む IMG_4527_202010130112385d9.jpg 色鮮やかでした IMG_4528_20201013011239581.jpg 見晴台(北峰)へ向かいます~北峰からは小樽の市街地や海、朝里ダム等が見えます IMG_4529_202010130122212aa.jpg 紅葉の森の中を進みます IMG_4532_20201013012219ab7.jpg 綺麗でした IMG_4530_20201013012406301.jpg 小さなコブの上が山頂です IMG_4534_202010130125150c2.jpg 北峰からの綺麗な眺めです☆彡 主峰よりもここからの眺めの方が良いです(^^)v IMG_4535_20201013012729faa.jpg 定番のベストショット~小樽内湖、朝里ダム、朝里大橋、朝里温泉街、朝里市街地、石狩湾、毛無山、小樽市街地、小樽港、赤岩山、下赤岩山、手宮、祝津、日和山 IMG_4541_202010130555205c0.jpg 小樽内湖、朝里ダム、朝里大橋、朝里温泉街、高速道路高架橋、朝里市街地 IMG_4549_20201013060006f84.jpg 赤岩山、下赤岩山、日和山、高島岬、小樽港 IMG_4538.jpg 756峰、702峰、毛無山、小樽内湖 IMG_4540.jpg 石倉山の後方に、雄冬、暑寒別の山々 IMG_4554_20201013061520199.jpg 真ん中付近が朝里屏風岳の最高点 IMG_4536.jpg 左の端の方に朝里屏風岳の三角点 IMG_4537_20201013061522fb6.jpg 北峰から主峰 右奥に朝里岳 IMG_4544.jpg 札幌国際スキー場の山頂駅 IMG_4545_20201013061527a9d.jpg 朝里岳 IMG_4548.jpg 絶景に別れを告げて下山 IMG_4560.jpg 駐車帯に戻り終了☆彡

オロフレ山~カルルス山~バケモノ山~来馬岳10月9日(金)オロフレ峠展望台コース 所要7時間

絶好の好天をゲットした☆彡う~ん、どこにしょうか迷いましたが、6月に行って、ガスって景色が観られなかったオロフレ山にリベンジする事にしました☆彡 IMG_4276_20201010024050e63.jpg 中山峠の中山大橋からの羊蹄山 IMG_4278.jpg 中山大橋から、小喜茂別岳、喜茂別岳、中岳、無意根山 IMG_4282.jpg 小喜茂別岳 IMG_4280_20201010024332589.jpg 喜茂別岳 IMG_4283.jpg 中岳 IMG_4279.jpg 無意根山 IMG_4287.jpg 紅葉も良い感じ☆彡 IMG_4284_20201010025126125.jpg 喜茂別町伏見~尻別岳 IMG_4286.jpg 喜茂別橋~羊蹄山 IMG_4288.jpg 伊達市大滝区~尻別岳、羊蹄山 IMG_4290.jpg オロフレ峠~家から遠いです○| ̄|_ IMG_4294.jpg やっと着いたw 130キロは遠いわ(。´・(ェ)・) IMG_4296_2020101007585822a.jpg ブルースカイに癒されます(^^)v 6月に来た時は、急にガスが湧いて絶景が台無しでガッカリ○| ̄|_でしたからリベンジに燃えていましたw IMG_4297.jpg 展望台なんで、山に登らなくても普通に絶景です☆彡 IMG_4293.jpg 洞爺湖、有珠山、幌平山、昆布岳、ニセコの山々まで見渡せます☆彡 IMG_4291.jpg 幌平山、洞爺湖&中島、昆布岳 IMG_4292.jpg 有珠山 IMG_4295.jpg 加車山、倶多楽湖、太平洋 IMG_4309.jpg 来馬岳、カルルス山、バケモノ山 IMG_4298.jpg ルンルン気分でスタート~お天気が良いとワクワクしますよね(^^♪ まずは、オロフレ山で360度の絶景を拝む。それから、来馬岳に進み、途中のカルルス山、バケモノ山にも立ち寄る予定で発進☆彡 IMG_4302_20201010083017703.jpg 道は、整備されていて歩き易いです。前に来た時よりも、笹が刈られていました☆彡 尾根に沿って、アップダウンしつつ山頂へ進みます。 IMG_4300_20201010083330267.jpg 高度が上がると、スタート地点の峠の展望台駐車場と後方の左端に次に向かう来馬岳と来馬岳に向かう稜線が見えます☆彡稜線上にカルルス山、バケモノ山が有ります。 