兜岩 560M 2月3日(土) 簾舞川林道コース  所要3時間

昨日のような青空を期待したんだが起きて空を見上げると曇っていた(;´д`)<萎ェェェ↓快晴の朝里岳、白井岳にアタックするつもりでいたが曇りでは行っても仕方がないので近場の里山に変更することにした昨年の3月に登った兜岩&兜峰に行ってみる事にした。 CIMG8403.jpg 国道230号線、藤野を過ぎて簾舞に入る、簾舞中学校の交差点を左折する。案内板の横に八剣山が見えます。 CIMG8404.jpg 信号機に簾舞3-3 左折して短い坂を下るとすぐ交差点があるので右折して後は、行き止まりになるまで直進するだけなので迷わないと思います、ちなみに交差点を左折すると八剣山へ行けます。 CIMG8406.jpg 道中、右手に見える盤の沢山、山容がカッコ良いですね。 CIMG8408.jpg 道中、左手には豊平山が見えます。 CIMG8410.jpg 最終の建物を過ぎると道は、除雪が入っていないので、これから先は徒歩になります。行き止まりの所に駐車しました。行き止まりになった道に路上駐車しましたがここまで来る人は非常に少ないのでね問題は、無いと思います。 CIMG8413.jpg 駐車位置から、兜岩と兜峰です。 CIMG8417.jpg 去年よりかなり雪は少なく、おまけにスノーモービルの跡がしっかりついているおり雪は固く締まっていたのでスノーシューは装着せず一応持っていく事にしてスタートした。 CIMG8418.jpg 殆ど埋まることが無く進める(*^^)v 急登の多い山なので軽アイゼンは必要ですが、せっかく購入したので持参したがスノーシューは今日も活躍することなくただの荷物になりそうな気配がする┐(´-`)┌ CIMG8419.jpg 100m位進むと簾舞川林道に接続する。 CIMG8421.jpg 林道のゲートは開いていた。 CIMG8422.jpg ゲートの横の気に親切な標識o(^▽^)o CIMG8423.jpg 登山口の標識です。 CIMG8424.jpg ゲートから兜岩のトンガリを望む、トンガリ具合がカッコ良いですよね、マッターホルンみたいですよね、あのトンガった先に立ってみたいですよね(°_°) 技量も体力も無いけどトンガった山は好きだな僕的にはね。 CIMG8425.jpg 道の脇の木がなくなり視界が開けると山の全容がはっきりします(萌´д`)モエェ↑ トンガリの横の一見するとおまんじゅうみたいに見えるのが兜峰です、入林届けを書く小屋も見えます、小屋の手前から川原に降りて簾舞川を渡って難所の壁に取り付きます。 CIMG8427.jpg 兜峰です、おまんじゅうみたいですよね、実は、これもかなりの曲者で兜峰に劣らぬ急登が続いて容易じゃ無い山なんですよ(゚∀。)アヒャ CIMG8430.jpg フォレスト小屋です、入林届けの用紙がいっぱいで書けないので余白に記入しました、アイスクライミングとか書いてあったけどやっぱりあの岩壁を登る強者がいるんですね☆.。.:*・ CIMG8428.jpg 小屋の手前から河原に降りる踏み跡も明瞭でした。 CIMG8429.jpg 河原へ誘導する為の親切な矢印もあるので迷う事は無いですp(*^-^*)q CIMG8431.jpg 小屋からの一枚 CIMG8435.jpg ちと林道探検してみる、この林道たしか真簾峠の方まで行けるはず、スノーモーピルの跡に沿って歩いてみるほぼ埋まらずに進める。 CIMG8436.jpg モービルの跡は、学びの森林の案内板から左折して更に奥へと進んでいる CIMG8435.jpg ここから先へ林道は伸びているが踏み跡は無く、歩を進めるとズッボって埋まるwwwwwキツネの足跡があるのみなので探検終了。 CIMG8434.jpg 学びの森林の案内板から撮りました。 CIMG8438.jpg さてとお遊びは終わりです、ピンクテープに沿って河原に降ります。 CIMG8439.jpg 河原から山頂です、トンガリの先つちょしか見えませんね、立ちはだかる大きな壁 たぶん川の侵食で削られて何年もかかって崖みたいになったんですね。 