FC2ブログ

石山緑地 11月30日(金)所要30分

『土場』の帰り道に立ち寄りました~前から気になっていた公園です、南区には、自然と融合したアートな素晴らしい公園が有ります。石山緑地、藻南公園、常盤公園、小金湯さくらの森等です~山ばっかりなんで中々、機会がありませんけど何れ全部まわって紹介したいと思っています、出来れば四季折々の様子を観て回りたいですね☆.。.:*・まぁ、時間は、たっぷり有りますからね。 CIMG6741_2018113019430332c.jpg 文字の所に雪を入れていますイタズラw~後ろの山は、硬石山です。このあたりは、地名にもなっていますが石山と呼ばれています~明治から昭和初期にかけて札幌軟石の切り出しが盛んで、石は、小樽運河の倉庫群や札幌市内の建物等に幅広く使われました、今でも硬石山では、札幌軟石の切り出しが行われています、石切場の跡地を保存して現代的なアートと融合を図り公園にしたのが石山緑地です~8月に行われる、いしやまキャンドルナイトは有名で3000個のキャンドルが灯されるらしいです☆.。.:*・ CIMG6738_201811301943048e6.jpg バベルの塔みたいですよね~石造りで味が有ります☆彡展望デッキです。 CIMG6739_201811301943053a1.jpg 展望デッキの上からバベルの塔~危ないので塔には、登れないです、硬石山、市街地、藻岩山等が見渡せます CIMG6744.jpg 藤野富士、札幌岳、豊見山、豊栄山 CIMG6731.jpg ほぼ垂直の石の壁~壮観です☆.。.:*・ CIMG6733_2018113020144240c.jpg 登りたくなりますよねw CIMG6745.jpg ワイルドですよね☆彡 CIMG6735.jpg アートですね~ここにキャンドル並べるのかな? CIMG6736.jpg 洞窟も~柵が有るから入れないですけどね。 CIMG6746.jpg これは、やはり登れないなw CIMG6747.jpg ここからなら登れそうですねw CIMG6742.jpg 柵の切れた所から今度、こっそり登って展望を確認してみたいですよね( ´艸`)ナイショです!!~夏は、ライトアップもされるみたいですね~春は、桜、ツツジ、夏も楽しみですね、また来てみます☆彡

滝ノ沢 316M 初登頂 11月30日(金)作業道コース 所要1時間30分

雪も降らないようですから、もう1箇所~豊滝まで来てみました。 CIMG6753.jpg 豊滝除雪ステーションに駐車してあとは、テコテコ歩きました~歩かないと運動にならないですからね┐(´-`)┌ここは、駐車場も広いし、トイレも有るし便利ですので良く利用させて貰っています☆彡 CIMG6752_201811302037021fe.jpg 建物の裏に八剣山がど~んと見えるんです。 CIMG6750.jpg 岩峰~誰も登っていないみたいですね。 CIMG6757_20181130204527d44.jpg 横断歩道を渡り、新盤の沢橋を定山渓方面へ進みます。 CIMG6763.jpg 橋から、盤の沢山、パゴダの塔、札幌岳、山田峰、山之神 CIMG6764.jpg 盤の沢山、パゴダの塔 CIMG6765.jpg 札幌岳、山田峰 CIMG6810.jpg 旧盤の沢橋、盤の沢山 CIMG6769.jpg 新盤の沢橋を渡るとすぐに、左折して、作業道みたいな道を緩やかに登って行く。 CIMG6767.jpg 旧盤の沢橋から豊栄山、豊平山 CIMG6766.jpg 旧盤の沢橋から新盤の沢橋、八剣山 CIMG6772.jpg 緩やかなアップダウンが有る。 CIMG6776.jpg 分岐が有りました~右の道を登って行きます。 CIMG6782.jpg 雪が石山よりも深いです~スノーシュー持って来れば良かったかなw CIMG6783.jpg 緩やかな登り坂です。 CIMG6778_20181130210122094.jpg 豊平山 CIMG6781.jpg 豊栄山 CIMG6806_20181130210752ff3.jpg なんかの店?営業はしていないみたいでした~横を通過します。 CIMG6786.jpg 山頂と展望台のようなものが見える~真っ直ぐ斜面を登る事も出来るが右に道も付いているので行ってみた。 CIMG6787.jpg 緩やかに登って行く。 CIMG6788.jpg 頂上と展望台が見えて来る。 CIMG6790.jpg 山頂と展望台に到着~こんな所に展望台~わざわざ誰が作ったのかな? CIMG6791.jpg 展望台からの眺め、八剣山、青山、硬石山、豊滝の市街地 CIMG6792.jpg 豊栄山、豊見山、豊平山 CIMG6793_20181130211727a8b.jpg 黄金山 CIMG6795.jpg 左の奥に除雪センター CIMG6794.jpg 八剣山 CIMG6804.jpg 盤の沢山 CIMG6802.jpg 雪がそれなりに深くて、中々見つからない三角点~展望台の真後ろに有りました。 CIMG6803.jpg ピンクテープ取り付けました。 CIMG6798.jpg 三等三角点『滝ノ沢』316.19M CIMG6801.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ 雪を避けて、なんとか見つける事が出来ました。 CIMG6816.jpg 除雪センターへ戻りました~札幌150峰、やっとこ半分を踏破しました☆.。.:*・