斜面の登山道が見えますかね?僕の計算では、オロフレ山4時間、来馬岳、カルルス山、バケモノ山5時間 9時間あれば余裕で絶景を堪能して戻れるなっと思っていた。 IMG_4307.jpg 最初のコブのピークから、倶多楽湖、四方嶺、アンテナが有る上登別山、右端に来馬岳、奥は、太平洋 IMG_4310.jpg 上登別山 IMG_4312.jpg 序盤は、登山道は、崖の際を通ります IMG_4318_20201010085153346.jpg 荒々しい崖を見ながら歩きます IMG_4324.jpg 崖を通過すると、稜線上に山頂が見えて来ます☆彡 右の端の岩峰が山神様の岩 IMG_4325_2020101008550901b.jpg 奥が山頂、手前が山神様の岩 IMG_4326_202010100855117b6.jpg 近くから山神様 IMG_4327.jpg トンガリは好きなんで、立ち寄ります(^^♪ IMG_4329_20201010085933d28.jpg 頂きに山神様 IMG_4330_20201010090244d18.jpg 登山道は、山神様の付け根を通ります~ご丁寧に標識も設置されています IMG_4331_20201010090246ccf.jpg トラロープが有ります IMG_4332.jpg ちょっと注意して、手足の置く位置を確認すれば、そんなに危なくなく上れると思います。ただ高度感が有るので高い所が苦手な人は登らない方が良いです☆彡 IMG_4337_20201010090249ea9.jpg 山神様の石柱 大正ですから百年以上も経っていますね、昔から山岳信仰の山だったのかな? IMG_4339.jpg 安全祈願 IMG_4345_20201010090252670.jpg 2~3人登れるスペースが有ります昔は、社でも有ったのかな~正面奥が来馬岳 IMG_4340.jpg 山神様は、絶景が拝めます\(^o^)/ 山頂を IMG_4342_202010100916164d5.jpg 加車山、倶多楽湖、四方嶺、北登別山 IMG_4344_20201010091618e48.jpg 洞爺湖、昆布岳 IMG_4341.jpg 正面奥に風不死岳、樽前山、右奥に苫小牧市街地 IMG_4335_20201010092341e65.jpg 360度の絶景☆彡 IMG_4336.jpg 歩いてきた稜線、左奥に来馬岳、やや右奥にカルルス山、バケモノ山 IMG_4399.jpg 山神さんから山頂に向かっていると笹刈りしてる方とお会いしました~笹が被っていたので週末になると来て少しづつ刈っていたとの事☆彡 大変なご苦労であります、厚く御礼を申し上げて山頂へ向かいました。 IMG_4351.jpg 山頂が目前に IMG_4354_20201010093319917.jpg 山頂エリアの手前にケルンが有ります、広くて平らなんで休憩場所に適しています☆彡 IMG_4356.jpg いよいよ急登のはじまり、はじまり(^^♪ IMG_4364.jpg 最初の壁が一番急ですね IMG_4371_2020101010023383e.jpg 岩場が有ります IMG_4372.jpg 距離が短いです☆彡 コレ1キロとかなら死ぬわw IMG_4359.jpg 二の矢 IMG_4369.jpg 三の矢と続きますw IMG_4383.jpg 本物の山頂が.... IMG_4387_20201010100859602.jpg 最後の坂 IMG_4388.jpg 山頂です\(^o^)/ IMG_4395.jpg 素晴らしい眺めです☆彡 IMG_4389_20201010101155d8b.jpg 3兄弟揃い組~徳舜瞥山、ホロホロ山、オロオロ山 左端は、小漁山 IMG_4390_20201010101156ff5.jpg 紋別岳、風不死岳、932峰、樽前山 IMG_4391_202010101018001aa.jpg イチャンコッペ山、紋別岳、南白老岳 IMG_4397_2020101010194077c.jpg 烏帽子岳、百松沢山、札幌岳、狭薄山、空沼岳、漁岳、小漁山 IMG_4396_202010102210526e7.jpg 真ん中あたりにゴチャッテ見えるのが、無意根山、中岳、手稲山 たぶん右端は、定天親分だと思います☆彡 IMG_4394.jpg 昭和新山、有珠山、幌平山、昆布岳 洞爺湖&中島 IMG_4398.jpg 右端に来馬岳、左から3番目のコブがカルルス山、バケモノ山 後ろにカムイヌプリ、室蘭岳、稀府岳、伊達紋別岳 IMG_4373_20201010222430061.jpg 絶景を堪能して、稜線を下る~正面奥に来馬岳☆彡 IMG_4403.jpg 稜線から山頂、山神様に別れを告げる(@^^)/~~~ IMG_4410_20201010223033127.jpg 駐車場に一旦戻りました。