FC2ブログ

旧北炭 幌内炭坑の遺構巡り 8月12日(日)

せっかくの機会なんで三笠市と言えば、アンモナイト&エゾミカサリュウなのかも知れないが僕の中では『炭坑』なのである。北海道開拓の歴史と発展を支えた重要な基幹産業で有ったのが炭坑で有った、また石炭を運搬するために鉄道は奥地の産炭地にどんどん延伸され、炭坑は、地域発展の礎となったのだった。旧くは、江戸時代に白糠炭山(釧路)、茅沼炭山(泊村)の開発から始まり~平成14年に太平洋釧路炭鉱が閉山するまで北海道はもとより、日本の経済発展を支えた長い歴史がある。中でも幌内炭坑は、明治政府の富国強兵、殖産興業を目指す為の国家事業として官営八幡製鉄所とならび官営幌内炭坑として西洋式の技術を取り入れた近代型の炭坑の第1号としてスタートした経緯が有る、石炭を運搬するために全国で3番目になる鉄道が小樽手宮~三笠までいち早く敷かれたのだった、今では、炭坑は全て閉山してお役御免になった鉄道は、利益を上げられずどんどん廃線になっているのは周知の事と思います~前置きが長くなりましたが、まぁ炭坑マニアでは無いですが歴史は好きなのでこれからも産炭地を訪れる機会が有れば遺構巡りもしてみたいと考えております☆.。.:*・ CIMG3692.jpg 北炭 幌内炭坑立坑~炭坑のシンボルと言えばやはり立坑のこの櫓ですよね~サビでボロボロです~貴重な資料として是非、保存して欲しいと思います~合掌型の立坑なんだとさ~人員を地底(ちぞこ)に移動する為のエレベーターや入気の為に使われたみたいです~地底の奥深くマイナス1000Mってどんな感じなのか想像も出来ませんね、真っ暗闇で高温、多湿~劣悪なる環境下での作業かぁ(°_°)怖いですね!! CIMG3693.jpg 幌内の『幌』の文字と北炭の星型の社章の一部が残っています~危ないから近くへは行きませんでした。 CIMG3694_20180812195433259.jpg でかい錨とSLの車輪が放置されていました。 CIMG3695_2018081219543071c.jpg ボロボロに錆たマンホールのフタです~よく見ると、アンモナイトと恐竜が書かれていました。 CIMG3698_201808121954374cf.jpg 幌内炭坑の遺構群は、観光スポットとして整備されていました CIMG3700_2018081219543826a.jpg 旧国鉄 幌内線(廃線)は、三笠鉄道村として整備されており、SLに乗れるので多くの人で賑わっていました CIMG3713.jpg 変電所の遺構 CIMG3701_20180812195440127.jpg 実際の坑口を見に行きます CIMG3705_20180812195445ccb.jpg 道は、とっても歩き易いです☆彡 CIMG3704_20180812195443a5d.jpg 音羽坑 CIMG3703_20180812195441fb7.jpg 空知集治監の囚人さん達も使役されて過酷な労働に従事したんですね~ガス爆発、ガス突出~逃げ場が無いですから一瞬で一巻の終わりですよね○| ̄|_ ~丁寧な説明文があるので炭鉱のことを知らない人でも安心です☆彡 CIMG3709.jpg 常磐坑~安全祈願の神社を挟んで、左右に坑口が~左が副坑、右が本坑 CIMG3711.jpg ベルトコンベアーを用いた斜坑なんですね CIMG3708_201808121954500a6.jpg 副坑 CIMG3706.jpg 本坑 CIMG3697_201808121954351d0.jpg 1879年に開坑して1989年(平成元年)に閉山、110年も続いたんですね~鉄道は廃線になり、人口は激減しましたが幌内の街はまだ人が僅かですが残っています~閉山しても、人々の営みは続いているんですね~森の中にひっそりと繁栄の歴史を知る遺構と共に☆彡

電子基準点『当別』8月7日(火)

