春香山 906M 7月7日(金)初登頂 桂岡コース 所要6時間

昨日は、とっても楽しい登山となったが本日は、札幌50峰の春香山を攻略すべく早朝より出発した。天気予報では快晴で気温も30°Cを越える予報が出ていたので、昼には下山するつもりで6時よりアタックとなった。国道5号を小樽方面へ向けて走行、銭函を過ぎて、桂岡に入り、ラルズマートの交差点を左折すると登山口へのルートとなる。 CIMG5141.jpg 国道沿いのラルズマートの看板が目印になります。 CIMG5142.jpg 左折する交差点の信号機には、桂岡と書かれています、まぁラルズの看板が目立つので迷わないですね。 CIMG5143.jpg 左折すると、少し街路樹で見えづらいですが春香山の文字が。 CIMG5144.jpg 左折地点より撮りました、真ん中が春香山です。 CIMG5145.jpg 登山口の前のスペースに駐車しました他には停められそうな場所は無いようです。路程は、高速道路の高架下を通過して住宅街を直進し、行き止まりの様な分岐路を右折して進むと登山口です。 CIMG5146.jpg 標識が小さいので一見、解りにくいです。 CIMG5147.jpg 銀嶺荘の宣伝? CIMG5150.jpg 林道に合流するまでは、森林浴みたいなコースです CIMG5149.jpg 一度だけ渡渉します、橋の残骸を使っているようです、特に問題は無いです。 CIMG5152.jpg 暫く進むと広場みたいな所に出て道は林道に合流します。 CIMG5154.jpg だらだらと登りの林道歩き開始です┐(´-`)┌カンカン日照りの時間帯の歩行は出来るだけ避けたい。 CIMG5153.jpg 林道からは、銭天が見える、この時点ではまだ銭天を見上げる位置に自分はいる。 CIMG5155.jpg ダラダラ登っていくと右手に標識がある CIMG5156.jpg らくちん林道迂回コースと書かれているので、当然のように楽チンしたいから楽チンコースへ進む。この時点でも既にギラギラした太陽が容赦なく僕を痛めつけていた(;д;) CIMG5158.jpg ひたすら林道を進み高度を上げた。銭天と同じ位の高さまで上がってきたのが解る。林道から、登山道に入る入口が一向に見当たらず変だなっと思いつつ戻るのも面倒なので歩き続ける『結構、のんきなおじさんです』林道が下りに差し掛かってコレは見落としてコースアウトしたなっと、さて、どうしたものかと考えるが面倒が嫌いな僕ですから行けそうな道を探すとバイクの車輪の跡とおぼしき轍を見つけたどると道が有りました。春香山の方向に向かっているので進んでみる。 CIMG5159.jpg 幸運にも土場と呼ばれている広場のような所に出られた、内心、心が折れそうになっていたが結果オーライって事で(*^^)v『くよくよしない能天気なおじさんかも』 CIMG5160.jpg 恋人とゴミは捨てるなとさ~う~んきっと誰もが捨てたこと有るよね(゚∀。)アヒャ まあ何事もなく登山道を進むのさwww多少タイムロスかなぁまあ気にすんな。 CIMG5161.jpg 土場から先は急な登りから始まり、暫くすると緩やかになる CIMG5162.jpg 銭函峠の定山渓との分岐点に着く。夏は、桂岡コースが一般的だが、冬になると、定山渓やオーンズスキー場からも来れるらしい。冬は雪が道になりますから自分だけのマル秘のマイルートで来る人がいるね。 CIMG5164.jpg 山荘への途中から撮りました、ここまで来ると山頂が見えてくる。 CIMG5172.jpg 暫く進むと銀嶺荘、誰もいませんでした。 CIMG5170.jpg 枠はいいんだが、黄色い文字は見えづらいからダメだしだな(゚д゚)、ペッ CIMG5171.jpg なるほど30分ね。 CIMG5173.jpg 山荘の横を進むと小川があります。 CIMG5174.jpg 渡るとまもなく小道に右折します、標識が小さいので見落としに注意してください。 CIMG5191.jpg ちまたに、山に、とごにでもあるドロドロ劇場~ここにも有りました(;´д`)<萎ェェェ↓しかしねここのドロドロ劇症は少し長かったですTT CIMG5175.jpg 結構登りが急なとこも有りました。 CIMG5181.jpg ラストは、ロープ場で岩を乗り越えると山頂です。30分では無理ですね(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? CIMG5182.jpg 山頂の様子、少しスペース有りますが草木が伸び放題で展望も銭天の方が良いですね、期待はずれでした。 CIMG5187.jpg かすけてハゲてる標識(´_ゝ`) CIMG5188.jpg 背伸びしたら見える余市岳 CIMG5184.jpg お向かいにある和宇尻山(わうすやま)と海、登山道が無いので冬にしか登れない山 CIMG5185.jpg 銭天と海 CIMG5186.jpg 手稲山、ネオパラ山 CIMG5192.jpg なんとか12時までに戻れました、下山の途中に3人の登山者とすれ違いました、暑いのに大丈夫なんですかね真夏は、クマより熱中症の方が怖いかもね。『山の印象』ダラダラとなが~い登りが続くので疲れます、黄色いへんてこりんな文字は見づらいからやめて欲しいです、銭天の方が景色は良いです、また来たいとは思いませんね(T_T)
スポンサーサイト

コメント

からすさん!山コムメッセしたtabetaです。更新されないかな~って最近めちゃ見てます笑
一人で行っても、迷わず、交通機関で行ける山教えてください!ちなみに。塩谷とモイワと円山はいきました(*´∀`*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に去年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-