来馬岳の登山道は、駐車場の後ろの斜面についています☆彡 IMG_4411.jpg 登山口の入り口 特に標識は無いけど、白い板みたいのが有ります、あとは、境界見出点のポールが建っていました。明らかに踏み跡が有るので判ると思います☆彡 IMG_4412.jpg コースアウトしないようにロープが設置されている所も有りました IMG_4414_20201010223309a09.jpg 激しい急登とかは無いです小さなコブを、数か所越えて行くのでアップダウンが有りますが、大した事は無いですし、泥濘は少ないです☆彡 IMG_4417.jpg 最初のコブの頂上は、岩が一つ有りました。 IMG_4418.jpg 岩からの眺め、オロフレ山、展望台駐車場 IMG_4416.jpg 加車山、倶多楽湖、道道2号線 IMG_4421.jpg 道は、明瞭で、泥濘も少なく急登も無く歩き易い。小さなコブを幾つか越えて行くので、アップダウンが有る IMG_4426_20201011024753fea.jpg 小さなコブのピークは、見晴らしの良い所も有ります☆彡 IMG_4427_20201011024754f3b.jpg 加車山、倶多楽湖、上登別山 IMG_4423.jpg 倶多楽湖、窟太郎山、四方嶺、上登別山 IMG_4428_20201011024756110.jpg 来馬岳、来馬岳の手前のコブ、右端のコブにカルルス山、バケモノ山のピークが有ります IMG_4434_20201011025809d6e.jpg 駐車場から、歩くこと1時間位で、この分岐の標識の所に着いた☆彡 IMG_4435_20201011025811388.jpg 入山届が設置されていた~バケモノ山は、見つからなかったの書き込みが気になったw IMG_4436.jpg 標識に従って、階段を上がって行くと IMG_4437.jpg 山頂でした IMG_4438.jpg カルルス山 到着\(^o^)/ IMG_4439.jpg 山頂からの展望は、ごく限られている IMG_4447_202010110308528d8.jpg お次は、バケモノ山です、地図を見ると直線で250M位しか離れていないので、容易に行けそうなんで、標識もピンクテープも刈り分け道も見当たらないので、思い切って藪に突入して強引に250Ⅿを踏破を試みたんだが藪は濃く、起伏が無くほぼ平らで有った為に方向が判らなく、ほぼ1時間も迷走する羽目になり、ヘロヘロでなんとか分岐まで戻れた○| ̄|_ 想定外の大誤算だったzzzzzz 止む無く諦めて来馬岳に向かって歩き始めると..... IMG_4444_202010110317390bc.jpg 3人組の登山者さんが☆彡 声を掛けてダメ元で事情を説明した所、この方達もバケモノ山へ行く途中との事でしたので、GPSが無く難儀している旨を話すと、じゃあ一緒に行きましょうと快諾して下さった(^_-)-☆ 幸運と云うか天佑神助と云うか、地獄に仏とは、この事だと思った☆彡 IMG_4443_20201011032425cc0.jpg 当然、彼らはGPSを装備していたのだった☆彡 ハイテク機器は、良いですなぁ、藪、ダケカンバをかき分けて進むこと15分くらいで、見事に到着と相成りました\(^o^)/ うれしさと感動で泣きそうになりましたw感謝感激であります。 IMG_4441.jpg 忘れる事のない思い出に残る山頂となりました(^^)v IMG_4445.jpg 本線まで戻ると~何度もお礼を述べてると、GPSを僕に見せて、あと1時間で来馬岳だから頑張って行ってらっしゃいと送り出されたのだが、日没の時間を考えると、無理は出来ないなと判断し下山する事にした。単独ですし、無理はしない事を心掛けている。山は、無くならないしまた、来れば良いんですからね☆彡 IMG_4448.jpg 戻って来ました☆彡 IMG_4451.jpg 夕方になり、雲が出て少し薄暗かったです、無理して来馬岳まで行っても、真っ暗な長い道を運転して帰るのは非常に疲れも増す事にもなるので、やはり下山して良かったなっと思った~親切な人との出会いも有り、また、忘れられない素晴らしい思い出に残る山行となりました☆彡