浦臼エリアに続き今日は、初めて道民の森を訪れてみました、距離的には、浦臼町と同じくらいで日中でも2時間程度で着けるお手頃な所でした。道民の森は、青山ダム地区、神居尻地区、牧場南地区、一番川地区、青山中央地区、月形地区と6地区に分かれており一般財団法人 北海道森林整備公社により管理、整備されたキャンプ場、コテージ、アクティビティ等を備えた自然体験型の総合施設になっています、道道28号線を中心にしてそれぞれ、車で移動出来るようになっています、僕は、山歩きがメインなので今回は、神居尻地区を訪ねてみました~一日で回るのは無理なので、次回は、また、山歩きを兼ねて一番川地区、牧場南地区を訪ねる予定です。 CIMG3491_20180809032127554.jpg 国道275号で当別町へ、国道沿いのローソンの有る交差点を左折すると道道28号です、後は各所に有る標識に従って道なりに進むだけなんで初めてでも迷わずに行けます。 CIMG3493_20180809032128919.jpg 余裕も持って早朝に出発してみました。 CIMG3495.jpg 当別ふくろう湖、青山貯水池を通過すると道道28号と別れる分岐点が有ります~分岐手前のブールの標識です目立つので見落とすことは無いです。 CIMG3498_20180809032131cf7.jpg さらに案内標識もあるので大丈夫です~標識に沿って右折して、後は道なりに進むだけです。 CIMG3500_201808090338031c3.jpg 電子基準点『当別』です~藪&雑草に覆われていました~交差点から800M位進んだ右手に有りました。 CIMG3504.jpg 02型です~藪&草刈しました。 CIMG3507_201808090338075fe.jpg 電子基準点付属標も埋もれていたので掘り返しました。 CIMG3502_20180809033805c36.jpg 電子基準点プレート CIMG3505.jpg 電子基準点付属標 CIMG3506_20180809033810df2.jpg 電子基準点付属標、確認しました\(^o^)/ 幸運にも途上に有りましたので頂きました☆彡 ここから更に道なりに500M位で総合案内所に着きます。

坊主山412M~タヌキ山423M 初登頂 8月7日(火)ファミリー登山道コース所要1時間30分

道民の森 神居尻地区の総合案内所に行ってみる、案内所の前の第一駐車場に駐車しました、登山だけでは無く、キャンプ場、宿泊施設、散策路、アクティビティ等が有り、かなり広いですから初めて来る人は事前に調べてきたほうが無難です、迷子になるよ~時間にもよりますが総合案内で地図を貰うのが無難ですね。今日は、神居尻山へ登る前に準備体操がてら、散策路を散歩して坊主山~タヌキ山を歩きました、名前が良いですよね坊主&タヌキ~僕的には、ガシガシ登るだけの為に山歩きしているわけではないので、こんな感じのゆるゆる歩きも大好きなんで見逃しません☆.。.:*・ CIMG3509.jpg 電子基準点から更に山の方へ進みますと『道民の森 神居尻地区』が建っています CIMG3510.jpg 道なりに進むと総合案内所です~実はココに分岐が有りましてコテージと書かれた赤矢印に沿って右折するとABCの登山口に至ります。 CIMG3511.jpg 総合案内所の前が広い第一駐車場です CIMG3512.jpg ロッジ風の立派な総合案内所 CIMG3514_20180808204318b4d.jpg 案内所の階段の所にある『神居尻地区案内版』 CIMG3516_2018080820432105c.jpg ピンネシリも載っていますがここからは行けません~ピンネシリへは『一番川地区』から登ります CIMG3515_20180808204320f20.jpg ファミリーコースです子供でも行けます坊主山&タヌキ山☆彡 CIMG3518_20180808204324d6d.jpg 早朝でしたから広い駐車場に僕だけでした。 CIMG3517_201808082106590c4.jpg 駐車場から神居尻山~朝は少し雲がかかっていました。 CIMG3519_201808082107006b6.jpg 案内に沿って緩やかに登って行きます、急登は無いですし道は、歩き易いです。 CIMG3520_2018080821070278f.jpg はつらつコース~僕は、はつらつとは行かないな(#^.^#) CIMG3522_20180808210703c13.jpg 中級かぁ~なんだか色んなコースが有るみたいです~迷子になっても困るので本線を歩きました。 CIMG3524.jpg 最初の分岐を左に入りました。 CIMG3523_20180808210706d53.jpg 生活環境保全林と書かれていた。 CIMG3525_201808082107084c2.jpg 道は、散策路ぽっくなって来ました。 CIMG3526.jpg 途中に有りました、推定樹齢450年のミズナラの古木 CIMG3528_20180808210711952.jpg でかいです((((;゚Д゚))))))) CIMG3530_2018080821071241c.jpg 更に進むと分岐路が有ります。 CIMG3531_20180808210714a19.jpg ちゃんと案内標識も有りました~ここが坊主山の登山道です。 CIMG3535_201808082107151ed.jpg 道は、緩やかで歩き易いです。 CIMG3538_20180808210717ba3.jpg 登りつめると、平坦な山頂に到着です。 CIMG3540_20180808210720481.jpg 坊主山412M~三角点も有りました~草刈&整備しました。 CIMG3542_20180808210721a3f.jpg 三等三角点『坊主山』411.93M CIMG3543_201808082107246b4.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG3544_20180808215019885.jpg お隣の丘みたいなタヌキ山へ向かいます10分位で着きます CIMG3545_20180808215020a5e.jpg 案内標識に沿って進んで下さい。 CIMG3547_2018080821502280c.jpg 開けた平たい山頂に至ります。 CIMG3548_20180809023041c7d.jpg タヌキ山の山頂423Mです~坊主山、タヌキ山も四方を藪や木に囲まれていので展望は無いです。 CIMG3552.jpg 学校の森を通って戻りました~駐車場に戻らないで、更に本線を登りつめるとAコースの登山道へと接続します~第一駐車場から散策路で坊主山を経由して神居尻山へと登れるようにもなっています。 CIMG3553_2018080902304360b.jpg 今日は、Cコースから神居尻山へ登るので第一駐車場へ戻り、Cコースの登山口の駐車場まで車で移動しました。

