朝里天狗岳 683M 5月27日(土)初登頂 送電線コース 所要2時間30分

雨の予報でしたが早朝ならば大丈夫かと思い出発しました。出かけるときは、薄曇りって感じで雨は降っていなかった。朝里天狗岳を目指し国道5号線を朝里に向かう。もしも雨が降らなかったら小樽天狗山も登ってしまおうと思っていた。 CIMG4050.jpg 朝里の市街地に入りツルハ前の交差点の案内板に従って左折して道道1号に入ってください、あとは、登山口まで直進あるのみです。 CIMG4051.jpg 朝里ダムの手前から朝里天狗岳、まだ雨は降っていませんのでシメシメと思っていました( ^ω^ ) CIMG4055.jpg ダムを通過すると連続急カーブの所が有ります、急カーブを通過すると魚留の滝の看板が左手に見えてきます CIMG4057.jpg 滝の看板のすぐ近くに登山口が有ります。 CIMG4054.jpg 付近には車を置くスペースは無いので、登山口から200M位進み、この橋を渡ります。 CIMG4052.jpg 橋を渡ると右手に駐車スペースが有りますので駐車して歩いて登山口まで戻ります。 CIMG4053.jpg 駐車位置より、鉄塔と山頂方面を撮りました。コースは、鉄塔を3つ通過して、沢を4回渡渉して山頂に至ります。 CIMG4056.jpg あんまり目立ちませんが登山口の標識です。 CIMG4058.jpg 一つ目の鉄塔までは、やや急登です。 CIMG4059.jpg 一つ目の鉄塔です。 CIMG4060.jpg 二つ目に向かう道もやや急登です、まあ大したことは無いです(゚∀゚)よゆーでしょう CIMG4062.jpg 2つ目の鉄塔です。 CIMG4063.jpg 最初の渡渉、まあ平気だな。 CIMG4064.jpg 2回目の渡渉、問題無し。 CIMG4065.jpg 3つ目の鉄塔です。ここあたりから、雨が降ってきた(T_T) CIMG4067.jpg 分岐点です、間違えて直進しないように木の枝が置いてありますので、ココを左折して山腹に取り付きます。 CIMG4068.jpg ピンクのテープや木に赤のペイントも有るので大丈夫だと思いますが、3つ目の鉄塔を過ぎてから左折する事を憶えておきましょう。 CIMG4069.jpg 3回目の渡渉 CIMG4071.jpg 4回目の渡渉ね木が腐れています、滑ります。注意が必要です。 CIMG4072.jpg 山頂直下の最後の登りです。岩が目立ってきます。 CIMG4074.jpg この岩を越えると山頂標識です。 CIMG4075.jpg 目立たない小さな標識 CIMG4079.jpg 文字がはげてほぼ、見えない。 CIMG4078.jpg 山頂から屏風岳、確かに屏風みたいでどこが山頂かわからんね(*゚Q゚*) CIMG4076.jpg 朝里岳 CIMG4080.jpg 踏み跡に沿って北峰へ移動した。 CIMG4081.jpg 朝里ダムが見えるが海は見えない(;д;) CIMG4082.jpg ガスがかかってきた(;´д`)<萎ェェェ↓ CIMG4083.jpg 毛無山です。視界も悪くなりつつあるのですぐに下山する。 CIMG4091.jpg 折角だから駐車場所に行くまえに滝見物をする事にする、途中、迷わないように案内板が付いている CIMG4092.jpg 魚留の滝です、平和の滝よりでかいですね。 CIMG4093.jpg もう一枚(´_ゝ`)、道路の滝の案内板から往復15分って感じですね。 CIMG4095.jpg 滝も見たし、車までテクテクと歩く、霧に霞んでしまっている車。 CIMG4096.jpg 無事に戻りました、濡れたけどね(。´・(ェ)・) CIMG4101.jpg ダムの駐車場で天気の様子見。 CIMG4102.jpg 視界も良くなく、雨も止まず帰宅する事にした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に去年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-