西簾舞のニジマス釣り10月8日(木)所要3時間

今日は、勤務明けで、少々、お疲れ気味なんですがお天気もそれなりに良いので、ニジマスを狙いで出かけました☆彡 IMG_4177_20201009043300894.jpg 場所は、国道230号 西簾舞 IMG_4178_202010090433016f9.jpg 釣りの前に、やはり山もきになるのでw バス停付近から八剣山、紅葉見物には、まだ早くて、そうですねぇ、あと1週間って感じかな☆彡 IMG_4180_2020100904330240c.jpg 橋に移動してと、黄金山、八剣山 IMG_4182.jpg 岩峰がカッコいいです(^^)v IMG_4184_202010090433059de.jpg 黄金山、ちこっとだけ、烏帽子岳、神威岳、八剣山 IMG_4187_20201009043309d87.jpg この森の下に小さな川が流れています~今日は、小さな川から入渓して釣り歩いて、本流(豊平川)に出て、本流でニジマスを狙います☆彡 IMG_4188.jpg トンガリの盤の沢山 超急登があり侮れない山です、冬は、ちょっとデンジャーですが面白いです☆彡 IMG_4190_202010090447206d7.jpg 橋の作業道を利用して入渓しました~オール藪漕ぎでは、無理なんでw 立ち入り禁止ですが自己責任で入らせて貰いました。 IMG_4191_20201009044721b21.jpg 作業道を下ります、谷はそれなりに深いです IMG_4192.jpg 谷底までは、急な斜面を笹などに掴まりながら下りました~コレは、帰路が大変だなっと┐(´-`)┌ IMG_4194_20201009044724442.jpg 谷底に川が流れています IMG_4196.jpg グワーッ これは酷いですなぁ(°_°) この段差では、お魚さんは、遡上できませんね、上流は、期待できないので予定通り、釣り下ります☆彡 ここでは、アタリ無しで即移動しました。 IMG_4198.jpg 水が少なくて、釣れそうな所が見つからないw IMG_4201_2020100920454915e.jpg やっと見つけた、お魚さんが住んでいそうな所 IMG_4211.jpg こんな感じな所にも IMG_4205_2020100920455222b.jpg ただの水たまりみたいな感じの所なんだけど IMG_4202_202010092051242f3.jpg 待望の一匹目のヤマベくん 釣果0は、解消できたので安堵しました☆彡 IMG_4206_20201009205124fec.jpg 超小型だけど、ヤマベくん IMG_4207.jpg これも、ちっちゃ過ぎw IMG_4210.jpg こちらも極小サイズですが、一応、本命のニジマス君です☆彡 この小川では、極小サイズしか釣れませんでしたが4匹釣れました(^^)v IMG_4212.jpg 小川を下って行くと IMG_4213.jpg 本流(豊平川)に合流します IMG_4214.jpg 良さげな所を見つけ、早速やってみました☆彡 IMG_4216.jpg 直ぐに反応がアリ、本命のニジマスが釣れるんですが小型 IMG_4217.jpg これもニジマスですが、ちと小型 IMG_4220.jpg やっと丸々と太った元気なのが釣れて一安心☆彡 釣果0の不安から解消されると次は、大きいのが釣れないかなって考えます IMG_4221_2020100921161091f.jpg 流れの速い、流芯の脇にエサを送り込むと IMG_4222_20201009215550a55.jpg すぐに小型だけどニジマスが釣れる☆彡 IMG_4223.jpg これも小さいw IMG_4224_20201009215553005.jpg コレは、外道のウグイ IMG_4227_20201009215554824.jpg やっと30センチ位の綺麗なニジマスが釣れました(^^)v IMG_4229.jpg 更にまた、小型が釣れる~十分に楽しめたのでこれにて納竿とした☆彡 IMG_4230.jpg 河原の紅葉も、まだ少し早い感じ IMG_4231.jpg 小川を遡り IMG_4232_20201009220405c4e.jpg 急斜面を登り返して IMG_4237_20201009220407675.jpg ゲートまで戻り終了~お魚は、全てリリースしています☆彡