CIMG8443.jpg この時期、川の水量は少なく5センチ位しかないので長靴は無くても容易に渡れますのでお薦めです、雪を踏み抜いても問題は無いです、せき堤のコンクリートの上もコケも無いので滑りませんからせき堤を渡るのも可能です。夏場は、コケ等が生えて滑りますから注意が必要です。 CIMG8444.jpg 渡り終えたら、せき堤のコンクリートの基部まで進みます、ここから壁に取り付きます、スパイダーマンになれたらなぁと思います(´_ゝ`) CIMG8446.jpg 壁を下から撮りました、最初の10メートル位が定天のルンゼみたいに急登で足場も良くないので慎重に進んで下さい。スノーシューを履いたままでは登れないですのでこの壁は、軽アイゼンにチェンジですね。 CIMG8447.jpg 幸い雪が少ないのでロープも露出しているので、ロープに沿って登れました。 CIMG8448.jpg 壁の中程から撮りました、かなり急です。 CIMG8450.jpg 更に登りは続きます。 CIMG8449.jpg 木々の間から、フォレスト小屋が見えます、豊平山の頭だけ見えました。 CIMG8452.jpg まも無く壁登り終わります。 CIMG8453.jpg 登りきると平坦な所に出ますので小休止ですね。 CIMG8456.jpg 最初は緩やかですが次第に傾斜がきつくなって行きますΣ(´Д`*) 谷の中央に鎮座する古木 CIMG8455.jpg 岩肌が見えてきます、まぁここから登るのは無理ですね。 CIMG8457.jpg 高度が上がって来ると豊平山も全体が見えてきます。 CIMG8458.jpg スノーシューに履き替えるのも面倒なのでそのまま軽アイゼンで登っていくと~ズボッと穴にハマるんですねまあよくある事なんでいいんですけど今回は、両足で抜いてしまい腰までハマり、中々抜け出せずかなり焦りました(汗) 独りなんで誰も助けてくれないので困りますよね。 CIMG8459.jpg 右の斜面が兜岩、左の斜面が兜峰です、そうなんです2つの山に挟まれた谷間を登りつめているんです、雪崩への注意は怠れないですね、木が沢山生えているから大丈夫そうですが確認は必要です、豊平山の他に豊栄山も見えてきました。 CIMG8460.jpg 更に上へ上へと谷間を登って行きます。 CIMG8463.jpg 有難い標識、こういうの有ると元気回復するよね\(^o^)/ CIMG8465.jpg 尾根に到達です、右に行くと兜峰、左は兜岩です。 CIMG8466.jpg 兜岩の山頂直下の最後の登りです、トンガリ狭いですからスノーシューは小回りが効かないから脱いで登った方が安全です。 CIMG8467.jpg 山頂標識、見えました☆彡 CIMG8468.jpg 山頂です(*^^)v トンガリの急登の山はしんどいけど面白いですね。 CIMG8469.jpg 山頂は狭いです、高度感もありましてキタ━(゚∀゚)━! 雪庇の上って感じ でもいい感じ。藤野3山揃い組、前の木の枝がすごく邪魔なんです!!高枝切ハサミが有ったら切ってやりたいてすo(`ω´ )o CIMG8472.jpg 下を覗き込む、簾舞川の流れが筋のように~ CIMG8473.jpg 空沼岳とかは見えませんね CIMG8478.jpg 藻岩山と豊栄山 CIMG8476.jpg 山頂から兜峰 CIMG8481.jpg 木の間から烏帽子岳、神威岳、百松沢山 CIMG8480.jpg 山頂から、尾根を覗くと~結構な急角度である事が解るかな?ささっとお次は、兜峰へと CIMG8482.jpg 尾根まで降りると、また親切な標識が、370Mすぐだねと思うでしょうがコレが容易では無いのだ!!ここでまたスノーシューに履き替えるか考えたけど結局めんどうでそのまま取り付いたんだけど100M位の所でなんか疲れてしまい無理せず降りました。 CIMG8483.jpg せき堤の崖の所まで一気に降りました、帰りは、早いです、登りはしんどいけどね。 CIMG8484.jpg 小屋まで降りると少し日が射しました、今日も無理なく無事に戻りました。 CIMG8493.jpg 本日の1枚 私と兜岩p(*^-^*)q 自撮りはなかなか難しいです。

