札幌岳 1293M 6月13日(火)初登頂    豊滝コース 所要6時間

5月は、支笏湖周辺を集中して登っていたので、6月は、以前から狙っていた札幌岳に挑戦する事にした。盤の沢山、パゴダの塔にも登っていたのでなじみの深い豊滝から登ることにしてみました。国道230号を走行して豊滝の信号を左折し盤の沢林道を目指しました。CIMG4497.jpg 豊滝の信号機、ここを左折する。 CIMG4500.jpg 信号機の近くから、札幌岳 CIMG4502.jpg 豊滝市民の森の標識を過ぎると、盤の沢川に架かる小さな橋の所に来る、橋を渡らずに橋の手前の小道へ左折する。冬は、この小道から除雪が入っておらず、橋の横に車を置いてゲートまで歩いた。 CIMG4503.jpg あまり目立たないが橋のたもとの木に標識が付いている。 CIMG4504.jpg 小道を直進すると盤の沢林道のゲートに着く、見るとゲートは閉じていたが鍵は付いていなかったが入林申請もしていないのでゲートの脇に駐車して登山口まで3.5キロ歩くことにした。 CIMG4505.jpg 林道の標識、3.5キロってそれなりに歩くと時間はかかりますね(〃▽〃) CIMG4507.jpg ゲートの開閉に支障の無い所に停めました。 CIMG4506.jpg 記載して時間を確認したら丁度6時でした。軽く体操してスタートしました。 CIMG4508.jpg 沢の流れや音を聞きながら3.5キロ森林浴です。 CIMG4511.jpg 緩やかに登って行きます。 CIMG4512.jpg 中間付近にある標識です、この他にもいくつか有りますので迷わないと思います、林道をひたすら直進します CIMG4573.jpg 中間付近を通過すると、林道を塞ぐように大きな倒木が有ります、1本しか見えませんが2本並んであるんです、すごく邪魔です(`o´)てな訳で車も此処までしか入れません後は歩きです(-∀-) CIMG4572.jpg 少し進むと林道が流失して無くなってしまいます、人が一人通れる道の様な踏み跡が付いていますから、それに沿って進みます、少し不明瞭な所も有りますが、常に川の右側を進んでいれば問題は無いです、間違っても川を渡って向こう岸には行かない事。登山口までは川の右側をキープして進みます。ちいちゃい流れ込みを3つ渡るとまた林道が復活します。 CIMG4513.jpg 復活した林道を500M進むと、いよいよ登山口です。 CIMG4515.jpg 登山口の様子です。 CIMG4514.jpg ここからまだ1.7キロあるんですね┐(´-`)┌ CIMG4516.jpg 林道もここで終わりです。ゲートから1時間かかりました。 CIMG4517.jpg ここから先は笹や草木が登山道に被さって来て歩きにくくなりますΣ(゚Θ゚)、道中、ほぼ何も見えません。 CIMG4518.jpg 一回目の渡渉、問題無し。 CIMG4519.jpg 2回目の渡渉、ここも平気です。 CIMG4520.jpg 対岸の木に標識が有ります。 CIMG4521.jpg 赤の印が小さいです(T_T) CIMG4522.jpg 2回目の渡渉が終わると尾根への取り付きとなり急登箇所も出てきます。 CIMG4523.jpg 半ばあたりまで登ってくるとようやくパゴダの塔が見えましたる CIMG4525.jpg 気の間から山頂も少し見えました。 CIMG4567.jpg 残り1キロ、ここからが急登本番、笹薮バリバリ道になって行きます。゚(゚´Д`゚)゚。 CIMG4526.jpg 急登ロープ場1、斜面が土なので滑ります。 CIMG4527.jpg 急登ロープ場2、ここも土に小さな石ころが有って不安定。 CIMG4531.jpg 急登ロープ場3、ここも土が脆く崩れてきて容易ではない。 CIMG4532.jpg 道を覆い尽くす笹薮。゚(゚´Д`゚)゚。おまけに急登とか、勘弁して欲しいですね。 CIMG4530.jpg 笹のトンネルみたいになっていて、顔を上げると顔に笹が当たって視界が悪いし、チクチク痛いしまさに踏んだり蹴ったりの悲惨な状態になっていましたΣ(´Д`lll)エエ!! CIMG4534.jpg 尾根への最後の登り、強引に突破あるのみ!! CIMG4535.jpg やっとこさ尾根に出ましたo(^▽^)o CIMG4536.jpg 豊滝への案内板、これなら笹薮の中でも迷わないね(°_°) CIMG4539.jpg 空沼岳へと続くらしい道なんだけど、なんじゃこりゃあ状態の廃道TT踏み跡は有るが進む気が起きません。 CIMG4540.jpg 尾根からは、スイスイ進めるだろうと思いきや、がびーん進行方向も藪だらけに、一気に萎える。 CIMG4548.jpg まあイライラしても何も変わらないしここは、景色眺めて一休み、札幌市内までよく見えました。 山容がカッコイイ盤の沢山、藤野三山、藻岩山、札幌ドームも確認できました。端っこにパゴダの塔も写っています。 CIMG4552.jpg 山頂まで残り500M、まぁー(||´Д`)oしんどすぎ、ここまで来たのに諦めるとか有り得ないし気合です。 CIMG4553.jpg 山頂直下の最後のゴツゴツ岩登りです。 CIMG4555.jpg なんとか到着\(^o^)/ CIMG4554.jpg 正直ヘロヘロになりへたり込みました。 CIMG4556.jpg 苦労が報われる絶景ですo(^▽^)o中山峠、羊蹄山、尻別岳。 CIMG4563.jpg 羊蹄山、ここもいつかは登ってみたいですね。 CIMG4564.jpg 尻別岳、まずこの山から試しに登ってみますかね。 CIMG4551.jpg 恵庭岳です今度は、右の角みたいな西峰に登る野望を抱いています(゚∀。)アヒャ CIMG4558.jpg 無意根山も是非、登ってみたいです。 CIMG4541.jpg 縦走は無理ですけど空沼岳も登らないとね。 CIMG4560.jpg ナイフリッジみたいに突き出した岩から、恒例のお遊びです(∩・∀・)∩ キャーまんが一落ちても藪のクッションで助かるかもね(゚д゚)しばし休憩してから下山しました。 CIMG4568.jpg 登山口にだどり着くまでに、膝がカコカコして急登箇所で3回転び、肘を擦りむくオマケ付き( /ω) CIMG4569.jpg 帰路の林道歩きもだるかったな。 CIMG4574.jpg 車に戻り、戻りの時間を記載したら丁度12時で6時間、経過していた、なかなか容易ではない山行となった。 『山の印象』片道3.5キロの林道歩きは、急登も無く特に問題は感じなかった。厄介なのは、ラスト1キロ付近からの笹薮です、踏み跡は有りますが道の両サイドから笹が被さってかなり歩きにくいですし、笹のトンネルみたいな所も有り苦労すると思われます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に去年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-