FC2ブログ

音江連山 初登頂 沖里河山~無名山~音江山~イルムケップ山 10月24日(木)  旧深川スキー場登山口 所要6時間

トトロおじさんの山歩きも最初は、札幌市内だけみたいな感じでしたが、3年目に入り道央圏を中心に徐々に拡大してきました☆彡 先日は、念願のセニコエリアに進出、今日は、ココも以前から景色が良いので是非、行ってみたいと思っていた深川市音江町の音江連山に行きました。 IMG_1667.jpg 深川橋の近くの石狩川の河川敷から音江連山~朝は、霧に包まれていましたのでしばし待機して様子見をしていたら霧が晴れて、綺麗な写真が撮れました。 IMG_1669.jpg 深川橋~この地に最初に橋が架けられたのが1917年(大正6年) 二代目は、1931年(昭和6年) 今の橋は3代目で1967年に架け替えられ、2014年に上流側にも歩道が追加された。橋の形式は、アーチ橋の一種でランガーガーター橋と呼ばれるもので 旧舞鶴橋と同じ原理に基づいて造られたのものです。 IMG_1671.jpg 橋の正面に音江連山 ne5dau0000001bjx.jpg 『北海道ふかがわ観光サイト』より~登山口が2箇所有ります、旧深川スキー場と旧沖里河温泉(鳩の湯温泉)です温泉は閉館しています。イルムケップスカイライン(一応は車道ですが道幅が狭い所も有り、未舗装で凹凸もありカーブも多く慎重な運転が必要)を使って沖里河山の山頂の直下の駐車場まで5キロを車で行けます、無論、健脚自慢な方は歩いて下さい、体力に自信が無いトトロおじさんは車で行きました☆彡 コースは、沖里河山~無名山~分岐の無名峰~剣山~鳩の湯 ですがオプションで、無名山からイルムケップ山、分岐から音江山が有りますが無名山からイルムケップ山は廃道状態で猛烈な藪漕ぎで試しに行ってみましたがヤバすぎて途中撤退しましたので行けません!! 音江山へは道も整備されていて普通に楽しく歩けましたので一等三角点もあるので行く価値はあると思います。コースは、尾根歩きになりますので、小さなコブが結構あるのでアップダウンが多いですが激しい急登は無いですし道は整備されていますので歩き易いので子供連れでも大丈夫かと思われます。沖里河山~鳩の湯をピストン 沖里河山駐車場と鳩の湯登山口駐車場にそれぞれ車を配置してのプチ縦走 イルムケップスカイラインを歩いてぐるりと一周フル縦走等、体力や時間に合わせて楽しむ事ができる山です☆彡 展望が良いです!! 各山頂や尾根から暑寒別、樺戸、夕張、芦別、大雪山系や日本海、朱鞠内湖???等の絶景が拝めます(*^^)v IMG_1680.jpg 霧が晴れて来たので、ととろ峠に移動しました~国道12号線を深川に入り道の駅 ライスランドふかがわの交差点を山側に左折して道道79号を道なりに進むと左に有ります、ネコバスがあり目立つのですぐに分かるとおもいます。駐車場、展望台、トイレが有ります。ここから先は、トイレは無いのでここで用を足すと良いと思います☆彡 IMG_1683.jpg 展望台 IMG_1687.jpg ととろ峠の名物のネコバス☆彡 IMG_1675.jpg 町おこしの一環で有志の方たちが集まってやったみたいです☆彡 IMG_1676.jpg 子供が喜びそうですね IMG_1678.jpg おじさんの分身も IMG_1688.jpg 峠からの眺めも良いです☆彡まだ霧が残っていました IMG_1695.jpg 霧に包まれた市街地、奥に暑寒別連峰 IMG_1679.jpg ネコバスから音江連山 IMG_1689.jpg ととろ峠から数件の別荘みたいのを通過して更に道なりに進むと旧深川スキー場登山口の入り口が右手に有ります。 IMG_1690.jpg 標識が小さいです IMG_1691.jpg 目立たない標識~分かり難いので入り口にピンテ付けました。 IMG_1693.jpg トイレの案内板 IMG_1696.jpg 少し先に進むと標識が有ります、ここから林道のような道を進みます。 IMG_1697.jpg 九十九折れの凹凸のある林道みたいな道を上って行きます~紅葉が綺麗でした☆彡 IMG_1698.jpg 途中も標識があるので迷わないで上がって来れます~沖里河山の山頂直下にある駐車場に着きます、けっこう広いです。 IMG_1699.jpg 由緒書 IMG_1700.jpg 入山届~後ろのコブの上が山頂です。 IMG_1701.jpg 100段位の階段を上るとアッサリ(°_°) 沖里河山登頂となります!! IMG_1702_20191025111221ddb.jpg 所要1分かなぁ~物足りないかもねΣ(´Д`*) IMG_1703.jpg 沖里河山 802M IMG_1711.jpg お金は、かかりません☆彡 IMG_1704.jpg 暑寒別連峰 IMG_1705.jpg 音江、納内の市街地、日本海や朱鞠内湖??? IMG_1706.jpg 神居山、奥に大雪山系の山並み IMG_1713.jpg ここからアップダウンの尾根歩きが始まります、まずは、下って行きますロープも付いていました無名山まで1.2キロあります。 