滝ノ沢 10月8日(木)遊歩道コース 所要30分

時間も少し、余っているので、山にでも行って見るかと思案して、短時間で行ける豊滝の滝ノ沢に行って見ました☆彡 IMG_4238_20201009221611b18.jpg 旧盤の沢橋から、盤の沢山、パゴダの塔、札幌岳、山田峰 IMG_4239_20201009221610fd5.jpg 盤の沢山 IMG_4240_202010092216139da.jpg 仏塔みたいな岩峰があるパゴダの塔 IMG_4241.jpg 八剣山も間近に見えるビューポイントの橋です☆彡 IMG_4273.jpg 烏帽子岳、神威岳も見えます IMG_4272.jpg 滝ノ沢へは、国道230号の豊滝小学校前の信号交差点を左折して下さい IMG_4247.jpg 道なりに600M位すすむと、滝の沢川に架かる小さな橋が有り、分岐が有り、左の小道に入ります。車は、橋の近くに停めるスペースが有ります。ここからは、歩きますが近いので30分も有れば戻って来れます IMG_4269.jpg 道なりに坂道を緩やかに進むと、分岐があるので左に進みます IMG_4249.jpg 道なりに緩やかに上って行くとゲートが有ります IMG_4250.jpg ゲートを潜って、右斜面を見ると、展望台が見えます~上り詰めると山頂に到着です☆彡 IMG_4258.jpg 鉄骨で頑丈そうの造りです IMG_4259.jpg 展望台の後ろに三角点も有ります IMG_4260.jpg 山頂標識も設置されています~札幌150峰に含まれています☆彡 IMG_4262.jpg 展望台からの眺め IMG_4264.jpg 外山、八剣山 IMG_4266.jpg 豊滝の市街地、硬石山 IMG_4265.jpg 豊栄山、豊見山、豊平山(藤野3豊山と呼ばれている) 明日は、ブールスカイの好天みたいなんで、早々に撤収して、帰宅しました☆彡

豊平山 10月4日(日)藤野コース(北尾根)所要3時間

10月になっても相変わらず天気は、良くないし、午後から雨も降りそうなんで、近場の豊平山に行ってみました☆彡 IMG_4055_2020100605522425c.jpg 藤野ペット霊園「緑の杜」の前に登山口と駐車場が有ります、正面のゲートは、採石場のです構内は立ち入り禁止ですので登山道は、採石場を避けて横の砂防ダムエリアを縫うように造られています☆彡 IMG_4056_20201006055226e1d.jpg ペット霊園の向かい側が駐車場所です、かなり広いですので20台位は、余裕で駐車出来ますし冬は、除雪もされます☆彡 IMG_4057.jpg 駐車場所の森から中に入って行きます IMG_4058_2020100605522974d.jpg 標識やピンクテープが取り付けられています~ピンクテープ再設置、枝刈り整備しつつ登りました☆彡 IMG_4059_20201006055230825.jpg 良く出来ている手書きの地図 IMG_4060.jpg 明瞭な道、始めて来ても迷うことは無いです IMG_4061.jpg 藤野、簾舞、豊滝地区は、クマが多いです、よく住宅地にも熊が出没して話題になりますので油断は禁物です~クマの目撃情報の警告板をよく見かけます☆彡 IMG_4062_20201006055235b9b.jpg 船が出港する時とかに鳴らすアレですよドラみたいに鳴らせます、発想は、ユニークで面白いですが、マジですからね熊は間違いなく住んでいます。元々、熊の住んでいる所を切り開いて宅地にしてしまった人間の行いに問題があると思います。熊だけが悪者で人間が被害者みたいになっていますがそうでは無いです。 