FC2ブログ

美流渡探鉱エリア 10月06日(日)所要1時間

朝日から3キロ弱で、美流渡の集落が有ります、こちらの集落も万字線の開通に伴って炭鉱の開発が促進されて1918年(大正7年)北海道炭鉱汽船株式会社(北炭)により開坑された~北星炭鉱に引き継がれるも1966年(昭和41年)閉山した。こちらのエリアは、三井、三菱、住友等の大手の財閥系の大規模な炭鉱ではなく、中小の炭鉱が多く存在していた~北星炭鉱、東幌内炭鉱、東美流渡炭鉱、伊藤炭鉱等~伊藤炭鉱は露天掘りで出炭を続けていたが1988年に閉山している、現在は、施設の多くは解体されて自然に帰り、当時の面影はほとんど残っていない┐(´-`)┌ IMG_1199.jpg 集落の中心部にある『美流渡交通センター』かっては、ここに万字線「美流渡駅」が建っていた。駐在所の隣なので分かると思います。 IMG_1201.jpg 建物の左側に旧い電柱と線路の一部が残されていた~駐車場から公園にかけての道に線路があったのかな? IMG_1203.jpg 駐車場の向かいは、公園になっている。 IMG_1204.jpg 公園の中に美流渡駅の記念の石碑が建っています☆彡 IMG_1205.jpg 大正13年に開業~当時は、栗沢町美流渡でしたので栗沢町長の名前が~朝日、美流渡、万字は栗沢町だったんですね、栗沢町は、基幹産業だった炭鉱が閉山して人口が減り2006年、岩見沢市に編入合併された。 IMG_1212.jpg 町はずれの奈良町にある「万字線鉄道資料館」 IMG_1211.jpg 看板 IMG_1214.jpg 入館希望者は、電話連絡してカギを開けて貰います。 IMG_1207.jpg 東幌内炭鉱の有った奈良町の旧い炭住、朽ちて潰れている家も多くありました。 IMG_1215.jpg 美流渡神社 IMG_1217.jpg 神社の中に石碑がありました。 IMG_1218.jpg 「石炭の碑」 IMG_1220.jpg 美流渡エリアは、中小の多くの炭鉱が散在していたんですね☆彡 IMG_1222.jpg 万字線、炭鉱の発展と共に歩んできた美流渡神社 IMG_1229.jpg 北星炭鉱の有った上美流渡地区に移動~寂びれ果てた上美流渡の集落、家は、まばらで空き地が多い IMG_1223.jpg 学校の跡~校門と記念碑があります。 IMG_1224.jpg 記念碑~上美流渡小中学校の跡地~北星炭鉱があった当時は学校も有ったんですね IMG_1225.jpg 校歌 IMG_1226.jpg スクラップアート美術館 IMG_1227.jpg 炭鉱の事務所?を再利用しているらしいです~付近には、パン屋さん、工芸館、お花屋さんなどが点在しており、いづれも炭住や関連施設の跡地などを再利用して作られています~山奥なのにお客さんが来るのか心配ですが人気店らしいです☆彡この地区を美流渡アートパークと云うらしい。 IMG_1228.jpg 美術館の裏山は、ズリ山☆彡 北星炭鉱(美流渡炭鉱)~北炭から経営を引き継いで頑張っていたんですが昭和41年に閉山~上美流渡から美流渡駅まで石炭を運搬する北星炭鉱美流渡専用鉄道も敷かれていたんですが今は、何も残ってはいません。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-