焼山 261M 2月2日(火)  西岡公園湿原コース 所要2時間30分

勤務明けであるが天気が良くて家で寝ているのも勿体ないので出かけてみた。冬は、登ったことのない焼山に登ってみました。家から一番近い札幌50峰ではないかと思われます。 CIMG8355.jpg 駐車場の案内板、案内板から道なりに進みます。 CIMG8356.jpg 公園内を流れる月寒川に沿って進むと、夏は、ホタルを観る事が出来る八つ橋エリアに着きます、橋を渡った対岸に藤棚もあります。 CIMG8357.jpg この滝の様な所の横の階段を上がかって行くと明治、大正時代に実際に使われていた水源池がある CIMG8358.jpg 池のシンボルの取水塔 雪の下は池です。 CIMG8360.jpg 周囲1キロ位の長方形の池です池の周囲の遊歩道と湿地帯の木道は、整備されていて冬でも野鳥を写真に収めている人達をよく見かけます。 CIMG8359.jpg 今日のような天気の良い日には、恵庭岳の山頂部が少し見えます。 CIMG8361.jpg 公園管理事務所の方から撮りました。 CIMG8362.jpg 今日は左回りで池を一周してから焼山へ向かいます。取水塔から左に行くと森の鎮守様の不動明王があります CIMG8363.jpg 今年は雪が去年より少ないので、人も多く入るようで踏み跡は明瞭で固く締まっており池や木道はスノーシューは無くても平気ですo(^▽^)o CIMG8364.jpg 池のミズナラの古木で樹齢300~400年だそうです CIMG8365.jpg まさに長老の木ですね。 CIMG8367.jpg しばらく進むと木道エリアになります、木道の周りは湿地になっています。 CIMG8368.jpg 木道を進むと取水塔の対岸の見晴台に着きます。 CIMG8369.jpg 右の端に取水塔が見えます。 CIMG8370.jpg 小さな流れ込みが数多く見られ、池の水は枯れることが有りません。 CIMG8374.jpg 木道を日光浴しながらのんびり進みます.゚+.(・∀・)゚+. CIMG8376.jpg ここは、公園の端っこに当たる西岡公園入口です、ここから先は、焼山、白旗山方面への道が続いています CIMG8375.jpg 案内板等も整備されているので迷わないと思います。 CIMG8377.jpg 去年だと、この辺りから訪れる人も少なくなって、スノーシューが活躍するのではと考えて持ってきたけれどもなんと、踏み固められた広い道が出現Σ(゚д゚|||) CIMG8378.jpg ぬぬ、札幌国際スキーマラソンと書かれた案内板が有りました、スキーマラソン用に特設された道のようですまぁ、これでは、当然スノーシューは不要ですし、歩き易す過ぎるので本来の山道に戻ります。 CIMG8380.jpg 山への道、少し雪に足を取られたりする事かありましたがスノーシューは無くても大丈夫でした。 CIMG8387.jpg 小さなコブを4つ位 越えると山頂です。 CIMG8385.jpg 有難い案内板☆彡 CIMG8391.jpg 夏はほぼ全く展望は無いが冬は、木々の隙間から藻岩山等が見えます。 CIMG8392.jpg 山頂の矢印です、矢印に沿って右に向かいます。 CIMG8393.jpg 山頂への最後の登りです。 CIMG8395.jpg 山頂に着きました\(^o^)/ CIMG8396.jpg 山頂標識 CIMG8401.jpg 帰りは、スノーモービルの跡を辿り下りました。 CIMG8402.jpg 30分位で駐車場に戻れました。

盤渓山 604M 1月30日(火) 妙福寺コース  所要3時間

28日に試験が終わりました(*^^)v 3ヶ月もの間、山歩きをお休みして、家にこもり腐れかけた脳みそに鞭打って頑張った結果、筆記試験の合格ラインは超えたようです\(^o^)/『正式な合否は3月末』なんですけどまずは一安心です。てな訳で待ちに待った山歩き再開します☆.。.:*・