IMG_4064.jpg 砂防ダムエリアを進みます IMG_4065.jpg 小さな渡渉 IMG_4066_202010060552393ab.jpg 豊見山との分岐の標識 IMG_4067.jpg 砂防ダム IMG_4069_202010060724007cb.jpg 河原を歩く IMG_4071.jpg 一箇所だけ、採石場の広い作業道を横断します IMG_4072.jpg 再び森の中へ IMG_4074.jpg 1.5キロの標識 IMG_4075.jpg 道なりに進む IMG_4077.jpg 分岐点に設置されている手作りの地図~判りやすいです☆彡 IMG_4078.jpg 今日は、北尾根コースで登ります、冬は、北尾根は、大きな雪庇が出来て、雪崩の危険があるので使わない方が無難です☆彡 IMG_4083.jpg 道は、半ばあたりから徐々に急登に IMG_4087.jpg 途中の崖尾根からの展望が良いです~豊栄山、採石場、藤野、石山市街地、硬石山、野ノ沢山 IMG_4090_202010060737024ff.jpg 正面奥に札幌市街地、札幌ドームも見えます。もっと条件が良ければ、樺戸の山々や芦別岳、夕張岳も IMG_4089.jpg 野の沢山、藤野マナスル、豊見山、穴沢山 IMG_4091_20201006074440c4c.jpg. まだ早いですが、少しづつ里山にも紅葉が~砥石山、豊栄山 IMG_4093_20201006074441c23.jpg 山頂 IMG_4095.jpg 中々の急登 IMG_4097_20201006075435595.jpg ロープ場 IMG_4102_2020100607562275c.jpg 東面コースと合流します IMG_4104_202010060754374cc.jpg 登りきると山頂です IMG_4105_20201006075438804.jpg まもなくです IMG_4122.jpg 山頂です、休憩スペースも有ります IMG_4121_20201006080036c36.jpg 山頂付近は、紅葉が IMG_4123.jpg ナイフリッジへ移動、こちらは、崖の紅葉が綺麗でした☆彡 IMG_4135_20201006080347c43.jpg この先は、スパッと切れ落ちていますので危ないですが崖の端に座ったり、片足で立ったり、タイタニックポーズをして写真を撮っている勇者さんもいます☆彡 IMG_4124.jpg 高度感が有りますので怖いけど綺麗です IMG_4133_2020100608034347c.jpg 足元が、あんまり良く無いので注意が必要ですが IMG_4132.jpg 良い感じに紅葉しています☆彡 岩紅葉が有る所は、紅葉が綺麗ですよね IMG_4127_20201006081416d1e.jpg 山頂の眺めも良いけど、ナイフリッジからの景色も良いですよ☆彡支笏湖周辺の馴染の山々が一望できます IMG_4119_202010060820289ac.jpg 紋別岳、イチャンコッペ山 IMG_4116_20201006082025df4.jpg 恵庭岳 IMG_4114.jpg 空沼岳 IMG_4110_2020100608183345c.jpg 札幌岳、盤の沢山、山田峰 IMG_4111.jpg 札幌岳 IMG_4129_2020100608183062c.jpg 札幌岳、盤の沢山、山田峰、山之神、中岳 IMG_4108.jpg 中岳、無意根山 IMG_4107_20201006081836834.jpg 低山ですが、非常に展望の良い山です~定山渓天狗山の後ろに余市岳、白井岳、朝里岳 IMG_4140_20201006082029387.jpg 烏帽子岳、神威岳、百松沢山 IMG_4112.jpg 簾舞の兜岩、兜峰 兜岩 夏も登れるけど、お勧めは冬に挑む兜岩、兜峰です~マッターホルンみたいな岩峰がとっても綺麗です~簾舞川の河原から超ド級の急登の壁を乗り越えて行きます、アイゼンが必要です、あればピッケルも☆彡 ワイルドでとっても面白いです☆彡 トンガリの頂きは、とっても狭いです、兜岩と兜峰の谷間を上って行きます、雪崩の見極めが必要ですので慣れた人と行くのがベストです。 IMG_4147_20201006085442f52.jpg キノコの時期ですよね IMG_4146_20201006085444914.jpg 沢山はえていました IMG_4144.jpg 山菜もキノコも全くの素人なんで手は出さないですw 保健所に持って行くと仕分けしてくれるらしいです。 IMG_4149_2020100608544614c.jpg ゆっくりと景色を堪能して下山しました☆彡