開拓台 470M~神居尻山 947M 初登頂 8月7日(火)Cコース 所要5時間

今日のシメは、道民の森 神居尻地区の最高峰の神居尻山です~ABCと3コース有りますが迷わずCコースを選びました。これは、僕の趣味である三角点探しに起因するものです~Cコースには、四等三角点『開拓台』が有るんです、見逃すはずが無いですね~あくまでも個人的な見解ですが、三角点の無い普通の山と三角点の有る50Mの山、僕なら迷わず三角点の有る50Mの山を選びます~なんか三角点の無い山は、気合が入らないんです、山なんですけど山じゃないみたいで~僕の感覚では、三角点の有る山を優先しますね☆.。.:*・難易度とか標高は、あまり気にしないかも(*^^)vまぁ、三角点の無い山も結構それなりに登っていますけどね~登りで三角点を見つけられたらBコースで下山するつもりでしたが容易に見つからず帰りも三角点探しする事になりましたのでCコースのピストンになりました。 CIMG3554.jpg Cコースの駐車場です、Cコースの登山口が一番奥に有りますので駐車場も一番奥になります~コテージを通過して、しばらく進むと右手に有ります、この案内板が目印です、ここは、広いですしトイレも有るのでBコースの利用も良いと思います、また、所々に退避帯が有り退避帯に駐車している人もいました。 CIMG3555.jpg 道幅4Mで舗装もされていて、走り易い道です~民有林道なんですね CIMG3556.jpg 凹凸も無く綺麗な道です。 CIMG3558.jpg しばらく進むと、道は鎖で施錠されて通行止めになっています~ここにCコースの登山口が有り、目の前に駐車場も有りましたのでCコースで登る人は、登山口まで車で来た方が便利です、複数車両で来た時は、『記念の森』とここに車を分散配置するとB~Cへの移動が楽です~アスファルトの林道を歩いても面白くないですからね、車で時間短縮ですね(*^^)v CIMG3559.jpg 登山届ボックスも各登山口に設置されています。 CIMG3560.jpg 登山道には、藪は無いです(*^_^*)階段が多かったですが段差がそれほどでも無かったのでじじいでもなんとかなりました、段差がなさ過ぎて歩きにくい所も有りましたし、木が腐って危ない所も散見されましたので足元には注意して下さい。 CIMG3562.jpg 最初の坂道を登りきると『開拓台』です~三角点さがしましたが容易に見つかりそうもないので後でまた探すことにして先へ進みました。 CIMG3566.jpg 開拓台を過ぎて多少、平坦な所も有りますが大半が階段の急登です、一部崩れているところは、ロープ場も有りました。 CIMG3569.jpg 所々に休憩所が設けられています。 CIMG3572.jpg 森林限界を越える~山頂????~山頂ぽく見えるけど実は、山頂の手前の所謂ニセ山頂826M峰なんです~このニセものに至る急登も中々なものです(°_°) CIMG3573.jpg 登りきると標識が有ります CIMG3574.jpg 山頂まで、0.6キロ~あと、ここのポコがBコースとの合流点になっています~ここで一休みして景色を眺めて先に進むのも有りだと思います。 CIMG3576.jpg 826峰から山頂方向~かなり遠くに見えるけど本当に0.6キロ? CIMG3575.jpg 826峰からの眺め~眺めは良いです☆彡 CIMG3577.jpg 最後の登りだと気合を込めて登ると~ CIMG3578.jpg なんとまぁ、まだ先に稜線が有りましたwwwww CIMG3579.jpg 奥側の稜線上に神居尻山緊急避難小屋が見えてきます(Aコースがある稜線) CIMG3580.jpg やっとこ到着です~中々のアップダウン&急登でしたがロングコースでは無いので体力の無い僕でも登れました☆彡 CIMG3582.jpg 標識&ケルン&三角点 CIMG3583.jpg プレート CIMG3584.jpg たまに見かけるアレ~方角と見える山の名前が書いてある円盤 CIMG3585.jpg 三等三角点『三番川奥』946.71M CIMG3587.jpg 当然、草むしりしました CIMG3589.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG3590.jpg ピンネシリ~360度~展望は良好です CIMG3598.jpg ピンネシリの左に大雪連峰が見えているんですが写真ではイマイチですね~天気は、良かったんですが所々に雲が有ったり、全体的に少しモヤがかかった感じでスッキリしませんでした(T_T) CIMG3595.jpg 察来山~暑寒別岳、南暑寒別岳等は、雲の中でした~次に登るピンネシリからの展望に期待します☆彡 CIMG3593.jpg 手前のポコがBCコースの分岐のある826峰です、右の稜線がBコース、左の稜線がCコースです~826峰から更に稜線を進んで山頂となります、稜線は細い所や崖状の所も有って楽しいですし、景色が良いです。 青山ダムもかすれてよく見えませんね~良い時には、日本海も見えるそうです。 CIMG3599_2018080819133642c.jpg 折角なので、ちょこっとだけAコースの稜線を歩いて緊急避難小屋の見学です CIMG3601_2018080819133383b.jpg 結構、年季が入ってる感じ CIMG3600_20180808191334033.jpg 中は、けっこうな広さでした、雷雨の時には、迷わず避難しましょう。 CIMG3596_20180808191337ae7.jpg 行動食~夏山のマイブーム~凍らせたゼリー~病みつきになっています☆.。.:*・ CIMG3604.jpg ゼリー食って元気もりもりで急ぎ開拓台まで降りました~標識の後ろの薮を刈り倒して10M位、開削したら有りました、ピンクテープ取り付け、整備しました~なんだかんだで1時間弱かかりました。 CIMG3602.jpg 四等三角点『開拓台』469.44M~なんとか無事発見\(^o^)/ CIMG3603.jpg 三角点、確認しました☆.。.:*・ CIMG3605.jpg 予定通りに山頂&三角点ゲットし下山しました~今日は、一人ぼっちじゃなくて数人の人とスライドする事が出来ました、平日でしたがこの山は、人気があるんですね☆彡