岩崖 584M 初登頂?11月24日(土)林道&藪こぎ 所要5時間

前日に一気に雪が降り、市内でも積雪状態になり、気温も下がり、凍結路面になっていた。朝早くからツルツル路面を運転するのも面倒なので、少し気温が上がってから『岩崖』に出かけてみた、4時間も有れば余裕だろうと思っていた。 CIMG6624.jpg 道道82号を盤渓から福井へ抜ける、いつもなら道なりに進んで五天山公園のある方へ行くのだが今回は、左股川に架かる盤渓橋を過ぎて交差点を左折して、一般の車が入れなくなる採石場のゲート付近に駐車しました。 CIMG6625_20181125105530159.jpg ゲート内は、採石場なので、なるべく通りたくないので道をショートカットするべく、ゲートの横の土手を上がる CIMG6626_2018112510553137a.jpg 土手の上は、グランドみたいに広い~正面が採石をしている山 CIMG6627_20181125105532acc.jpg 左の方へ道がついているので進みます。 CIMG6628.jpg 道なりに進むと、採石場の広い作業道に合流します~この道を一部、通らないと林道へは行けないので通ります、安全を考慮して、なるべく平日は、避けたほうが良いと思います、鉱山専用の超大型ダンプが走行していますので(°_°)~左にカーブする作業道を進みます。 CIMG6630.jpg 緩やかに作業道を進みます、ほぼ真っ直ぐな道です。 CIMG6629_201811251055359c9.jpg 三菱山等が見えます。 CIMG6633.jpg 道路が大きく右にカーブする所が有ります。 CIMG6632_20181125113103d64.jpg 曲がり角にカーブミラーが付いていて、ミラーの横に小道が有ります~この小道が林道です。 CIMG6634.jpg 小道を少し入ると林道ゲートが有ります~ここから~採石場ゾーンから離れて山の中へ入っていきます。 CIMG6640_20181125113747d6d.jpg 少し進むと砂防ダム CIMG6637.jpg コースは、源八の沢川に沿って進んでいきます。 CIMG6641.jpg スノーシューが必要なほど雪は積もっていませんでしたので車にお留守番させました。 CIMG6642.jpg 山頂?まぁ、このあたりへ来るのも初めてなので正直な所、どれがお目当ての『岩崖』なのか良く解らず手探り状態なので有ります┐(´-`)┌まぁ、いつもの事ですけどねGPS無いので仕方なし。 CIMG6644_20181125115951f2f.jpg 沢を渡る➀ CIMG6646.jpg 沢を渡る➁ CIMG6649_20181125115953be0.jpg 沢を渡る➂ CIMG6645_20181125115955c68.jpg 運命の分かれ道~中々どっちが本線なのか判断がつかないw CIMG6650_201811251159565a8.jpg もともと登山道は無いので、荒れた道を進むのは、想定内~軽アイゼン装着 CIMG6653_20181125115958318.jpg なかなかの斜面 CIMG6656.jpg 怪しげなピンクテープ~完全に道が無くなり、登るべき山頂が見当たらない大きくタイムロス~まぁ、迷子状態に○| ̄|_ CIMG6654_201811251209092b9.jpg 付近を探索して、山頂に岩峰の有る山を見つけたので登ってみる~遭難防止で、独りの時は、ピンテを付けて歩くので必ず元の場所には戻れるようにしている。 CIMG6657_20181125121734588.jpg だんだん急斜面に、しかし、進むしか手はないのだ。 CIMG6663_201811251217352ec.jpg 岩壁が見えてくる。 CIMG6674.jpg 八剣山みたいなごっつい岩壁が目の前にΣ(゚д゚|||) CIMG6676.jpg 慎重にトラバースして登り口を検索 CIMG6678.jpg オーバーハングしてるもんなw CIMG6679_20181125121743493.jpg 登り口が見つかり、無理やりよじ登る☆彡 CIMG6680_2018112512174440c.jpg 狭い山頂に\(^o^)/~とっても良い眺めでした☆.。.:*・ CIMG6681_20181125123043a17.jpg 海まで見渡せました☆彡 CIMG6672.jpg 石狩湾、石狩新港 CIMG6691.jpg 奥手稲、手稲西峰、本峰 CIMG6692.jpg 西峰、山頂のアンテナ群 CIMG6682_201811251230447aa.jpg 西校山、藻岩山、三菱山 CIMG6684.jpg 盤渓山、奥盤渓山、砥石山、割れ山 CIMG6685.jpg 採石場、三角山~藻岩山、市街地~『岩崖』ってこんなに見晴らしが良かったか疑問ですね、もしかすると別の山かも知れません|д゚)チラッ CIMG6696.jpg タイムロスしてるのに、のん気に景色見ていたら、空が黄昏て来ていた~ヤバイよ日没が!!16時で真っ暗になりますからね。 CIMG6697.jpg 帰路、岩峰を下るのは危険なんで、反対側の沢へ降りましたが、なんと雪が深いw CIMG6699.jpg 採石場の作業道に着いた頃には、薄暗くw~足あとは、来る時の僕のですね。 CIMG6704.jpg グランドに着きました~後ろの山は、五天山 CIMG6701.jpg 土手の上から僕の車~真っ暗で見えませんね~今日もアクシデンタルな日でしたね☆彡 CIMG6709.jpg 近くに有ります~バス停『福井えん提前』

