FC2ブログ

烏帽子岳 1109M 初登頂~神威岳 983M 10月25日(木) 百松沢林道コース 所要8時間30分

今日は、終日お天気が良さそうなんで、眺めの良い未踏の山を選びました。国道230号~豊平川に架かる百松橋を目指します。 CIMG5764_201810252003243cd.jpg 『百松橋』~老朽化が進み、現在は、車両は通行できません!!人は、通行できますので登山は可能です☆彡 CIMG5768_20181025200325e23.jpg 百松橋より下流方向~紅葉も終盤です。 CIMG5771_20181025200327d5d.jpg 橋を渡ると右手に百松沢小屋~入山届を記載して下さい~駐車場は、橋が通行止めなんで使えませんから、じょうてつバスの百松橋停留所の近くの旧道に駐車するのが無難です。 CIMG5774.jpg 百松沢林道ゲートです~本来ならここまで車で来れます~ゲートは開放されていました~これって嫌がらせ?ですかね、車両通行止めなんですから開放したって無意味ですよね┐(´-`)┌ CIMG5773_20181025200330fd3.jpg 『百松沢林道』~短縮路を使っても往復約7キロの林道歩きが有ります~ロングコースですので、この林道歩きが後々、結構ダメージになります馬鹿にならないです~橋が通行出来るようになったら常時開放して欲しいですね☆彡 烏帽子岳~神威岳を縦走した場合は、全長15キロ超のコースになります。 CIMG5767.jpg 終わりそうな紅葉を観ながら林道歩きです~道は、緩やかな下り坂です。 CIMG5780_2018102520285219c.jpg 砥山ダムと豊平山~ダムの横を通過します。 CIMG5782.jpg 林道の短縮路の案内版です、目立つので解ると思います、矢印に沿って左折し後は、道なりに直進です。 CIMG5784_201810252043128ee.jpg 退屈な短縮路~しかし、熊の目撃情報も有りますので油断は出来ません~このお山は熊がいるみたいです!! CIMG5785_20181025204315835.jpg 短縮路の終点です、また林道に合流します。 CIMG5799_20181025204810fa0.jpg 再び、本線の林道歩き~まぁダラダラと長いです○| ̄|_ CIMG5789_20181025204811e5f.jpg この時期、落葉しますので、夏場では見えない神威岳の山頂がチラチラと見えたりします。 CIMG5791.jpg やっとこ本来の登山口に到着です~コースは沢に沿って進みます。 CIMG5956_201810260638409ff.jpg ロープ場が3箇所有ります~最初のロープ場の所です、急な斜面を沢に下ります斜面から水が染み出しているので常に斜面は泥濘んで滑りやすいので注意が必要です。 CIMG5793_20181026063843d70.jpg 沢自体は、小さいので渡るのに支障は無いです。 CIMG5954_2018102608404164f.jpg 第一ロープ場の登り CIMG5800_20181026063846ba6.jpg 緩斜面も有りますがそれなりの登り坂が続きます~所々にまだ観られる紅葉が残っていました。 CIMG5807.jpg 神威岳の岩峰が近づいて来ました。 CIMG5798_2018102606384614d.jpg 第二ロープ場です、ここは斜面は、乾いていますので問題は無いです。 CIMG5811_201810260655141b2.jpg 長い上り坂を経てお休み処に到着です。 CIMG5825_20181026064807402.jpg 『厳望台』~ここまで登ってくると展望が開けます。 CIMG5823.jpg 神威岳の山頂部をはっきりと確認できます。 CIMG5824.jpg 岩峰~えええ、ココ登れるのかなって?感じですよねΣ(゚Θ゚) CIMG5827_20181026070149422.jpg 周りの展望も開けます~お馴染みの里山さん達~藤野3山、八剣山、紋別岳、イチャンコッペ山等 CIMG5830_20181026070150e13.jpg 盤の沢山、空沼岳等 CIMG5835_20181026070648a1f.jpg ここからは、岩峰の根元まで、中々の急登です。 CIMG5834_20181026070651ad8.jpg ガシガシ行きましょう☆彡 CIMG5844_20181026070653fa4.jpg 岩峰の付け根に至ります。 CIMG5832_20181026071231f04.jpg 烏帽子岳も確認できます~山頂は左の方、お饅頭みたいに山頂部は傾らかですが、そこに至るまでが容易じゃないんですよね┐(´-`)┌ CIMG5846_2018102607123239e.jpg 定山渓天狗岳、ヒクタ峰、余市岳 CIMG5847_20181026071234ca5.jpg 余市岳、股下山、朝里岳、白井岳 CIMG5841_20181026071235c39.jpg 札幌岳も確認できます。 CIMG5851_201810260712371c2.jpg 第三のロープ場~ここも常時、斜面は湧水で滑るので注意が必要です。 