去年は、ツボ足に軽アイゼンでずぼずぼ埋まりながらも冬も休まず登っていましたが、なんと、なんと今年は、スノーシューを購入しました、これでまた、少し活動範囲が広がったかも知れませんね。という事で今日がスノーシューでのデビューとなりました。天気は、午前中は雲も無く展望も良さそうなので練習も兼ねて近場の盤渓山へ向かいました。百松沢山は登りたいですけど練習しないと危ないので慣れてから挑戦します。まぁ当然ですよね。 CIMG8303.jpg
小林峠への途中の電光掲示板です。新しく出来た盤渓北の沢トンネルを抜けたほうが早いけど、トンネル出るとすぐにUターンしないといけないので危ないから小林峠を経由して向かいます。 CIMG8305.jpg 只今の気温 -13℃ まぁこの時期ですから普通ですかね、僕的には、夏の暑いのは困るけど、冬の寒さはそれほど苦にしません。札幌生まれの札幌育ちですから極寒は未経験、こないだの喜茂別町の-31℃とか機会があったら体感してみたいと思っています。空気がひんやりして気持ちの良い朝です。 CIMG8306.jpg 小林峠の石碑の前です。本当は、今年初だしご来光登山と思っていんですがモタモタしているうちにお出かけが遅くなり小林峠でのご来光とあいなりました(゚∀。)アヒャ CIMG8307.jpg まぁでも雲も無くて綺麗なご来光でしたよ。 CIMG8308.jpg しばし眺めていました。 CIMG8310.jpg トンネルが開通してからめっきり交通量が減り車が殆どこなくなったおかげで、静寂の中でゆっくり堪能できました。 CIMG8311.jpg 朝日に照らされる三菱山 CIMG8312.jpg 峠を下って、妙福寺の案内版を左折して進むと盤渓市民の森のゲート前に着きます、お寺があるおかげでお寺まで除雪された道が続いています、有難いことです。駐車スペースも除雪されていて、ゲート周辺に10台位は置けるかもしれませんね、三菱山へはこのゲートからスタートとなります踏み跡が付いていました。 CIMG8313.jpg 市民の森の標識 CIMG8314.jpg 盤渓山へはお寺の方へ除雪された道を真っ直ぐに進んでいきます、今日は練習なのでここからスノーシューを装着して歩きますが除雪されていたらツボ足でも全く問題ないです。 CIMG8315.jpg 緩やかな上り坂を進むと道が右にカーブします、このカーブの所に登山口があります、ピンクのテープと丸太の杭が目印です。 後ろの右が山頂です。CIMG7081.jpg 去年の9月に登った時の登山口の様子です、入口からヤブでしたからねΣ(´Д`*) CIMG8317.jpg 明瞭な踏み跡で、締まって硬さもあるので普通なら雪が積もらない限りは、スノーシューは必要ないですね軽アイゼンで十分ですね。 CIMG7082.jpg 夏なんか、こんな感じ ええそうなんです訪れる人も少なくて藪こぎしないと行けない所が数箇所ありました。冬は来る人が多いんですね知らなかったです。 CIMG8318.jpg こんな感じの小さなコブを3つ4つ登ると山頂直下の最後の登りになります。 CIMG8320.jpg この火の用心のプレートから、右と左に道が分かれていました、右は山頂への踏み跡、左は、奥盤渓山への踏み跡です、奥盤渓山へも行く人結構いるんですね、まぁ奥盤渓山は冬にしかいけない山ですからね。 CIMG7091.jpg 夏、同じ火の用心のプーレート付近は、こんな感じになるんですよ(;´д`)<萎ェェェ↓ これなら冬の方が絶対に楽ですね間違いないな!! CIMG8319.jpg 夏だと道中、木やヤブで展望はほぼ見えないですが、冬は、葉が無くなるのである程度は景色も楽しめます。 CIMG8323.jpg 山頂への最後の登りです。 CIMG8328.jpg 登りきると~ 一番乗りです☆.。.:*・フワフワ雪庇 頂きましたキタ━(゚∀゚)━! 