軽川 118M 初登頂 11月20日(火)作業道&少し藪こぎコース 所要1時間

天気予報では、ついに平地でも初雪の予報~5時過ぎに[壁]_・)チラッっと外を眺めると雨に混じって雪みたいのが降っていた~遠出はしないので8時頃まで寝る(-_-)゜zzz…あれ!!お天気が~青空も見えているまぁ、きっと崩れて雪になるのだからと、のんびり支度して手稲山の北尾根コースの手稲本町登山口を目指しました。 CIMG6543_201811201817572f4.jpg 手稲山北尾根コース手稲本町登山口に到着です~手稲山、ガレ場の平和の滝コース、北尾根コースの他にも色々なバリエーションコースが有りますし、主峰だけではなく登れる峰が沢山あります、近場で魅力あふれる山ですので是非、お試し下さい~さて、登山口は、軽川沿いの高速道路を潜った所に有ります、近くには、稲雲高校が有ります、国道5号の手稲本町3.3の信号機の交差点を過ぎて、1本目の小道を左折して、直進すると到着します。 CIMG6541_201811201831069fd.jpg 登山口の裏山が『軽川』です、完全な藪山と言うか丘みたいな感じです~➀北尾根コースで途中まで進み、藪こぎするルート➁ここから200M先に有る作業道を進み、藪こぎするルート➂道路から、いきなり斜面に取り付き藪こぎで直登するルートが有りますのでお好みで行って下さい、ちなみに僕は、緩やかで歩き易く距離も短いと思われる➁で登りました☆彡 CIMG6538.jpg 北尾根コースの案内板です、金山登山口、手稲本町登山口からパラダイスヒュッテを目指します、金山登山口は、鉱山の遺構や滝めぐりのオプションも有ります、ハイランドを経由して主峰まで登る方は、けっこうなロングコースとなっています☆.。.:*・体力勝負のロングコースですね。 CIMG6540_20181120184651617.jpg 手稲本町登山口の様子~ちゃんと整備されているので本線は藪こぎは無いです☆彡 CIMG6542_201811201846521db.jpg 登山口のお向かいに軽川が流れています。 CIMG6562_201811201846553ee.jpg ➁の作業道ルートの作業道の入り口の様子です~車は、入れませんが人は通れます。手稲本町登山口から道なりに200M位進むと右手にゲートが有ります。 CIMG6546_20181120184654b9b.jpg 作業道の前のゲート~この舗装道路は、先に進むと手稲橋で本線に合流して、車でハイランドのゴンドラ駅まで行けるようになっています。しかし、冬季期間は、通行止めになりますので、今日は、すでにゲートは閉鎖されていて冬の通行止めになっていました。 CIMG6561_20181120195130256.jpg 急登は無いです、ゆるゆるの登り☆彡 CIMG6560.jpg 最初の登り坂を登った所から藪に入りますピンクテープ沢山付けました(*^^)v CIMG6547_20181120195132925.jpg 藪は、そんなに苦になる程は濃くないです楽に進めました。 CIMG6549_20181120195133eac.jpg 平たい山頂に四苦八苦~厄介です平たくて広い山頂○| ̄|_しかし、先人様のテープを見つけました!! CIMG6550_20181120195135674.jpg 付近の薮を調べると有りました☆.。.:*・ CIMG6557.jpg 笹刈り整備しました。 CIMG6553_20181120195138948.jpg 三等三角点『軽川』118.64M CIMG6556_201811201951395d7.jpg 三角点、確認しました\(^o^)/ CIMG6564.jpg テコテコと駐車位置まで戻り一件落着で~す☆.。.:*・