IMG_1737.jpg 道幅も有り、綺麗に笹刈りされた登山道で歩き易いです、整備が行き届いています☆彡途中、笹や木等、目に付いた所は、処理して進みました。 IMG_1715.jpg 所々に設置されています。 IMG_1718.jpg 無名山手前のニセ無名山の標識 アップダウンが多いけど距離が短いので、それほど苦になりません☆彡 IMG_1722.jpg 無名山 805Mの山頂 IMG_1721.jpg 山頂の標識 豊泉は、もうひとつの登山口の旧鳩の湯温泉のある地名です。 IMG_1730.jpg 正面奥に音江山 右に暑寒別連峰 左に樺戸連山&尾根に続く縦走路 素晴らしい展望です☆彡 IMG_1724.jpg 市街地、奥に海もなんとなく見える。 IMG_1734.jpg 右手に沖里河山の山頂 IMG_1723.jpg 暑寒別連峰 IMG_1727.jpg 霧の奥に大雪連峰 IMG_1778.jpg 山頂の笹薮越しに見えるイルムケップ山~尾根筋に道の跡みたいのは見える、廃道らしいが行ってみたい衝動に駆られる(萌´д`)モエェ↑三角点も有るし、人の行かない山が好きなトトロおじさんです☆彡 IMG_1725.jpg 分岐点が有ったと思われるイルムケップ山への入り口の様子~かなり笹被りしているが跡は、まだ残っているから足は入りそうな感じΣ(゚д゚|||)まぁ、一等三角点のある音江山を優先する☆彡 IMG_1742.jpg お次は、音江山、旧鳩の湯温泉の分岐点がある750峰を目指します、途中にもコブがありますのでアップダウンの尾根歩きはつづく☆彡 ここからまた1.5キロくらいですかね。 IMG_1738.jpg 分岐点の750峰に到着 標識が付いています。 IMG_1739.jpg 無名山1.5キロ 剣山1.4キロ なぜか音江山の標識は、無いんだなぁ???道は、綺麗に付いているのになぁ あんまり推奨されていないのかな? IMG_1740.jpg もう一つの登山口のある旧鳩の湯まで2.3キロ IMG_1752.jpg 結構近くに見える音江山、せいぜい1キロ程度だ 一等三角点ハンターですから外せません☆彡 IMG_1753.jpg 道は、綺麗に笹刈りされていて全く問題は無い、多少アップダウンはある。 IMG_1789.jpg 尾根から夕張岳~芦別岳 IMG_1754.jpg 笹刈りされた山頂に到着 IMG_1755.jpg 山頂標識と三角点 IMG_1756.jpg 草刈りしました☆彡 IMG_1758.jpg 一等三角点「入霧月峰」795.4M IMG_1759.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ IMG_1765.jpg 山頂の藪をかき分けて撮りました。 IMG_1764.jpg 奥に大雪連峰 沖里河山、無名山~右端にイルムケップ山 IMG_1771.jpg 沖里河山、無名山、分岐の750峰、右にイルムケップへと続く稜線、奥に旭岳、十勝岳等 IMG_1736.jpg 分岐の750峰まで、来た道をまた戻り、どうするか考えたが普通の人は、剣山、旧鳩の湯温泉口なんだが僕は、どうしてもイルムケップ山が気になり無名山まで戻る事にした、三角点の無い剣山よりも三角点の有るイルムケップ山に魅かれるトトロおじさんです☆彡 IMG_1783.jpg 無名山まで、なるべく急いで戻りました☆彡 IMG_1782.jpg さっき塞がっていた入り口を笹刈りして広げて準備完了(*^^)v IMG_1787.jpg 大雪 旭岳が綺麗に見えていたので一枚、ご飯食べて、のんびり一休みしてから突入、イルムケップ山まで2キロ以上は有るので無理はしない、また今度もあるので、ゆとりのスタート☆彡 IMG_1784.jpg すぐに猛烈な藪に、背丈よりも遥かに高いし、太くて硬いヤツも多い IMG_1785.jpg 2時間は、格闘戦を展開したが疲れ果て撤収とした、まぁ美唄山の猛烈藪漕ぎ1.5キロも2回行ったし、1回では無理なんので止む無しと云った感じ、良い運動になりました(*^^)v IMG_1791.jpg 藪漕ぎで疲れて帰路の沖里河山の登り返しは、補助ロープのお世話になりました┐(´-`)┌ IMG_1794.jpg 暗くなるの速いですからね、余裕を持って沖里河山に戻りました☆彡 IMG_1796.jpg トコトコ階段を降りて終了です!(^^)!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-