CIMG5852.jpg ロープ場を登りきると尾根に出ます、ここが分岐点になっています~右に行くと神威岳、ほんの数分で難なく山頂へ行けます~あの岸壁を巻いて登って来たので安全に山頂へ行けるんですよ~今日は未踏の烏帽子岳を優先しますので神威岳は、帰路の駄賃に頂く事にします、神威岳から烏帽子岳へ行っても全く構いません御自由に選択して下さい。 CIMG5858_20181026073052291.jpg 目指す烏帽子岳 CIMG5857.jpg 急降下地点ですかなり急ですよ!!神威岳~烏帽子岳の縦走路、アップダウンが激しいです、烏帽子岳の山頂に至る手前は岩場も有り、ガレ場、急登が待ち受けていますよ(汗) 直線で1.2キロ、アップダウン有りますから2キロ位は有ると思います、健脚自慢の方でも往復に1時間はかかると思います、まぁ僕は、2時間弱(笑) CIMG5853.jpg 縦走路から百松沢山 CIMG5855.jpg 手稲山 CIMG5856_201810260747164cb.jpg 市街地、三角山~藻岩山 CIMG5860_20181026074718949.jpg 割れ山(未踏)、砥石山 CIMG5865_201810260747222e6.jpg 神威岳の岩峰が後方に~ CIMG5862_201810260747195d5.jpg 目指す山頂 CIMG5863.jpg 接近~そろそろ急登が始まります。 CIMG5872_20181026075437ed5.jpg 序の口ゾーン CIMG5878_20181026075438c91.jpg 岩がゴツゴツして来ます CIMG5883_2018102607544218b.jpg ガレ場、手稲山みたいですね、しかし、石が小さいので足元が良くないです CIMG5882.jpg ガレ場の斜面が綺麗でした☆彡 CIMG5887_20181026075444a75.jpg ガレ場の下に神威岳の岩峰~ここの急斜面の展望が素晴らしいです☆.。.:*・ CIMG5894_20181026075445fcc.jpg まだまだ終わりませんよ~最後の急斜面、ロープが欲しい位です(゚∀゚) CIMG5901.jpg やっとこ尾根に登れました~山頂は、まだまだ奥なんですよ、まぁ後は、平たい尾根歩きですけどね。 CIMG5888_2018102608044380f.jpg 正面に神威岳の岩峰 CIMG5889_20181026080445d7f.jpg 藻岩山、市街地 CIMG5890.jpg 札幌岳~定山渓~無意根山 CIMG5898_201810260804499aa.jpg 札幌湖、小天狗岳~後方に喜茂別岳~無意根山 CIMG5900_20181026080451a5c.jpg 小天狗岳の頭、小白山~喜茂別岳、並河岳、中岳、無意根山、羊蹄山 CIMG5903.jpg 平たい尾根を歩いて~結構、奥の方まで進みます。 CIMG5904_201810260818433c0.jpg 笹薮に囲まれた山頂に到着します~長い道のりでしたね(疲) CIMG5906.jpg 山頂標識 CIMG5910_20181026081641300.jpg 整備しました。 CIMG5911.jpg 三等三角点『烏帽子岳』1109.42M CIMG5913_2018102608164470b.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG5919_20181026081645781.jpg 笹をかき分けて~海☆.。.:*・ 山頂は笹なんで展望は急登斜面から堪能しましょう☆彡 CIMG5922_20181026081646c15.jpg さてと、絶景を観ながら降りますよ~足元は滑るので要注意です。 CIMG5927_20181026083122d64.jpg 帰路も容易じゃないですね、急登の登り返し!! CIMG5930.jpg 分岐点まで戻りました。 CIMG5931.jpg 神威岳に立ち寄ります、道なりに数分進むだけです。 CIMG5933_20181026083126e86.jpg 山頂です~大きな木が邪魔で展望は、それなりって感じですかね。 CIMG5935_20181026083128f8f.jpg 山頂標識 CIMG5946_20181026083752c6a.jpg 奥に紋別岳、イチャンコッペ山、樽前山、風不死岳 CIMG5940.jpg 市街地 CIMG5943_20181026084038888.jpg 帰りま~すよ、さらば烏帽子岳☆.。.:*・ CIMG5949.jpg ヒタスラ落ち葉の中を歩き続ける~単調で疲れる。 CIMG5964_20181026084304424.jpg 2時過ぎから雨が降り始めて、結構な濡れ具合に、16時頃だと言うのにかなりの暗さに~雨は想定外でしたけど無事に戻りました~やれやれって感じですかね、まぁこれでまた1つ減って札幌50峰の残りが9座になりました次の無理やり夏道で登るターゲットは、樿山なんだけど雪降りそうですから微妙ですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-