FC2ブログ

銭函天狗山 536M 4月19日(土)銭天山荘コース 所要3時間

2年位前に一度登っているんだが当時は、三角点には全く興味も無く、ただ景色を眺めるだけで十分に満足な山行だった。三角点探し歴は1年弱位かも~と云う訳で銭天にも三角点が有る事が解ったので三角点探しに登ってみました☆.。.:*・ CIMG0046.jpg 国道5号、ローソン銭函3丁目店から、銭函天狗山~電線は、排除したいのだが写ってしまう○| ̄|_ 山頂の岩峰の巻道に残雪が見えましたので、安全第一で軽アイゼンも持参した、片側は、断崖なので転ぶわけには行かないです(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG0049.jpg 登山口までの路程が中々解りにくいかも~国道5号から高速『銭函IC』の方へ入っていきます。 CIMG0053.jpg 大倉山、松泉学院の案内板の所を入っていく。 CIMG0055.jpg 高速道路の高架下を潜って、左にカーブしつつ登り坂を進み学院の前を通過する。 CIMG0056.jpg 更に道なりに登り坂を進むと道の角に登山口の標識が有ります。 CIMG0058_20190420161743e9c.jpg 道は、ゲートで行き止まりになります、ここが登山口です。ゲートの横のスペースが駐車場です6台位は駐車できます。 CIMG0061.jpg スタート~道は、乾いていて快調です☆彡 CIMG0060.jpg 砂防ダムを通過 CIMG0063.jpg 山小屋が見えてきます。 CIMG0064.jpg 銭天山荘 CIMG0068_20190421071728762.jpg 赤い屋根、外のトイレは使えるみたいです☆彡 CIMG0069_20190421072510766.jpg ここから先が本格的な登り坂になります。 CIMG0072_201904210725103f0.jpg 最初の難所、尾根に登る急登です~残雪があり、少々ぬかるみも有りました、ここは、夏場でも泥んこエリアなんで仕方がないです、ツボ足で登れました☆彡 CIMG0075.jpg 尾根に上がりました、一息つけます☆彡 CIMG0080_20190421073128a18.jpg しばらく登ると、道は、またそれなりの登り坂になります。 CIMG0084_20190421073129253.jpg ロープ場になります。 CIMG0085_20190421073131051.jpg この辺りから、足元も石や岩場になっていきます。 CIMG0088_201904210731321f6.jpg けっこうゴロゴロ&ゴツゴツしてきます。 CIMG0092_2019042119260154f.jpg 道の左側は、崖状になりますので展望が開けてきます~左に手稲山等を眺めつつ登って行きます☆彡 CIMG0093_20190421192602cf2.jpg 後ろを振り返ると市街地等が見えます☆彡 CIMG0095.jpg 山頂部の岩峰が見えてきます。 CIMG0099.jpg 断崖ですね(°_°) CIMG0102_20190421192958e69.jpg 岩の真下まで登りつめます、流石にこの岩峰は登れないので、岩の裏を巻いて登って行きます。 CIMG0104_2019042119343548e.jpg 巻道には、まだそれなりの量の雪が残っていました、それなりに急斜面ですから慎重に進みました。 CIMG0107.jpg 登り詰めると山頂の尾根に出ますので、尾根の奥にある山頂へ進みます。 CIMG0109.jpg 山頂へ到着です☆.。.:*・ CIMG0128.jpg 整備隊で取り付けた別の標識も有りました。 CIMG0142_20190421194851c16.jpg まずは、早速、三角点探しに着手です~コレが第一目的ですからね!!山頂は、岩場で、平らな所が少ないので目星が付けやすいです☆彡 笹刈りして、雪掘りしたら出てきました三角点☆.。.:*・今日は、君に会いに来たんだよって感じ(*^^)v CIMG0146.jpg こんな感じ☆彡~三角点は、山頂の立派な山頂標識の向かい側の藪の中に有りました☆彡 CIMG0108.jpg 三角点のそばに付いていました☆彡小さな標識 CIMG0149.jpg 三等三角点「天狗山」536.69M CIMG0150.jpg 「天の記」を閲覧したら、三角点の設置が大正2年(1913年)ですから、御歳106歳の古い石☆彡 CIMG0154.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG0115.jpg 山頂からの展望です、手稲の山並みが一望できます☆.。.:*・ CIMG0162_2019042220155432b.jpg 足元は、崖ですから写真撮るときには注意して下さい。 CIMG0096.jpg 正面奥の左から手稲峰、ネオパラ山、手稲山主峰、手稲山西峰~綺麗に並んでいます☆彡尾根伝いに縦走も可能です~まぁ体力が無いから僕には出来ないけどね(〃▽〃) CIMG0116.jpg 手稲山西峰から左側の尾根~星置山、奥手稲山、銭函南岳 CIMG0113.jpg 銭函南岳、春香山、和宇尻山 CIMG0140_20190422200010875.jpg 手稲峰 593M CIMG0139.jpg ネオパラ山 838M CIMG0136_201904222000076ea.jpg 手稲山主峰 1023M CIMG0117.jpg 銭函南岳 838M CIMG0160_20190422200608582.jpg 市街地の展望 CIMG0155_201904222009573a2.jpg 石狩湾を一望できます☆彡 CIMG0131.jpg 石狩新港の奥に浦臼、樺戸の山並み CIMG0167.jpg 海、市街地~残念ながら木が邪魔で小樽方面の海は、綺麗に見えません|ω・`) CIMG0164.jpg 天気も良いし暖かく、ついつい長居してしまいましたが降ります☆彡 CIMG0165.jpg 降りる時の方が滑るので慎重に降りました、岩峰の右の残雪が見える所を下って岩峰の基部まで下ります。 CIMG0168_20190422202540825.jpg 山荘の赤い屋根が見えたら終わりは近いです。 CIMG0170.jpg 登山口まで戻りました~日曜日でしたので数人の人とスライドしました☆彡
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-