FC2ブログ

赤岩山 371M 7月6日(金)小樽海岸自然探勝路コース 所要3時間

下赤岩山から車で登山口まで移動して車内で昼食後、のんびり出発しました。 CIMG2603.jpg 下赤岩から自然探勝路で徒歩で来れますが長雨によるドロドロぬかるみを回避して車で移動しました~ここは、駐車場、トイレも有ります、平日でしたが久しぶりの好天でしたので駐車場には5、6台の車が有り、ロッククライマーさん達が準備をしたりしていました。 CIMG2605.jpg 下赤岩~赤岩にかけての断崖絶壁は、ロッククライミングが盛んです~聖地といった感じ CIMG2607.jpg 登山道~予想通りドロドロでした CIMG2608.jpg 川みたいに水が流れていたり○| ̄|_ まぁ、めげずに進みますよ(*^^)v CIMG2609.jpg 階段を登りきると、少し下り展望所に着きます、ここにはベンチもあるので景色を見ながら休憩できますよ✩ オタモイ~塩谷の海岸~忍路竜ヶ崎~余市尻場山~古平、美国~積丹岬、条件が良ければ積丹岳も確認できます☆.。.:*・ CIMG2610.jpg 海岸線、綺麗です CIMG2611.jpg 手前は、赤岩山から続く稜線、奥に塩谷丸山 CIMG2612.jpg 赤岩山のシンボル~紅白の鉄塔 CIMG2613.jpg 少し登り返して進みつつ、探勝路から脇道に入り鉄塔に到達します~脇道入口に目立つようにピンクテープ取り付けましたので解ると思います。 CIMG2614.jpg ここでも、僕の趣味に付き合ってくれた彼女~わざわざスマホで三角点の位置を調べつつ指示してくれました藪の中でしたが本当に助かりました(*^_^*)~おかげで無事に発見!! CIMG2615.jpg 笹、雑草、木等、綺麗に排除しました(*^^)v~まぁ登山というか今回の山行は、こんな感じで登山道の整備と三角点探しに多くの時間をかけてしまったんですwwwwww つきあってくれた彼女に感謝m(_ _)m CIMG2616.jpg 位置的には、紅白の鉄塔の後方、10メートル以上は、離れた藪の中に有りました~ピンテ取り付け、ルート開削したので暫くは容易に行けると思います。 CIMG2617.jpg 二等三角点『高島』370.96M CIMG2619.jpg 激レアの三角点ゲット!!~\(^o^)/まぁ、藪漕ぎしてバカみたいですが~やってみるとね、これが、なんか宝探しみたいで面白いんですよね~皆様も是非、お試し下さい☆.。.:*・ CIMG2624.jpg せっかくなのでオタモイ唐門を見に行きました~標識がついていました~中央バスのオタモイ団地のバス停が近くにあります。 CIMG2625.jpg オタモイフード(ツタのからまった味の有る商店)の横の標識~標識に沿って道なりに進みます CIMG2628.jpg 駐車場、トイレ、案内板が有りました。祝津の登山口から下赤岩山~赤岩山~オタモイ唐門、テコテコと歩いて来れるみたいです。 CIMG2626.jpg 唐門への案内板 CIMG2630.jpg 坂道を登っていくとありました。 CIMG2631.jpg なるほどね~ CIMG2632.jpg 釘は一本も使っていないみたいです CIMG2633.jpg 朱色の唐門 CIMG2635.jpg 本物の唐門みたですね~かなりお金をかけて作ったんですね CIMG2636.jpg せっかくなんで海岸へ降りてみました CIMG2640.jpg 断崖絶壁~壮観であります CIMG2643.jpg 山中海岸方面 CIMG2642.jpg エボシ岩 CIMG2637.jpg 当時の階段の跡 CIMG2641.jpg 目を凝らすと、トンネルや遊歩道の一部が見えます CIMG2638.jpg 今は、崩落して通行止めなんですね~断崖の遊歩道を歩いて、奥のオタモイ地蔵まで昔は、行けたんですけどね残念です。 CIMG2639.jpg 龍宮閣~清水寺みたいですよね断崖の岩盤の上にコンクリートの土台みたいの有りますね、支柱を幾つも組み上げていますね、凄い造りですよね~火事で消失したみたいですね。 CIMG2644.jpg 絶景を堪能しました☆彡
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-