FC2ブログ

積丹岳 1255M 初登頂 4月26日 (木)婦美コース 所要7時間

以前からいつ登ろうか思案していた積丹岳~たてりんさんから、夏に登るより残雪のある今時期の方が遥かに良いよっとアドバイスを頂き、天候も回復する予報を得て、善は急げと言うことで早朝より家を出発した、国道229号で美国を目指した。 CIMG0713.jpg 美国の市街地から峠を越えて、『グリーンホリデー』アイス&レストランからの積丹岳(*^^)v 白銀の峰~これを見ただけで僕は痺れました~来て良かったと確信しました☆彡中央が山頂です、婦美コースは、左の樹林帯から尾根に上がり尾根伝いに山頂を目指すコースです。これとは別に、冬限定の右の北尾根から登るコースや沢から登るコース等が有るようです。 CIMG0564.jpg 登山口は、グリーンホリデーを過ぎて、小さな小川橋を渡って、すぐに左折します。 CIMG0565.jpg 登山口の案内板も有るけどあんまり目立たないです、あと中央バスの『登山口』ってバス停も有りました。 CIMG0566.jpg 登山口の案内板、夏の場合は、この交差点から車で約2.5キロ先の登山口まで行けます、冬は、途中までしか除雪は入らないので、途中から歩く事になります。 CIMG0567.jpg 農道は、舗装もされていて走り易いですが、途中からは、砂利道になります。 CIMG0711.jpg 農道が終わる所に池みたいのが有りました。ここからは、砂利道になりました。車はこの池の横に停めました CIMG0570.jpg 結構まだ雪が残っていて、ジープじゃないと進めませんね、と言う事で登山口まで、ここから歩きですね登山口まで残り2キロ位かな? CIMG0572.jpg ここから先は、スノーシューで進みました。 CIMG0574.jpg 分岐が有りますが、ひたすら直進します。 CIMG0573.jpg 分岐の標識 CIMG0575.jpg 山小屋かな? ボロボロで傾いていました。 CIMG0576.jpg 緩やかに登り続けると、登山口に有る休憩所(山小屋)の赤い屋根が見えてきました。 CIMG0577.jpg 駐車場も有ります、結構なスペースが有るみたいです。 CIMG0578.jpg ちょっと気になるので探検します、当然ですがトイレも有りました、綺麗に掃除されていました。 CIMG0579.jpg 靴の洗い場も完備されていました。 CIMG0580.jpg 登山口に着いて、ココからが始まりなんですが結構、疲れてしまってwwww休憩所の畳でしばし休ませて頂きました、中々快適でした、広いし、ベットや寝具も有り直ぐにでもお泊り可能です。 CIMG0581.jpg 飲めるかどうなのか解りませんが水も出ましたし、カセットボンベが有ればコンロも使えます、無意根尻小屋 や万計山荘もいい感じでしたけど、ここも十分使えると思います。 CIMG0582.jpg 居心地が良いので長居してしまいました(#^.^#)これで今日は、オシマイには出来ないので気を取り直して出発です、ボロボロでかすれた登山口の標識が有りました。 CIMG0583.jpg 単調な樹林帯の中を進みます、飽きますねwwwww CIMG0584.jpg 登山道は、ピンクテープや標識は皆無でした、先人さん達のトレース痕が頼りの心細い登山となりました。 CIMG0589.jpg 高度が上がり、やっと稜線がキタ━(゚∀゚)━! CIMG0588.jpg これで一安心ですね!! CIMG0595.jpg 尾根へ取り付きます、天候も回復しブルースカイo(^▽^)o CIMG0596.jpg 陽も差し込んで~ CIMG0597.jpg 海も見え始める CIMG0603.jpg 美国、古平、余市の海岸線が一望できます。 CIMG0604.jpg 当丸峠の山並みも~ CIMG0605.jpg 尾根に上がるとすごい風wwwww 正面の奥が山頂、右は、北尾根の稜線 CIMG0615.jpg 羊蹄山ウォッチング➀ 面白い雲が次々にかかって~変化して行きます~傘? CIMG0625.jpg 羊蹄山ウォッチング➁ 傘が消えてきて~ CIMG0706.jpg 羊蹄山ウォッチング➂ やはり綺麗ですね羊蹄山 CIMG0608.jpg だんだん近づいて来ます、風も収まっきた(*^^)v CIMG0609.jpg 余別岳、ポンネアンチシ山の綺麗な稜線も~美しいです☆.。.:*・ CIMG0610.jpg 柵内岳等 CIMG0613.jpg 当丸峠の山並み CIMG0614.jpg 海、朝里岳みたいな大雪原.゚+.(・∀・)゚+. CIMG0617.jpg 後ろを振り返ると~雄大な眺めが広がります。 CIMG0624.jpg 更に進みます~ポコを巻きつつ登って行きます。 CIMG0630.jpg がんがん登ります、山頂直下の急登が見えてきました。 CIMG0631.jpg すごい眺めです 羊蹄山、両古美山、泥ノ木山、当丸山~等等 CIMG0671.jpg 海側も綺麗です CIMG0637.jpg ついにクライマックスの急登です(*^^)v CIMG0638.jpg 面倒なので直登でw CIMG0639.jpg なかなかの角度~帰りの尻滑りで頭の中ウキウキしています~ザラメなんでシューでも刺さり問題なし。 CIMG0644.jpg 登りきり奥に進むと山頂です\(^o^)/ CIMG0645.jpg ケルン?&三角点 CIMG0646.jpg 三角点、半分壊れていて無かったです(T_T) CIMG0648.jpg 三等三角点『積丹岳』1255.23Mです。 CIMG0658.jpg 山頂標識です CIMG0659.jpg 掠れていました。 CIMG0669.jpg 山頂は、岩場なんですよ、下は崖です。 CIMG0698.jpg 雲の晴れ間から、岩内方面の眺めです ニセコアンヌプリ~岩内岳、雷電山、目国内岳など CIMG0707.jpg 霞んでいますが雄冬岬まで見えました。 CIMG0654.jpg 日司、入舸~積丹岬 CIMG0650.jpg 積丹岳から続く稜線と余別岳~ポンネアンチシ山 CIMG0651.jpg ポンネアンチシ山、柵内岳~ 遥か遠くに狩場山まで見えました。 CIMG0680.jpg 朝里岳~余市岳には雲がw CIMG0700.jpg さぁ~帰るどぉぉぉぉ~ォ━━(#゚Д゚#)━━!! 一気に!! CIMG0701.jpg ここの斜面も障害物は何も無いので、頭からダイブしても大丈夫、ザラメ雪だと安全です、適度にブレーキが掛かります、ソリだとかなり下まで行けるかも。 CIMG0702.jpg 尻シュプールを残して下山だぃ(*^^)v 連休前の平日ですから貸切でした。 CIMG0710.jpg 無事に戻りました。 CIMG0719.jpg 帰り道~美国町 厚苫岬 CIMG0718.jpg けっこうな崖ですね 奥に塩谷丸山 ここ海岸線を歩いて先端の磯へ行けるんですよ CIMG0722.jpg 帰り道~古平町 セタカムイ岬&セタカムイ岩 断崖絶壁 ここも先端の磯へ行けます。 CIMG0721.jpg セタカムイ岩の反対側の沖歌トンネルと古平港 大森山~丸山 丸山の付け根に港が有ります。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-