真駒内滝野霊園 モアイ像、頭大仏&ラベンダー 7月10日(月)

今日は、勤務明けなので山はお休みです、いくら山バカでも、おじさんですから体力的には衰えていますので極力、無理な山行はしないように心がけているつもりです。去年の秋から始めた山歩きですが夏場を経験するのも初めてです。昼には下山できましたが春香山の山行は、ブヨ&暑さでヘロヘロになりましたので今後は、気温等を考慮して進めて行きたいと思います。さてと、午後からのんびりと、道道341号(厚別滝野公園通)を走行して滝野へ向かう、滝野すずらん丘陵公園を過ぎると右手に入口があるので案内板に従って行くと迷わないで着けると思います。ここは、所謂、墓地ですが広大な敷地と眺めの良い景色、びっくりするような建造物を楽しむ事ができるお勧めのスポットです。
CIMG5194.jpg 
霊園の正門です、重厚な作りです、門を入ると直ぐに33体のモアイ像達が迎えてくれます。 CIMG5195.jpg あのイースター島でお馴染みのモアイ像を真似たものと思いますが、なぜお墓にモアイ像なのか意味が解りませんけど、とにかく壮観な眺めです。横一列にずら~り並んでいますォ━━(#゚Д゚#)━━!! CIMG5199.jpg かなりデカイです CIMG5202.jpg 僕も無駄にデカイですが奴らは更にデカイです CIMG5200.jpg 重さはどれくらいあるのかね? CIMG5205.jpg 不勉強で申し訳ないが仏教の33と言う数字は何か意味があると思います。 CIMG5203.jpg びくともしないです。 CIMG5207.jpg なぜか像の前に鹿が居るところもあるんです。顔は全て西向きです。極楽浄土ってことかな? CIMG5208.jpg ラベンダーの丘と頭大仏です、山は、野牛山です、登山道もあり登れます。なだらかに見えますがロープ場もあります、写真の右に大仏の頭だけが見えるのが頭大仏です。モアイ像の向かい側にあります。 CIMG5212.jpg 訪問した時期がまだ少し早くてラベンダーは蕾のままだった(T_T) CIMG5215.jpg 世界的に有名な建築家の安藤 忠雄氏が設計した建造物で大仏の周りを覆って、周囲からは大仏の頭だけが見えると言うとっても斬新で変わったデザインになっていて観る者を驚かせる。今月の下旬には、大仏の頭の周りの丘は、満開のラベンダーで埋め尽くされるだろう。恵庭岳、漁岳、空沼岳、札幌岳等が見える。 CIMG5216.jpg 正面の通路を進むと奥に鎮座した大仏が見える、この大仏さん奈良の大仏さんと同じ大きさらしいです、近くによるとかなりデカイです(っ^ω^)っ CIMG5225.jpg 更に進むと、なんと池があり池の周りを回り込んで歩かないと大仏に行けない造りになっている CIMG5240.jpg 極楽浄土を思わせるような池 CIMG5226.jpg とっても斬新です。 CIMG5227.jpg 池のあとはトンネル潜りです。 CIMG5229.jpg 天井のラインが素晴らしいです CIMG5230.jpg 更に進むと祭壇に着きます。 CIMG5231.jpg 頭以外は、コンクリートの壁で覆われていて、壁の外に盛り土をしてラベンダーの丘を造成したものです。 CIMG5236.jpg デカイです/^o^\フッジサーン CIMG5238.jpg 平日でほぼ誰も居ませんでしたので、イタズラしています(〃▽〃) CIMG5235.jpg 天空の大仏 CIMG5239.jpg いろいろな角度で見て下さい、とっても味があります。 CIMG5243.jpg ゲート付近からの一枚。 CIMG5213.jpg 普通の墓にはない変わったものが多いです CIMG5253.jpg 古代のサークルストーンを思わせるようなもの。 CIMG5250.jpg 古墳、古代人の墓をイメージしたのかな?とにかく変わっているから飽きないし、また来てみたくなる(°_°)CIMG5222.jpg 入場料も駐車場代もかかりませんタダで入れるし見れますので一度来て見て下さい(゚д゚)ウマー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に去年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-