金山 444M 初登頂 11月20日(火)旧ゲレンデ&藪こぎコース 所要3時間

お天気が良ければ、手稲本町登山口から登って、本線を進みつつ金山へ向かおうと思っていたが青空は消えて、分厚い雪雲に覆われて今にも降ってきそうな雰囲気なので、車で札幌テイネゴルフクラブまで移動して最短ルートで金山を目指しました。 CIMG6567.jpg 途中~軽川に架かる手稲橋から撮りました、ここは、眺めが良いのでいつも立ち寄って写真を撮ります☆彡~すでに青空はなく、雪雲に覆われて、この時点でチラチラと雪が降り始めましたキタ━(゚∀゚)━! 初雪です!! CIMG6569_201811202024559ef.jpg 山頂、ネオパラ山も全く雪雲で見えません(°_°) CIMG6573_201811202024579c0.jpg 雪の中、気合で出発します~一応ね防寒仕様にしてみました、ゴーグル忘れたのでサングラスで代用です~後ろに見える旧ゲレンデを登り、尾根~更に奥の山頂を目指します。 CIMG6581_20181120204146ba7.jpg まずは、ゴルフ場の前の使われなくなったゲレンデを登って尾根を目指します。 CIMG6583.jpg リフトの下の保守道は、藪に覆われて凄かったので直ぐに諦めてゲレンデ歩きへ変更しました。 CIMG6610_20181120204155313.jpg 序盤は、薮が刈り取られていたので余裕☆.。.:*・ CIMG6584_201811202041490f1.jpg 喜びもつかの間でした○| ̄|_ CIMG6588_20181120204150746.jpg 回避しつつ進みました┐(´-`)┌ CIMG6609.jpg ゴルフ場の建物、僕の車、リフト駅 CIMG6586.jpg 結構な降り方ですよね、かなり寒いです、身体がまだ冬モードになっていないせいですよね!!聖火台の山の聖火台が霞んでよく見えなかったです、当然、手稲の主峰は全く見えません~前が見えない位になったら撤退しょうと思いつつ進みました。 CIMG6589_2018112020555614a.jpg 尾根が見えて来ました~もうちょいです☆彡 CIMG6593.jpg ボロボロの山頂駅に着きました。 CIMG6596.jpg 上に登って写真でもと思ったのですが傷みが激しく危ないので止めました。 CIMG6598.jpg 尾根の上は、北尾根コースの登山道が通っているんです~きれいな道です、天気が良ければ、ここまで手稲本町登山口から歩こうと考えていたんですよね、まぁ雪ですし仕方なですね。 CIMG6607_20181120210431612.jpg ここからコースアウトして藪漕ぎして金山山頂を目指します、ピンクテープ取り付けつつ進みました。 CIMG6602_20181120210433be4.jpg ほぼ平坦な尾根歩きです、少しアップダウン気味な所も有りますが全般に平坦です。 CIMG6605_201811202104329ad.jpg 藪は、それほど濃くは無いので助かりました☆.。.:*・ CIMG6606_20181120210435ac7.jpg 登山道から藪の尾根道を進むこと500M位でしょうか、平坦で広い山頂に到着します、先人の目印が付いていました。 CIMG6604_20181120210437744.jpg 1時間近く、三角点を探し回りましたが見つかりません~無理しても寒いだけなので撤収しました☆彡 CIMG6611_20181120211428e2f.jpg 来た道をピンクテープを辿り、無事に戻れました。 CIMG6613_20181120211429ce9.jpg 視界もあんまり良くなく、戻って正解でした、三角点は、また今度ですね☆彡
プロフィール

Author:diero55
50代のオヤジです、健康の為に2016年の秋から山登りを始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-