南区豊滝の渓流でイワナ釣り 10月4日(日) 所要2時間

豊平山から降りて、時間もあるし、雨が降らないかと気になりますが、ここはまた、釣りでもして、のんびりと過ごしてみる事にしました~山歩きと釣りの合わせ技、これも、なかなか自然を満喫できますのでお勧めです☆彡 IMG_4151_202010052011044dd.jpg こないだ入った豊滝の渓流です、まずは、林道歩きです、前回よりも更に上流を目指します☆彡 IMG_4150_20201005201105ebe.jpg この林道、パゴダの塔、盤の沢山、札幌岳に登った時に歩いているので馴染みなんです、林道の終点が豊滝コースの登山口になっています、緩やかな上り坂 IMG_4153.jpg 適当な所から入渓☆彡 僕は、良く人の入らない山奥の超マイナーな山に登りますが、その際に目にする川の悲惨な姿に驚愕していました。人も住んでいない山奥なのに河川は改修され尽くされて、大きな砂防ダムやガチガチにコンクリで川底まで固められた川の姿を観るにつけガッカリしていました。当然、そんな環境では、渓流魚は 死滅して魚の居ない川になり果ててしまいます。一度破壊されてしまうと元に戻る事は、ほぼ不可能だと思います。河川工事は入っていますが、奇跡的にこの川は、まだ自然な環境が残っていますのでイワナが生息しているんだと思います。このような川が札幌市内に残っていたとはビックリ仰天であります、これ以上、環境が破壊されずイナワくん達が住める川であり続けて欲しいと願っています☆彡 IMG_4152_2020100520472992f.jpg 開始早々、一投目から直ぐにアタリがあり、本命のイワナが釣れて、満面の笑み\(^o^)/ 僕の家から1時間もかからないで、イワナが居る川が有るとか信じ難いですが感謝感激であります☆彡 IMG_4154_202010052055156c7.jpg 更に、打ち返すとまた直ぐに反応がアリ釣りました~渓流は、勝負が早いです、居れば必ず直ぐに反応が有ります反応が無い時は、魚は居ないので直ぐに移動します。 IMG_4156.jpg あとは、お魚さんが居そうな流れに変化の有る深場を探して、ピンポイントでエサを送り込むだけです☆彡 IMG_4157_20201005210452cb7.jpg すると向こうから飛びついて来てくれます難しい技は必要ありません、簡単に釣れちゃうんです。要は、お魚さんが生息していれば、たぶん誰でも釣れますね。野生のイワナくん達は、常にエサを求めています~ルアーやフライは道具立てにお金がかかりますし、技も必要ですが、僕の釣りは、竿、糸、オモリ、ハリ、エサと非常にシンプルで、お金もそんなにかからないし、技も必要のない釣りです☆彡 IMG_4159_20201005211604d8e.jpg 清流に立ち、川の音、風の音、鳥や森の音を聞きながら釣り糸を垂れる癒しの時間です。山頂からの絶景も素晴らしいものが有りますが川も良いですね(^^♪ IMG_4160_20201005212100c37.jpg 岩の陰から飛び出して来るのが見えます☆彡 IMG_4161_20201005212320535.jpg おんなじ場所で沢山釣れる事は無いです~場所が狭いから2匹釣れたらオシマイかなぁまだ、同じ所で3匹釣れた所は無いです。 IMG_4163_20201005212659539.jpg プールみたいに流れが少し緩やかになっていますよね、こんな感じの所が狙い目なんですよね・‥…━━━☆ IMG_4164_202010052130265ec.jpg やはり居ました(^^)v 開始から1時間少々で、案の定、雨がポツポツと┐(´-`)┌ IMG_4166_20201005213324765.jpg 小降りなんで続行 IMG_4170.jpg 相変わらず、直ぐに食らいついて来る☆彡 IMG_4172.jpg 泡立って良い感じの落ち込み IMG_4168_20201005213742c3a.jpg 8匹目が釣れてと、数釣りが目的では無いし、十分愉しめたし、雨も気になるので納竿としました。 IMG_4174.jpg テクテク林道を歩いて IMG_4175.jpg 戻りました☆彡 お魚さんは、資源保護の為、全てリリースしています(^^)v
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-