FC2ブログ

丹鳴岳 1039M 1月15日(水)美笛林道コース 途中撤退

まずまずの天気なので、支笏湖エリアの未踏の丹鳴岳に出かけました☆彡 IMG_4136.jpg 国道276号、美笛トンネルを抜けて3キロ位、道なりに進むと、広いチェーン脱着場があります。右に写っている休憩所みたいな所から右に入ると直ぐに八千代橋が有ります。 IMG_4135.jpg 案内板~ちょうど美笛峠の手前にあり、国道の両サイドに広いスペースがあり、ここに駐車して林道から山頂を目指します。 IMG_4137.jpg 国道の右側に美笛川が流れていて、第一の橋の八千代橋を渡り、スタートです。全部で5つの橋を渡ります。 IMG_4138.jpg 美笛川の流れ~支笏湖に流入する小河川ですが、河口部は、一発大物が出る釣り場として知られています。 IMG_4139.jpg 道なりに進みます~もしかしたらトーレスが付いている事を期待しましたが○| ̄|_ 鹿さんの足跡以外は無かったです、まぁアクセスの良くない山奥の山ですから来る人も少ないですからね。 IMG_4140.jpg 自分の足跡しか付いていない、それなりに雪は、序盤から積もっていたのでスノーシューでスタート、急登があるのでアイゼンも所持しました。序盤は、緩やかな上り坂です☆彡 IMG_4142.jpg 美笛峠の支笏大橋が見えました。 IMG_4141.jpg 第二の橋を渡ります。 IMG_4143.jpg 美笛川の支流に架かる橋です、この支流に沿って林道が伸びています。 IMG_4145.jpg 第二の橋付近からの眺め~真ん中の三角の山は、805峰の丹鳴尾山です、美笛のキャンプ場の方から登れるみたいです、丹鳴岳は、更に山奥なのでここからは見えません。 IMG_4146.jpg 暫く進むと、やっと林道ゲートが有りました、駐車場からゲートまで1キロ以上は、間違いなくあると思います。道幅が有り、雪が無ければ余裕で車で入って来れます。 IMG_4147.jpg ゲート脇の林道標識です、全長40232キロ~スタートから往復10キロ以上の林道歩きが有ると云うことなんですよね、まぁ道の無い藪漕ぎよりも遥かにマシなんですけど単調ですし、かなり上の方まで上がらないと森しか見えないので飽きますね、長い~上り坂を登り詰めて林道の終点まで進み、急登エリアから平坦な尾根に進み、最後は、丹鳴岳の山頂部に取り付いて行きます。健脚な方は、更にフレ岳、小漁山方面へも行けます☆彡 IMG_4149.jpg 果てしなく感じる林道歩きがまだまだ続きます┐(´-`)┌ IMG_4150.jpg 第三の橋 IMG_4151.jpg 第四の橋 IMG_4152.jpg 第四の橋を渡ると明瞭な分岐があります。 IMG_4154.jpg 黄金林道、枝道だけど標識もありました、あくまでも本線を終点まで進みます、ピンクテープ取り付けました☆彡 IMG_4155.jpg 道幅が狭くなり煩わしい倒木なんかも出現します。 IMG_4157.jpg 第五の橋 IMG_4158.jpg まだ山頂は見えません~ながWWWWW IMG_4159.jpg 右下に美笛川の支流の沢が流れています、谷間に沿ってクネクネと林道は続きます。 IMG_4160.jpg やっと山頂部の尾根が見えてきた所で、不覚にも足がツリ、しばらく休憩して再スタートしましたが痛みが有り無理せず、今日は、下見と云う事にして下山しました、ちょっとラッセルしただけでこれですからね、ダメですよね(;´д`)<萎ェェェ↓ 独り歩きなんで動けなくなったりしたら一巻の終わりになるので情けないけど無理しない様に心がけています☆彡 IMG_4161.jpg 駐車場まで無事に戻りました~帰りもそれなりに時間がかかりまして、本日は4時間の林道歩きで終了となりました、やはり山奥の山は、ハードルが高いです┐(´-`)┌
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-