青い空に澄み切った空気!! CIMG8334.jpg 雪庇を進むと山頂です/(^o^)\オワタ CIMG8335.jpg 冬は、雪の上から標識を見下ろします CIMG8325.jpg 夏もここらの里山の中では展望も良い山ですが、冬に来てみて更にびっくり これは綺麗です夏より格段に展望は良いですね o(^▽^)o CIMG8327.jpg 藻岩山と市街地 CIMG8329.jpg 雲がなければ、暑寒別岳、樺戸の山も見えるんですがね CIMG8336.jpg 手稲山 CIMG8333.jpg 石狩湾 CIMG8324.jpg 夏は見えない、支笏湖方面の山も見えました CIMG8337.jpg この二つも夏は見えません、未踏の烏帽子岳、百松沢山 なんとしても登りたいです☆彡 CIMG8344.jpg 奥が砥石山の山頂 右が奥盤渓山、左が三角山 ここも夏では気が邪魔でよく見えないんです。 CIMG8338.jpg このお山、マニアックなワレ山、名前の如く真ん中で割れているみたいに見えますよね、砥石山の尾根を更に砥石沢コースに沿って進むと有るんだけど、この山も冬にしか登れない道のない山で去年、小林峠から気合で目指したんだけど暗くなって来てしまい未踏なんです|ω・`) CIMG8347.jpg 素晴らしい展望に大満足して降りてきました、途中、3人のソロの方達と会いましたがスノーシューを携帯していた人が1名、あとの二人は、軽アイゼンだけでした。 CIMG8354.jpg 本日のネタ 私は、誰でしょうの世界┐(´-`)┌ 完全UVカット 防寒型☆.。.:*・ 冬山 いいですね(*^^)v

2017年の山行を振り返って

さてと、初心者おじさんの山歩き最初の1年が終わりました、未踏の山が多すぎて登りたい山は沢山あるんですが最初なんで近くの山から順番に登っている感じです。体力も技量も装備も無いので安全第一でコツコツと愉しみながらの山行をこれからも心がけたいと思っております。
『2017年に登った山』3月~12月 合計57山  82回山行 
青山    1回  塩谷丸山    2回  蓬莱山 1回   
赤岩山   1回  尻場山     1回  豊平山 1回
朝里天狗岳 1回  定山渓天狗岳  1回  豊見山 1回 
阿部山   1回  定山渓小天狗岳 1回  豊栄山 1回 
安平山   1回  下赤岩山    1回  迷沢山 1回
朝日岳   1回  白旗山     1回   
                      三菱山 1回   
イチャンコッペ山1回 銭函天狗岳  1回    
                     無意根山 1回    
恵庭岳   2回  空沼岳     1回   
遠藤山   2回             藻岩山  1回 
          樽前山     7回 紋別岳  1回   
小樽天狗山 1回            モエレ山  1回 
於古発山  1回  長官山     1回   
奥盤渓山  1回              焼山   2回        
奥三角山  2回  手稲山     4回   
大倉山   2回  天神山     1回 夕日岳   1回  
オーンズ春香山1回               
          砥石山     2回
硬石山   1回                 
兜岩    1回  盤の沢山    1回
兜峰    1回  八剣山     6回
神威岳   1回  盤渓山     1回
          春香山     1回
喜茂別岳  1回    
          風不死岳    4回
五天山   1回  藤野富士    1回

札幌岳   1回  西校山     1回   
三角山   3回                

八剣山 498M 12月31日(日) 中央口コース 所要 2時間

仕事の関係で2ヶ月も山から遠ざかってしまい今年も終わりとなるギリギリになんとか時間が出来たので出かけることが出来ました。遠出はできないので得意の里山と言うことで八剣山にしました。 CIMG8253.jpg いつもの様に途中の豊平川の石山橋から撮りました。藤野富士 空沼岳 豊見山 豊平山 札幌岳 豊栄山2ヶ月ぶりに見る馴染みの里山たちです☆彡 CIMG8254.jpg 真ん中の奥が空沼岳です。 CIMG8255.jpg 豊見山 豊平山~札幌岳~豊栄山 CIMG8256.jpg 左の白い山は、無意根山でお隣が八剣山です。 