FC2ブログ

坊主山 790M 初登頂5月19日(日)坊主山林道コース 所要3時間

むかわ町、厚真町、早来町、安平町は、ほぼ未踏のエリアでしたので、記念すべき第一歩に選んだのが坊主山シリーズの第4座目の坊主山(むかわ町)です。国道274号、三川~夕張~むかわ町~道道74号を走ります、家から往復すると190キロ、普段は近場が多いですから僕的には、遠距離の山と云う事になります☆彡 CIMG1366.jpg 274号~夕張を通過して、むかわ町へ入ります、標識が目印です、交差点には、信号機も有ります。 CIMG1496.jpg 市街地に入るとすぐに左手に坊主山が見えてきます☆彡 CIMG1369.jpg 稲里橋を渡ります。 CIMG1370.jpg 下沢橋を渡って直ぐ左折して「町道 稲里富内線」に入ります、ここから登山口まで約7.5キロ位有ります。 CIMG1371.jpg 町道の入口の様子です、登山口の案内板は無いです、火の用心の赤い旗が有りました。 CIMG1372.jpg ふれあい体験の森の案内板、まず、ここから舗装道路を1.5キロ進んで、分岐点に至ります。 CIMG1374.jpg 舗装道路を、道なりに進んで、小さな橋を渡ると、標識が有ります。 CIMG1378.jpg 分岐に有る標識です~分岐を左折して、砂利道に入ります。 CIMG1379.jpg 凸凹の少ない走り易い道です、約2キロ道なりに進みます。 CIMG1380_20190521113459b29.jpg 林道ゲートが有る分岐に至ります。 CIMG1382_20190521113500610.jpg 右に進みます~ゲート開放されていました。 CIMG1381_20190521113502217.jpg 「坊主山林道」と書かれてありました。 CIMG1384.jpg ここから山道って感じです~多少凸凹も有り、轍が深い所も有りましたが林道としては、走り易い方だと思いました、倒木も処理されていましたし上等な道だと思います、ゲートから約4キロで登山口になります、あんまり目立たないのでピンクテープ付けました。 CIMG1386.jpg 登山口の様子 CIMG1387_2019052111453350b.jpg 折れて倒れていた標識 CIMG1389.jpg 案内板 CIMG1392.jpg 錆びて腐食が進んでいますが読めるね。 CIMG1393.jpg とっても良い道です、硬くなくて、泥濘も無いです、急登も無いです、滑らないです、適度に柔らかいです、膝や腰に負担がかからない、お子さんでも歩けます、硬い靴底の登山靴は不要です、普通の運動靴でも十分歩けますね☆.。.:*・ CIMG1492_201905211150098f1.jpg 最初に尾根に上がる時に唯一、少し上り坂がある程度で後は、緩やかな登りしか無いです。 CIMG1404_20190521120148d57.jpg 3箇所ほど小さな沢みたいな所を通りますが全く、問題は無いです☆彡 CIMG1488.jpg 唯一、気になったのが岩崖エリアが100M位有りました、大きな岩が目に付きましたΣ(゚д゚|||) CIMG1489.jpg 落石が(;´д`)<萎ェェェ↓ これは注意が必要ですよね、足元は、良好なんですが、頭上に注意して進みましょう☆彡 CIMG1405.jpg 樹林帯を抜けて高度が上がってくると大きな木が少なくなって展望が開けてきます☆彡 CIMG1408_20190521121427d9e.jpg 山頂が近づくと木が減り、笹原が目立ってきます。 CIMG1410.jpg 山の裾をぐるり~んと回り込んで山頂に至るかんじで登山道がついています~右に山頂が☆彡 CIMG1414_20190521121431eda.jpg 更に進むと右奥に山頂が見えてきます☆.。.:*・なだらかな綺麗な稜線です。 CIMG1413_20190521121432cde.jpg 右手に山小屋の屋根が見えてきました。 CIMG1415.jpg 道幅もあり、笹刈りも完璧です、整備が行き届いています、感謝感激であります☆彡 CIMG1432.jpg 出し惜しみしてましたけど、素晴らしい展望で~す☆.。.:*・ CIMG1416_2019052112320157f.jpg 山小屋 坊主に到着です、ここから山頂までは、10分程度で行けます。とってもきれいな山小屋です☆彡 CIMG1419_20190521123202de5.jpg 高床式、4方をしっかりワイヤーで固定されていました。 CIMG1417_20190521123203416.jpg 鍵は、かかっておらず誰でも自由に使える状態でした。 CIMG1422_20190521123205bdc.jpg 室内も、とっても明るくて綺麗でした、6人程度は、余裕で泊まれそうです、居心地が良くて1時間くらいはココでゴロゴロしていました(*^^)v 水場は無いですが、日の出&夕日、月見や天体観測には、申し分ない環境だと思います、満天の星空を眺めてお泊りしてみたいですね、ここなら荷物背負って歩いても苦になりませんね☆彡 すごく気に入りました♪(*^^)o∀ CIMG1420.jpg 小屋から先は、なだらかな丘歩きって感じです。 CIMG1425.jpg 後ろの景色も良いですよ☆彡 急ぐと勿体なからゆっくり歩きましょう☆.。.:*・ CIMG1427_201905211248118ec.jpg 正面、奥に夕張岳 CIMG1429.jpg 今年もまた、行ってみようかなぁ夕張岳 CIMG1480_20190521125350508.jpg 綺麗ですよね☆.。.:*・ CIMG1438_20190521125746ecf.jpg 山頂部の尾根歩き CIMG1479.jpg 小さなコブを越えて CIMG1436_20190521125749201.jpg 稜線を進みます。 CIMG1444.jpg 山頂が見えてきます☆彡 CIMG1446.jpg 登り詰めて山頂です☆.。.:*・ CIMG1456_20190521130253ea3.jpg 草刈しました。 CIMG1447.jpg 山頂標識です、坊主山790M 初登頂\(^o^)/ CIMG1450_20190521131638531.jpg 二等三角点「坊子山」790.55M CIMG1451.jpg けっこう年季が入っていますね(°_°)~「点の記」閲覧したら大正2年(1913年)でしたので106年前のモノなのかなぁ? CIMG1453.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG1463.jpg ハッタオマナイ岳、奥に糠平岳や北日高の山々~幌尻岳とかは見えないのかな? CIMG1476_20190521132417182.jpg 360度、山また山ですね☆彡 CIMG1459.jpg 佐主岳等 CIMG1472_2019052113241863d.jpg 帰路の展望☆.。.:*・ CIMG1493.jpg 後ろ髪を引かれつつ戻りました☆彡
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-