天狗鼻 223M 初登頂 8月3日(金)作業道コース 所要1時間

浦臼エリアに初進出の記念すべき最初のお山は、天狗鼻~浦臼連峰の端っこ、ハズレの山で三角点も有るし、登れそうな道まで付いているので見逃す手は無いですよね、尚且つ低山で容易に登れそうでしたので準備体操代わりに行きました。 CIMG3343 (2) 場所は、鶴沼公園を過ぎて、鶴沼の信号を左折して『鶴沼ワイナリー』を通過して、道の行き止まりが登山口です。 CIMG3403.jpg 鶴沼ワイナリーの近くから撮りました~樺戸山、浦臼山、天狗鼻 CIMG3405.jpg ブドウは、まだまだこれからって感じですね CIMG3406.jpg 天狗鼻です山頂のアンテナが特徴です~見た目通りで藪山です(笑) CIMG3408.jpg 道なりに直進すると山の麓の未舗装の作業道に接続します、ここから歩きます CIMG3317.jpg 木々の間から少しだけ景色を見ることが出来ました。 CIMG3410.jpg 山頂の手前の道は荒れていて、藪こぎが少しありました~まぁ軽いジャブ程度です(°_°) CIMG3411.jpg アンテナの有る山頂へ到着です~展望は無いです○| ̄|_ CIMG3412.jpg アンテナの右の小高い所に三角点が有りました☆ミ CIMG3413.jpg 標識、折れて倒れていたので直しました。 CIMG3414.jpg 三等三角点『猪の鼻』222.69M CIMG3415.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-