CIMG8258.jpg 石山橋から豊平川の下流方面です。 CIMG8257.jpg 石山橋から硬石山です。 CIMG8261.jpg 八剣山トンネルの南側から撮りました、盤の沢山 狭薄山 札幌岳 CIMG8262.jpg 盤の沢山、いつ見ても山容がカッコイイですね☆彡 CIMG8267.jpg トンネルを抜けて登山口のある果樹園の案内板から撮りました。 CIMG8265.jpg 見た目、そんなに雪は無さそうですね3月に来た時は雪が多くて下から見ても大きな雪庇が見えました|゚Д゚))) CIMG8271.jpg 誰もいないし奥まで行けますが看板の横に駐車しました、冬でも乗馬できますし、バイクやスノーモービルでも遊べるみたいです。 CIMG8270.jpg 左の奥が札幌岳の山頂です。 CIMG8273.jpg 凍りついた池の横を進み、道なりに奥に進んで行くと中央口です。雪は10センチも無かったと思います先人さんのトレース痕が有りますから迷う事は無いですしスノシューは必要ないです。3月に来た時もツボ足軽アイゼンで登れました。どうやら冬でもお好きな方は来ているようでスノシューとか必要ないかも(*^^)v 冬は南口から登る人が多いみたいですが中央口、西口もトレース痕は付いていますから激しいラッセルになる事は少ないと思います。 CIMG8274.jpg 暫くぶりの登山ですから、すぐに息が上がってしまい早くも南口コースとの合流地点でしばし休息とあいなりましたΣ(゚д゚;) 我ながら情けないです。 CIMG8275.jpg 夏道なら、大きな石がゴロゴロしていて歩きにくい所も雪のおかげでサクサクと進めます、石の隙間にだけは注意が必要ですけどね!!="" 歩いているとほぼ寒さは感じませんし、虫や熊や蜂も居ないし景色は綺麗だし、転んでも痛くないし冬山とっても良いと思いますけどね☆.。.:*・ CIMG8276.jpg 尾根の端っこから撮りました、硬石山の後方に樺戸の山々、夕張岳、芦別岳も確認できました。 CIMG8277.jpg 日差しが差し込む豊栄山 豊見山 豊平山 CIMG8278.jpg 難所です、氷柱、雪庇も無く歩きやすかったです。 CIMG8279.jpg 危ないのでヘルメット装着で行きましたが雪が少なかったので今日は楽でした。 CIMG8285.jpg ステゴザウルスの背中みたいなこのコブを乗り越えると山頂です。 CIMG8294.jpg 山頂です!! 正面に烏帽子岳 神威岳 百松沢山 山頂の標識が露出していますねやはり雪は少ないです。 CIMG8295.jpg よく見るとお餅としめ飾りが|゚Д゚)))="" 先客さんが一人いたので挨拶すると、今年はは転落事故で3名の方が亡くなっているので安全祈願でお供えしたと話してくれました、山を愛するものとしては他人事とは思えないですよねご冥福をお祈り致します。地元の方のようで雪が降るとトレース痕が無くならない様に踏み固める為に登りに来るとの事でした、ご苦労な事ですね人知れず地道な努力の賜物だったんですね有難いことです。 CIMG8289.jpg ここは360度視界が開けるから展望が素晴らしいんだけど、冬は本当に綺麗ですから一度登ってみて下さいな、定山渓天狗岳="" 後ろの白い山は、札幌の最高峰="" 余市岳 \(^o^)/ CIMG8281.jpg 奥の白い山は、無意根山 CIMG8284.jpg 奥に連なる白い山 喜茂別岳 中岳 無意根山 CIMG8296.jpg 烏帽子岳="" 神威岳="" 百松沢山="" 烏帽子岳と百松沢山は未踏なので必ず登らなければならないのだ! CIMG8282.jpg 眼下に国道="" 豊平川="" 八剣山果樹園を望む(^∇^)ノ 下山は、滑るので慎重に歩を進めて下さい登るよりも下山の方が難しいと思います、滑って転落は避けなければなりませんね、くれぐれも慎重に!! CIMG8301.jpg お馬ちゃんです、とってもかわいいです(*^_^*) CIMG8302.jpg 久しぶりの山歩きを堪能して無事に戻りました。
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-